人気ブログランキング |

女性支援

後編:子どもを尊重したいのに自己矛盾。どうしたら?〜TOCfEの図で考える、とっておきの方法〜

こんにちは。Wen-Do Japanの福多です。

前編で、この質問を図式化するところまでをやりました。


後編:子どもを尊重したいのに自己矛盾。どうしたら?〜TOCfEの図で考える、とっておきの方法〜_e0024978_12493371.png

下に書くことが原因で、上が結果。
そしてその結果がまた原因になって、さらに次の結果につながる。
そんな図です。

水色は、「質問者さんの気持ち」。
そして「推測(事実ではないかもしれないこと)」とわかるように丸にしました。


一般的に、こういう時に人がどこを修正しがちかを考えたのが前編でした。

・自分に思い当たりやすい原因(緑とピンクに挟まれている水色の丸)を変えようとする
  =自分の姿勢・意識・考え方・価値観などを反省したり変えようとしたりする

・話された範囲内で原因と思われること(①の緑)を変えようとする
  =『そもそも××したからそうなったのだ』と、××したことを反省したり後悔したりして変えようとする


でも、こうして図にしてみると、
中核にありながらもまだ検証されていない要素があるのがわかります。
ここ162.png


② スーパーで子どもが騒ぐ

後編:子どもを尊重したいのに自己矛盾。どうしたら?〜TOCfEの図で考える、とっておきの方法〜_e0024978_12493252.png

前編で、

考えを1つ1つ検証した結果、
③や④の緑の箱にも『原因』に相当する要因があるのだ、と思いあたり、
★の水色丸やピンクの箱から③や④に矢印が伸びたように、

②の緑の箱にだって、
『原因』に相当する要因があるはずです。

後編:子どもを尊重したいのに自己矛盾。どうしたら?〜TOCfEの図で考える、とっておきの方法〜_e0024978_12493269.png
ここで思い出したいのが前編での「違いを生むのは何か?」


もしお子さんが、在宅時よりもスーパー(や電車内などの外出先)で
明らかにテンションが上がって騒ぐようになるのなら、


その違いを生むのは何だろう? 
スーパーや外出先には、家にはない何かがあるのかな?



もっと確実なのは、子どもさん本人に聞いてみる。

もし
「お店やお外には家にはないものがたくさんあるよ」

当たり前な感じの答えが返ってくるとしても、
ぜひ、その答えをそのままで、ピンクの「?」の箱に書き入れてください。


当たり前のそれが言える・それがわかるって、とても重要なことなのです。
「スーパーにはカートがある」の箱が重要なように。


当たり前の事実だけが返答された場合には、
さらに
お子さんの気持ちを考察してみたり、尋ねたりすればOKです。


「家にはないものがいっぱい、か〜。
 そういうところでは、何をどうしたい気持ちになりやすいの?」

みたいな。

ワクワクして触ってみたくなるとか、
もっとよく見てみたくて近くに行ってみたくなるとかかな。

なんだろう?
何が出てくるかがわからないのも楽しみ110.png ぜひ聞いてみたいです。
(完全に孫育て世代の感覚やな…)


お子さんとそのように対話すると、
きっと何か発見があると思います。


それに、
そうした対話的な時間そのものが、質問者さんの気持ちを満たすのではないかな。
だって『子どもの人権を尊重したい』質問者さんですもの。


子どもを連れての外出を諦めなくても、
自分の価値観や発想を無理に変えようとしなくても大丈夫。


良い変化を起こすためのポイントは
今回のようにちょっとしたことを心がけつつ図にするだけで
劇的に見つけやすくなります。
ぜひやってみてください。


1人だと難しいなってなったら、お気軽に連絡ください。
ご自宅でzoomでOKです。


更新を通知する



 . ..:*・゜ 私をひらく 声をあげよう  . ..:*・゜

 ●お便り、ご連絡はこちらから
       055.gif www.wendo-japan.com



《このブログについて》
福多唯(Wen-Do Japan代表)の個人ブログです。
ようこそ。ここも読んでいただけているなんて嬉しいです。
ありがとうございます。


なんでしょう、『ちゃんとした大人』になりたいと思って
色々やってきた…つもりなのに、


むしろ以前よりもゆるい自分になっていて、


その今の方が、ちゃんとした大人に近い感じ



自分から、ダメさ、弱点、ウィークポイントを
なくすことはできない。



弱さを抱えて、どう生きるか、しか
できることはないのかも。



人が『私らしく生きる』ことに役に立ちたく思っています。
何かありましたらなんなりとお気軽にご連絡ください。



 ●お便り、ご連絡はこちらから
       055.gif www.wendo-japan.com
 

by selfdefence | 2020-07-06 16:52 | 女性支援

Wen-Do Japanの福多唯です。私をひらく声をあげたら、蓋があいた。蓋の存在に気づいてすらいなかった私なのに。そんな、“世界が変わる 私のお守り” Wen-Do を地味に続けています。


by selfdefence