子ども

小学生が護身術について、知っていること/知らない(気づいていない)こと

こんにちは。

昨日、金沢大学付属小学校での6年生の親子活動で、護身術をしてきました。


すっごく楽しかったです。小学6年生ってすごいね。


護身術って、毎日使うわけではないけれど、きっと重要だから親子活動でやるわけで、


必要だ!となった時に、
「今こそ護身術で習ったアレをするときだ!」とちゃんと気づいて、それをできるようになるためには、


護身術が、
(1)どんなイヤなことに
(2)どんな良いことを起こすために
(3)何をする
ことなのかを、はっきりわかっている必要があります。

ということで、まず、皆で目標設定をしました。


  誰かから、イヤなことや怖いことをされそうになったときに、
  「私はもうこれで大丈夫」と安心できる状況に
  自分で自分を連れて行けるようになる


今日の親子活動の終わりに、何かひとつでいいから、
この目標に関して自分はこれができる!と思える何かが皆にあるようにしたいのだけれど、


そうは言っても、こういう障害があるからなぁ…、って
思い浮かぶ心配事とか困りごとって、何かありますか?


そう尋ねたら、
以下のような意見が上がってきました。
全て6年生からです。


      • 仕返しが怖い
      • 相手の人数の方が多いかもしれない
      • 知り合いだと後のことが気になる。(罪悪感が湧いて、思うことができなくなる。)
      • 逃げるべき場所がわからないかもしれない。(どこで暴行を受けるかはわからない)
      • 相手の方が権力がある。

e0024978_13465172.jpg
…。

すごくないですか?! すごいです、小学生! 
親御さんたちも「ほう〜!」ってなってました。


小学生は、
どんな恐れや不安が、自分の障害になり得るのかを
ちゃんと知っています。

また、衝動的に思いつきで行動するわけでもない。
それは、上記のように後々のことまで考えた発言にも表れています。



じゃあ、これからのことをワクワクやる気になれるように
今度は楽しいことを考えましょう。


あげてくれた心配や障害が、もしなくなったら、
どうなっているかな?
どうやるのかの方法のアイデアは今はわからなくてもいいですよ。


そう聞いてみたら、


  • 仕返しが怖い
  •   →自分の方が強くなっている
  •   →相手の方がこっちを怖いと思っている

  • 相手の人数の方が多いかもしれない
  •   →相手が何人だろうと関係がない(自分の近くには誰もいない)

  • 知り合いだと後のことが気になる。
  •   →知り合いでも気にならなくなっている
  •   →そんな奴は知り合いでも友達でも何でもないと、縁を切れている

  • 逃げるべき場所がわからないかもしれない。
  •   →どこに逃げればいいのかがわかる
  • 相手の方が権力がある。
  •   →相手が権力を持てなくなっている
  •    法律や規則が変わっている
  •    自分に味方がもっと増えている
   

すごくないですか?! すごいです、小学生! 


ここまで来ると、あとは早いです。


後半は実技をするけど、どれに役立つ実技を知りたい?

そう聞いたら、

・自分の方が強くなる方法
・相手の方がこっちを怖く思う方法
・相手の方が人数が多いときの方法

になりました。うん、そうだよね、そうなるよね。


私の都合で言うと、できれば相手の方が人数が多いときの方法は忘れて欲しく、
姑息にもそこには触れずに進めようとしたのですが(笑 そこまでやるには時間が…と思ったのでした

「相手の方が人数が多いときの方法知りたいです!」と言われてしまった…^^;;


お、おう! それもやるぞーー!! 

という空気感で、後半で実技です。



80人近い人数って、やってみると本当に多い(苦笑)。実技を後半だけにした私、正解…。
ごめんね、運動嫌いなのになぜか護身術などをやっているヘナチョコなおばちゃんで。




後半の実技も面白かったです。


もし、加害者が目の前に迫ってきて、このくらいの距離にいるとして、
(リラックマLLが加害者役)
何か、こうしたらいいかなって思いついている方法があれば、教えて?!


そう聞いたら、


ある女子は

『鉄パイプで殴る』


…^^;; 超ナイスファイト(笑)
過剰防衛にならないように気をつける術の方が必要な気がする!


違う意見の人はいるかな?

そう続けたら、とっても優しそうな男子が


狙うなら、やっぱり頭?(^-^)』


…うん、答えもいいけどその微笑みもいいね。
他に、狙ったら良さそうなところはあるかな。

皆で練習するには、もうちょっと
穏便なところを思い浮かべながらにしたいなって思うんですよね(笑)。


『…気道、とか?』

優しそうな顔して、君って案外デンジャラスやね(笑)


ええとね、護身術って、
不審者に何かされたときのものって考える人がもしかしたら多いかもしれないけど、


皆が言ってくれた不安にも表れている通り、
知っている人が加害者ってことも実は多いです。


いじめとか体罰とか部活でのしごきとかストーカーとか
色々なニュースを皆も見ることがあると思います。
あんな感じ。
知っている人からの暴力って実は多いのです。


そして、皆が言う通り、
知っている人が相手だと後のことが気になって、対応が難しいよね。

知っている人が本当に目の前に迫ったら、
鉄パイプとか頭とか気道とかは、逆に、思いつかないのかもしれません。


知っている人が相手でも皆が思いだせて、
やる気になれる、そんな方法だけを、今日はやりましょう(^-^)



その後も皆さん終始やる気満々で、
じゃんけん大会までして、実技デモの役を奪い合って手伝ってくれました。

・自分の方が強くなる方法
・相手の方がこっちを怖く思う方法
・相手の方が人数が多いときの方法

皆で一緒に練習した動作は9種類でした。
保護者の皆様もお疲れ様でした。

e0024978_13465138.jpg

ちなみに、

・どこに逃げればいいのかがわかる

これは、日頃いろんなところでときどき
「今、もし〜になったら、どこを目指して逃げたらいいかな?」と考えてみる。
そうすればわかるようになります。


たとえば、そのときにいる場所が部屋の中や建物の中なら、
まずもっと広いところに出なきゃ!って
出口を目指すこと・出口をふさがれないことの大切さに気づくだろうし、

屋外なら、もっと人がいるところとか、もっと明るいところとか、
誰か大人がいるところ…って自然とわかると思うので、

試しに、時々ふっと、自分一人での脳内ゲームでいいから、やってみてください。


相手が権力を持てなくなっている。
 法律や規則が変わっている。

これ↑については、今日すぐにはやれないけれど、
もし本当にそうしたいってなったら、

こういう目標について、どう考えていけばいいのかについて、
今日やったこれまでのことで、ヒントはあった? もうわかる?(^-^)

この障害と障害解消後のイメージをあげてくれた6年生は
「はい、わかります」ってなっていました。


すごいぞ、小学6年生!
e0024978_13465127.jpg
会場はとっても広かったです。写っているこの感じの4倍くらいのスペースで、
まるで体育館並みの多目的室でした。


親子活動での護身術にお声がけをいただいて
本当にありがとうございました。


Wen-Do Japanは『女性のエンパワーとセルフディフェンス』なので、
Wen-Doプログラムの場合、11才以上の女性のみ、20人までとなりますが、


規定のWen-Doプログラムでカバーしにくいご条件の講習や講演も、
まずはお問合せください。
できる限り対応させていただきます。


以下、今後の予定です。 055.gif


・12/17〜 CLDエキスパート認定コース第3期 満員御礼





 . ..:*・゜ 私をひらく 声をあげよう  . ..:*・゜
          代表 福多 唯 055.gif 


以下の定期活動をしています。

選べるカフェドリンク付きWen-Doゆうぐれカフェ(←クリックで詳細)(月1、夕方、金沢)
初めてさんも安心の Wen-Do定期練習会(←クリックで詳細) (月1、夜、金沢)
自分を大切にする定期学習会ゆらっく(←クリックで詳細)(月1、日曜、金沢)

その他の講習情報はWen-Do Japanの講座情報ページにて



出張研修・市民向け講座・イベント余興・記念企画などに 055.gif

《Wen-Do Japanについて》
1972年にカナダで生まれた、女性用セルフディフェンスWen-Do。
Wen-Do Japanは日本で2002年から普及活動をしています。

《主な実績》
北海道から九州まで各地自治体の男女共同参画/子育て支援/人権・福祉等の担当課
日本福祉大学/金沢大学附属小学校などの小・中・高等学校・大学、教育機関
◎UN Women日本国内委員会/信州プロレス/各地CAPグループ/MAC/幼稚園協会/保護者会/ガールスカウト/YWCA/更生保護女性会/国際ソロプチミスト/各種相談員研修会/労働組合などの民間団体
◎NTTコミュニケーションズなどの企業など


海外実績はカナダとマレーシア。
外国に在住の日本人女性グループの方なども、ぜひお声がけください。

 
_________________________________

by selfdefence | 2018-12-14 14:40 | 子ども

Wen-Do Japanの福多唯です。今、あなたが抑えているものは何でしょう? 本当の声をあげたそのとき、世界は変わる。


by selfdefence