つれづれ

HEART MATH〜心臓を意識すると気持ちが安定して頭もスッキリ!の不思議ながらも科学的な方法〜

こんにちは。
Wen-Doマスターインストラクターの福多唯です。


今、NHKの朝ドラで、発明家の物語をやっていますね。
発明家って、「そもそも、なんで、それを欲しいという気持ちに至れたの?」っていうところからしてすごい。


私は、良い意味でも悪い意味でも「もっと〜だったらいいのに」を望んだり考えたりしない方です。


足るを知る的な意味では幸福感が高いタイプなんですけど、
何かを創作するとか、生み出すとかは、全然ダメです。
アイデアが湧かないの…。


こんなことで生きていけるのかな。


もっと閃きやすくなれる何かってあるのかな〜。


と、facebookでそれに近いことをつぶやいていたら、


友人が「それに役立つ方法をzoomで紹介できるよ」と、すぐに教えてくださいました。


彼は、「教育のためのTOC」つながりの人。
ただ、たまたま私たちには、NVCやマインドフルネスやフォーカシングやボディワークなど
他の共通の関心ごとも沢山あります。


zoomで久しぶりに話すと、彼、河田さんはこう言いました。


■「ハートで呼吸をする感じで(^-^)」


「やることはシンプルで、3つのステップなんです。


1)ハート=心臓に意識を集中させます。手を軽く当てると意識が向けやすくなるかも。

2)ハートで呼吸するイメージで呼吸をする(+5秒で吸って5秒で吐く)

3)ハートを温かい気持ちで満たします。
  ハートの辺りが心地良くなるようなイメージやリズムやBGMに浸ってもいいし、
  ハートに微笑みかけるようなことをするのでもいいし、
  感謝を送る、みたいな言い方だとフィットする人もいます。」


この方法は、感情やストレスのマネジメントに役立つそうです。


「やってみて、今、どんな感じですか?」

   ええとね…。
   5秒で吸って、吐いて…というゆっくりしたリズムの呼吸に合わせて、
   海の波打ち際で、波が寄せて…引いて…っていう感じが出てきて、
   私は水辺が好きなので、 
   それに浸っていたら、
   心臓での呼吸が、海のリズムと一緒になって、
   そうなると、自分も、その、自然と一体みたいな心持ちになれて、
   ザザーン…っていうのに浸ってる(^-^)
   リラックスできて、頭はスッキリで、 すごくいい感じ。


「ああ、いいですねえ。とっても気持ち良さそうです。
 そんな心身状態になると、無理なく物事がひらめきやすくなるんですよ(^-^)」


ああ、それはわかる! 
言わんとなさることはわかります。


なんとなくもわーんとしている時に、
頭でいきなり考え始めちゃうと、却って頭がぐちゃぐちゃしちゃうことがあるけど、


心身の準備体操的なことを何かしてから取り組み始めるとスイスイ進むもんね。


zoomのビデオ画面で「今のは、これの方法です」と彼が見せてくれたテキストには
HEART MATH って書いてありました。


HEART MATH (ハートマス)!


2009年5月、淡路島で開催されたフォーカシングの国際会議で、
私、それの、分科会みたいなのに参加したよ〜。

e0024978_17494239.jpg
e0024978_17494742.jpg

こんなきっかけで再体験することになろうとは。


そして、あのときよりも、
今回河田さんから教えてもらったやり方のほうが、短時間だったけれど断然良くわかります。
日本語だからっていうのもあると思うけど、
河田さんの説明がわかりやすいからです、きっと。
(教育のためのTOCをしている人は、みんな、説明が非常にわかりやすいです!)


心臓にフォーカスするといい理由はなんだろう?  


そう尋ねたら、


心臓に意識を向けながら5秒でのゆっくりめの呼吸をすることで
心拍変動が安定して(って川田さんは言ったかな。正確な言葉遣いは忘れてしまいました。ごめん)
…というような説明でした。


すみません、説明になっていない中途半端すぎる紹介ですが
詳しくちゃんと知りたい人は河田さんから聞くほうが絶対にいいと思うので、
ここは控え目に。


呼吸をゆっくりめ(1分間に回〜多くて4回)にすると、
リラックス度合いをあげつつ、意志力や集中力を高める効果があるということは
最近は、マインドフルネス関連などで、あちらこちらで見聞きします。

呼吸をゆっくりめにすると心拍変動が上昇し、気持ちは静まりやすくなっていく…というのがその説明です。


そういう意味ではものすごく真新しいことを
言っているわけではないのかもしれないけれども、



HEART MATHは、呼吸をどうこう…って言わないで、
『ハート=心臓』を意識させるというわかりやすさが良かったです。


っていうのは、

『呼吸をゆっくりにしてみましょう』などの呼吸から入るアプローチだと、
せっかく自分の心身状態が良い状態になっていても、

「ゆっくりの呼吸が心拍にどのように作用して、こうなったのだろう?
 呼吸と心拍のつながりって何? 
 心拍変動って説明されたあれは心拍と違うの?」などなどと、
妙なことが気になって頭が働き始めちゃったりして、

そして、う〜ん、よくわかんない…ってなっちゃうと、
せっかくの良い心身状態に浸れなくなってしまう。そんな人もいなくないから。


ハートに意識を向け、ハートで呼吸をする(かのような気持ちで呼吸をする)、
そしてハートを心地よくする。


ただそれだけで、
心身がリラックスしてスッキリするな〜って、わかる人にはすぐにわかります。
ボディワークや身体心理学系が好きな人にはオススメです。


ご興味のある方は、河田博成さんならきっともっと詳しく教えてくれると思うので、
こちらに、河田さんのブログとWEBサイトをば。



ブログはこちらです。『招き猫になりたい』
ホームページはこちらです。



河田さん、いつも惜しみなく色々教えてくれてありがとうございます。




以下、今後の予定です。 055.gif


・12/17〜 CLDエキスパート認定コース第3期 満員御礼





 . ..:*・゜ 私をひらく 声をあげよう  . ..:*・゜
          代表 福多 唯 055.gif 


以下の定期活動をしています。

選べるカフェドリンク付きWen-Doゆうぐれカフェ(←クリックで詳細)(月1、夕方、金沢)
初めてさんも安心の Wen-Do定期練習会(←クリックで詳細) (月1、夜、金沢)
自分を大切にする定期学習会ゆらっく(←クリックで詳細)(月1、日曜、金沢)

その他の講習情報はWen-Do Japanの講座情報ページにて



出張研修・市民向け講座・イベント余興・記念企画などに 055.gif

《Wen-Do Japanについて》
1972年にカナダで生まれた、女性用セルフディフェンスWen-Do。
Wen-Do Japanは日本で2002年から普及活動をしています。

《主な実績》
北海道から九州まで各地自治体の男女共同参画/子育て支援/人権・福祉等の担当課
日本福祉大学/金沢大学附属小学校などの小・中・高等学校・大学、教育機関
◎UN Women日本国内委員会/信州プロレス/各地CAPグループ/MAC/幼稚園協会/保護者会/ガールスカウト/YWCA/更生保護女性会/国際ソロプチミスト/各種相談員研修会/労働組合などの民間団体
◎NTTコミュニケーションズなどの企業など


海外実績はカナダとマレーシア。
外国に在住の日本人女性グループの方なども、ぜひお声がけください。

 
_________________________________

by selfdefence | 2018-12-13 18:27 | つれづれ

Wen-Do Japanの福多唯です。今、あなたが抑えているものは何でしょう? 本当の声をあげたそのとき、世界は変わる。


by selfdefence