子ども

聞きたくてたまらないという生徒さんは多くないであろう場で、デートDV防止の講演をして、聞いてもらえるようになるまで

こんにちは。
女性のエンパワーとセルフディフェンス Wen-Do Japanの福多です。


数年前からいくつか、デートDV防止の講演を担当させていただいていまして、
先日も一校、今日も一校。


聞きたくてたまらないという生徒さんは多くないであろう場で、
1時間とか90分などの長時間、話をするお仕事です。


私には、その状況で高校生に楽しくエネルギッシュに話し、
聴き続けてもらえるような特別なトークスキルはないので


せめて、わかりやすい話にして、
「これは聞いておく方が良さそうだぞ」との気持ちになっていただけたらと。


そこで、試行錯誤を重ねてやって来たところ、


最近では、
最初はダルそうにうつむきがちな生徒さんも、
スライドを見つめ、聞いてくださるようになりました。


感想を拝見しても、こちらのメッセージが誤解なく受け止めてもらえ、
さらに自分で考えての感想なのだな、っていうものが目に止まります。


・束縛や相手をハラハラさせることがDVになることがよくわかった。
・私は嫉妬深くて独占欲が強いので、思い当たることがありました。
 相手の話しもよく聞いて、気をつけたいです。
・身近そうなことが暴力なのだと思いました。
・自分の意見をしっかり持とう、と思いました。
・友達の話を聴くときに気をつけて行きたいし、
 何かあったら相談する勇気を出したいです。



デートDV防止講演での序盤のメッセージは主にふたつ。


(1)なぜ、デートDVについて学ぶことが必要なのか
(2)暴力をなくすためには、『被害を受けたと感じる側の声』も重要
   →声をあげたり相談したりが重要。その人たちを支えることも重要


「暴力は、振るう側も振るわれる側も、傷つく」

それが本当だとすると、交際相手からの暴力があった時って、
どのようにして問題を解決したら良いのでしょう。
e0024978_11445631.png

高校生に↑これを尋ねると、ほとんどの生徒さんは『ぐー(いいえ)』で答えてくれます。

e0024978_11445604.png

傷つきを負っているとき、もし、ひとりぼっちなままだと、
事態の改善は難しくなるかもしれません。


そこに、共に考えてくれる人を得られたらどうなるか。

e0024978_11445752.png
傷を負っていても、誰かが一緒に考えたり取り組んだりしてくれたら、
事態は改善しやすくなるかもしれません。


だから皆さんにも、もしも困った時には人に相談するという選択肢も
頭に置いてもらえたらいいなと思います。


また、

友達が相談して来たら、その友達の力になれるような相談相手でいたいですよね。


友達が相談して来てくれたとき、どんな情報を知っていて、
どんな相談相手になれたら、友達の役に立つことができるのか。


今日はそれについても話します。


ところで、ついさっき、傷ついた人がひとりぼっちだったら、
筋を立てて考えたり確かめたりが難しくなると、多くの人が手をあげて答えてくれたけれど、


もしかしたら、ちょっと迷って、
ぐーもパーも、どちらにも手をあげなかった人もいらしたかもしれません。


例えば、『転んで怪我をして傷ついた』みたいなのも思い浮かべると
手をあげにくかっただろうなって思っています。


ひとりぼっちだとしても、ちゃんと考えて必要なことができる例もありますよね。


人が筋を立てて考えたり、自分の考えでOKかどうかを確認したりが難しくなるときには、
ひとりぼっちだという以外の、他の要因もあると言われています。


e0024978_11445737.png


想定外のこと、知識や経験のないことは、
人を慌てさせたり不安な気持ちを強めたりしやすいです。


交際相手からの暴力って、
年齢にかかわらず、誰にとっても、想定外で、経験があまりない出来事の代表格です。


本人にとってもそうだし、
相談を受けるときも、そうです。


「そんなに重大な相談をされても…どうしよう…」って、
友達の力になりたいと思えば思うほど、相談相手が自分でいいのか?と不安になるかもしれません。



でも、それが、
あたかも経験したことがあるかのような出来事だったら?

こういうときにはこれが大事って、どこかで聞いたような…と思えたら?

e0024978_11445789.png
どこで誰から聞いたかは忘れてもいいです。


でも、前にもこれに近いことをなんか聞いたような…って思えたら、
初の困難でも、なんとか方法を考えて、乗り越えられるかもしれません。



…上記に納得してその後も聴いていただけるためなのか、

『意外かもしれないけれど実はこれも暴力なのです』なアレコレ、
対等な関係を築くコミュニケーションのポイント、
人の話を聞く際のちょっとしたヒント、

など、その後の話しの細かな部分についても、記憶してくれる生徒さんが大勢いらっしゃいます。


・束縛や相手をハラハラさせることがDVになることがよくわかった。
・私は嫉妬深くて独占欲が強いので、思い当たることがありました。
 相手の話しもよく聞いて、気をつけたいです。
・身近そうなことが暴力なのだと思いました。
・自分の意見をしっかり持とう、と思いました。
・友達の話を聴くときに気をつけて行きたいし、
 何かあったら相談する勇気を出したいです。


ところで、


講習や講演の構成に私が愛用している教育のためのTOC、
全国各地で全世界共通の『国際認定プログラム』なるものが開催されていまして、
一番近い開催予定は、2019年1月と2月で開催される大阪での認定プログラムです。


参加者募集が始まったらまた書きます!164.png




以下、今後の予定です。 055.gif

・12/4(火)夜:Wen-Do練習会たまあれ
・12/5(水)夕方:Wen-Doゆうぐれカフェ(the bOndsでのドリンク付)
・12/8(土)午後:ミニ講演 Wen-Do
・12/9(日)午前:学習会「ゆらっく」
●12/16(日)pm 福岡県久留米市にてWen-Do(詳細後日)
・12/17〜 CLDエキスパート認定コース第3期



 . ..:*・゜ 私をひらく 声をあげよう  . ..:*・゜
          代表 福多 唯 055.gif 


以下の定期活動をしています。

選べるカフェドリンク付きWen-Doゆうぐれカフェ(←クリックで詳細)(月1、夕方、金沢)
初めてさんも安心の Wen-Do定期練習会(←クリックで詳細) (月1、夜、金沢)
自分を大切にする定期学習会ゆらっく(←クリックで詳細)(月1、日曜、金沢)

その他の講習情報はWen-Do Japanの講座情報ページにて



出張研修・市民向け講座・イベント余興・記念企画などに 055.gif

《Wen-Do Japanについて》
1972年にカナダで生まれた、女性用セルフディフェンスWen-Do。
Wen-Do Japanは日本で2002年から普及活動をしています。

《主な実績》
北海道から九州まで各地自治体の男女共同参画/子育て支援/人権・福祉等の担当課
日本福祉大学/金沢大学附属小学校などの小・中・高等学校・大学、教育機関
◎UN Women日本国内委員会/信州プロレス/各地CAPグループ/MAC/幼稚園協会/保護者会/ガールスカウト/YWCA/更生保護女性会/国際ソロプチミスト/各種相談員研修会/労働組合などの民間団体
◎NTTコミュニケーションズなどの企業など


海外実績はカナダとマレーシア。
外国に在住の日本人女性グループの方なども、ぜひお声がけください。

 
_________________________________

[PR]
by selfdefence | 2018-11-27 14:04 | 子ども

Wen-Do Japanの福多唯です。今、あなたが抑えているものは何でしょう? 本当の声をあげたそのとき、世界は変わる。


by selfdefence