人気ブログランキング |

つれづれ

それって私がいけないの? 〜PA(受動的攻撃)を受けたときの対処〜

こんにちは。
女性のエンパワーとセルフディフェンスWen-Do Japanの福多唯です。


H30年6月17日からの『「それって私がいけないの?」』シリーズ学習会で扱った「PA(受動的攻撃)」。


e0024978_16025358.png


私のこのブログでも、PAについてのものは関心が高いようで、

以前の こちらの記事=受動的攻撃から自分を護る も、ずっとアクセスがあります。
あの時には、PAとはどんな言動でなぜそんなことをしちゃう人がいるのかについて書きました。


今日は、H30/6/17の「「それって私がいけないの?」」でもお伝えした

PAをしてくる人への対処について。


【PA(受動的攻撃)的な言動をする人に、どう対処する?】

・「思い過ごしだったらいいけれど、もしかして…」と率直に切り出す
・ 謝らない。説明はする。
・「また何か気づいたら、その都度話しましょう」とする


・「思い過ごしだったらいいけれど、もしかして…」と率直に切り出す


PAをする人は、直接的な攻撃をする気はなく、人を傷つけたいわけではありません。
  反省しろよ!とか、お前もちょっとは傷つけばいい!とかは思っているかもしれないですけれど…笑


そして多くの場合、率直な物言いやコミュニケーションには、
(過去のさまざまな経験や傷つきから)抵抗を感じています。


そうした人がPAをしなくなるには(=あなたがその人からPAをされなくなるには)、
率直なコミュニケーションをとっても必ずしも傷つく展開にはならない、という事実の体験機会や、
「人を傷つけたくなくて、かつ伝えたいことがあるときには、このように言えばいいのか!」という
サンプルの体験機会が必要です。


なので、
「思い過ごしだったらいいのだけれど、もしかして…?」と切り出して

  あなたはこう感じたのかなと私は感じましたがいかがですか

  こう思っていらっしゃるのでしょうか


と続け、懸念を言葉で提示します。


【ああかなこうかなと内心モヤモヤっとしたときは
 私はこうして言葉にして人とやりとりするよ】ということを、相手に実践で伝えるわけです。


そう聞いてもらえると、

「そうですね、私が思ってたのは…」と言葉にしやすくなる。


その経験が、
『ああ、そうか、率直に言ってもらえるって、そんなにイヤなことでもないな。むしろ助かるんだな』との実感につながると、


長期的にも、その相手がPA的言動をあなたに対して行ってくるのを減らせます。



・謝らない。説明はする。


こちらが切り出したことに相手(PAしてきているかも?な人)が答えてくれて、
相手の気持ちや意図がわかってきたら、


「ああ、そういうことだったのですね。」とただ受けとめる。
それだけでOKです。


・気がつかなくてすみません
・配慮が至らず申し訳なかったです


上記のような、謝罪にあたる言い回しは
お客様でないのなら、言う必要もメリットも特にはありません。
もちろん、心のそこからそう思うなら言う方がいいと思います^^


謝らるべき行為は何もしていないときにはつけないほうが、
相手がPAを手放しやすくなるかなと思います。


そうとわかっていても、ど〜しても、『気がつかなくてすみません』みたいなことを
言わずには終えられない人、ソワソワドキドキしちゃう人は、


「ああ、そういうことだったのですね。
 こちらは、つい〜のために、××しちゃってました(^-^)」




・「また何か気づいたら、その都度話しましょう」

こちらから切り出し、
相手が答えてくれて、相手の気持ちや意図がわかり、
こちらもこちらの意図や気持ちなどを伝える。

そこまでできたら、

「また何か気づいたら、その都度話しましょう。
 私も、何か気づいたらお伝えするように/ご相談するようにしますね」などのクローズでバッチリです。


察し合うとか配慮しあうとかも、悪くはないですけれど(「察してもらえた!」って嬉しいですよね♪)、
それだけじゃ不確実さが残ってしまうことも多々あります。


伝えあい、対話して、確認しあって、
「そうだったんだね〜!」と、お互いの意図や思いを興味深く受け止めあえる、
そんなコミュニケーションの醍醐味も実感・経験できると、
PAばかりに頼りきりじゃなくても、大丈夫になっていけるかもしれません。



以下 2019年5月 京都でのBasicのご案内など。

世界が変わる わたしのお守りWen-Do
いずれも、はじめての方も大歓迎です。







 . ..:*・゜ 私をひらく 声をあげよう  . ..:*・゜

    代表 福多 唯 055.gif www.wendo-japan.com


出張研修・市民向け講座・イベント余興・記念企画などに 055.gif

 意識の向上、エンパワー、地域の安全力UPなどにつながる、
 アクティブで主体的・対話的なプログラム、Wen-Do 。
 思い立ったが吉日でご連絡ください。 055.gif


《Wen-Do Japanについて》
1972年にカナダで生まれた、女性用セルフディフェンスWen-Do。
Wen-Do Japanは日本での普及・講師育成を担っています。


《主な実績》
・自治体:全国各地の男女共同参画/子育て支援/人権・福祉等の担当課
・学 校:日本福祉大学/東海大学付属仰星高校/愛知淑徳高校・大学/金沢大学・附属小学校など
・企 業:NTTコミュニケーションズなど
・団 体:UN Women日本国内委員会/YWCA/更生保護女性会/国際ソロプチミスト/各地CAPグループ
     /信州プロレス/MAC/幼稚園協会/各種相談員研修会/労働組合など
・海 外:カナダ、マレーシア

 



by selfdefence | 2018-06-14 16:36 | つれづれ

Wen-Do Japanの福多唯です。今のあなたを抑えているものは何でしょう? 本当の声をあげたそのとき、世界は変わる。


by selfdefence