つれづれ

『親が子どもに教えておきたい護身術』教えかたの5ステップ(1)子どもを先生に見立てる

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


事件があったためなのか、ただの偶然なのか、
親子護身術についてのお問い合わせをここ数日いただいています。


子どもさんがご来場くださる講習は、私にとって難易度が高くて
何度お話をいただいてもめちゃめちゃキンチョーします。


子どもって、体もこころも知的にもバンバン発達・成長していく存在です。


しかも護身のスキルって、習ったその日から「すぐに使う」というのは考えにくく、
それが必要になる場面は、1年後かもしれないし、5年後かもしれません。


習った時点でのその子に、理解・実施が可能な内容や方法をとりつつ、
『将来のその子』を救いうる視点・方法を伝達するには…、

しかも異なる学年の子どもたちが混在するとなると…、
(*できるだけ、参加学年は絞っていただくようにお願いしています)

おおーっと、女の子も男の子もいるのね…

保護者さんにも満足・納得いただける時間にしたいし…

と、毎回、お話をいただいた時点から頭がパンパンになります^^;;


そんな私のひそか(?)な野望は、
子どもたちと日常の多くの時間を共にする大人=先生や保護者や地域の大人たちが
子どもさんに知恵を発揮いただける状況を整えられるようになることです。


そのためにWen-Do Japanでは
『親が子どもに教えておきたい護身術』という講演メニューをご用意しています(^-^)

・対象は大人です。
・性別は問いません。女性のみでなくても大丈夫です。
・講演がメインで、トータル時間の1/3ほどが体験実技(または動作のデモンストレーション)。
・大人や親が子どもさんに関わる際に、
 どのようにしたら子どもさんに《知恵を発揮いただける状況を整える》ことができるのか、
 流れとポイントをお伝えします。


育友会や保護者会、保育士会さんや幼稚園協会さん、
学童保育職員さんの研修などでご活用いただいています。


《子どもさんに知恵を発揮いただける状況を整える》は
以下の5ステップの関わりで実現します。


e0024978_15194705.png
この資料はWen-Do Japanのもので、無断転載・転用が禁じられています。



頭で覚えようとするとちょっと大変そうに見えるかもしれないけれど、
だまされたと思って、ぜひ、一度やってみてください。


5ステップのひとつめだけでもいいです。
ひとつめを、子どもとのやりとりに取り入れるだけでも、きっと変化があります。
私自身がそうでした。


ひとつめは、「子どもを先生にみたてる」。
たとえば食事時のニュース番組で何かがあったら。


「もしあんなことをされたら、どうしたらいいんだろうね。
 どうしたらいいと思う?」


と、子どもを先生に見立てて、子どもに意見をあおぎます。


話題が護身関連でなくてもかまいません。


例えば、お子さまがお料理のお手伝いを希望してきたときにも使えます。


子どもが手伝うと、手間もかかるし汚れるんだよな…の思いは一旦横に置いて(笑)。
それを防ぐためにこちらで段取りを考え、指示を出したくなるのも脇に置いて(笑)。


「一緒にやりたいと思ってくれる気持ちは嬉しいけど、
 一緒にやるとお料理の材料がこぼれたりして、服も汚れるかもしれないし、
 時間もかかるかもしれないなーって心配なんだよね。
 どうしたらいいと思う?」


子どもの意見を仰ぎます。


このとき、本気で、心の底からそう思って、子どもの意見を待ってください。


子どもがどれだけのことを考えて言えるかな?と
子どもを試すような、お手並み拝見的な気持ちがこちらにあると、
「そんなに心配なら手伝わないからいいよ」ってなったりします^^;;


本気で心の底から、『この子なら私が思いつかない何かすごい案を出してくれるかもしれない?!』と思いながら
「どうしたらいいと思う?」とたずねると、
すごいアイデアが出てくることが多々あって、


それを一度でも体験するとかなり面白くて、やめられません。


ましてや護身のことは、大人もほとんどが未経験です。
護身の方法に関して、本当の意味で『先生』になれる人なんて滅多にいません。


大人だから子どもに教えられるということもないですし、
子どもだから大人に教えられないということもないので、


お互いにお互いを先生に見立てて、意見をあおぎながら知恵を出し合うしかないし、


そうやっていくと、「私には思いつかなかった!」なすごい方法と出会えて、
楽しいです♪



177.pngWen-Doを実際にやってみたいかたはお気軽にどうぞ。



定期練習会やプチワーク、その他の講習は以下から








 . ..:*・゜ 私をひらく 声をあげよう  . ..:*・゜



以下の定期活動をしています。

Wen-Do定期練習会(←クリックで詳細) (月1、夜、金沢にて)
ゆらっく(←クリックで詳細):自分を大切にする定期学習会(月1、日曜am、金沢)
おしゃれカフェでプチWen-Do Wen-Doカフェの企画はこちらから


《Wen-Do Japanの実績について》
Wen-Do Japanは2002年〜。
女性を暴力被害から守るエンパワー手法の「Wen-Do」プログラムを
体験型ワークショップや講演などで広めています。

UN Women日本国内委員会、NTTコミュニケーションズ、
各地自治体の男女共同参画/子育て支援/人権・福祉等の担当課、
日本福祉大学、信州プロレス、各地CAPグループ、幼稚園協会、保護者会など、
民間団体・企業・自治体・教育機関の実績多数。

 

_________________________________

[PR]
by selfdefence | 2018-05-16 15:41 | つれづれ

Wen-Do Japanの福多唯です。今、あなたが抑えているものは何でしょう? 本当の声をあげたそのとき、世界は変わる。


by selfdefence