つれづれ

18回目の海外でやっとわかった、「これが私!(This is Me!)」と思える私でいられた理由〜ベトナム・ダナンの旅〜

こんにちは。
世界が変わる わたしのお守りWen-Doの福多唯です。


4月の第1週に、ベトナムのダナンに行ってきました。


学習会等で顔を合わせることがある、10歳ほどお若い知人女性(*誘われた当時)に誘われて(^-^)。
(宿泊旅行を共にしたので、もうすっかり『友達』だ、って意味です。
 10歳の年の差が縮まったわけではありません… ←その説明いらないよ! )


誘ってくださったCさんには海外旅行に彼女なりの目標があったらしく、
私は同伴者スタンスでいよう、と最初から決めていました。


行き先の最終決定や行った先で何をどうするかの最終決定なども
ほとんど彼女におまかせ。


その結果、意図したことではなかったのだけれども、
過去の海外旅行時と今回は、ちょっと違う私でいることができました。



・私の人生や私を、私のものとすることに誇りを持ちたい
・「This is Me!(これが私!)」と心から言える私で居続けたい


そんな思いでWen-Doやあれこれをやってきて、
そのプロセスには過去の海外旅行も入っているのですが、


今回の旅行で過去を振り返り、すごいこと(?)がわかりました。

e0024978_09085772.jpeg
南国の解放感に任せて、すごいポーズをとってみた。


私の過去の海外経験は、ええと…。

独身時代…、会社勤め時代の『社員研修』…、
結婚してからの、子どもを連れた家族旅行…、
Wen-Doのことでは3回、
子どもの手が離れて夫とふたりでの旅行が1回。

…数えてみたら、自分でもちょっとびっくり。


今回が18回目でした。


私が永遠に貧乏な理由のひとつがよくわかりました(笑)。
これは…お金は貯まらないわ…。

e0024978_08344812.jpeg
歩いていてふっと路地を見たら、プチ市場ストリートがそこに。
写真の背中がCさん


e0024978_08482933.jpg
カニとか、買って食べてみたかった!

e0024978_08483644.jpg
「リラックマを連れてる人を探せばいいので、唯さんは、はぐれてもすぐに見つけられます」とCさん(^^;;



過去の17回のうち14回は、
私がフライトやホテル等を調べ、手配して、
現地情報なども事前に調べて、必要に応じて手配もして…というもの。


『私がしなければ誰がする?!』な状況だった(と考えていた)ので、
当然のようにそうしていたのですけれど、


今回、Cさんが現地で、
「近くに、チキンライスのお店があって、美味しいらしいですよ♪」
などを教えてくださるたびに、


彼女のことをすごいなあ〜!と思い、
過去の私ってすごいことをしていたのだなあ!と感心してしまいました。

e0024978_08353552.jpeg
Cさんが調べておいてくださった道順に沿って市街中心部へ。
バイクがいっぱいで、なかなか道を渡れません…^^;;



当時、自分がそれだけのことをしていることに、
自分でもっと感心というか…満ち足りること(満足)が、
できていたら良かったのかもしれないけれど、


過去の私は、人から、
ありがとう、とか
君のおかげだよ、とか
すごいね! とか、承認される発言が聴けないと超不満でした(^^;;

e0024978_08354081.jpeg
大聖堂。青空に映える色づかいです。


e0024978_08485459.jpg
大聖堂の斜め向かいくらいが、ハン市場(めっちゃ広い)

e0024978_08350520.jpeg
市場内のバナナ屋さん。わさわさ♪



どうして自分で自分に満ち足りることができなかったのかな…?


帰国してから改めて、ちょっと自分とおはなしをしてみたところ、


  だって、責任があったから。


って声が。

  責任を取らなきゃ、って思ってた。
  自分の安全にも、満足度の向上にも、子どものことにも。



たしかに、


選ぶ航空会社やフライトスケジュールや、

滞在するホテル、そこのサービスや快適・充実度、

周辺環境、現地での過ごしかた、

現地での移動手段のあれこれについて、

現地の慣習、チップのこと、両替やお金のこと、

水の調達、

外出時のトイレ、それは有料か無料か、キレイさはどうか、

備え付けのトイレットペーパーはあるのかないのか…と、

どこに行くにも、最低限上記のことは頭に入れておかないと動きにくく感じたし、


子連れのときには、
もしもはぐれたら…を想定して子どもにも教えたり、
「旅のしおり」的なものを作って子どもに渡したり。


全てに関して責任を負おうとしていました。
私にとっても未知の場所でのことなのに。

e0024978_08340592.jpeg
ミーソン遺跡。ホテルに依頼して、車をチャーターして行きました。
ガイドがつかなくなるけど現地ツアーと同じ出費でふたりで行けて、周りや時間への気兼ねもなし。



ファミリー海外のときに、夫がほんの何度か、
「まあまあ。いきあたりばったりでも、なんとかなるだろうから(^-^)」と
言ってくれたような気がするけれど、


当時の私は、
調べる手段と時間があるなら調べるべきだ、
なぜなら、『運』とか『いきあたりばったり』を信じるなんて、
それは…なんていうか…あまりにもお気楽で無責任な姿勢に思えるし、
私はそんな風に責任から逃れてよい人間ではないんだもの!みたいな、


…なんて言うんでしょう、
苦しんでいなければならない、というほどでもないけれど、


お気楽でいる私なんて許せない!みたいな感覚がありました。

e0024978_08341448.jpeg


当時の私は極端に自己批判的で、
何かあると、「自分の調べ方に不足があった。私があまかった」と思ったものです。


もっと調べておけば、もっと完璧度を上げることができたのに!と猛烈に悔しかった。


完璧度を限りなく100%に近づけること、
そしてそれにチャレンジし続ける私でいられるかどうかに
私の価値を見出そうとしていました。

e0024978_08343817.jpeg


100%なんてあるわけがないことも、
その、達成不可能なことに挑み続けていることも、
うすうすはわかっていたのだけれど、


達成できる目標なんて私が全力で取り組むには値しないものだ、くらいに思っていたので、
自分のしていることの奇妙さからはずっと目を背けていました。

e0024978_08352029.jpeg
後になってからわかること。後世で見出される偉業や価値。
世の中にはそういうものがいっぱい。
…どうでもいいけど、リラックマがこのバランスで立つのがちょっと謎…

自己批判的な傾向。

お気楽な自分を許せないこと。

あるわけがない100%の達成に必死だったこと。

過剰なまでの責任の負いかた。


私ってなぜこうなんだろう…って、当時思っていたそれらは、
そっか、リンクしていたんだな。
e0024978_08481505.jpg
ダナンのドラゴンブリッジ。顔近くまで行ったらなんと、…龍の目にもハート162.png
鬼の目にも涙的な(笑)


今回Cさんが一緒にいてくれたから、私は気楽でいられました。


気楽でいられるってことは、
負わなくて良い責任から自分を解放できるということで、


負わなくても良い責任から自分を解放できると、
取りたい行動が迷いなく選べて、


取りたい行動が迷いなく選べたから、
「これが私!(This is Me!)」と思える私でいられた。

e0024978_09085772.jpeg
いやだから、きみはもういいって…。



そうそう。まさしくその通りの出来事がありました。


滞在中にホテルでちょっとしたことがあったあのとき、
私が迷わず「声をあげる」ことを選ぶことができたのは
そういうことだったのか。

e0024978_08492051.jpg

ドラゴンブリッジへの夜散歩の途中で。
ココナッツの実の本物のココナッツジュースってまんが肉に並ぶあこがれの一品です。
しかもストロー2本刺し♡

e0024978_08490654.jpg
その場で実を割って、ストローとスプーン(実を食べる用)を挿して出してくださいます。
何も入れていないのがわかるので安心♪
(現地の水と氷は、おなかを壊す元になるので)



それは声をあげなくてもなんとかなるささやかなことで、
声をあげても解消されるわけでもないことで、
今回は子どももいなかったから、しつこくこだわる理由もなく、


だから、私にも不思議だったのです。


どうして私は、このことに対して
それでも「声をあげる」ことをあんなにスッと、迷わずに選んだのだろう?


声を上げることのできる私でいたい。
その思いがあるからなのはわかるけど、
今回、それがスッと迷わずにできたのはなぜなのだろう?と。


帰国して静かに自分と対話をしてみて、今、わかりました。
わかると、諸々がやさしくほぐれていく感じがします。


Cさんとの旅行のおかげで、私が声を上げることができた背景がわかった。



Cさん、ありがとうございます。


e0024978_08384081.jpeg
これはホテルでWen-Doについての考え事をしていたときの私。
Cさんはこの方法をご存知なので、
一緒に考えていただけて、とても助かりました。



快適でいられる人との時間、大事にしたいです。


そして、
海外は、私にとって抑圧から距離をとりやすいオルタナティブな居場所で、
私にはこれまでもこれからも、大事です。


また行きます! 

e0024978_09083894.jpeg


ダナンは石川県の小松空港からも大韓航空で行きやすいです。
  小松---ソウル(仁川空港)で乗継(3時間〜6時間)--ダナン空港 


_______________________________
 . ..:*・゜ 私をひらく 声をあげよう  . ..:*・゜



以下の定期活動をしています。

Wen-Do定期練習会(←クリックで詳細) (月1、夜、金沢にて)
ゆらっく(←クリックで詳細):自分を大切にする定期学習会(月1、日曜am、金沢)
エンパワーカフェ←クリックで詳細):インストラクターにちょっと聞いてみたい・話してみたいときにどうぞ


178.pngゴールデンウィークに、自分へのプレゼントになる有益な何かを獲得したいかたへ。
5年後も10年後も使えるこれはどうでしょう。
子育てにもビジネスにもNPO活動にも。男女問わず参加できます。




《講師派遣もお気軽にご用命ください》
Wen-Do Japanは2002年〜。
UN Women日本国内委員会、NTTコミュニケーションズ、
各地自治体の男女共同参画/子育て支援/人権・福祉等の担当課、
日本福祉大学、信州プロレス、各地CAPグループ、幼稚園協会、保育士会など、
民間団体・企業・自治体・教育機関の実績多数。

 

_________________________________

[PR]
by selfdefence | 2018-04-10 11:19 | つれづれ

Wen-Do Japanの福多唯です。今、あなたが抑えているものは何でしょう? 本当の声をあげたそのとき、世界は変わる。


by selfdefence