講座の御礼

This is Me.〜ナラティブの力と私がたり〜

こんにちは。
“世界が変わる 私のお守り”Wen-Do の福多唯です。


困難のない人生を歩む人はいないからこそ、
困難を伴った自分の過去とその人生の意味、そしてこれからの自分に必要なものを、
自分で見出し、自分の言葉で語れる人に出会えると、勇気が持てて、元気になれる✨


前橋を拠点に活動する、『女性と子どもの支援センター 認定NPO法人 ひこばえ』さんで
今日、会員さんや相談員さんの研修として《私がたり》をさせていただきました。


Wen-Doでも以前、虐待にあっていたという女性がご自身について
こんな話をしてくださったことがあります。

曰く、
私はこんな目にあって、とても大変だったのだ、ということだけを発信していたときには、
私を哀れんでくれる善良で優しい人は寄ってきたけれど、
それは私が望む扱われ方ではなかった、と。

でも、
虐待にあったという過去と、
そこで自分が何を学んだかと、これから自分がどうありたいのかをちゃんと言葉にして、
『こういう助けが必要だから、ぜひお願いしたい』という発信に変えたら、
望む助けが得られるようになったというのです。


困難を伴った自分の過去とその人生の意味、そしてこれからの自分に必要なものを、
自分で見出し、自分の言葉で語れるということにはすごいパワーがあります。


その人自身がパワーを発揮できるようになるのはもちろん、
それを聞いた周りの人が動き、
ほんとうに、社会が、世界が、変わることがある。

そのような語りについて、体験から学ぶワークでした。





仕事は午後からだったので、早朝に始発で金沢を出発し、午前中に群馬の実家の母と映画を見ました。



午後からの《私がたり》の仕事が念頭にあったからなのか、鑑賞が2回目だからなのか。


母と見ていて、

This is Me.の歌も、《自分のことを自分の言葉で語る》歌詞や! と気がつきました。



日本語字幕のある動画の、私のお気に入りはこちらです。


歌うキーラさんは、体重の多いかたなこともあり、
15年間摂食障害だった自分と重ねてしまう…(^-^)



どのような過去を背負っていたか、どんな過酷さを体験したのか。
それがどんな転機によって、何がどのように変わったのか。
今、何を見つめてどんな信念で生きているのか。


単なるつぶやきではなく、『物語』が感じられる語りにこそ人の心が動くのって、
なぜなのでしょう。


他者の中に自分を見ると、人の気持ちや体は動いて、何かが変わる。


物語やナラティブの力って本当にすごいです。


それはたとえて言えば、
歴史の授業は特に好きでもなかったけれど、大河ドラマは夢中になって見てしまう、
という人が大勢いらっしゃるとおりなのかもしれません。

e0024978_12353627.jpg
(c)福多唯



誰の人生も、きっとドラマですね。
すごい脚本家にストーリーを見出してもらえたら、きっとそうなるはず。


すごい脚本家に出会えるチャンスがあるかどうかわからないので、
せめて、そこそこの脚本家として、
自分の人生をドラマのように、
大きくなくてもいいから、
自分にとって意味のあるものとして捉えられたらいいな。


私には今ここにいる私しかいないし、別の人生は、手にしようがなく、
まだ、これからも人生は続きそうなので。勇気を持てる私でいたい。


前橋の皆様、お天気の良い日に、室内研修にお集まりいただきまして、
本当にありがとうございました。








_______________________________
 . ..:*・゜ 私をひらく 声をあげよう  . ..:*・゜

     マスターインストラクター 福多 唯  




女性のエンパワーとつながりで女性の心・身体の傷つきを減らします。

Wen-Do定期練習会 (月1、夜、金沢にて)
世界が変わる 学びと対話:ゆらっく(月1、日曜am、金沢)
 インストラクターにちょっと聞いてみたい・話してみたいは
   エンパワーカフェへどうぞ




グループや研修への講師派遣もお気軽にご用命ください。
 

_________________________________

[PR]
by selfdefence | 2018-03-12 12:50 | 講座の御礼

Wen-Do Japanの福多唯です。今、あなたが抑えているものは何でしょう? 本当の声をあげたそのとき、世界は変わる。


by selfdefence