人気ブログランキング |

女性支援

出演したAVの販売・レンタル・配信停止を申請するには

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。

AV出演に関する問題で、一歩前進がありました。


毎日新聞 2018/2/20
『被害者や引退女優ら対象の作品削除窓口を開設』


毎日新聞のサイト閲覧は会員登録(無料)が必要です。
また、将来上記リンクが無効になることもあるかもしれませんので、

以下、毎日新聞さんの記事をと申請先サイト等を拝見して、
概要や手続きについて、以下ご紹介します。


●AVの元出演俳優(女優)からの削除要請を受け付ける体制ができた。
●受付=申請先は「AV人権倫理機構」http://www.avjinken.jp/

   今URLを入れて思ったけど、こちらのサイトはhttps://…ではないのですね。
    http://で始まるサイトはハガキのようなものなのに対して、
    https://で始まるサイトは封書のようなもので安全度が少し高い…と言われています。

    このあたりは、元女優さんはもしかしたら気になるかも?と思ったので。
    「http https 違い」などのワードで検索すると詳しいページを見つけられます。
    

・AV映像作品の販売、レンタル、配信の停止が申請できる
 (停止を希望する媒体はチェック欄があり、複数チェック可能)
・手続きは申請制。費用は無料(ただし郵送費用などは自己負担)
・AV人権倫理機構に賛同のAVメーカーやプロダクションのみ対象
・出演強要の有無にかかわらず申請できます


1)申請を受け付ける「AV人権倫理機構」のサイト(上記参照)を訪れる

2)サイトから、「作品販売等停止申請書」をダウンロード
  Word、Excel、PDFの3形式アリ。

3)必要事項に記入して、機構に【郵送】。

*申請への必要事項
 ・出演時女優名
 ・所属事務所やプロダクション名
 ・作品名(複数を同時に申請可能)
  ★申請用紙には60作品まで記入欄がありました。
   毎日新聞の記事によると「作品数が多い場合には同機構が配信サイトで名前を検索して該当するものをすべて削除するという」とあります。
 ・該当の女優名
 ・メーカー名
 ・販売等停止を希望する理由
  顔バレの為/学生生活への支障の為/婚約、結婚の為/就職、転職の為/社会からのバッシングへの不安の為
  その他欄あり(★毎日新聞の記事によると「強要被害にあった場合は「その他」の項目に書き込む」とあります。)

e0024978_18041803.jpg


これまでは弁護士さんをたてるしか実質やりようがなかったので、敷居が高かった上に、
強要がなく契約して出演した女性には、弁護士さんを立てることにも心理的なハードルがあったかもしれません。

申請で手続きができるのは、大きな一歩だなと感じます。




世の中には、…なんて言うんでしょう、人をその気にさせる弁舌が上手い人がいますね。


契約書とか規約とか同意書などの類も、多くは、

字が細かくて、
文章があまりにも多くて、
難しい用語や言い回しが続き、

読むのがイヤになるように出来ているのでは?!と穿った見方をしてしまいたくなるほど。


「この人なら信頼できそうだな」という気持ちになりかけている時に、
相手から、

『ごめんね。こんなの、読む気が失せますよね。私もです。
 形式的なものなので、署名捺印をここにお願いしますね〜♪』

とか言われたら、

私も、何も読まずに署名捺印に直行するかもしれない。
 

そして、そうした、「もしあの時私が〜」のシーンが頭から消えないのって、
とっても辛いです。


騙されたわけじゃなくて、AVに出演してみてもいいなと思ったからそうしたという女性もいるかと思います。

現場に入ってはじめてええっ?!となった…とか。

最初は良かったけれど続いたらだんだん気持ちや考えも変わってきて…。とか。


人は誰だって、将来の全てを見通して問題ゼロの判断をすることなんてできない。
気持ちが変わることも、生き方や仕事を変えたくなることもあります。


過去の記憶ってけっこう根強いです…。


本人の中では決してなかったことにはならないからこそ、
社会では、仕切り直しやリスタートができればと思います。




更新を通知する


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以下は活動のご案内です。(2019年4月追記)


世界が変わる わたしのお守りを手にしませんか。

いずれも、はじめての方も大歓迎です。






Wen-Doを思い出したいな〜な方や、2日間や3日間は難しいかたは、


女性の意識啓発やリフレッシュ研修などにも出張します。
お気軽にご連絡ください。 055.gif




 . ..:*・゜ 私をひらく 声をあげよう  . ..:*・゜


“世界が変わる 私のお守り” Wen-Do 各種ワーク、セッションで、女性のエンパワーをサポートします。


ワークショップや学習会などはWen-Do Japanの講座情報ページにて




出張研修・市民向け講座・イベント余興・記念企画などに 055.gif

《Wen-Do Japanについて》
1972年にカナダで生まれた、女性用セルフディフェンスWen-Do。
Wen-Do Japanは日本で2002年から普及活動をしています。

《主な実績》
北海道から九州まで各地自治体の男女共同参画/子育て支援/人権・福祉等の担当課
日本福祉大学/金沢大学附属小学校などの小・中・高等学校・大学、教育機関
◎UN Women日本国内委員会/信州プロレス/各地CAPグループ/MAC/幼稚園協会/保護者会/ガールスカウト/YWCA/更生保護女性会/国際ソロプチミスト/各種相談員研修会/労働組合などの民間団体
◎NTTコミュニケーションズなどの企業など


海外実績はカナダとマレーシア。
外国に在住の日本人女性グループの方なども、ぜひお声がけください。

 

by selfdefence | 2018-02-28 18:08 | 女性支援

Wen-Do Japanの福多唯です。今のあなたを抑えているものは何でしょう? 本当の声をあげたそのとき、世界は変わる。


by selfdefence