セルフディフェンス全般

ギャフンと言わせてやりたい

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


先日、アサーティブネスをパーソナルセッションとしてお受けしました。


『人権尊重と行使のための生き方の姿勢』との観点でアサーティブネスの概要を共有した後に、
ご本人が取り組んでみたい具体的な場面をあげていただいて、
それについて
「本当はそのときにどんな思いがあったのだろう?」
「その相手と共有したかったことはなんだったのだろう?」
などをゆっくり見つけます。


時間がゆるし、ご本人が望めば、具体的な切り出し方や伝達のセリフなども一緒に見つけます。
ただ、せっかくパーソナルなのにちょっと意外ですが、そこまでしなくても満足するかたが多いです。



人って不思議なもので、自分の真実の声に出会えると、
ついさっきまで「私は相手にこれを言ってやりたい!」と思っていたはずのことが、
どうでも良くなる…ってことも多いです。


e0024978_14081120.jpg


例えば以前に、「相手にギャフンと言わせてやりたい!」と言っていたかた
(ご本人の承諾をいただいて紹介しています)


怒りの感情が強いのだなあ…と思って、
何に傷ついたのかとか、そのときどんな気持ちが胸の中で渦巻いていたのかとかを
じっくりお聞きして、ひとつ一つを外に出して置いていく作業をしたら、


なんと、
『私は相手をもっと信頼したいし、頼りたいと思っていたのかー!』と気づいてしまいました。


それがわかると《ギャフンと言わせたい》の思いはどこかへ行ってしまって、
そのかたはそこで満足なさっていました。



あと、
「こういう場面になると相手がいつもこんな感じで言ってきて、お定まりの喧嘩みたいな展開になってしまう。
 現段階では私が何を相手に言いたいのかは自分でもはっきりしていないものの、
 常にその展開になるのはイヤなので、ちょっと考えてみたい」みたいなかたも多いです。


そうしたかたでも、心の奥にしまっていた思いを見つけると、
ご表情や仕草が、胸の中のそれを、まるで大事な宝物を抱きしめるかのようになります(*^^*)


とても満ち足りた感じになって、
相手にどう伝えるかまでは深追いせずに終えちゃうことがほとんど。


なのに、というか、だから、というか、後日連絡をくださいます。



「あのあと私自身がこうするようにしたら相手も少し変わってきました」とか
「こんな出来事があったので、思いを話したら、相手がこんな風に言ってくれました」とか。



本当に必要で大切なものに出会えると、
そのあとは頭でさほど考えなくても、必要なときに必要な行動を人は自然と取れるのかも(^-^)。


**この記事を公開したらご質問をいただきました。
  福多が、その方に行ったアプローチは、どんな手法を学ぶと身につくのか?という質問です。



パーソナルセッションは適宜お引き受けしています。
私は出張等があると急性期対応や定期セッション形式が不可能なので、単発が基本です。
遠くのかたとはスカイプやfacebookメッセンジャーでの通話機能等を使ってます(^-^)



…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

《これからの予定》
*12/10 本庄市Wen-Do
*12/17 良い年を迎えたい! H28年度の振り返りとH29年のプラン(金沢)
…など
http://bit.ly/wendo2016

………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]
by selfdefence | 2016-11-29 14:14 | セルフディフェンス全般

Wen-Do Japanの福多唯です。今、あなたが抑えているものは何でしょう? 本当の声をあげたそのとき、世界は変わる。


by selfdefence