人気ブログランキング |

セキュリティ・防災

宅配便を装う不審な来訪者への対応

宅配便業者を装って、独り暮らしの女性を襲うケースがあると聞きました。
どうすればいいですか?


A.
 宅配便に限らないのですが、女性が独り暮らしをしていて、来訪者に気をつけたいときには、

 来訪者が「ピンポーン」などと玄関口にやってきたときに、
 「あ、いいよ、アキラくん、私が出るよー」とか
 「あ、ごめーん、私出るから、ちょっとヤカン見てて?!」など、

 あたかも部屋に誰かがいるかのような独り言を言ってから、
 ドア向うの相手に対応するという方法があります。

 もちろん、多くの人が使っているように、ドアチェーンを使うクセをつけるとより良いですね。

 …という方法を、なんかバカバカしいと思ってる人いませんか(笑)?
 それは私です^^;;


単なるマニュアルとしてこの方法を知ったときは、そう思いました。


きょうは、

実際、この方法を使って、なるほど!と思えた時の経験談をば。


   *  *  *

私はマンションに住んでいます。


近所のアパートやマンションに空き巣が多く、
警告チラシなどがうちにも入ってきていた時期のこと。


(*マンションは、一度大きな玄関から建物に入れば一軒家よりも犯行が目立ちにくいので、
  狙われやすいと聞いたことがあります)。


ある日、平日の日中、ピンポーン♪と。


私の住むマンションは、1階の大きな玄関が鍵によるオートロックになっていて、
住民と管理会社の管理人以外は入れません。


だから、通常お客様や宅配便業者さんが来ると、
1階のオートロックの訪問ボタンを鳴らした音がします。


その日のその時の音は、オートロックの訪問ボタン音ではなく、

我が家の門扉前のベルの音でした。


この音がするとしたら、門扉前まで来ている人は、
マンションの住民か、管理人さんか、
インターフォンのオートロックは管理人さんに開けてもらったけれど家の鍵を持たないわが子か、


あとは…、

マンション内に複数のお届けものがあって、まとめて持って入った、
郵便局員さん、宅配便業者さん、とか
新聞の集金の人。


限られています。
 

「はーい?」と、まずはリビングのインターフォンで対応したら、
(インターフォンは1階のオートロック前まで来ている人とも、
 玄関口まで来ている人とも、どちらとも、会話ができます)


「お届けものです」と言われました。


う〜〜〜ん???


佐川急便なら「こんにちは。佐川でーす」、
クロネコヤマトなら「ヤマト便でーす」…と、


業者さんは必ず名乗ります。



ただ単に「お届けものです」という言い方をする業者は、実際はうちには来たことがない。


だから直感的に変だなと思いました。



それに、宅配便の業者さんって、回るルートが決まっているから、

佐川さんならこの時間帯、ヤマトさんは大体いつもこの時刻…、と、
来る時間帯にも特徴があります。必ずとは言えないけど。


平日のその時間帯に荷物が届くことは滅多にありません。


差出人が時間指定しているときは別だけど、
時間指定をしてくれた人は、
事前に、「何月何日の何時頃に届くようにしてあるよ」と連絡をくれるもの。


なんとなく、イヤな感じがしたので、

ダメで元々と思って、冒頭の方法を使ってみました。


玄関口に行きながら、

「あ、大丈夫大丈夫。宅配の人だから、まだゆっくりしていって。」



ドア向うの相手にも聞こえるように言ってみました。


加えてドア向うの相手には


「すみませーん、ちょっーとお待ちくださいね〜。印鑑出しますね〜」と大声で伝え、
少しだけ、時間をおきました。


その間けっこうドキドキ。私なりの準備もしました(^^)。


準備とドアチェーンをかけて、慎重にドアを開けてみたら…


え…?

誰もいない。荷物もない。


気持ち悪かった〜〜。
一体、誰が、何の目的ですぐそこまで来ていたんだろう?



単なるピンポンダッシュ的ないたずらの可能性も、ないとは言い切れないよな…とか思うから、


自分のしたことって大げさだったかな?と、
ぐらつきそうにもなるのだけれど、


大事なのは、
相手が本当に悪意を持った人物なのかどうかを的確に判断すること、
では あ り ま せ ん。


大事なのは、
「おかしくない?」と思ったときに、
その事態に備えて、自分が力を発揮しやすい状況をつくること。

そのための準備をする自分を『それでいいんだよ』と
自分で応援してサポートすること。


準備をするため、という意味でなら、
家に誰かがいるふりをする、というこの方法は、気持ち面でも多いに助けになります♪

なんか、「独りじゃない」って気持ちになれるんですよね。
(ちょっと気恥ずかしいところはあるけど…)


お金もかからないし、護身術の講座に行かなくてもできます(笑)。
使って損はないので、思い出す場面にもしも遭遇したら、ぜひ。


更新を通知する



 . ..:*・゜ 私をひらく 声をあげよう  . ..:*・゜

 ●お便り、ご連絡はこちらから
       055.gif www.wendo-japan.com



《このブログについて》
福多唯(Wen-Do Japan代表)の個人ブログです。
ようこそ。ここも読んでいただけているなんて嬉しいです。
ありがとうございます。


なんでしょう、『ちゃんとした大人』になりたいと思って
色々やってきた…つもりなのに、


むしろ以前よりもゆるい自分になっていて、


その今の方が、ちゃんとした大人に近い感じ



自分から、ダメさ、弱点、ウィークポイントを
なくすことはできない。



弱さを抱えて、どう生きるか、しか
できることはないのかも。



人が『私らしく生きる』ことに役に立ちたく思っています。
何かありましたらなんなりとお気軽にご連絡ください。



 ●お便り、ご連絡はこちらから
       055.gif www.wendo-japan.com
 

by selfdefence | 2006-07-15 16:48 | セキュリティ・防災

Wen-Do Japanの福多唯です。私をひらく声をあげたら、蓋があいた。蓋の存在に気づいてすらいなかった私なのに。そんな、“世界が変わる 私のお守り” Wen-Do を地味に続けています。


by selfdefence