2016年 11月 14日

女性の護身の力を知ろう♪ 女性に対する暴力をなくす運動週間 その3

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。

DVを経験した女性と共に歩むご活動に取り組んでいらっしゃる、NPO法人レジリエンスさん。
Wen-Do Japanも日頃から大変お世話になっています。


11月27日まで下記のお取り組みをなさっているそうです。
賛同してシェアさせていただきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「傷ついた女性・子どもたちのためにリソースセンターを継続したい」
クラウドファンディング「READYFOR」で11/27まで支援を募集中です!




…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

*11/23 川崎Wen-Do
*11/26 Wen-Do Japan研修会(名古屋)
*12/10 本庄市Wen-Do
*12/17 H28年度の振り返りとH29年のプラン(*HPには11/14以降に掲載予定。金沢)
…など


………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-11-14 13:53 | 女性の護身の力を知ろう
2016年 11月 13日

女性の護身の力を知ろう♪ 女性に対する暴力をなくす運動週間 その2

Wen-Do Japanの福多唯です。

金沢での3時間Wen-Doが開催されました。12人でご一緒させていただきました。

セルフディフェンスは安全と平和を自分自身に見い出すのにも役立ちます。

初めての方にも、「久しぶりにまた参加したくなって」という方にもご参加いただけて、
嬉しい時間になりました。

みなさま、ありがとうございました。

e0024978_22363050.jpg


★お問い合わせ★
   Facebook
   Twitter


…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

*11/23 川崎Wen-Do
*11/26 Wen-Do Japan研修会(名古屋)
*12/10 本庄市Wen-Do
*12/17 H28年度の振り返りとH29年のプラン(*HPには11/14以降に掲載予定。金沢)
…など


………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-11-13 22:37 | 女性の護身の力を知ろう
2016年 11月 12日

女性の護身の力を知ろう♪ 女性に対する暴力をなくす運動週間 その1

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。

11/11〜11/25は『女性に対する暴力をなくす運動』週間です。
Wen-Do Japanでは各地の方とコラボしてキャンペーン講座を開催しています。

第一弾が昨日、愛知県の豊田市でのWen-Doでした。
主催はあいちCAPプラスさん。
(*2016年11月現在、今なら上記リンクのクリックでWen-Doのお知らせや報告がすぐに出てきます)


とっても綺麗な建物で、体育館並みの広さのお部屋でした。
昨日は22度にもなっていて、ポカポカ陽気。

e0024978_08395920.jpeg
              久々に講座にいらしてくださって再開のYさんからいただきました。
              ピカピカの柚子! 



みなさま、大変お世話になりました。
ありがとうございました(^-^)


e0024978_08412912.jpeg

そして本日、12日は、金沢市内で、自分を護るバウンダリーのワークショップ。
レビューは後日で。




★お問い合わせ★
   Facebook
   Twitter


…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

*11/12 自分を護る『バウンダリーって?』(金沢)
*11/13 金沢Wen-Do
*11/23 川崎Wen-Do
*11/26 Wen-Do Japan研修会(名古屋)
*12/10 本庄市Wen-Do
*12/17 H28年度の振り返りとH29年のプラン(*HPには11/14以降に掲載予定。金沢)
…など


………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


………………………………………………………………………………………



[PR]

# by selfdefence | 2016-11-12 08:51 | 女性の護身の力を知ろう
2016年 11月 07日

女性の護身の力を知ろう♪ 各地情報のまとめ

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。

学びの秋ですね♪ 
今週末の11月12日から11月25日まで、『女性に対する暴力をなくす運動週間』です。


内閣府、内閣官房、警察庁、金融庁、消費者庁、復興庁、総務省、法務省、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省、防衛省…と、
まさに国をあげて取り組まれる期間で、
各地でも、様々な講演・シンポジウム・ワークショップ・イベントなどが行われる季節がやってきます。


『暴力』というのは、ここでは、路上の暴行や強盗などはもちろん、

DV、性暴力、ちかん、セクハラ、モラハラ、パワハラ、虐待、いじめ、
AV出演の強要、人身売買、
風俗や性産業に従事する人への危険・理不尽な人権侵害行為…など、


人の心身や権利への理不尽な侵害行為全般を指しています。(そう考えるとなんと広くて多いことか…)


性別に関わりなく暴力行為は容認されるべきではないけれど、


女性に対して行われる暴力的行為はまだまだ多く、活力ある暮らしやすい社会の樹立のためには女性に対する暴力をなくすことが急務であることから、国でも『女性に対する』…と定められています。


今年度は各地の方々のお力添えをいただいて、Wen-Doなどのワークショップを行うことになりました。
ご関心とご予定に合うものがあればぜひご一緒に( ̄∇ ̄*)


……………………………………………………………………………………………………………………………

11月11日(金)愛知県豊田市内 午後 90分 Wen-Do(身体実技のあるワークショップ)  
         (あいちCAPさん主催)

11月12日(土)石川県金沢市内 午前 90分 自己表現と境界感覚で自分を大切にするためのワークショップ
         (シェアマインド金沢後援、Wen-Do Japan主催)

11月13日(日)石川県金沢市内 午後 3時間 Wen-Do(身体実技のあるワークショップ)  
         (Wen-Do Japan主催)

11月23日(祝)神奈川県川崎市内 午後 3時間 Wen-Do(身体実技のあるワークショップ)  
         (カミツレプロジェクトさん主催)

11月26日(土)愛知県名古屋市内 1day 活動普及について学び合うWen-Do Japan 研修会
         (チーム yui yuiさん&Wen-Do Japan 合同企画)


……………………………………………………………………………………………………………………………

上記の詳細は→ http://bit.ly/wendo2016


ご予定に合わないかたでも大丈夫。どちらにでも出張します。
  *上記日程と開催地もご参考にどうぞ。前後日などでのご相談もぜひ。


e0024978_10253628.jpg
90分なら10歳から、3時間以上のワークは11歳から参加できます。




たとえば金沢市や近郊在住の方なら、おひとり750円×4人でWen-Do体験が可能です✨

e0024978_10300212.jpg
             大人数でも丁寧なデモと実技をご紹介♪ 

e0024978_10330848.jpg
              ↑↓ Wen-Do Japanのスタッフ(の一部メンバー)です♪    


e0024978_10410868.jpeg

★お問い合わせ★
   Facebook
   Twitter


…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

*11/11 豊田Wen-Do
*11/12 自分を護る『バウンダリーって?』(金沢)
*11/13 金沢Wen-Do
*11/23 川崎Wen-Do
*11/26 Wen-Do Japan研修会(名古屋)
*12/10 本庄市Wen-Do
…など


………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-11-07 11:15 | 女性の護身の力を知ろう
2016年 11月 05日

《無料配信は8日まで》ナショジオ『地球が壊れる前に』〜人は驚異の存在を認識し、何が最善であるかを理解すれば、必ずやり遂げる〜

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。



素晴らしかった!

異常気象や環境破壊についての95分のドキュメンタリー。
10月31日から11月8日まで(アメリカの大統領選の日ですね…)、無料公開になっています。

製作総指揮はマーティン・スコセッシさん。
国連平和大使として2年間各地を訪ねたレオナルド・ディカプリオさんの視点で綴られます。


オバマ大統領やローマ法王との対談シーンにおお〜!と思ったのはもちろん、
何よりも、映し出される世界各地があまりにも美しくて切なかった。
さすがナショジオの映像です。
PC画面で見るのはもったいなくて、AppleTVでテレビ画面で鑑賞しました。



『人間を含め、生き物は、本来何からパワーを得てその生命を保ち、発揮するべきか』

考えさせられました。


経済活動は今や世界中の人の暮らしと、生き物の生命をも支配しているけれど、
『お金が回らないと全てが成り立たない』との思い込みを私自身も外さないと。


私がパワーやエネルギーを得るのはお金そのものからではないから。


終盤に、ガンでステージ4だという科学者が出てきます。
余命をどう生きるか考えた、という彼は、こう言っていました。


「今必要なことは、混乱した思考から抜け出し、
 脅威の存在を認識することです。
 人は、何が最善であるかを理解すれば、必ずやり遂げます。
 不可能と思えることも可能になるのです。」






番組についてのナショジオページでの紹介はこちらです。



…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

*11/11 豊田Wen-Do
*11/12 自分を護る『バウンダリーって?』(金沢)
*11/13 金沢Wen-Do
*11/23 川崎Wen-Do
*11/26 Wen-Do Japan研修会(名古屋)
*12/10 本庄市Wen-Do
…など


………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-11-05 11:54 | つれづれ
2016年 11月 02日

『私って、強く言えない性格なのよね』

「私って、そういう時に、強く言えない性格なのよね」

立ち話・世間話をしたかたから1ヶ月ほど前に聞いたセリフです。


私も最近、自分自身について
(『私は××はできない/〜は向いていない/**が苦手な、そういう性格なのだ』と思いたい時期みたい、私って…)と感じていて、
その人のそのセリフが頭の中をリフレイン中。


他者の力に圧倒されて弱った時に、ついそう言いたくなるのかな?



そういう風に話すとき、その人は
『言えなかったのは仕方のないことだ』と自分でも思いたいのかもしれないし、
他者からもそう認めて欲しいのかもしれないな…と思うから、


聴き手の時、口では私も「そうかあ」に止めることにしているのだけれど、


心の中ではいろんな考えがぐるぐるします。
自分で自分のことを《〜ができない性格》と決め付けたくなる時にもぐるぐるします。



本当に『できない』のかな?

『言いたくなかった=言わないことを自ら選択した』という可能性はないかな?

言わないことで得たかったものが何かあったのではないかな?
それは、言うと、本当に損なわれてしまうものなのかな?



本当に『性格』なのかな?

単に『どんな言い方がありうるか、サンプルを知らなかった』だけではないのかな?

言い方のバリエーションを知っていたら、言えていた可能性はないのかな?
言ってみる練習や経験を経ていたら、言えていた可能性は…?


『性格』とはそもそもどんな定義?という話にもなりそう…。


などなど。


その話のその人のエピソードは、


自分の主治医(個人開業医)に検査データを欲しいと申し出たら、
医師から威圧的に「何に使うつもりなんだ?」と問われ、

実はセカンドオピニオンを得るために別の医院に持って行きたいと考えていたその方は
咄嗟に何も言えなくなってしまい、
黙っていたら「開業して以来、そんなことを言った患者ははじめてだ」と重ねられ

結局検査データはもらえなかった、と。



どう考えても理不尽なひどい話です。
ご本人のデータをもらえないなんておかしい。

その人も、
『無料でやってくれる市の健診だってデータは全部くれるのに、
 病院で費用はこちら負担で、なのにデータをくれないって、ひどいわよね』
とはおっしゃるのです。

私に思わず話すくらいだからよほど悔しかったのだろうな。


それでも最後は
「私は言えない性格なのよね」とおさめようとしてしまうのか…。


色々考えさせられました。


〜〜〜〜〜〜〜


そんな、とっさにうまく言い返せなかったり・つい言いすぎたり、の解消の手立てに、


11/12(土)午前 シェアマインド金沢で、『バウンダリー』の学習カフェをします。



言えなかった過去も、言いすぎた過去も、
そこに戻ってやり直すことはできないけれど、


「ああ、そんな言い方があったのだな」と見つけられると
この先に同じことがあった時の希望につながります✨


お気軽にお越しください♪

・H28/11/12(土)10:00〜11:30頃
・シェアマインド金沢での『Salon ゆらっく』の企画にて
詳細↓

ちなみに、行動や動作など身体的な対応まで含めて
「あの時どうしていたら良かったんだろう?」へのヒントとしては、

11/13(日)のWen-Doワークショップもあります♪
初めての方も数年ぶりの方にもお申込みいただいてます。
お気軽にー♪



…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

*11/11 豊田Wen-Do
*11/12 自分を護る『バウンダリーって?』(金沢)
*11/13 金沢Wen-Do
*11/23 川崎Wen-Do
*11/26 Wen-Do Japan研修会(名古屋)
*12/10 本庄市Wen-Do
…など



………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


………………………………………………………………………………………


[PR]

# by selfdefence | 2016-11-02 16:45 | ☆☆講座案内☆☆
2016年 11月 01日

ハッピーママいしかわ Wen-Doをご紹介いただきました

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。

ハッピーママ石川の10月25日発行号(11・12月号)にご掲載いただきました!
記者さんは、かなり前からWen-Doと福多にご関心を持ってくださっていたそうで、
4時間近くを割いて、心の底からの関心と熱意で取材・インタビューをしてくださいました。

掲載号はこちら。
「みんなはどう使ってる? ママのスマホ・タブレット事情」という気になる特集が組まれています。
e0024978_09355997.jpg

掲載いただいたのは、
イベント情報のページと(11/13にワークショップがあります
24ページの、『私の子育て支援』というコーナーです。


記者さんの思いがとにかく嬉しくて、
みんなに「見て!みて♪」と触れ回りたい気持ちでいっぱいながら、


著作権法がありますものね^^;;
誌面のブログでの公開はガマンガマン^^;;;;(でも記念にぼかして載せてみました)
e0024978_09364209.jpg


私的にコピーなどをお分けするのなら著作権法にも触れませんし、
掲載誌もご厚意で複数分けていただいています(^-^)


読みたい!と思ってくださる方は、ぜひWen-Do Japanまでご連絡ください。


なお、ハッピーママいしかわはWEB版があり、イベント情報がいっぱいです。

私も双子の子どもたちが小さかったころに、イベント情報を目を皿のようにして探しました。
連日24時間子どもと家で密着していると、ロクなことがないんだもの^^;;


子育て期間はつらいことも多かったけれど、
あの当時に出会ったモノ・コト・チシキ・ヒトは、今の私の基盤を成す大切な宝物になっています。


育児中のお母さんたちにも、素晴らしい出会いがたくさんありますように!


*ハッピーママいしかわは、県内の保育園や子育て支援センターなどに設置されています。無料です。
 設置先の掲載ページも載せますね。ピンチしたら見えるかな?
e0024978_09463492.jpg

…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

*11/11 豊田Wen-Do
*11/12 自分を護る『バウンダリーって?』(金沢)
*11/13 金沢Wen-Do
*11/23 川崎Wen-Do
*11/26 Wen-Do Japan研修会(名古屋)
*12/10 本庄市Wen-Do
…など



………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


………………………………………………………………………………………


[PR]

# by selfdefence | 2016-11-01 10:19 | つれづれ
2016年 10月 29日

日本女性会議 秋田大会に参加しました

こんにちは。
Wen-Do Japanの福多唯です。

日本女性会議 秋田大会に参加しました。

e0024978_23405814.jpg


e0024978_22185066.jpg



金沢の、
『日本女性会議2018in金沢』実行委員会のメンバーと、金沢市役所の職員さんも一緒です。
(Wen-Do Japanは金沢での実行委員会団体なのです)

e0024978_23405923.jpg



秋田は千秋公園という紅葉の美しい公園(*春は桜の名所だそうです)のすぐ近く、
県民会館がメイン会場です。

e0024978_23410028.jpg

e0024978_22185176.jpg

e0024978_22185254.jpg

e0024978_23410121.jpg


来年は北海道の苫小牧市での開催。
e0024978_23410215.jpg



再来年が金沢です!

金沢の次の、栃木県佐野市まで決定していて、
秋田大会の会場で皆さんとの再会を誓いましたo(^-^)o


秋田大会の皆様、素晴らしい大会をありがとうございました。
金沢もたくさん見習わせていただいてがんばります。

e0024978_23410269.jpg



みなさま、平成30年=2018年は、
どうぞ金沢での日本女性会議へ!
10月12日〜14日です。
心からお待ちしています。


帰りの特急『いなほ』からの眺め。
美しかった!

e0024978_22185372.jpg



e0024978_22185423.jpg

e0024978_22185651.jpg



…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

*11/11 豊田Wen-Do
*11/12 『バウンダリーって?』(金沢)
*11/13 金沢Wen-Do
*11/23 川崎Wen-Do
*11/26 Wen-Do Japan研修会(名古屋)
*12/10 本庄市Wen-Do
…など



………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


………………………………………………………………………………………



[PR]

# by selfdefence | 2016-10-29 23:36 | つれづれ
2016年 10月 24日

つけられているのかも…というときに

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


10/22(土)の夜は神戸で、翌日23日(日)の午後は大阪の八尾市でWen-Doでした。
みなさま、大変お世話になりました☆

………………………………………………………………………

 もしかしたらつけられているのかも…っていう時に、
 つけられているのかどうなのかを知る方法は?

………………………………………………………………………

不安になった時には

(1)
・歩みを止めて
・深呼吸して
・後ろを振り向き、どんな人がいるのかを見ておきます

歩きながらチラチラっと後ろを振り向くくらいでは状況把握はしにくいので、
気になるなら、立ち止まって、目線だけではなく体ごと、
おへそごと振り向くように後ろを振り向いてあたりを見る方が福多は安心なのです。


(2)
その後、必要を感じたら/時間が許せば、
道路の反対側(逆車線側)に移動して歩いてみたり、
進行方向を180度逆にして、来た道を引き返すように歩いてみたりします。

曲がる方向が偶然一緒、という人はいるかもしれないけど、
来た道を180度引き返さなくてはならない何かがこちらと同じタイミングで生じる人は、そうそういません。

それでも後をついてくる人がいたら、「もしかして…」の用心の判断の目安にしやすいです。

または
コンビニなどがあれば入って、しばらく過ごす…なども一案ですよね♪(^-^)


   *  *  *


実は、講座でいただいた質問は、正確には、
『つけられているのかな…っていう時に、どうしたらいいかを知りたい』でした。


   何に焦点を当ててお返事するかのために、確認させてください(^-^)
   『つけられているかどうかの判別方法を知りたい』という方はどのくらいいらっしゃいますか?
   (何人かが手をあげる)ありがとうございます。
   じゃあ
   『つけられているかどうかはわからなくてもいいから、
  つけて来た相手から何かされそうになった瞬間に、どうしたらいいかを知りたい』という方はどのくらいいらっしゃいますか?


そう聞いたら、どちらにも手が上がったので、

(1)判別の私なりの方法(この記事で上述した方法)
(2)何かされかかった時の護身の方法(Wen-Doを使っての身体動作)
の順番でお答えしました。


(2)の身体動作練習まで終えたあと、
 『つけられているかどうかはわからなくてもいいから、
  つけて来た相手から何かされそうになった時にどうしたらいいかを知りたい』
に手をあげてくださった中のおひとりの女性が、


「何かされそうになった時にどうやって護身したら良いかがわかれば、
 『つけられているのかどうかを判別する方法はあるのだろうか?』という不安感も払拭されるのだろうと思う」
というようなことをおっしゃってくださって、

うんうん!!!ってうなずきがあちこちで♪ 


用心することももちろん大切だし、
いざという時にこうしてみよう!と言う方法を
ひとつでも持っていられるってことも、
自分を強くしてくれますね。



神戸をお世話してくださったのは、デイナーシングぐらんどさん。

八尾をお世話してくださったのは、NPO法人KARALINさん。
みなさま、ありがとうございました。



…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

*11/11 豊田Wen-Do
*11/12 『バウンダリーって?』(金沢)
*11/13 金沢Wen-Do
*11/23 川崎Wen-Do
*11/26 Wen-Do Japan研修会(名古屋)
*12/10 本庄市Wen-Do
…など



………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-10-24 17:56 | 質問への回答
2016年 10月 24日

聞く人にわかりやすい『語り』のポイント

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


10月22日(土)、四富スクエアさんで《私語り》のレシピ講座をさせていただきました。


よくある自己紹介のひと時を、話すたびに

・自分に誇りが持てて
・自分も聞き手も勇気や希望が持てて、
・双方の親交を促進する

そんな時間にできるツールが《私語り》です。
対話を深めたり、講師業の方のブランディンブなどに使えます(^-^)



●過去の失敗、困難、挫折など
●それをどのように乗り越えたか
●そうした経験をもつ自分には何が可能か


というナラティブの視点を取り入れて、
聞き手に、より興味関心を持ってもらえるように語るのがコツです。
対話にもブランディングにも、自分で自分を理解してオープンにすることって欠かせません。


ただ、それが頭でわかっても、それだけでは《私語り》を作り上げるのはなかなか難しい。


自分の過去について振り返ったり語り始めたりすると
気持ちが引き出されたり発見が得られたりして、
結果的に独りよがりになりがちですし…^^;;


『より、興味関心を持ってもらえる』ように語るには、
人が関心をもつのはどの部分なのか、や
聞き手に伝わりやすい語り方などについての理解も必要だなあと思うわけです。


また、
思考の際は、自分自身が、思考が容易でスムースになる順番というものがありますし、
それは語る際の、聞き手にとって耳で聞いて理解しやすい順番とは若干異なっています。
   大雑把にご紹介すると、
   考える時には、現在から順に過去に遡るようにして辿ると自身の思考や記憶は整理されやすいですし、
   語る時には、過去→現在→未来と時系列昇順に語ると聞き手にわかりやすくなります。


e0024978_16344350.jpg


ワークショップでは上記のようなポイントをおさえて《私語り》を作りました♪


ご参加くださった方々はそれぞれに人前で話す機会をたくさんお持ちで、
ポイントをスッと汲んで取り入れてくださり、
素晴らしい《私語り》を聞かせてくださいました!
ほんの2分強ずつの自己紹介が、濃密で深い時間になりました。ありがとうございました。


《私語り》は、個人セッションでもお受けします。
また11/26(土)にWen-Do Japanの研修会でも行います。
*Wen-Do Japanの研修会は広い参加募集はしていないのですが、
 ご関心がありましたらどうぞお気軽にご連絡ください。



なお、

ワークショップ開講のお世話をしてくださったのは、
『マインドフルネスの部屋 青空の森』の中西さん♪

『一人ひとりが心に平穏と青空を持てるように』と願って活動していらっしゃいます。
京都の四富スクエアさんでのご企画もたくさんお持ちです。
(四富スクエアさんは四条。河原町と烏丸のちょうど中間くらいでアクセスしやすかったです)
お近くの方はぜひ。




…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

*11/11 豊田Wen-Do
*11/12 『バウンダリーって?』(金沢)
*11/13 金沢Wen-Do
*11/23 川崎Wen-Do
*11/26 Wen-Do Japan研修会(名古屋)
*12/10 本庄市Wen-Do
…など



………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-10-24 16:35 | 講座の御礼
2016年 10月 18日

過去の意味づけを変えると、現在も未来も変わる


こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。



NHK「100分で名著」のアドラー心理学、先日再放送がありましたね。

見逃していた初回の録画を今朝みました。



一般的に、人は『今の自分がこうなのは、過去の出来事によってなのだ』と思いがちなところを

アドラー心理学では、

『過去の出来事への意味づけを変えれば、現在も未来も変わる』と考えるそうです。




折しも、今週の土曜日に迫った『信頼と絆を深める《私語り》~レシピ講座』のための資料を昨日と今日で仕上げていました。


《私語り》の内容とぴったり一致したので、

「アドラー大先生がおっしゃっていることを私はやろうとしていたのか!」と(笑)嬉しくなってしまいました。




《私語り》は、簡単に言うと自己紹介です。

何らかの集まりの場や、名刺交換をしたときなど、私たちには様々な自己紹介の機会があります。



友人や知人との会話で、

「どうしてそれをやろうと思ったの?」などの問いをもらうこともありますよね。



そんな《自分について自分の言葉で話す》という日常的なありふれた機会を



話すたびに、自分自身への誇りが持てて、

話すたびに、自分も聞き手も信頼と勇気と希望を得られるようなものにできる、



その方法が《私語り》です。




「どうしてそれをやろうと思ったの?」



その問いへの答えは、やろうとしたことのある方はご存知でしょうが、

いざ言語化しようとすると案外難しいのです。



あれもこれも大事、あれもこれも話したいってなったり、

言葉にすると大袈裟に思えたり軽く響いたり、とってつけた借り物の言葉のようでしっくり来なかったり。




・かつての自分にはどんな壁(生きづらさ、困難、固定観念などの思い込み)があったのか

・その壁が崩れた転機は何だったのか

・壁がなくなったことで何が見えて、それは今の自分のどんな世界観につながっているのか



私は自分のこれまでとこれからを、どのように意味づけるのか。




たとえば、

「暴力にあい、逃げるしかなかった私は、

 今も『あの時、何もできなかった…』と後悔と恐れが消えずに、Wen-Doを続けている」

と自分の過去を意味づけて現在とつなぐこともできるし



「暴力にあったけれど、無事に逃げのびた私は、

 『あの時に、私にはもっと何かできたのではないか? 私は私が気づいていない私の力に出会いたい!』

 そんな気持ちで、Wen-Doを続けている」とつなぐこともできます。



選ぶのは私(^-^)



週末の京都・神戸・大阪での各講座で、私も「私がなぜ、Wen-Doをしているのか?」の《私語り》をします。

講習のたびに自己紹介しているのだから、もう1000回以上はやっていると思うのだけど、

なかなか『これ!』というものにならないので、

今週末もまたもやのチャレンジです♪



みなさんに受け止めていただける出会いと時間を、楽しみにしています。

どうぞお気をつけてお越しください。

(*まだお申し込みいただける講座もあります。詳しくは以下にて)



…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

*10/22 信頼と絆を深める《私語り》京都 残席3☆
*10/22 神戸Wen-Do
*10/23 八尾市 10代女子のためのWen-Do
*11/13 金沢Wen-Do
…など



………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-10-18 17:15 | つれづれ
2016年 10月 14日

まだ見つかっていない答えと出会う6つのステップ(『下半身を…』のご質問へのお答えの続き)

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。

昨日のご質問 ↓  の続きです。


ポイント①『誰の』質問なのかを明確にする
ポイント②質問の奥の『気持ち』と、そう感じた『きっかけ』を把握する
ポイント③大人が考えてもとっさにはわからない問いには『正解はない』。
    自分にとって(その子にとって)《これはいい!!》と思える発想や方法がベストな答え。


以上をポイントとして昨日記事を書いたら、それを読んでくださった質問者さんが公開直後に
「私の本当の疑問と思いがわかりました!!!」とご連絡をくださいました。
《そうだ! これは『私』の疑問なんだ!『私』はなぜこれを質問したくなったのだろう?》と思えたためですね、きっと。
すごいです! ありがとうございました。


今日は、まだ見つかっていない答えとの出会い方。
ポイント③の《これはいい!!》と思える発想や方法にたどり着く方法です。
問いの主体が、自分だとしても子どもや他者だとしてもほとんど同じです。



ここでは
【子どもから『もし不審者が…』の質問を受けたら、どのように子どもに対応したら良いか?】として
見ていきますね。


=====================================================================
以下の順番で考えて、答えを見つけます。

ステップ① 候補として思い浮かぶアイデアの言語化。「どうしたらいいかね〜。何か思いつく?」
    ② その候補の方法に対しての思いの明確化。「そう思うのはどんな理由で?」
    ③ 本人の思いを承認。         「なるほど! ●●って思うんだね♪」
    ④ 最重要なゴールを確認。       「最終的にはどうなりたい?」
    ⑤ 最善の方法の創造。         「××しつつも〜〜できる方法って何かあるかな?」
    ⑥一緒にやって、感想を言語化。
=====================================================================



① 候補として思い浮かぶアイデアの言語化。「どうしたらいいかね〜。何か思いつく?」
`````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````

課題解決にはアイデアが不可欠! まずはアイデアを言語化します。

「どうしたらいいかね〜。何か思いつく??」みたいな返しで
『子ども自身の次の発言を待つ心づもり』で、『子どもが言葉をつなげやすいような』返答をしてみましょう。
ちゃんとこちらが聞く姿勢で待てば、子どもでも大人でも、相手は話を続けてくれます。




② その候補の方法に対しての思いの明確化。「そう思うのはどんな理由で?」
``````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````
アイデアを言語化したら、
そのアイデアの下の本人なりのロジック・価値観・ビリーフ(信念)などを言語化します。

たとえば

『出してるソレを蹴飛ばして逃げてこようかなとも思うし、何も言わずに無視してくればそれでいいのかなぁって気もする』

なら、

「迷っているんだね。
 蹴飛ばしてこようと思うのはどんな理由で?(それについての返答を聞く)
 無視すればそれでいいのかなって思いもあるのは、どんな理由で?」

と、
各方法に対してのお子さんの思いを順番に聞きます。






③ 本人の思いを承認。 「なるほど! ●●って思うんだね♪」
`````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````
どんな気持ちが述べられたとしても承認の言葉をかけます。
『そう思う、そう感じる、そうした欲求を抱く』こと自体にはジャッジをしません。

常に賛同できる気持ちになれるとは限らないのだけど
聞いた側のこちらの気持ちは一旦置いて、まずは「なるほど! ●●って思うんだね♪」ということで
『そういう理由でさっきの案が出てきたんだね。わかったよ』というメッセージが伝わります。


・蹴飛ばす案の理由『だってムカつく!!』
・無視案の理由『見せるだけで何かしてくるわけじゃないなら、私が見なかったことにすればそれでいいのかな、って』


上記のような説明だったとしたら、

「そっかあ。ムカつく気持ちと、なかったことにしたい気持ちと。迷ってるんだね」みたいな対応になるかな。


聞いていると、
「ええーー! ムカつくのはわからなくもないけど、蹴るのはちょっと…」
「見なかったことに…って、そんな、うちの子が我慢して悪を野放しに終わるなんてそんなの許せない!」
など、
親には複雑な気持ちが出て来ることもあるかもしれないけど、それはまだちょっと置いておきます。




④ 最重要なゴールを確認。 「最終的にはどうなりたい?」
`````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````
ここで、護身の目的を確認して、目的を達成した時のゴールをイメージしておきます。

「そしたらアイデアには迷いがあるから一旦脇に置いておくとして、
 とにかくそういう不審者が突然現れたときに、最終的にあなたはどうなりたい?」

ということを尋ねます。

こちらの期待としては、《無事で家に帰ってくること》です。
そこは子どもさんの年齢に合わせて、親の方から言ってあげてもOKです。

小学生以上ならほとんどの人が自分でゴール設定をできると思います。
小学校中学年以上のかたには、私は「方法はまた後で考えるとして、とにかく外せない!って思うことはなに?」と聞くこともあります。





⑤ 最善の方法の創造。 「××しつつも〜〜できる方法って何かあるかな?」
`````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````
④で、例えば
『無事で帰りたい。けど、ムカついて納得がいかないと思う!』などの返答もあり得ます。

護身としては、無事に帰ってこれたらそれでOK。
でも本人は、それだけでは気がすまない と葛藤してますね。

もしもそんな展開になってきたら、最初の①と②でどんなアイデアと理由がでてきていたのかを思い出します。
紙に書くとわかりやすくてオススメです。

|〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 A.蹴る← A'. ムカつく気持ち         
                       
 B. 無視して帰宅← B'. 見なかったことにしたい
|〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『無事で帰りたいけど、ムカついて納得がいかないと思う!』と語るこの子にとって、怒りの処理は重要です。

逆に、『蹴る』という行為自体をしたいわけではなさそうですし、
見なかったことにしたいと本心から思っているわけでもなさそう。


A.(蹴る)とB'. (見なかったことにしたい)についての優先順位はこの子の中では低いのですから、
ならば…A'.とB.を掛け合わせてみると、発見があるかもしれません。


「無視して帰ってきつつ、ムカつく気持ちもなんとかできる方法って何かあるかな?」みたいな。


ステップ⑤ですることは、
ステップ④で確認したゴールを意識しつつ葛藤を解消して、最善の方法を生み出すこと。


また、ここでは親から子であっても「提案型」の言葉がけになります。
ここまで出て来た全ての言葉や案は子ども由来ですから。


  この辺りはTOCfEの「クラウド」を学んだことで私の中でも格段に整理されました。
  みなさんにもオススメです、TOCfE





⑥一緒にやって、感想を言語化。
`````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````

「無視して帰ってきつつ、ムカつく気持ちは他でなんとかするのはどう?」に対して、

『う〜〜ん、…やっぱり無視はくやしいからイヤだな。
 っていうかー、無理矢理そういうものを見せられたことがめっちゃくやしいから、
 こっちも相手に「あっち向いてホイッ!」とかやってやりたくなってきた(笑)』。

と言ってくれた高校生が以前本当にいました(笑)。 


その時には、
「じゃあ、『…あっ!!!!!!!』とかあらぬ方向を指差しして、
 相手がそっちを見た瞬間に、しめしめ!と思いながら逃げるのはどう?!」と提案したら、

質問者の高校生は『キャハハハッ☆』と笑い、
近くのお友達とその場面を再現しつつやってみたりなんかして、盛り上がっていました☆


良かった。「めっちゃスッキリしたーー!」と言ってくださって。うん(笑)


真面目な話、思いついたその方法をやってみるってとっても大事です。
やってみると、その方法が自分にフィットするかどうかが理屈抜きでわかるから。


お子さんとも、是非是非、思いついた方法は一緒にやってくださいね!


そしてやってみての実感を言葉にすることも欠かさずに
これを続けることで「思いの言語化→言葉の組み合わせで思考→解決策を導く」ができるようになります。




=====================================================================
以上、悩み・葛藤に対処する6つのステップでした。ああ、長かった(笑い)


ステップ① 候補として思い浮かぶアイデアの言語化。「どうしたらいいかね〜。何か思いつく?」
    ② その候補の方法に対しての思いの明確化。「そう思うのはどんな理由で?」
    ③ 本人の思いを承認。         「なるほど! ●●って思うんだね♪」
    ④ 最重要なゴールを確認。       「最終的にはどうなりたい?」
    ⑤ 最善の方法の創造。         「××しつつも〜〜できる方法って何かあるかな?」
    ⑥一緒にやって、感想を言語化。

=====================================================================


覚えるのが大変!って思ちゃったら、
①〜⑤は全て『相手に聞いて、相手の言葉で話してもらっている』ことに着目してください。

アドバイスしたり教えたりは不要です(^^)
ただ、相手に話してもらえるように…と意識して、対話するだけでいいのです。


お子さんと護身について考えて対話することが
皆様のセルフディフェンスの力を伸ばすことに役立ちますように!


長いものを毎回読んでくださってありがとうございます。
感想やフィードバックやさらに詳しく知りたいことがあったらいつでもご連絡ください。


…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

*10/22 信頼と絆を深める《私語り》
  私語りは、プロフィール文の作成や効果的な自己紹介など、
  信頼と共感を深めるブランディング・ツールです。

*10/22 神戸Wen-Do
*10/23 八尾市 10代女子のためのWen-Do
*11/13 金沢Wen-Do
…など



………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-10-14 17:41 | 質問への回答
2016年 10月 13日

「下半身を露出してきた不審者には、子どもはどう対応するのがベストなのでしょうか」

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。

今日はこんなご質問をいただきました

……………………………………………………………………

 下半身を露出してきた不審者には、
 子どもはどう対応するのがベストなのでしょうか
……………………………………………………………………

ご質問をありがとうございます。
このご質問は、防犯パトロールなどのご活動をなさる方からも時々いただきます。

もし講座中での質問で、質問者さんとやりとりができるなら、私はまずは、以下のようにお尋ねします。

「お子様からそのように聞かれたのでしょうか?」

ポイント①
『誰の』質問なのかを明確にする


最適な答えを出すには、『誰が発した』質問なのかを明確にする必要があります。


質問って、言葉通りの質問のこともあれば、言葉の奥に本当に聞きたいことを内包していることもあって、
『本当に聞きたいことと、それへの答え』は、質問の主が誰なのかを見定めないと探しようがないからです。


今回メールでいただいたご質問をくださったのはお子様のいらっしゃるお母様でした。

もし、お子様からそのように聞かれたのだとしたら、
そうだとしても、

それは誰の質問なのかをお子様に確認するための問い返しをして、
それを通してさらに子どもさんの話を聴くと良いかなと思います。



とはいえ、
「それはあなた自身の質問? それとも、お友達からそう聞かれたのをお母さんに聞いてるの?」
みたいに問いただすのはさすがにちょっと…(笑)でしょうから、


「どしたー? 何かあった?(^-^)」みたいな返しかたがおすすめです。



ポイント②
質問の奥の『気持ち』と、そう感じた『きっかけ』を把握する


「どしたー? 何かあった?(^-^)」と聞かれたお子さんは、その時に話したいことや知りたいことを話してくれるかと思います。


本人がそうした目にあったのかもしれないし、

お友達からそうした話を聞いて驚いたのかもしれないし、

学校で先生が子どもたちへの注意喚起として不審者情報を話したのかもしれません。


子どもからさらに話してもらうと、
何がきっかけでその話をしたくなったのかと、
どんな気持ちでその質問をしてきたのか、が、見えてきます。


質問の奥の『気持ち』と、そう感じた『きっかけ』。
親御さんなら、我が子に関してそのふたつがわかるだけで、
ああ、うちの子がこういう場合には…と直感的にわかることもあるかも。


方法が直感的に浮かべば、
その内容がどんなものだとしても、とりあえずはその対応を伝えることでもOKかも、と思います。
露出した不審者が目の前にいるわけではないので(笑
「これでいいの?」とさほど考えなくても大丈夫です。


  *  *  *


子どもさんが具体的な対処方法を知りたいと考えていたり、
そうした不審者情報に対して親御さん自身も不安で、何かをして不安を払拭したいと考えているときには、
具体的な対処方法も考えたいところですよね。


セルフディフェンスの学びで解決策を見出す時、以下の発想が前提になります。


ポイント③
大人が考えてもとっさにはわからない問いには『正解はない』。
自分にとって(その子にとって)《これはいい!!》と思える発想や方法がベストな答え。


すぐには答えの出せない問いってたくさんありますよね。
生きている間には、人は何度も何度も壁にぶち当たるわけです。

その都度、直感的対応で突破したり、悩んで考えたり。
人生は子どもも大人も、その繰り返しなのかなって思います。

そして、単純に言って、
大人が考えても答えに迷うような問いなら
そもそもその問いには、正解なんてないと思う。


不審者に露出されるのって、
街中を歩いていて知らない人から突然に「1+1は?」って聞かれるようなものだと
私はイメージしていて、

その対応って、
・相手にしない
・「どうしてそんなことを私に?」と聞いてみる
・無言でただ見つめ返して、相手が次にどんなことをするのかを注意して観察する
・「私に聞かれても(出されても)困ります」と言って立ち去る
・「どしたー? 何かあった?(^-^)」と返す(笑)

など、どんな対応でもアリだと思います。


ただ、強いて言えば、私は、セルフディフェンスの観点から以下ふたつをポイントとして、
『思いつき』を点検し、『考えて出した答え』に練り上げるように心がけています。

★自分が損なわれない
  →心身のダメージが最小限で済む(気持ちに沿っていて、体を痛めない)
   自分を自分で殺さない(不必要な我慢や忍耐を自分で自分に強いない)
★自分の能力や活力の向上につながる
  →知恵や身体能力などで得意なことが活かせる
   それをする自分をイメージするとロックな気分が盛り上がる♪


自分が何かに困った時にも講座などでご質問をいただいた時にも、
上記2点をポイントにしながら、最初にいくつか答えの候補を出し、徐々に絞り込んで答えを選択します。


ポイント②で『気持ち』や『きっかけ』を把握しておいたことがここで効いて来ます。
いきなりポイント③に来るのではないのがミソです!


…と、ここまでを「なるほど!」と思えたとしても、

子どもの言葉を受け止めて、子どもと一緒に答えを見つけていくに当たって、
何をどのようにすれば、上記の★印のふたつのポイントをおさえることになるのかが、
最初はよくわからないかもしれませんよね。



毎回読んでくださってありがとうございます。


…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

Wen-Doが3000円から開催できます。詳しくはこちら

*10/22 信頼と絆を深める《私語り》 
  私語りは、プロフィール文の作成や効果的な自己紹介など、
  信頼と共感を深めるブランディング・ツールです。

*10/22 神戸Wen-Do
*10/23 八尾市 10代女子のためのWen-Do
*11/13 金沢Wen-Do
…など

……………………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように. .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


……………………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-10-13 17:10 | 質問への回答
2016年 10月 08日

一目瞭然の身振り手振りで伝わる講演・セミナーに♪

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


私は話をするときに身振り手振りが多い、と、よく人から言われます。
若かった頃はそれがいじられネタになったりして、ちょっと自分でも恥ずかしく思っていたのですが、


昔、ハコミセラピーの勉強に行った先でのこと。
私が身振り手振りを交えながら話す様子を、肯定的に褒めてくださったかたがいらっしゃいました。

その人はもうそのことを覚えていないかも? 私は今も彼女に深く感謝しています。


「そうか、身振り手振りって、ちゃんと上手に使えば
 聞く人にわかりやすさをもたらすし、印象にも残るのだな」と思えて、


以来、講習や講演でも、『身振り手振り』を意識的に使っています。


『わかりやすさ』にも、身振り手振りは威力を発揮します。


  *  *  *


例えば、「では、今からやってみましょうか」と言うとき。


Wen-Doは、本質的にはスポーツや運動ではないので、
レクチャータイムと実技タイムを交互に、どなたも疲れすぎないよう進行するのが特徴で、
参加者さんにとっては、椅子や床に座って話を聞く時間と、実技をする時間があります。


そのようなワークショップで、
『さあ、実技をしますよ! みなさんご起立ください』という内容のメッセージを伝えるには、


言葉をそのように(『さあ、実技をしますよ! みなさんご起立ください』と)的確に使うか、
または、
身振り手振りを口頭指示に併せて効果的に使うことで、
『ああ、起立してほしいと言われているのだな』と、聴講者さんにわかりやすくします。


このときの手振りは、
両手を軽く開いて、手のひらを上に向け、下から上に動かすような動作
あれを添えながら「では、今からやってみましょうか(^^)」


単に「では、今からやってみましょうか」と口で言うだけでは、

講師が何かを始めるための独り言的な発言なのか、
これからロールプレイが始まるのか(聴講者はそれまで同様に見ていれば良いのか)、
聴講者も実技のつもりで起立すべきタイミングなのか、

どんな意味での『今からやってみましょうか』なのかが、聴講者さんにとってイマイチ不明でしょうから。


ええ〜。そこまで考えなくても。
前後の文脈やその場の空気で、だいたいわかるでしょう?!と


思う方がいるかもしれないし、その気持ちには共感もするものの、


講師はそのように思ってはならない、と私は考えています。


『文脈』や『場の空気』すらも、講師の振る舞いや言動等の積み重ねで決まるからです。


あと、たとえば、「ほんのちょっと」と言うときには、
親指と人差し指での、つまむようなあのジェスチャーを添える、とか、


実技練習中でもこちらの説明が少し長めになりそうなときには、
「みなさん、その場にお座りになって聞いていただいて大丈夫ですよ」と言いながら
『起立』を促すときとは逆の動きの手振りを添えて話す、とか。


「みなさん、いかがでしょう? 何かご質問のあるかたはいらっしゃいますか?」と尋ねるときには、
講師自身が挙手をしながらそのように問うと、
質問のある人も挙手をして質問を発してくれるようになる、とか。


『ご起立願います』とか
『ご質問のあるかたは挙手でお知らせください』と、口頭だけで指示的に言うと場がかたくなるので、
なるべく、身振り手振りを添えるようにしています。


  *  *

…とは言え、上記まではよく知られていることで珍しいことではないと思うので、
私のお気に入りの身振りを、最後にひとつご紹介します♪ 


それは、こちらから、聴講者さんに意見を聞きに行くときです。


質問や発言が欲しいな〜〜と、講師が聴講者さんに近づいて、
「いかがですか?」とマイクを向けるなどすることってありますよね。


Wen-Doでも、表情からしてあの人にはアイデアや意見があるのだろうな、
でも遠慮してくださっているのだろうな、と思われるときに、
講師側から参加者さんに近づいて、「いかがですか?」 とすることがあります。


そんなとき、
膝を床についた姿勢をとって問いかけるようにしています。


こちらの『頭』や視線を低くして敬意を表しつつ、
『座ったままで答えていただいて大丈夫です♪』を伝えうる身振りのひとつです。


むかし、中腰っぽい姿勢で「いかがですか」としたら、

『え、…あ、…ええと、…座ったままでもいいですか? すみません』
と言わせてしまったことがあって、

しまった!と反省したのでした


繰り返しません、あやまちは(笑)。


   *  *


Wen-Doは護身のためのプログラムで、
私は、ボディ・ランゲージというものがいかに多弁かということもお伝えする立場と自覚して、


メッセージを発する際の
自分の表情・姿勢・立ち居振る舞い・身振り手振りには意識的でいたいです(^^)



…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

Wen-Doが3000円から開催できます。詳しくはこちら

*10/15 あなたは何者ですか? 胸に響く《私語り》
*10/22 信頼を深めるレシピ 《私語り》を体験
  私語りは、プロフィール文の作成や効果的な自己紹介など、
  信頼と共感を深めるブランディングのためのツールです。

*10/22 神戸Wen-Do
*10/23 八尾市 10代女性のためのWen-Do
*11/13 金沢Wen-Do
…など

……………………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声をあげませんか. .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


……………………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-10-08 15:24 | 講師トレーニング
2016年 09月 30日

眠らずに聴いてもらえる講演〜『面白さ』の3つの要素〜

こんにちは。
世界が変わる わたしのお守り Wen-Do Japanの福多唯です。

9月23日に、川崎市幼稚園協会さん主催の講演をさせていただきました。


テーマは「親が子どもに教えたい護身術」。


実技指導がメインになるワークショップの仕事と、
トークがメインになる講演の仕事と、


私にとっては、講演のほうが難易度が高いです。


聴衆の方々が
「それで? どうなったの?」とか
「そのときにそうしたのはなぜ?」とか、口を挟んで訊いてくれるわけではないですし(^^;;、


「それを聞いてて思い出したことがある! 私もね…」と
生き生きと話し始めてくれる…なんてこともありえません。



誰にも何も言ってもらえない中で、90分とか2時間とかのまとまった時間を、
ある意味一方的に、語りかけ続けなくてはならない…。



考えてみればちょっと特殊な労働かも。



端的には『聞いていて面白い』話をこちらができれば、ただそれだけでいいのだけど


それがたやすくできれば誰も苦労しないですよね。
制作費をバンバンかけて、何人もの知恵が集められて作られた映画だって
人は、面白くなければ眠りますし…^^;;



そもそも『面白い』とはどういうことなのでしょう??



   *   *   *


特別な話術もなく、業界裏話的なエピソードがあるわけでもなく
(あったとしても、そうした話も、よほど話術で工夫しない限り数分しかもたない…)
もちろん著名人でもない、


そんな私でも、『面白い』講演にしあげたくて、
私なりに『面白いとは何か?』を考え、過去の講演に臨んできました。


面白さのために必須と私が思っている要素は3つです。

………………………………………………………………………………

(1)『わかりやすい』

私の中にある既存の知識や経験とすり合わせたときに
その新しい知識や経験が、どこに位置することなのかがすっと定まる感じ。
『え?? それって一体どういうこと??』というような混乱とは真逆の、
すっきり感があるかどうか。


(2)『共感できる』

興味関心の方向性が一致する事柄や
過去に似た体験をしていて、自分にも覚えがあるものには、
人は親和性を感じて、自分のこととしてとらえやすくなり、
「もっと聞きたい」となっていきます。


(3)『体感覚が活性化される』

ウキウキするとか、ドキドキするとか、びっくりするとか、
笑えるとか、感動して涙が出るとか。

………………………………………………………………………………


こうして『面白さ』の具体的な中身を見れば見るほど、
実技ワークショップのほうが講演よりもやりやすく思えるものの、


そこを、逆に活用します。


講演を面白くしようとするなら、

・わかりやすく
・共感できて
・体感覚が活性化される


そうした内容になっているかどうか?をチェックします(^-^)


そこを点検して改善するだけで、
特別な話術やエピソード等がなくても、講演全体の底上げができます。


ここで、自分で能動的に考える癖があるかたは、

『わかりやすくするって、具体的にはどうするの?』
『共感できるようにするにはどうするの?』
『体感覚を活性化させるって、どうするの?』


と思いながら読んでくださっていることでしょう(^-^)


そうなんですよね。
理念じゃなくて、具体的に何をするのか、が大事!


ひとつひとつは、ささやかですが、


ちょっとした細かなひとつひとつの積み重ねで
総得点がつき、全体の評価って決まりますよね。



講演について、私は誰からもトレーニングを受けたことがなく、
ド素人だったけれど、


講演の仕事をいただけている…ということは、


素人な私が考えて重ねてきた事柄でも、効果があがっているのだなと思えます。


今では50人でも1000人でも、大丈夫!(^-^)


川崎市幼稚園協会さんからも、
「どんな講演になるのか想像がつかなかったけれど、
 保護者さんたちものめり込んで聞いていて、とても良かった!」とおっしゃっていただけました。



私が講演に取り入れている工夫は、特別なことではなく、誰にでもできることです。
そしてそれでも効果がちゃんと出ている…ということは、
将来講演の仕事をしたい人にもきっと活用していただけます✨ 



今後また、その小さなひとつひとつについても
書きたいなと思っているので、
そのときにはまたぜひ読んでください♪


近々の予定としては、『共感できる』話の組み立てについて、
10/15(土)午後に金沢の講座で、
10/22(土)午後に京都の講座で、ご紹介します。


プロフ作りや自己紹介、名刺交換時、
講演等の導入のトークなどにも活かせます。



★H28/10/15(土)金沢

★H28/10/22(土)京都



…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

Wen-Doが3000円から開催できます。詳しくはこちら

*10/15 あなたは何者ですか? 胸に響く《私語り》
*10/22 信頼を深めるレシピ 《私語り》を体験
  私語りは、プロフィール文の作成や効果的な自己紹介など、
  信頼と共感を深めるブランディングのためのツールです。

*10/22 神戸Wen-Do
*10/23 八尾市 10代女性のためのWen-Do
*11/13 金沢Wen-Do
…など

……………………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声をあげませんか. .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


……………………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-09-30 18:21 | 講師トレーニング