2016年 12月 13日

信じることは、ただそれだけで素晴らしい〜「pk」と「きっと、うまくいく」から受け取ったもの〜

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


映画『pk』を見ました!!
もう、もう、もう、あまりにも素晴らしくて号泣ーーー。





監督はラージクマール・ヒラニさん。
私は「きっと、うまくいく」という作品でこの監督を知りました。


タイトルのpk(ぴーけー と、そのまま読みます)は、このお話の主人公の名前であり、『酔っ払い』のこと。
このお話では、主人公が異星から来た異星人です。
地球上での慣習や風習がわからないが故に妙な言動を多々行ってしまう彼を、
周囲の人が「なんだ? pk(酔っ払い)か?!」と言うために、彼自身がpkと自称するようになります。


私がこの物語に感動したのはタイミングの影響もあったかもしれません。
このブログに《『信じていた人に裏切られた』という話を耳にすることがなぜか多い週でした。》と思いを書いたのが12月9日の夜、23時近くでした。
pkを見たのはその翌日、12月10日です。


冒頭では、「ああ、これも、『信じていた人に裏切られた』と感じた人の心の痛みから始まるストーリーなのかな」と思いました。
そして、
《裏切られることがあってもその痛みに負けずに、強さと希望を持って生きる姿勢は素晴らしい》みたいな、
そんなメッセージのこもった展開になるのかな、と、うっすら考えながら見ていたのですが、


pkを最後まで見て、その私の予想の浅さと作品から受け取ったものの深さに号泣です〜。


私がpkという映画から受け取ったものは、
『信じることは、ただそれだけで素晴らしい』


裏切られることがあろうがなかろうが、
先の展開がどのようになろうが、
とにかく、
『信じることは、ただそれだけで素晴らしい』


これもまた『学習』なのだと思うのだけれど、
感動や偉大さって、困難とセットに描かれる…みたいな、定番の型ってありますよね。


戦時下を強く生き抜いた人々、とか
逆境を物ともせず勇敢に立ち向かった主人公、とか。


…うーん、同意を求めるような書き方をしちゃってるけど、
私がそういう学習をしちゃっただけかな。



自分の話になりますが、
私は物心ついた頃からいくつかの病気があり、よく『病気なのに、えらいね』という褒められ方をされて育ちました
(もしかしたら周りはそういう言い方はしていなくて、
 私自身がそう書き換えてそのように思っていただけ、かも…という思いもあるのだけれど)


病気で欠席も多いのに、100点をとれてえらいね。
病気なのに、甘えずにしっかりしていてえらいね。
病気なのに、○○ができてえらいね。

みたいな。


それに、物心ついた頃からずっとこの体。
自分が黄色人種でこの骨格でこの肌や髪や瞳の色であることを、
色々思いつつも受け入れて人生を送っているのと同じく、
病気の体だとしても、健常な身体というものへの渇望は抱きようがなくて、
病気の治癒への欲求もさほど大きくありません。
まあまあ生きていければそれでいいかな、くらい。


『病気の体は嫌だな、治したいな』という強い欲求はなく、
『病気なのに、えらいね』と褒められる経験はどんどん増えていく…うちに、


病気が手放せなくなってしまった。
自分という人間のストーリーに、『病気である』という要素は欠かせない!みたいな。


その辺りに気づいたのは20歳の頃で、
片足を脱くことができたのが30歳すぎ、両脚を脱くことができたのが40歳過ぎくらいかなあ…って思っていたけど、


pkの冒頭で私が勝手に「こんな展開になるのかな」と
思うともなく思い描いていたイメージを、今、振り返ってみると、


困難や不幸や失敗は、感動と幸福と成功を引き立てるスパイス☆ という物語構造から、
私は未だに解放されきっていないみたい…( ̄∇ ̄*;;



人に希望をもたらし、人と希望を共有できる喜びのために私がWen-Doをするのなら、
私も、希望の中に生きなくては!☆



「きっと、うまくいく」でも「pk」でも
『ラージクマール・ヒラニ監督の作品には、悪人が出てこないのがいいよなあ〜』と思いつつ、
『嫌な奴は出てくるのに、悪人が出てこないのが良い、という感想を私が持つのは、どういうことだ?』と
自分でも少々不思議だったのだけれども、


《感動や幸福、主人公の素晴らしさを引き立てるための脇役や悪役は、この監督の作品にはいない》
っていうことだったんだな、と、今わかりました(^-^)



信じることは、ただそれだけで素晴らしい。


「きっと、うまくいく」では、未来を信じてそう唱えることの素晴らしさを、
「pk」では、人や自分や見えない神様を信じることの素晴らしさを受け取りました。



元気になれます。
どちらの作品も超おすすめです♪


  超余談ですけど、pkの主人公は「きっと、うまくいく」でも主人公を演じたアーミル・カーンさん。
  鍛えられたボディが美しすぎるのも要注目✨
  ここのところ、テレビドラマのラストコップで窪田正孝さんのボディとアクションに見惚れていて、
   土曜日の夜は何としてでもラストコップを見るのが定番だったのだけど、
   pkを見た土曜日の夜はラストコップを見なくても満足でした(なにそれ)


  そして、pkでジャグーを演じたアヌシュカ・シャルマさん。
  髪型だけは私と似てるのに、どうして彼女は私と違ってあんなにもチャーミングなの!(笑)。

  恋人との愛の溢れるシーンの描き方も、私にはドツボすぎます。
  ああ、うっとりしながら何度でも見たい…♡



…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

《これからの予定》
12/17 とにかくじっくり聴く・聴いてもらえる♪ H28年の振り返りの会(金沢)

………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-12-13 17:39 | つれづれ
2016年 12月 12日

本庄市の皆さんとWen-Doをご一緒しました

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


埼玉県の本庄市にWen-Doに行きました♪
タイトルは『自分を大切にする女性のための護身術講座』。


ご参加女性の年齢層は中学生から70歳代の女性まで


こうした幅広い年齢層の女性が集えるとしたら、
従来は、お料理教室とかクラフトとか趣味・教養系の講座が多かった気がする。


どの年齢の女性でも同じテーマで心を一つにして学べるWen-Doが大好きな私には、
とても嬉しい気持ちで講座をさせていただきました。


年齢層が広いので、お一人お一人に講座に期待することをお伺いしたら、


窓口や電話や訪問で困る時に、自信を持って対応したい…というものから、
身の危険を感じる状況にいらして真剣な危機感からご参加くださったかたまで、


これもまた幅広かったです。


時節柄もあり、風邪気味で体調不良の中で楽しみにいらしてくださったかたや
お怪我があってもキャンセルせずに来てくださった方もいて、


参加者さんのコンディションも幅広い。



時間が3時間15分と、自治体開催の講座としては長い時間を割いていただけたので、
様々な参加者さんに、私も心の余裕を持ちながら内容を組むことができました。
動作実技は11種、口頭対応の要点を学ぶロールプレイも30分程入れました。


休憩時間に、参加者さんが「先生はどちらにお住まいですか?」と聞いてくださって、


Σ( ̄口 ̄)しまった! 自己紹介もそこそこに講座を始めてしまった!と気づく私(^^;; 


     石川県金沢市から参りました(^-^)


みなさんが「えええっ! 金沢ってあの金沢?! そんなに遠くから?!」とおっしゃってくださったので、
そこでしっかり金沢のPRもしましたよー(笑)


高崎から金沢へは案外近くて、今では新幹線で2時間半です(大宮や東京からも2時間半で、変わりません)。


「金沢! そうなんですか〜。
 道理で、お話の時にときどき、イントネーションが違うところがあるなあと思いました」


との言葉を受けて、

   あ、でも私、出身は前橋なんさ(^-^)
   高校卒業後に大学で金沢に行ってそのままなんだいね。


あちらっぽくお返事してみましたが、今更感満載(^^;


金沢生活の方が長くなり、話し言葉はすっかりちゃんぽんです…。
そうかあ、関東の方には私の話し言葉はイントネーションが時々違うのね。


でも、群馬やあちらに帰ると、
『この空気感こそ、私の育った土地のものだあー!』な嬉しい感じがします。
懐かしいというのともちょっと違う感情で、郷土愛というよりももっと体感覚的。うまく言えないけど。


e0024978_15552705.jpg
写真は本庄市のゆるキャラ「はにぽん」のお菓子です♪
いただきました。ありがとうございました(^-^)



…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

《これからの予定》
12/17 とにかくじっくり聴く・聴いてもらえる♪ H28年の振り返りの会(金沢)

………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-12-12 16:46 | 講座の御礼
2016年 12月 12日

H29年1月『意見や気持ちを素直に伝える』&『バウンダリー・ワークショップ』

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。
いつもありがとうございます。


今日はH29年1月14日(土)の学習会と講座のご案内です。
会場はどちらも同じ『シェアマインド金沢』です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

世界が変わる 学びと対話《ゆらっく》
1月学習会:テーマ
『意見や気持ちを素直に伝える〜感情を理解し、本来の自分に戻ろう〜』

もしガスコンロのスイッチを、ステレオのスイッチと誤って押したら? 大変なことになります。
そのくらいのことは人は誰でもわかっている…はずだとすると、感情についてはどうでしょうか。
例えば、『悲しみを悲しみそのものとして』常に受け止められるでしょうか。
嫉み、見捨てられ感、惨めさ、悔しさ…などと認識することも実はあるかも。

あるものを、『それそのものとして』見ることは非常に重要です。
精神的に健康でいるには、感情についても、感じていることをそのまま感じることが大切です

1月の《ゆらっく》では『自分の感情を理解』し、『本来の自分に戻る』ヒントを記入式ワークで探します。


■H29年1月14日(土)午前 10:00〜11:30
■定員6人まで(残枠3)
■参加費:2000円(2度目からはリピート割引あり)
 ドリンク付き

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『バウンダリー・ワークショップ』

H28年11月にシェアマインド金沢で開催された《ゆらっく「バウンダリーで私を護る5つの方法」》で、
「もっと深く学びたい!」とのリクエストで開催決定☆

少人数型グループセッションのワークショップです。
バウンダリー感覚を育て、私を大切に守れる私になろう。


バウンダリーとは、他者と自分との境界のことです。
 コミュニケーションスキルなども、根底にバウンダリー感覚があるかどうかで
 有効に使えるかどうかが大きく変わります。
 「それは誰が考えるべきこと?」
 「それは誰が決めるべきこと?」
 「それって我慢しないとダメ?」
 「親切心や正義感だとしても、そこまで言うのってどうなの?」
 …などのモヤモヤ解消に関わる大切な感覚です。


■H29年1月14日(土)午後 13:00〜16:00
■定員4人まで(残枠2)
■参加費:4800円(同日午前も参加の方は-800円)
 ドリンクとお菓子つき

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

《会場》
シェアマインド金沢(石川県金沢市戸水1-25) MAPはこちら
 着いたら階段で2階へどうぞ


《お問合せ・お申込》
Wen-Do Japanのフォームからどうぞ
http://www.wendo-japan.com/お問合せ/ご参加-その他/



…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

《これからの予定》

12/17 とにかくじっくり聴く・聴いてもらえる♪ H28年の振り返りの会(金沢)
…など


………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-12-12 16:35 | ☆☆講座案内☆☆
2016年 12月 09日

ずっと自分の味方でいたいから

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


今週は、『信じていた人に裏切られた』という話を耳にすることがなぜか多い週でした。
友人や知人から、3人、そうした話がありました。


4人目のとどめは今日の夕方の芸能ニュースです。


苦労人で知られていた男性俳優の引退宣言。


心から信頼していた人に裏切られた、…って、


あの直筆の全文に、胸が張り裂けそう。


大ファンだったわけでもないのに、
なぜ私はこのことにこんなに胸が痛むのだろう?


なんか、どうやら昔から、
『信じていた人から裏切られる』という物語に接すると、私は気持ちの反応が過剰気味になるみたい。


そんなに悲しいことがあっていいわけない!って大声で叫びたくなるような。


Wen-Doにも、いろんな方がいらしてくださって、語られる事柄はそれぞれだけれど、


結婚したら暴力を振るう男に豹変した、とか

大好きで信じていた相手だったのに…、とか

相手を信じていたから打ち明けたのに…、とか

友達だったのに、いじめる側についちゃって味方してくれなくなって…、とか。


語られる痛みに多いのは、『信じていたのに、信じていた人から、裏切られた』という気持ちです。


そしてそれより多いのは

あのとき、何もできなかったんです。 
あのとき、どうしていたら良かったのでしょうか? 


『私は、重要な時に、私の味方として胸を張れる行動を取れなかったのです』という悔恨の痛みです。


人から「裏切られた」という感情を一度も持たない人生はありえないのかもしれなくて、
悲しいことは、起きる時には起きてしまうものなのかもしれないけど、


自分に嘘をつくことや、自分で自分を裏切らざるをえなくなる状況は避けたい。
そして、
ずっと自分の味方でいたいから、
そうならないための選択肢を学んだり考えたりする毎日を、身近なものにし続けたい。
『もしものとき』のための、特別なものにしちゃうのではなくて。


ああ…俳優の彼は、どんな気持ちで今夜過ごすのだろう。
せめて、自分を護るための最善の選択ができたと、思えていますように。


今週、私に話をしてくれたみんなにも、
自分を大切にするからこそ、その展開と結果に至ったんだ、って
自分を誇りに思えて元気を取り戻せる日が、一日でも早くきますように。


………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-12-09 23:24 | つれづれ
2016年 12月 07日

マインドフルネスの4つのポイント アニメ動画をYou tubeで見つけました


こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


先週末に、NPO法人あかりプロジェクトの『居場所づくりとセルフケア』というセミナーの
進行役をさせていただきました。


  私は中学時代から30歳前まで依存症だったために、自助グループ活動をしていた時期があり、
  あかりプロジェクトのセミナープログラムを一緒に作るなどしています。


「心ここにあらず」(マインドレス) という言い方が、日本語表現にはありますよね。
依存症の症状に覆い尽くされていたあの15年間近くの私は、まさにずっとそんな感じだったなー。


過去のことを思い患って悔やむか、
未来のことを不安に思うか、
不快な未来を回避するための行動で今という時間を潰すか、
他人のことを考えて、他人の意向のために動くか。


マインドフルネスはその真逆だから、最初はほんの数十秒でも、ものすごく気持ちが悪かったです^^;;
呼吸に意識を向けましょう、とか、意味がわからなかったし(笑)
何も考えないなんていうのも無理で、すぐ考え事が始まっちゃって(それは今も大差ないけど)。


そんな苦手なマインドフルネス。
苦手ながらもやっていたら、だんだん、「まあ、こんな感じでもいいのかな?」になって来ました。


今では、マインドフルネスは、私にとって、脳のストレッチです。


『呼吸に意識を合わせ……るつもりがもう考え事しちゃってるよ!』とか
『体を丁寧に順番に見ていく作業を…してたはずなのになんであの企画の構想を練ってんだ私?!』とか


内側ではそんなことだらけなのだけれど、


《私が『しよう』と目的にしているのとは全く異なることを
 私の脳は、ひとりでに行おうとするものなのだっ!》


それだけでも、それってすごい大きな気づきです。


そして、

『私は今、呼吸に意識を向けようとしていたのだから、そっちに戻ろう』

『私は今、自分の体を丁寧に見つめてみようとしていたのだから、そっちに戻ろう』

『私は今、静かで穏やかなひと時を持とうとしていたのだから、そっちに戻ろう』

『私は今、今考えても仕方がないことは一旦脇に置くためにマインドフルネスを始めたのだから、戻ろう』


そんな風に、その都度戻ろう戻ろうってすることが、ストレッチになってます


マインドフルネスの効果として、ストレス耐性が増すとか、仕事や勉強の効率が上がる…などが言われますが、


それも
マインドフルネスが脳のストレッチ担って、脳が弾力を取り戻すからかもしれないですね。






…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

《これからの予定》
*12/10 本庄市Wen-Do
12/17 とにかくじっくり聴く・聴いてもらえる♪ H28年の振り返りの会(金沢)
…など
http://bit.ly/wendo2016

………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-12-07 10:50 | つれづれ
2016年 12月 01日

今年はどんな意味のある1年だった?〜H28年の振り返りの会〜

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


12月17日(土)に、今年1年の振り返り会をします。
以前に私自身が体験させていただいて、すごーく良かったのです。


… … … … … … … … … … …

H28/12/17(土)
 「今年はどんな一年だった? 来年どんな年にしたい?
  〜H28年を話してH29年につなげよう〜』
 
シェアマインド金沢にて(石川県金沢市戸水1-25) MAPはこちら
 着いたら階段で2階へどうぞ

《内容と定員》
①ワークシートへの記入で振り返りの部(10時〜11:30)*飲み物つき、8人まで
②聞きあう振り返りの部(13時〜16時)*飲み物とお茶菓子つき、4人まで

《参加費》
①(午前)のみ:2000円
②(午後のみ または一日通し):4000円


… … … … … … … … … … … … … … … …



通常の振り返りは、組織ごとにすることが多いですよね。または、ひとりで行う人もいらっしゃるかな。


12/17の振り返り会は、『利害関係のない人と共に』するのが特徴です。


組織ごとの場合は、その組織での事柄の振り返りが中心にならざるを得ません。
多少プライベートなことも話せる親しい仲だとしても、やはり話題は偏ってしまう。

ひとりでの振り返りでは、嫌な事を思い出した時にちょっとしんどくなったり、
「あれは自分にとってどういう意味だったのだろう?」を深めたくても行き詰まったりしがちです。



それが、利害関係のない人と、振り返りだけを目的に集うと、

・自分の一年を冷静に振り返りやすくなります

・『この人の前ではこれはやめておこう…』などの気兼ねが不要になります

・仕事/プライベート/任意活動/趣味…など、焦点を当てたいことで自由に振り返りができます(全部もOK)

・周りの人から「それをしたかったのはどんな思いがあってですか?」など聞いてもらえて、思わぬ気づきが生まれます



当日は、午前に、自分で自分の一年を振り返る作業を90分。
午後は、それを元に「今年の私は…」と話しながらの振り返り。
おひとり当たり40分程度、じっくり皆に聞いてもらえます。

*午後だけ参加の方には、午前に使うワークシートを事前にお渡しします。
 記入済みでご持参ください(^-^)


自分の話をただただ、40分も、複数の人に聞いてもらえて、
他の人の人生の、貴重な1年についての話も聞けます。


聞いてもらえる・聴き合えるという体験がもたらすものを味わえます。


… … … … … … … … … … … … … … … …

H28/12/17(土)
 「今年はどんな一年だった? 来年どんな年にしたい?
  〜H28年を話してH29年につなげよう〜』

シェアマインド金沢にて(石川県金沢市戸水1-25) MAPはこちら
 着いたら階段で2階へどうぞ
 
《内容と定員》
①ワークシートへの記入で振り返りの部(10時〜11:30)*飲み物つき、8人まで
②聞きあう振り返りの部(13時〜16時)*飲み物とお茶菓子つき、4人まで

《参加費》
①(午前)のみ:2000円
②(午後のみ または一日通し):4000円
*午後だけ参加の方には、午前に使うワークシートを事前にお渡しします。
 記入済みでご持参ください(^-^)

《お申し込み》
お問合せはこちらから】のクリックでフォームになります。
お名前、メールアドレス、お電話番号、
ご希望区分(午前の部または午後のみまたは一日通し)をおしらせください。





*定員制にて、キャンセル料規定は以下の通りです。
 開催日より5日前〜 :参加費の20パーセント
  〃   3日前〜前日: 〃 50パーセント
 当日または無連絡欠席:参加費と同額


…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

《これからの予定》
*12/10 本庄市Wen-Do
12/17 とにかくじっくり聴く・聴いてもらえる♪ H28年の振り返りの会(金沢)
…など
http://bit.ly/wendo2016

………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-12-01 16:09 | ☆☆講座案内☆☆
2016年 11月 30日

答えに詰まったら問いの立て方を変えろ!

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


昨日のブログ内容にお問い合わせをいただきました。

『ギャフンと言わせたい人への、あの、ひとつひとつ置いておくなどのアプローチを身につけるにはどんな手法を学んだら良いですか
 これ、と手法の名前程度で簡単に教えて頂けたらあとは自分で調べて勉強します。』
(*実際はもっと丁寧な長文でお尋ねくださいました)

ご多用な中でブログを読んで下さった上に、熱意あるお問い合わせまで。
ありがとうございます(*^^*)


  *  *  *


ご自身の怒りの処理に役立つ手法という意味なのか、対人援助のスキルとして学びたいのか、
どっちかな〜とか思いながら、
何を学ぶとあれが可能になるかを、考えてました。


何を学ぶとあれが可能になるのか…。


う〜〜〜ん???
「あれも役立ってるしこれも使ってるし、あれを学ばなかったらあのやり方は知らなかったし」となってしまう。


うまく答えが出せないときは、自分への問いの立て方自体を変えます。


   今回の質問者さんは、端的なヒントを求めている。
   『これをするためにはこれが必要で、それを学ぶには』みたいな詳細は省いていい、
    そういうことは自分で学びとります、とおっしゃっている。


   だとすると、私のお返事も、「これがいいですよ」みたいな端的な何かにしなくては。 
                           (以上、私の心の中での独り言)


「これがいいですよ」とか
「これが私には重要でした」とか
「ここは外せないですね」とか、の『これ・ここ』にあたるものを見つけたい。


そうやってたら、ちょっと答えがボワーンと浮かんできました。


連想ゲーム(昭和やわ…^^;;)の、モザイク画が徐々にクリアになっていくみたいなのの初期みたいな


e0024978_11064858.jpeg


   わ〜ん。どんな専用メガネをかければ、これがくっきり見えるようになるんやろ?!



と思った時に、わかった!!!


   問いを『何を(どんな手法を学べば?)』から『誰から(学べば?)』に変えればいいんや

e0024978_11070197.jpeg


そうなのです。私がボワーンと見ていたモザイク画(笑)のシルエットは
手法ではなくて、人でした。

e0024978_11071472.jpeg

(ってこれ人じゃないし!)


  *  *  *


『何を』で考えるとあれもこれもとなってしまったので
問いを立て直して、『誰から(学んだのか)』を考えてみたら、

私がああしたことを出来るようになってきたのはあの人たちのおかげだな…と思い浮かんできた人たちは皆、


『私に、愛を持って接してくれる人』でした


もうちょっと具体的にすると、

《『人は必ず良い答えを出せるものなのだ』とのビリーフと、
 他者とのバウンダリー感覚を持って、
 他者や私の気持ち・内側で起こることを穏やかに共に見てくれる人》。


私が気に入って続けている学びはどれも、そういう共通人物像の人たちによって継続されています。



  *  *  *


上記のようにお返事しました。その返答が相手のかたにとってヒントとして機能するといいなあ。
もしかしたら的外れかなあ? 


対面ではないやり取りに限界はつきもので、私自身はこの答えを得られて今回有意義だったので、ヨシとします。


ちなみに(ここからは講師になりたい人やトレーニング中の皆さん向きの余談?)


もらった質問について、問いの立て直しが必要なことは結構多いです。
私の主観では、講習中の質疑応答なら7割くらいかな。


例えば日常的にも「どうしたら〇〇が上手くできるの?」って聞かれて、
『何を使うと見た目が美しく仕上がるか?』の観点で返答することってありますよね。


Wen-DoのFAQでも「どうしたら、〜な時にも逃げられるようになりますか?」に


『《どこなら動く? 何が使える?》と考えてみるといいと思います。その観点では何か思いつきますか?」
とお返事すると、質問者さんの中でひとりでに解決することは多いです。


適切な答えを出すには適切な問いが必要で、講習講師や対人援助職の人は
自身でそれを出来るようになるといいなと思います。


ただ、そうなんですよ〜、それは正直、難しい。
だからこそ、答えたら最後に
「これで、ご質問への返答になっていそうでしょうか?」と加えて確認するように、私はしています。


あと、

一発で答えが命中ってことはなかなかなくそれは、狙わない方がいいと私は私に対して思っています(私は根が攻撃的なので 汗)。
だからこそ昨日書いた『ギャフンと言わせたい相手へのアサーティブな対応』のときにも、
ほわほわと、様々な角度からのご質問をご本人にさせていただいていたのでした。


色々聞かれるのって、一般的には楽しいことではなく、心的にも負荷がかかります。
言葉だけであろうと、『大事な部分に触れられる』っていうのは刺激に違いないし、時には痛みに気づいちゃうかもしれない。


そうした状況で「この人から聞かれるのはイヤではないし、聞かれたら考えてみたくなる」と対話を歓迎してくださる状態にご本人がなるには、
尋ねるこちらに、手法よりもまず愛が要るな〜って、


私がそうした感覚を今持っているのは、異なる場でも、そのように私に接してくださる人があちこちにいて、
そうしてもらってきたからだな〜って思いました(^-^)




…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

《これからの予定》
*12/10 本庄市Wen-Do
*12/17 良い年を迎えよう♪ H28年度の振り返りとH29年のプラン(金沢)
…など
http://bit.ly/wendo2016

………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-11-30 11:57 | 質問への回答
2016年 11月 29日

ギャフンと言わせてやりたい

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


先日、アサーティブネスをパーソナルセッションとしてお受けしました。


『人権尊重と行使のための生き方の姿勢』との観点でアサーティブネスの概要を共有した後に、
ご本人が取り組んでみたい具体的な場面をあげていただいて、
それについて
「本当はそのときにどんな思いがあったのだろう?」
「その相手と共有したかったことはなんだったのだろう?」
などをゆっくり見つけます。


時間がゆるし、ご本人が望めば、具体的な切り出し方や伝達のセリフなども一緒に見つけます。
ただ、せっかくパーソナルなのにちょっと意外ですが、そこまでしなくても満足するかたが多いです。



人って不思議なもので、自分の真実の声に出会えると、
ついさっきまで「私は相手にこれを言ってやりたい!」と思っていたはずのことが、
どうでも良くなる…ってことも多いです。


e0024978_14081120.jpg


例えば以前に、「相手にギャフンと言わせてやりたい!」と言っていたかた
(ご本人の承諾をいただいて紹介しています)


怒りの感情が強いのだなあ…と思って、
何に傷ついたのかとか、そのときどんな気持ちが胸の中で渦巻いていたのかとかを
じっくりお聞きして、ひとつ一つを外に出して置いていく作業をしたら、


なんと、
『私は相手をもっと信頼したいし、頼りたいと思っていたのかー!』と気づいてしまいました。


それがわかると《ギャフンと言わせたい》の思いはどこかへ行ってしまって、
そのかたはそこで満足なさっていました。



あと、
「こういう場面になると相手がいつもこんな感じで言ってきて、お定まりの喧嘩みたいな展開になってしまう。
 現段階では私が何を相手に言いたいのかは自分でもはっきりしていないものの、
 常にその展開になるのはイヤなので、ちょっと考えてみたい」みたいなかたも多いです。


そうしたかたでも、心の奥にしまっていた思いを見つけると、
ご表情や仕草が、胸の中のそれを、まるで大事な宝物を抱きしめるかのようになります(*^^*)


とても満ち足りた感じになって、
相手にどう伝えるかまでは深追いせずに終えちゃうことがほとんど。


なのに、というか、だから、というか、後日連絡をくださいます。



「あのあと私自身がこうするようにしたら相手も少し変わってきました」とか
「こんな出来事があったので、思いを話したら、相手がこんな風に言ってくれました」とか。



本当に必要で大切なものに出会えると、
そのあとは頭でさほど考えなくても、必要なときに必要な行動を人は自然と取れるのかも(^-^)。


**この記事を公開したらご質問をいただきました。
  福多が、その方に行ったアプローチは、どんな手法を学ぶと身につくのか?という質問です。



パーソナルセッションは適宜お引き受けしています。
私は出張等があると急性期対応や定期セッション形式が不可能なので、単発が基本です。
遠くのかたとはスカイプやfacebookメッセンジャーでの通話機能等を使ってます(^-^)



…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

《これからの予定》
*12/10 本庄市Wen-Do
*12/17 良い年を迎えたい! H28年度の振り返りとH29年のプラン(金沢)
…など
http://bit.ly/wendo2016

………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-11-29 14:14 | セルフディフェンス全般
2016年 11月 28日

自分の直感やひらめきは信じるに値する!との思いを支えるもの

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


今Wen-Do Japanでは、Wen-DoのT-Basic講座の改訂検討会を進めています


T-Basic講座は女性に役立つセルフディフェンスの基礎知識と基礎動作がトータルで学べるコースです。


内容的にはめっちゃ面白いながらも、
なんと言うかマニアックで、これまでは、受講の甲斐があまりない位置付けのコース(^^;; でした。


というのは、受講していただいてもWen-Doを紹介できるようになるわけではなく、
何の認定も資格も得られるわけではなかったので。


これからは、せっかくなら熱心に学んでくださって意欲をお持ちのかたには、
どんどんWen-Doにお力を添えていただけるようにしていきたい!
そこで、単に学べるだけではなくて、
学んだ知識を活かしていただく方法の伝達も含めたものに改めよう、ということになりました。



「何がWen-DoをWen-Doらしくしているのだろう?」


先日の名古屋での検討会で、原点の見直しからスタートしたところ、
あるメンバーから上がった意見がすごかった(^-^)



『もし、○○○になりそうになった時、何が出来そうでしょう?
 私ならこうしてみようかな、と思うアイデアはありますか?』が唯さんのWen-Doには特に多くて、そこに自分は惹かれた。


一般女性の思いつきやアイデアが、「それ、いいですね!」と取り入れられて
それが本当に護身の策になり得るんだ!というライブなプロセスを目の当たりにできることに感動した。



なるほど〜。そうなんやー?!



確かに、Wen-Doを受講するとみなさんが「元気になれた」と言ってくれます。
それはきっと、自分の直感やひらめきって信じていいんだ!と思えるからですね。

e0024978_14174233.jpg
ちなみに、今回の検討には、TOCfEのATT(アンビシャス・ターゲット・ツリー)を使いました。




実は、この視点や展開は、私には目から鱗が落ちるほど意外でした。



慢性病で運動というもの全般から距離を置いた人生だった私にとっては、
Wen-Doの身体動作ならできる!と思えたことこそが感動の中心で、
Wen-DoをWen-Doらしくするものは身体動作のやり方の中にあると思っていたので ^^;;



Wen-Doの講座で、受講女性に『もし、○○○になりそうになった時、何が出来そうでしょう?』と問いを投げかけて、出てきたアイデアから護身の方法を皆でクリエイトすると、
「こういう時にはこうするといいですよ」を伝授されるだけの講座よりも断然面白くなるように、



皆で意見を出し合うと、
ひとりでは思いつかない視点や方法が見つかりますね。すごい☆



年内のWen-Do Japanの企画は、
12/10の本庄市でのWen-Do講座と、12/17の金沢市での「今年一年の振り返り」のワークショップです。



「今年一年の振り返り」も、他の人と一緒に行う所に面白みがあります。
この1年での出来事に、自分では見出せていなかった価値や意義、可能性が見えてくる♪



私も12/17はみなさんと一緒に自分のこの一年を振り返る予定です。楽しみ♪♪♪







…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

《これからの予定》
*12/10 本庄市Wen-Do
*12/17 H28年度の振り返りとH29年のプラン(金沢)
…など
http://bit.ly/wendo2016

………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

個人セッションはhttp://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-11-28 13:49 | つれづれ
2016年 11月 25日

女性の護身の力を知ろう♪ その14 Wen-Doの基礎コース改訂準備を始めました

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。

今日で11/25。
制定された『女性に対する暴力をなくす運動週間』はこれで一区切りになるものの、今日はWen-Do Japanの仲間で名古屋で集まり、今後何が出来るかを一日ミーティングで考えました。

来年、Wen-Doの基礎コースを改訂します。

女性のセルフディフェンスについて必要なことを学ぶだけに終わらずに、
希望のかたがお住いの地域で活動出来るような内容へと考えています。

誰にでも自分を守る力があり、
誰にでも人や地域に貢献出来る力があり、
誰にでも信頼と愛情を育める仲間や相手を得られる力がある。

そんな実感の輪が少しでも広まるように、
何かしたい!な人と、もっと出会いたいと思っています。


名古屋のイルミネーション、綺麗でした。
光が見えるっていいですね。

e0024978_23114359.jpg



…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

《これからの予定》
*11/26 Wen-Do Japan研修会(名古屋)
*12/10 本庄市Wen-Do
*12/17 H28年度の振り返りとH29年のプラン(*HPには11/14以降に掲載予定。金沢)
…など
http://bit.ly/wendo2016


*《女性の護身の力を知ろう!》キャンペーン。

………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

個人セッションはhttp://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-11-25 13:47 | 女性の護身の力を知ろう
2016年 11月 24日

女性の護身の力を知ろう♪ 女性に対する暴力をなくす運動週間その13『恐怖記憶の消去!?』


シェアした毎日新聞社さん以外にも、検索でいくつかの記事を合わせて読みました。
被暴力での恐怖にも有効だそうです。
詳しいことはわからないものの、
なんにせよ、恐怖を感じた時の『記憶を消去』ってすごすぎます。
恐怖の『感情の抑制/コントロール』とは全く違いますものね。


どんな実験がなされたのかを読むと「それって倫理的にどうなの?」という気持ちにもなるものの(←その業界を知らないからだと思います)、
とにかく、世の中には様々なことを研究し、思いもよらない方法や技術を用いて、解決や前進を目指してくださっている人がいるのだなあ。


そういう意味では世界は広い。
そして、希望って、手放しさえしなければ常に以外と近くにあるのかも。





恐怖記憶:脳訓練で消去 PTSD治療の可能性
http://mainichi.jp/articles/20161124/k00/00e/040/136000c#csidx1b76378f4b04dbc96066b1373983610
Copyright 毎日新聞


…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

《これからの予定》
*11/26 Wen-Do Japan研修会(名古屋)
*12/3.4 居場所づくりとセルフケア(NPO法人あかりプロジェクト主催、ファシリを担当します)
*12/10 本庄市Wen-Do
*12/17 H28年度の振り返りとH29年のプラン(*HPには11/14以降に掲載予定。金沢)
…など
http://bit.ly/wendo2016


*《女性の護身の力を知ろう!》キャンペーン。

………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

個人セッションはhttp://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-11-24 17:48 | 女性の護身の力を知ろう
2016年 11月 23日

女性の護身の力を知ろう♪ その12 川崎市Wen-Do

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です、

今日は川崎市市民活動助成金事業でのWen-Do。
みなさん超熱心で、やりがいのある楽しい講座でした!

「さっきの方法は、組み伏せられた状態でも有効ですか?」

「報復が怖いです。報復を受けないようにするには何かありますか?」

(身近な物を使う方法の後で)「ボールペンやシャーペンを護身の武器として使うのってどう思いますか?」

などなど、
《そこを聞いてくださってありがとう!》な質問がいっぱい✨
本質を掴み応用も考えながら受講してくださる方が多い場でした。

川崎市には今年度中にもう一度、
3月上旬に伺います。
在住在勤を問わず参加していただけます。
関東圏のかたとご一緒出来るのを楽しみにしています。

写真はアシスタントの高橋さんが準備体操をしてくださっている場面です。

e0024978_19550223.jpg




…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

《これからの予定》
*11/23 川崎Wen-Do
*11/26 Wen-Do Japan研修会(名古屋)
*12/10 本庄市Wen-Do
*12/17 H28年度の振り返りとH29年のプラン(*HPには11/14以降に掲載予定。金沢)
…など
http://bit.ly/wendo2016


*《女性の護身の力を知ろう!》キャンペーン。

………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

個人セッションはhttp://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-11-23 19:45 | 女性の護身の力を知ろう
2016年 11月 22日

女性の護身の力を知ろう♪ その11 護身時に必ずしたい3つの「なにか」


こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。

Wen-Doは、単発・短時間が基本スタイルなので、
一度の受講でなるべく覚えていただけるように説明で工夫をしています。

例えば、動作説明なら、
『ハロー♪ (と見せかけて)グッバイ』とか、
『ふたつに切ったグレープ味フルーツを手に持って、その果汁を一滴もこぼさないように素早く…』とか。

レクチャーでは語呂合わせを使って要点記憶をフォローします。

講座の最初に登場するのが
【護身時に、必ずしたい3つの「なにか」】

な:なんとなく変…と直感したら、

に:(その場や相手から)逃げることを考えて、

か:身体で実行する。

当たり前過ぎる?
いえいえ、実際は人は、むしろこの3つを揃えることなく、
矛盾する選択をすることも多いと言われます。

「なんとなく…」と感じていても、「少し様子を見ようか」としたり。

相手が知っている人だと、
思ったことを全て実行するのは難しくなったり。

学校や職場や暮らしの場での暴力だったら、「逃げる」はそもそも思いつきません。
現実的ではないし、積極的に選びたい選択肢ではないですもの。

それでも、
直感を適切な思考につなげ、考えたことを実行する。
根本的な解決に一気に行けなくても、
一時的にでも良いから、安全な場所に逃げれば、道が開きやすくなるかもしれない。


自分で自分を安全な場所場に連れていくために、
護身時には、ぜひ、「なにか」をできる私でいたいなと思います。




…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

《これからの予定》
*11/23 川崎Wen-Do
*11/26 Wen-Do Japan研修会(名古屋)
*12/10 本庄市Wen-Do
*12/17 H28年度の振り返りとH29年のプラン(*HPには11/14以降に掲載予定。金沢)
…など
http://bit.ly/wendo2016


*《女性の護身の力を知ろう!》キャンペーン。

………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

個人セッションはhttp://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-11-22 17:39 | 女性の護身の力を知ろう
2016年 11月 21日

女性の護身の力を知ろう♪ その10『サクセスストーリー集』

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。

女性に対する暴力をなくす運動週間には毎日何か発信をしよう!と決めたのに、
今日は何も書かずに床についてしまうところでした^^;;
危ない危ない。

というわけで、(?)

Wen-Do Japanのサイトにはサクセスストーリーのページがあります。
危険に瀕しながらも、『自分を安全な場に連れて行く』ことに成功した実話集。

日本の話もどんどん増やしたいので、
何かあればぜひお気軽にお寄せください♪




…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

《これからの予定》
*11/23 川崎Wen-Do
*11/26 Wen-Do Japan研修会(名古屋)
*12/10 本庄市Wen-Do
*12/17 H28年度の振り返りとH29年のプラン(*HPには11/14以降に掲載予定。金沢)
…など
http://bit.ly/wendo2016


*《女性の護身の力を知ろう!》キャンペーン。

………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

個人セッションはhttp://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-11-21 23:48 | 女性の護身の力を知ろう
2016年 11月 20日

女性の護身の力を知ろう♪ その14


…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

《これからの予定》
*11/23 川崎Wen-Do
*11/26 Wen-Do Japan研修会(名古屋)
*12/10 本庄市Wen-Do
*12/17 H28年度の振り返りとH29年のプラン(*HPには11/14以降に掲載予定。金沢)
…など
http://bit.ly/wendo2016


*《女性の護身の力を知ろう!》キャンペーン。

………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

個人セッションはhttp://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2016-11-20 13:47 | 女性の護身の力を知ろう