<   2017年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2017年 04月 21日

夜のお仕事や土日稼業の女性に 護身術 広島で開催

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


5月に広島に行きます。
企業の労働組合さんの研修でWen-Doをご採用いただいたので、
せっかくなら、一般の方にもご参加いただける機会を作りたいと考えたところ、
講習のセッティングをしてくださる方が現れました☆


『内側から健康になろう

 〜イキイキ人生に役立つ、女性のための護身 Wen-Do 〜


e0024978_11162293.jpg

写真は《肩や首の近くに手を伸ばして来られたら…》。
以前に企業研修でお伺いした先方からいただきました。
お写真をご提供いただけるのって、ものすごく助かります。
ありがとうございます。



・H29年5月19日(金)13:15開場、13:30〜15:30
・亜紀区民文化センター(JR海田市駅より徒歩すぐ)にて
・「女性のエンパワーで女性の暴力被害を減らすWen-Do」に関心のある
 中学生以上の女性は、どなたでも参加できます。
・参加費:3500円(お友達とのお申込で500円引き)
★参加費は会場代と私の宿泊滞在経費にもさせていただきます(^-^)


講座を主催してくださるのは
しょくいくLOVE:木下さん。
お申込などは木下さんのサイトからになります。



平日の講座は、小学生ママに人気です。
私のような土日祝稼業の女性や、夜のお仕事の女性にも参加しやすい機会になればいいな。




Wen-Doについて知りたい方は、Wen-Do Japanのサイトをどうぞ。



________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*5/5〜7 全3日間

*5/14  「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:ストレス対処のコーピング」(金沢市内)
*5/18    (クローズドの研修Wen-Do 広島市)

*6月   小学校でのWen-Do(金沢市内)
      親子護身術(金沢市内)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

by selfdefence | 2017-04-21 11:27 | ☆☆講座案内☆☆
2017年 04月 17日

教える人を教えるには教えない方法で教えるのが最上〜『自分で考え行動する力』のサポート方法〜

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


土日の2日間は大阪でした。TOCfEファシリテーター研修です。


TOCfEはこのブログでも何度か書いたことのある
思考とコミュニケーションのためのツールで、
「ちゃんと考える人になるための道具」と言われています。


ちゃんと っていうのは、
 『物事のつながりや理由を、筋道が通るように、かつ、他者にわかるように
  説明できるようになるくらいのレベルまで(考える)』というニュアンスかな(私の解釈)。



そうだとすると、『ちゃんと』って、かなり難しい…。


思い出します。我が子のなぜなぜ期。


「どうしてなつはあつくて、ふゆはさむいの?」
「どうして、はるになるとおはながさくの?」

みたいな。


私が一番困った記憶があるのは、
「右とか左って、なあに?」でした。
(上下、横の概念はわかるようだったので、それを頼りに、なんとか説明したような…)



あらゆることについて、説明できるレベルになるくらいまで
考えるという作業をサポートしてくれるツール、それがTOCfEです。



ファシリテーター研修はTOCfE習得の認定証を持つ人を対象としたもので、
「TOCfEを学ぶ人をどうサポートするか」を学びます。


すごかったです!
何がすごいかって、


研修の全内容が、『(考えるための)問い』のみで出来ている。



よくある研修では、まずは参加者に自分で考える機会を持ってもらうとしても、
そのあと講師が、
・ポイント
・ここだけは覚えておこう
などをまとめて、提示してくれますよね。テキストにそれが書かれていたりとか。


TOCfEのファシリ研修には
・ポイント
・ここだけは覚えておこう
が、口頭でもテキスト中でも、皆無です。



講師は『何も教えない』。
皆が『自分(達)で考える』というプロセスにひたすら伴走するのみでした。

  *「ファシリテーター研修」ゆえにそうなりました。
   TOCfEをはじめて学ぶ人も参加できる国際認定プログラムでは
   はじめての人も『作法』『手順』について、わかるように『教えて』もらえます(^-^)



あの姿勢を講師が貫くということも、
そうした場で「教えてください」が参加者から一言も出ないことも、
どちらも、冷静に考えるとすごいことです。


  *  *  *



もう何年も前に、DV被害にあった女性をサポートする援助職者さんの研修を
担当したことがありました。


あるワークのために4人組を作っていただく必要があり、
「みなさんで今から、4人組を作ってください。組み方は自由で大丈夫です」と言ったら、


場がシーン…。


   ??(どうしてシーンとしているんだろう?)


「あの…。今の並び順で、端から4人ずつ数えて組めばいいんでしょうか?」


   それでもいいですし、
   組みたい人とランダムにでもいいですよ。
   どんな方法でも構いません(^-^)


ここで、「それでもいいですよ」だけで終わりにすれば良かったのかもしれません。


私の中には『あなたのその考えが正解です』と答える形になるのではなく、
『どんな方法で4人組になっても良く、選択権はあなたがたにあります』と
お伝えしたい気持ちがあって、上記のように言ってしまいました。


すると、再びシーン…。


   ??(なぜ再び??)



(先ほどとは別の人)
「4人組の作り方について、明確に指示を出してください。
 でないと、どうしたらいいのかわかりません」



ワークで何をするのかの、目的・内容・手順は伝えた上でのことだったので、
びっくり仰天。



思わず、


   ええっと…。指示は出したくないのです。

   みなさん、DVにあわれた方をサポートするお仕事ですよね。
   離婚をしたほうがいいのだろうか、とか
   転居しないといけないのだろうか、とか
   人生での重大な局面での迷いを抱える方もたくさんいて、
   みなさんは、そのご決断をサポートするお仕事もなさっていると思います。

   他者の重大な選択や決断を支えるお仕事をしている皆さんにとって
   4人組を作るって、
   明確な指示がないとできないほど、難しいことなのでしょうか。

   率直に言って驚きを感じているので、
   なぜ、指示がないと難しいと感じるのか、
   みなさんの中にどんな戸惑いがあるのか教えていただけますか。


と言ってしまいました^^;;


(その時にある一人の方がくださったお返事は、
 『「自分があぶれたらどうしよう」とか
 「誰かをあぶれさせてしまったらどうしよう」と不安になるんです』ということでした)
 


もう何年もはるか以前のことですけれど、
あの時のことは今も時々思い出して考えます。


あの『4人組』に至るまでに、
受講者さんたちが、もっと小さな選択と決断の階段を登れるように
講習全体をデザインしておくべきだったのかな、とか。


責めるようなことを言うくらいなら
そうした難しさがなくなるように場を設計しとくのが私の役割だったのかな。


私の中で、
『DV被害にあった人の相談・支援の仕事は、
 ご本人が迷う選択や決断をサポートする仕事』という本質が整理されきっていなかったから
あの事態を招いたのかもしれないです。




普段から、自分で考え、選び、行動する、ということを
自身の権利として使いこなしていないと、



つまり、
考えるとは、何をどうすることで、
選ぶとは、何をどうすることで、
行動(実行)するとは、何をどうすることなのか


それらについての小さな体験を、たくさん持っていないことには、


突然、「さあ、自由にやっていいですよ」と言われても
そのようには動けないものです。



TOCfEで、「自分で考える」という作業を
徹底して繰り返し行える環境をもらえることの重みをひしひしと感じます。



『教える人』を教えるには、教えない方法で教えるのが最上。



ややこしいけど、そういうことだなって思いました。


*「教える」って言葉はここは遊びの気持ちも含めてあえて使ったので、
 あまり突っ込まないでね(笑)
 (普段の私は「教える」を使わないので、不思議に思う人がいるかも?と老婆心ながらの補足)



________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*5/5〜7 全3日間

*5/14  「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:ストレス対処のコーピング」(金沢市内)
*5/18    (クローズドの研修Wen-Do 広島市)

*6月   小学校でのWen-Do(金沢市内)
      親子護身術(金沢市内)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

by selfdefence | 2017-04-17 18:42 | 学びのシェア
2017年 04月 09日

セルフディフェンス(護身)の力= 自分で自分のことをわかり、問題解決する健康な力

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


先日、健康関連の事業等でご活躍中のかたから、
「もしかしたら、福多さんのセルフディフェンスと『健康』のテーマで
 何かできるのではないかなと考えています。
 何がという段階ではないけれど、一度お話しできませんか」
とお声がけをいただきました。


『ありがとうございます。ぜひ!』と、お茶を飲みつつお話をしてきました。


健康というテーマは、素人の私が想像するだけでも、


身体的な健康(運動や生活習慣、食生活など)
情緒的な健康(いわゆる「こころの健康」)
環境・関係性での健康(住環境や自然、対人関係などとの関わり方)
など、広そうです。

自己実現や社会貢献など、「健康な人生」まで含めたら、本当に広大なテーマだなあ。


実は、健康とセルフディフェンスも密接です。


健康の視点なくして、セルフディフェンスを語ることはできません。




分かりやすい接点の具体例は、ふたつあります。




一つ目は、
ジェイン・マクゴニガルさんのTEDスピーチ『ゲームで10年長生きしましょう』で語られる、
PTG(心的外傷後の成長)に役立つ4つの力のお話。


暴力被害にあうとPTSG(心的外傷後ストレス障害)を抱えることになる方もいらっしゃるので、
PTSGやPTGについても講座内で触れることが時折あり、
ジェインさんのお話は、私も講座でしばしばご紹介しています。


   ちなみに、ジェイン・マクゴニガルさんは、
   「スタンフォードの…」シリーズ(?)で著名なケリー・マクゴニガルさんと双子です。
   (私の子どもが双子なこともあり、双子ネタを入れてみました)





ふたつ目は、
厚生労働省の『休養・こころの健康』のページの記述。
はじめて読んだ時、「これってまさしくWen-Do!」と感じ、
以来、場によってはWen-Doを《暴力対処のセルフケアです》と表現してきました。




以下は、Wen-Do Japanでの、セルフディフェンスの力の説明図です。


e0024978_13580473.jpg





セルフディフェンスは心と体の回復や成長に役立ちます。


生き生きとした人生の選択を後押しできるWen-Doを、
これからも続け、後にも繋げて行こうと思います。


________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*5/5〜7 全3日間

*5/14  「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:ストレス対処のコーピング」(金沢市内)
*5/18    (クローズドの研修Wen-Do 広島市)

*6月   小学校でのWen-Do(金沢市内)
      親子護身術(金沢市内)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

by selfdefence | 2017-04-09 13:59 | セルフディフェンス全般
2017年 04月 02日

鎧をまとったままでも筋肉を鍛えることはできるかもしれないけれど、体幹をしっかりさせたいなら鎧は脱ごうよ、みたいな『ゆらっく』

こんにちは。
世界が変わる わたしのお守り Wen-Do Japanの福多です。



今日は「世界が変わる 学びと対話 ゆらっく」。
昨年から定期開催していて、今日はH29年度初の開催でした。



タイトルだけではわかりにくいこの企画(笑)。



ゆらっくはいつもマインドミラーのカードワークから始まります

私が今日引いたカードにはこんな問いがありました。
偶然なんだけど、Wen-Doの私にはやっぱりこれか(笑)。


e0024978_15545577.jpg



私が自分をまもるために心がけていること…。



「外の声(規範や規律や体裁など)よりも、
 自分の内側の声に耳を傾けること、です。」と自己紹介しました。



次は、マインドフルネス・タイム。これもゆらっくでは恒例です。



厳密な(?)マインドフルネスだけではなく、



呼吸法や、
自分に優しい言葉をかけられる自分になるために役立つこと、
初心者段階ではこんなやり方から入るとやりやすいですよ、な方法を揃えて
毎回、ちょっとずつ趣向を凝らし、静かに自分と共にいる時間を持ちます



今日は集中力アップに役立つちょっとした呼吸法とその学術的?背景をご紹介し、
皆で静かな時間を持ちました。



そしてメインのテーマ・ワーク。今回は「自分を愛する」です。



書籍『ハーバードの人生を変える授業』内の『自分に優しくする』を読み合わせしました。



そこには


心理学者のマーク・R・レアリーらは、とくに困難な時期においては、
 自己信頼感よりも自分に対して思いやりの気持ちを持つ方が効果的であることを発見しました


とあります。


ダライ・ラマはこう述べていますという下りもあります。


「まず自分です。そしてもっと進化したかたちで、その気持ちが他者に広がっていくのです。
 ある意味では、深遠な思いやりとは、利己主義が高度に発達した形態にすぎません。
 自己嫌悪の強い人は他者に対して真の思いやりの心を持つことは難しいのです。
 始まりとなるべき土台がないからです」



読んだら、わからないこと・疑問に思うこと・感じること・思い出したこと、
「ここはこの解釈で良いのかなあ?」などなど…を出し合って、意見交換を経てから、
記入式のワークに各自取り組みます。



ゆらっくに来てくださる方は、
ご自身に焦点をあてて、「私はつい〜〜になっちゃうんですよね」と話してくださるかたが多く、



すると他の人も「それ、わかる気がします。私も〜〜〜」と続いて発言してくださり、



その循環が起こると、
「資料のここの、この文章、ちょっとよくわからないんですよね」など
『わからない』とおっしゃってくださる方も出て来ます。



来てくださる方々のおかげで、背伸びをしなくても良い場が出来て、
毎回ほんわかと居心地が良く、とてもありがたく思っています
(って、主宰&進行の私が言うのもどうなんだ?)。



弱さや本音が出せるって大切なことですよね。



鎧をまとったまま運動するのでも、筋肉を鍛えることはできるのかもしれないけれど、
体幹をしっかりさせたいなら、鎧はぬいだ方がいいよね、みたいな(←わかりにくいよ!



次回は5/14(日)の午前です。
ゴールデンウィーク明けですし、新年度で職場疲れなさる方もいらっしゃるかも…ということで、
テーマは「ストレス対処のコーピング」です(^-^)


あれ? 結局『タイトルだけではわかりにくいこの企画』についての説明がないまま?!


こんな主旨です(^-^)


e0024978_16091293.png


________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*5/5〜7 全3日間
*5/14  「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:ストレス対処のコーピング」(金沢市内)
*6月 小学校でのWen-Do(金沢市内)
*7月 カモン・たのしい夏休み♪ 特別企画Wen-Do (金沢市内)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

by selfdefence | 2017-04-02 16:09 | 講座の御礼
2017年 04月 01日

ボツネタシンポジウム2017 〜自分で考える力と主体性と暴力性の関係〜

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。



TOC/TOCfE ボツネタシンポジウム』なるものに参加してきました。
エキサイティングで笑いにあふれ、とても楽しい場でした。

e0024978_14393698.jpeg
友人が発表中の私を、リラックマを添えて撮影してくれました♪ ありがとう!!



ボツネタシンポジウムとは、ボツになるネタがないシンポジウム。
(ボツになったネタが集まったわけではありません 笑)
応募した全員が発表できます。


その制約のなさが、さすが制約条件理論(TOC)のシンポジウム。


だからといって、ゆるくいい加減なわけではなく、
時間内に全員の発表を終えるため、最長10分ずつで22人が発表しました。
全員が時間を守っていたこともすごいです!
3〜4人のシンポジストでのシンポジウムですら、大抵誰かが時間超過して語っちゃって、
力量のある人が巻いてくれて無難に収まる、みたいなことになったりしやすいのに。



アカデミー賞に倣っていくつか賞が設定され、私は助演女優賞をいただきました(笑)。
初参加のチャレンジ精神への表彰でした。やったあ♪

e0024978_14394118.jpeg
賞品の焼きとうきびあられ、大好物です。
北海道に行かないと買えない貴重な品。ラッキー。


ちなみに大賞は『作品賞』で、中学一年生の女性✨
「子どもだから」もらえたのではなく実力で、本当に素晴らしい発表でした。


*  *  *  *



懇親会で、ある方が、
「これまで〜〜や××などを学んで来ました。
 何かオススメのものがあればぜひ教えてください」とおっしゃって、


〜〜や××を学ばれたことがあってそうしたことを深めたいのなら…と、
私はその方にフォーカシングをイチオシ。


フォーカシングやWen-DoやTOCfE、アサーティブネスなどには、
自分で納得が行くまで考えて、自分でそれを言葉(声)にするという共通点があり、


そこに集う人は、
自分の考えや言動に責任を持つために主体的
=他者の考えや発言には非侵襲的で、かつ、腰を据えて耳を傾ける方が多いように感じます。


手法そのものも魅力的なのはもちろんだけれど、
そういう人が集う、あの場の空気が好きだなあ。


*  *  *  *


金沢でのTOC/TOCfEの勉強会は、
毎月第3水曜の夜に開催してくださっている方がいらっしゃって、
私も行ける時には参加しています。とっても楽しいよ♪


女性は夜だと出にくい人も多いので、
私はそれとは別に、日中の学習会を気まぐれにやっていこうかなと思っています。


学習会日程を待たずとも希望の方には個別にご紹介しますので、
興味があれば気軽にどうぞ。
考える力のエンパワーツールとして、ぜひぜひ♪

e0024978_14395829.jpeg
こちらはボツネタシンポの参加賞賞品。
参加費無料なのに、ご用意くださった方には本当に感謝です。


e0024978_14400942.jpeg
こちらはTOCのCCPMについての書籍。4月10日だったかな?に出るそうです。
助け合いって、気配りの意思の有無の問題にされやすいことだけれど、
誰もが行いやすい仕組みにできたら、もっと助け合える予感がして、ワクワクします。


________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*4/2 am 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:私を愛する」(金沢市内)
*5/5〜7 全3日間
*5/14  「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:ストレス対処のコーピング」(金沢市内)
*6月 小学校でのWen-Do(金沢市内)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

by selfdefence | 2017-04-01 15:38 | つれづれ
2017年 04月 01日

セルフエンパワー:CLDエキスパートコース

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


何度かこのブログにも書いた
セルフエンパワーのためのWen-Do Japanの新コース『CLDエキスパートコース』


5月に開講する第一期は、おかげさまで満員となりました。
ありがとうございます。


次期以降は、ご希望くださる方がいらっしゃる地で開催したく思っています(^-^)
どんな内容かをかいつまむと…。



CLD=Control my Life and Destiny.のエキスパートを目指す当コースは、


初日がWen-Doにどっぷり丸一日。
2日目は自身のエンパワーにつながる普遍的な方法。
3日目は自身のエンパワーを保持しつつ周りにもその輪を広げるための、
日々の実践に役立つあれこれ。


という構成です。



言葉にならないモヤモヤを言葉にする方法、
人生をより幸せで有意義なものにするために必須なものとつながる方法、
複雑に思える状況や悩みをシンプルにする方法…などを体験します。



また学びを生かして何かをしたい方は、どんどん使っていただけます。
『講師養成』みたいな言葉があまり好きじゃないので、そうしたコース名にしていないのですが、
そうしたものと思っていただいて大丈夫です。


具体的には、

1)20種以上のレクチャーや実習エクササイズをご紹介します。
  →オリジナルな活動の立ち上げや、今なさっているご活動に使ってOKです。

2)「私語り」のワークショップ・ファシリテーターになれます。
   私語りについてはこちら。

3)Wen-Doの講師を目指す人には、プレ・トレーニングの場になります。


Wen-Do Japanのサイトではこちらに詳細を載せています。


ご関心のある方は、気軽に連絡ください♪
こちらからご指定の場(全国どちらでも)に出張します。
最小2〜3人から開催できます。




e0024978_13405825.png


________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*4/2 am 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:私を愛する」(金沢市内)
*5/5〜7 全3日間
*5/14  「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:ストレス対処のコーピング」(金沢市内)
*6月 小学校でのWen-Do(金沢市内)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

by selfdefence | 2017-04-01 13:48 | セルフディフェンス全般