<   2014年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 28日

チョコもどき

こんにちは。
Wen-Doインストラクターの福多唯です。

私がfacebookに禁糖について書きまくったためでしょうか、
周りで禁糖に関心を持ってくださるかたが増えてきました。


ステキそうだけどやれそうにない!という方から、
なんだか良さそう〜(でもやらないけどw)というかた、
いつかやってみたいという方までさまざまなようです。


それでも、反応してくださる方々には
『たまにはそういう食事期間を持つのもいいかもね』という潜在的な気持ちが
共通してあるような気がします(*^^*)


「つい、甘いものを食べちゃうんだよね」
「つい、お酒に手が…」
「やっぱりコーヒーは欠かせなくって…」などなど、
自分の主体的な意志ではないところで飲食物をとってしまっている私 を自覚する瞬間って誰にでもあるし、
食事は大切!と思いながらもそれってどうなの?と自分を省みる瞬間も、誰にでもありますよね。


そして、チャレンジするのって、ちょっと怖いです。
チャレンジに失敗するかもしれない自分を思うからかな。


私にもその気持ちはあったけれど禁糖を無事に終了できたのは、
禁糖期間中の私に、
何人かのかたが、こんなお料理やおやつもいいかも、と教えてくださったからでした(^^)。

実際には禁糖期間中にそれを作るかというとそこまででもないのです。
身体自体が調整されて、甘いものをとてもガマンして禁糖している感覚ではないので。
普通に禁糖食を食べていると2週間はサッと過ぎ去る、みたいな感じ。

でも、そうして情報をくださるということは
応援してるよ!というメッセージなので、それが嬉しいし支えになるんですよね。


皆様ありがとうございました。


先日(もう今年の禁糖は終了しているのですけど)、その中のひとつを試しました。
チョコもどき と命名。

出張続きから帰宅して、なんとなく疲れがあって、甘いものは食べたい気がするけど、
砂糖の甘味が欲しいわけでもないんだよな〜と思ったときに、
そうだ☆ 教えていただいたあれを作ろう!! と思い立ちました。


その方が教えてくださったのは、
《干しあんずを煮て、ココアパウダーを混ぜると、チョコみたいになるよ》というもの。
うちにはあんずがなかったので、私は以下の材料と手順で作りました

・プルーン:2〜3個分
・干しいちじく:2〜3個分
・バナナ:半本
・ココアパウダー(脱脂粉乳や砂糖が入っていない純粋なもの) 大さじ2程度


①まずはドライフルーツを刻みます。
e0024978_14153563.jpg

②バナナも刻みます。
 *関係ないけど、私は裏が白いチラシはとっておいて、まな板上に引いて使います。
  洗い物の回数が多いと水も無駄だし手も荒れるので(笑)。
e0024978_14155285.jpg

③ひたひたになる程度の水を加えて小鍋で煮ます。
e0024978_14163893.jpg

④しばらくすると煮詰まってきます。
e0024978_14165796.jpg

⑤ココアパウダーを用意して…
e0024978_14172897.jpg

⑥混ぜるとこんな感じです。
e0024978_14174326.jpg


量は超適当です。ココアパウダーは減量/増量ご自由に、加減を見ながらで♪
固さについては、冷めると少しは固さが増しますよ〜。

私はバゲットに塗っていただいたり、バナナにあわせてチョコバナナ化していただいてます。


気になるお味は…。私は自分で作ったという自画自賛もあって美味しいと思うのだけれど
それは当然なので、他者評価をば(笑)。


娘(高校3年生)は、
「アメリカとかに、こんな素朴な感じのチョコクリームってありそう!!
 優しくておいしいね」と言っていました。


息子(高校3年生)は「…なにこの味…」と言っていました(爆)。
彼は味覚や触覚が敏感で、味や風味、舌触り等をとっても重視します。
《チョコレートというのはこういうもの!》
《生クリームというのはこうであるべし》
《すき焼きと言えば材料はこうで、味はこうでしょ》という典型例を遵守するタイプなので、
チョコもどきはお気に召さなかったみたいです。


ゴールデンウィーククッキングにどうぞ♪

……………………………………………………………………………………………………
Wen-Do Japanの公式サイトはこちら


愛知県には5月、6月にも行きます♪
・Wen-Do基礎講座(名古屋)のご案内はこちら
http://wendosd.exblog.jp/21877256/

・子どもに護身を教えたいママ用の岡崎講座はこちら
http://wendosd.exblog.jp/21856338/


福多唯のワークショップ担当予定はこちら

……………………………………………………………………………………………………










[PR]

by selfdefence | 2014-04-28 14:26 | 禁糖
2014年 04月 28日

北陸朝日放送(HAB)「土曜はドキドキ」にてWen-Doを紹介

こんにちは。
Wen-Doの福多唯です。

先週の土曜日(平成26年4月26日)に、北陸朝日放送(HAB)さんのオリジナル番組
『土曜はドキドキ』のおじゃましますというコーナーでお取り上げいただいて、
Wen-Doについてご紹介させていただく機会をいただきました♪

写真が『土曜はドキドキ』さんのTwitterでご覧いただけます。


これには前ふりがあります。
北國新聞さんに3月17日にお取り上げをいただきまして
ご覧になってくださった番組制作スタッフさんが、『土曜はドキドキ』にも、と電話をくださいました。


生放送番組とのことなので、その日に行けばいいのだなと
「ああ、その日なら空いてます( ´ ▽ ` )ノ」のノリでお引き受けさせていただいたところ、
想像をはるかに上回る綿密な打合せの機会を複数回にわたって作ってくださり、
本番当日はとっても素敵なコーナーに仕上げていただきました。


Wen-Doの理念を丁寧にご質問してくださって、
「ああ、だから、動作がこうなのですね」と理解を示してくださいました。
また、本番では6分と短時間しかないことを承知の上で、
それでも私が、なるべく、普段の講習の進め方と近い雰囲気をと希望したため、
その提案についても充分に取り入れてくださいました。


普段の講習の進め方と近い雰囲気というのは。


Wen-Doは、
「一般女性が危険から逃げたリアルな体験」に敬意を払い、実際に行われた方法等もふんだんに取り入れながらも、
合気道や空手道の心得のあった創始者が、
《ディエンダー(防御者)となる私達女性の体にとって安全な方法を》との視点で
コツやポイントをわかりやすく整えたプログラムですので、

誰にでもできる!と実感していただける伝達方法や、
女性が、ご自身で『何をどうしたいと(自分は)思っているのか』→『そのために今何ができそうか?』に気づいて主体性を持つことをとても大切にしています。

例えば、
「そんなとき、どうしたくなりますか?」と気持ちやご意向を尋ねたり、
「今どこなら動くでしょうか?」とお身体を動かしていただくことで気づいていただいたり、
「拳の、どこを使えば、私達自身はあまり痛い思いをせずに済みそうでしょうか?」
と尋ねたりして、
参加の女性ご自身に考えたり発言していただいたりするプロセスを経るようにしています。


テレビは秒刻みの世界なので、効率良くこなさねばなりませんし、
素人の私が登板した場合に、脱線なく間違いなく進行するには、
『では次に××についてやってみましょう。
 体のここをこうしてください。次にここをこのように動かします。すると…』と、
私が動作見本をサッと示してお見せするやり方を望まれるかな〜…と想像はしていたのですが、


普段のWen-Doの講習スタイルを少しでも入れることで、
Wen-Doって、参加すると、あんな風に教えてもらえるのだなということも感じていただき、
より身近に思っていただきたい気持ちがありました。
また、私が動作をその場ですぐに出来るのはある意味当たり前なので^_^;
可能なら、動作はアナウンサー女性にご活躍いただいて、
私は横からポイントやコツを口添えするような進行スタイルを中心にしたい、
そうすることで、普段の講習の進め方と近い雰囲気を再現したい、と相談させていただきました。


そのようなやりとりを入れた上で、
6分間という短い時間に、スムースに以下を全てお伝えさせていただくことが出来たのは、
綿密な打合せと準備を重ねてくださった制作スタッフの担当さんのお力添えと、
当日、現場でスッと反応してくださったHABのアナウンサーさんや
たなかつよしさん(松竹芸能)のおかげです☆

  たなかつよしさんはとっても紳士なかたなのに、
  不審者役なんぞをお願いしてしまいました。
  こころよくお引き受けいただいて、ありがとうございました。


既に放映は終わっていますし、動画もご紹介はできないので、
文字でだけ、内容をちょろっとご紹介させていただきます。

■「土曜はドキドキ」おじゃまします コーナーでのWen-Doのご紹介内容■

1)不審者に突然拘束されるなど、身の危険を感じたら
・声をあげて尊厳を奪われないようにする!
 ●低くて太くて、意表をつくような声が効果的
 ●多量に息の吐ける声は呼吸を保ち、体や脳に酸素が行き渡る

2)声をあげようにも、まず口を塞がれてしまったら?
・相手の手の、最も弱い部分を握り、ひきはがすようにすると、女性の力でも手を外せる
 ●Wen-Doはあくまでも護身術。
  この方法もいざというときだけ。(*動作練習も相手を立てずにひとりで行います)

3)じゃあ、腕ごとガバッと背後から拘束されたら?
・拘束されたときに大切なのは、『体の、動く部分から動かす』こと☆
 ●頭、足なども動く!
 ●腰を横にずらすと後方に肘打ちを行う隙間を作ることができる

4)じゃあ、横から突然来られて肩をガシッと拘束されたら?
・華麗に回転するとスルリと抜けやすい
 ●相手側の足を斜め前にクロスさせるようにして出し(『すっごくトイレに行きたいポーズ』になりましょう♪)
 ●そのまま背中をひきながら回る。(*社交ダンスのように半回転し相手側を見る形になります)

5)逆上した相手が首の近くに手をかけてきたら?
・窒息は数分で命にかかわるので、一刻も早く外す
 ●相手の両腕の下から自分の両腕を差し入れて、思いっきりバンザイ☆
  (*この方法は、腕をあげると肩回りが痛むかたにはご負担が大きいので、
    試す際には最初はゆるりとやってみてください。
    また実際の講習では、腕をあげることができないかたにもご安心いただけますように、
    他の外し方もお伝えできます♪)
 ●相手の握力よりも女性の上腕〜肩の力のほうが強いので女性でも気道確保ができる


親切丁寧なHABさんは、
「Wen-Doを学びたいかたは、
 『金沢市 福多唯』で検索を」という検索窓のテロップまで作ってくださいましたm(__)m


また、『土曜はドキドキ』のfacebookページでも、
“公民館での女性学級などにもオススメ”と書き添えてくださいましたm(__)m


ネット上での動画公開はできないけれども、
私の事務所に遊びに来れるかたは、いらしていただけたら録画をご覧いただけます♪


HABの皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました。



ちなみに以下の写真は…。

たなかつよしさんから「格闘技や何かなさってたのですか?」と聞かれて、
『やってるような体に見えないじゃないですか。こんな、焼豚みたいな状態で…』と答えたときのテレビ画面。
 その瞬間を逃さずにズームしてくださったカメラさんにも、大変に感動しました(笑)。

e0024978_13023581.jpg


……………………………………………………………………………………………………
Wen-Do Japanの公式サイトはこちら


愛知県には5月、6月にも行きます♪
・Wen-Do基礎講座(名古屋)のご案内はこちら
http://wendosd.exblog.jp/21877256/

・子どもに護身を教えたいママ用の岡崎講座はこちら
http://wendosd.exblog.jp/21856338/


福多唯のワークショップ担当予定はこちら

……………………………………………………………………………………………………








[PR]

by selfdefence | 2014-04-28 13:08 | つれづれ
2014年 04月 24日

AEDはかんたんです♪〜NHK ニュースウォッチ9 ピックアップ『AED 迷わず使う』が今なら見れる〜

こんにちは。
女性のためのセルフディフェンスWen-Doの福多唯です。

先日NHKさんで、AEDの普及に関しての報道がありました。
見逃した!と思っていたら、「ニュースウォッチ9」のサイトでピックアップされていて、
拝見することが出来ました。ありがとうございます。素晴らしい!!

こちらでどうぞ。*多分一定期間だけだと思うので、お早めがいいかも☆
AED 迷わず使う|NHKニュースウォッチ9ピックアップ

私も未だに「パソコンって故障して爆発することもあるのでは…」って思いが消えないくらいに
マシーン系には弱くて、
AEDも、講習を受けていなかったら、怖くて触れなかっただろうと思います。

ですが、日本赤十字社での救急救命の『基礎講習』を受けて、
ああ、こんなに簡単なのね!と思えるようになりました。


することと言えば…パッドを傷病者の胸に貼付けるだけ♪
あとは、AEDの指示音声が聞こえるように、静かにすることくらい?(^^)


「でも電気ショックなんて…。むやみやたらにやって大変なことになったら…」
と躊躇う人も多いのだろうと思いますが、
AEDは、使うべき状態かどうかの判断からしてくれる機械だそうです
(その上で、必要であれば、電気ショックをかけてくれる優れもの!)。
私達は、何の判断もしなくてもいいのですって。
AEDを使う必要がない傷病者状態の場合は、「電気ショックは不要です」とAEDがしゃべって教えてくれます。


 ちなみに、何の判断もしなくてもいいので、
 AEDのパッドを装着したら、電気ショックをかけてもかけなくても、
 パッドを外すという判断もしなくてもいいわけで、
 パッドは貼付けたままで、救急隊員や医師に引き継ぐのが原則だそうです☆


…ということを、私も、講習で教えていただいて知りました*\(^o^)/*


AEDが普及して、あちこちに置かれるようになってきたからこそ、
皆が使い方や、『AEDってこういう機械』という正しい認識を持つことって大事だなと思います。


セルフディフェンスの力をアップさせるためにも、
道具や環境など、既に与えられているものを上手く使える人になりたいな。


……………………………………………………………………………………………………
Wen-Do Japanの公式サイトはこちら


愛知県には5月、6月にも行きます♪
・Wen-Do基礎講座(名古屋)のご案内はこちら
http://wendosd.exblog.jp/21877256/

・子どもに護身を教えたいママ用の岡崎講座はこちら
http://wendosd.exblog.jp/21856338/


福多唯のワークショップ担当予定はこちら

……………………………………………………………………………………………………






[PR]

by selfdefence | 2014-04-24 16:25 | つれづれ
2014年 04月 21日

車関連のセルフディフェンス〜研修でWen-Doをしてきました〜

こんにちは。
女性のためのセルフディフェンスWen-Doの福多唯です。

18日の金曜日に名古屋のとある企業さんでWen-Doをさせていただきました。
何日も続く研修の最終日とのこと。
気分が少し変わり、リフレッシュにもなり、お勤めなさる女性の役にたつことを…と
企画担当のかたがお考えくださったそうで、嬉しかったです〜♪


Wen-Doの開催としては一番多い、男女センター等での一般女性向けの『護身』そのものとしての講座とは違って、
研修なので、護身について学びながら日々のお仕事に役立てていただけそうな発想や心もちを
なるべくわかりやすくお伝えできるように心がけました。

講座の開始時に、「この機会に何か知りたいことはございますか?(^^)」と伺いましたら、
一番最初に出てきたのは、車での護身、とのこと。

ちなみに、続けていただいたリクエストは、
「お客様と、なんとなく雲行きがアヤシクなってきたなあ〜というときに、
 あまり過激ではなく、無難に対応するためのコツみたいなことを知りたい」というご発言と、

「もしものときに、咄嗟にできるような何か」というご発言でした。

仕込んだわけではないのに、みなさん模範的なリクエストを出してくださってありがとうございます。
女性が不安に思うことはやはり共通しているのですよね。
その3つにお応えすることを心がけながら、2時間ご一緒させていただきました(^^)。


  *  *  *  *  *


まずは車での護身です。
「車を運転していたら、男性が乗り込んでこようとしたことがありました」というご経験をお持ちの女性がいらっしゃったので(!)、
どのようにしてその危機から逃れたのかをお話しいただいて、
まずはそのリアルな成功談にみんなで拍手喝采♪♪♪


停車中の車に、自分が既に運転席に座っていたところに、
誰かが突然ドアをあけて乗り込もうとしてきちゃった、という状況の場合、
こちらの力で相手を押し返して乗り込めないようにするのは困難です。
こちらは座っていて、相手は立った姿勢で斜め上から力をかけてきているとすると、
体制的にハンディがありますものね。

また、Wen-Doの特徴は声をうまく使うことなのだけれど、座ったその姿勢で相手を押しのけるようにしてしまうと、
声もなかなか出しにくくなってしまいます。


そんな状態でどのように考えたら効果をあげやすいか。

発想としては、相手を外に押し出そうとするよりは、
相手をハンドル側に押し付けるように押すほうが、運転席で座った姿勢でも押しやすく、
クラクションがビービーと鳴り続ければ活路のひとつになるかも?と思います。
女性の場合、運転席シートとハンドルの距離がかなり近いケースが多いですから、
その状態を活用するという発想です♪


また、自分が助手席に乗っていて、
運転手が、予定と全く違うルートに車を運転しはじめて、不穏な空気を感じた…というような場合は、

運転手が思わず車を一旦停めたくなるようなことは何かな?と考えます。


過去の成功談に学ぶと、いくつか参考になる話が思い出されます。


ある女性は、口紅で窓ガラスに落書きをしたそうです(笑)。
運転していた男性は、「何やってんだよ!」と、その落書きされたガラスを隠すために思わず窓を開けました。
女性はすかさず大声で叫んで騒ぎ、声を外部にもらすようにして車を停めさせることに成功し、
その時点で逃げました。


自分で窓を開けた女性もいます(この女性は窓をロックされていなかったのですね)。
そして車検証など、車内にあるいろんなものを窓から次々と投げたそうです^_^;


  *  *  *  *  *


車での護身に関して、考え方や、「こんな動作でやるといいかと思います」
というのをご紹介したあとは、護身の簡単な身体実技等をご紹介し、
いざというときの護身動作を見につけた後で
《お客様との雲行きがあやしくなったときに効果的な口頭対応のポイント》に進み、
全員で一緒にロールプレイ練習を行いました。

講座をすすめる中でも
《こんな目にあいかけたことがあります》というご発言をいくつかいただきました。


あるかたが、
「抵抗したんですけど、ぜんぜんダメで〜」とおっしゃるので(そう語りながらも笑顔でいらっしゃったので)、


   ダメっていうのは、思うような展開にはならなかった、のですよね、おそらく。
   今日、ここに、ご無事でいらしてくださっている、ということを考えると、
   最終的にはなんらかの決着はついたのかな〜と思うので、
   どんな展開で、どうなったのか、もう少し聞かせていただくことってできますか(^^)

とお尋ねしてみたら、

「とにかく抵抗しました」と。

ああ、うん、そうですよね(笑)。
ごめんなさい、私の聴き方に不足がありました。

淡々と語ると事実はきっとそういうことなんだろうけど、
もうひとこと、なにか、このかたの実体験から、リアルで力のある言葉をいただけたら!

   そうですよね。抵抗しつづけるって大事ですよね。
   そのとき、どんな心境でした? 
   例えば、こんな思いが頭にあったとか、
   こうなったのでそこでこう判断しました、みたいな。
   ご自身の拠り所だった思いみたいなものは、
   抵抗しつづけていたときにどんな感じだったのでしょう?


「あっちが諦めるまで抵抗してやる!と思ってやってたんで、
 最後にはあっちが諦めて逃げて行きました」。


☆!☆!☆! ステキです!! その実感が聞きたかった!!!


そうか!! そうだよね!!!と、
あのとき、あの場の全員がそんな表情になってました。


研修でご一緒してくださった皆さま、大変お世話になりました。
皆様がWen-Doなど思い出す必要なく、充実した気持ちでお仕事を存分にお続けになれますように願っています!


泊まったホテルの近くの観覧車。
ちょっと乗ってみたかった(笑)

e0024978_10552897.jpg
……………………………………………………………………………………………………
Wen-Do Japanの公式サイトはこちら


愛知県には5月、6月にも行きます♪
・Wen-Do基礎講座(名古屋)のご案内はこちら
http://wendosd.exblog.jp/21877256/

・子どもに護身を教えたいママ用の岡崎講座はこちら
http://wendosd.exblog.jp/21856338/


福多唯のワークショップ担当予定はこちら

……………………………………………………………………………………………………



[PR]

by selfdefence | 2014-04-21 10:59 | 質問への回答
2014年 04月 13日

前橋「こころのケア講座」初回終了 〜心的外傷後の成長に役立つ4つの回復力〜

前橋市での、今年度4回シリーズの講座が今日からスタートしました♪
午前はWen-Do、
午後は暴力での傷つきをテーマにした心のケア講座。

心のケア講座の初回の本日は、
暴力の構造についての整理と、
ジェンダーバイアス、
そして喪失感と、「心的外傷後の成長」について。

通常なら、3回かけてゆっくり捉えていく内容を、1回の3時間でさらいます。特に初回は内容が盛りだくさん。

連続ものの場合、初回は参加人数が多めです。
また、皆さん緊張感を持っていらしてくださり、かつ、あまり知り合いにはなってないため、
学びに集中しやすいので、
理論的なことは、初回に多めに入れるようにしてみました。


変わりにというわけでもないけど、
参加してくださるかたがなるべく時間を長く感じないように、今回は休憩を3度入れて、
その度に、簡単なゲームをしました。

ゲームは全て、
心的外傷後の成長と呼ばれる、心の回復の力をUPするのに役立つと言われる事柄と符合しています。

以前このブログでもご紹介した、TEDの「ゲームで10年長生きしましょう」に出てくるゲームや理論を、講座参加の皆さんにご紹介しました♪

ちなみに、その説では
以下の4つが心的外傷後の成長に役立つと語られています。

①身体的回復力UP
生活に運動を取り入れる。
ただ歩くだけでもよい。
心臓、肺(呼吸)、脳の活性化で身体の健康度がUP。

②精神的回復力UP
決定や自制=意志力をつけると、目標達成しやすくなる。
そのためには、自覚的に「今からこうする」と決断し、そのことに集中する時間を持つようにすると良い。
一日数分でよい。小さなことで充分。続けることで意志力を育くむ。

③感情的回復力UP
心の弾力を取り戻すためにも、何かワクワクすることや感動することが毎日あると良い。
大きなことでなくても、可愛いものを愛でる、何かを鑑賞に行く、草木の手入れをする、外気に触れる、などでOK。
また、受身でなく、自らそうしたものと出会えるようにする。例えば気に入りの写真集を眺める、など。

④社会的回復力UP
人とのつながりや社会との関わりに喜びを見出せるようになると良い。
それには、誰かへの感謝の気持ちを呼び起こしたり、つながりを喜びあう集まりを持つ。
その際にスキンシップ(握手やハグ、肩を組むなど)をすると、オキシトシンというホルモンの効果で、安堵感や安らぎをさらに感じやすくなる。


上記の①〜③は、講座中に、休憩に入る度に、アイスブレイクとしてちょっとしたことを実際にやりました。
そして講座の最後に、
「今日やってきたあの3種の気分転換は実はこんな意味があります」と
上記の紹介をして、
「3つ目までは、休憩に入るたびに、今日やって来て、残るは4つ目です。
 今日はこれで終了となりますので、お帰りになる際に是非、誰かと言葉を交わして帰るとか握手をして帰るなど、社会的回復力のUPにも役立つことをなさってみていただけたらと思っています(^^)」

とお伝えしましたら、
多くの方が帰る前に言葉を交わしたり握手をしたりしてくださっていました♪
ああいう光景はいいですね(*^^*)


私のところにも「ゆいさんと握手をして帰ろうと思います☆」と来てくださったかたが*\(^o^)/*
嬉しかったです。
オキシトシンがシュワシュワ出ましたー!(←コークのCMのイメージw

次回は6月22日です。
次回は暴力の様々な形態や具体例を見てみたり(←あまり楽しくなさそう?(^^;; 、
自分の境界意識のありようや傾向を見てみたり、
境界侵害に対応する方法を学んだりします。

前橋のひこばえの皆さんにも、大変お世話になりました。
またよろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ


e0024978_2016117.jpg

[PR]

by selfdefence | 2014-04-13 20:03
2014年 04月 10日

Wen-Do基礎講座 in 名古屋(2014)

こんにちは。女性のためのセルフディフェンスWen-Doの福多です。
以前よりチラ見せ?してきた名古屋の基礎講座の詳細をご案内します♪

主催は愛知県のteam-yui-yuiさん。
大変お世話になっておりますm(__)m

皆様、ぜひいらしてくださいね(^^)/ 

……°……°……°……°……°……°……°……°……°……°
   女性のためのセルフディフェンス
   Wen-Do 基礎講座 in 名古屋
……°……°……°……°……°……°……°……°……°……°


「良い意味で、想像とは全く違う護身術でした」
参加した多くの女性がそのようにおっしゃいます。

持って生まれた力。あげる声の尊さ。
信じられる私。つながりあえる喜び。

あなたが見つけるのは何でしょう?
ようこそ、Wen-Doへ!
                http://www.wendo-japan.com
………………………………………………………………………………
《日時/内容》
初日:H26年5月18日(日)
 ・護身の基本動作1/防御の基礎/初歩のナイフ対応/首に手をかけられたら…など
2日目:H26年6月8日(日)
 ・護身の基本動作2/寝室での護身/手・首・身体を自由にする離脱の方法…など
*時刻は両日とも9:00集合 9:20〜16:30

《会場》
名古屋市 中生涯学習センター(名古屋市中区橘1丁目7−11)
*最寄り駅(地下鉄)は「東別院」または「上前津」です。
………………………………………………………………………………

◎受講費:8,500円(2日とも参加のかたは2日分総額より1,000円引)
◎対 象:中学生以上の女性 10人程度
◎お申込:下記事項を添えて主催者まで
    (1)お名前 (2)メールアドレス (3)TEL (4)ご住所
    (5)短時間Wen-Doの受講経験の有無
    (6)受講の動機(ご紹介者様がいればそのかたのお名前も)
◎講 師:福多唯(Wen-Doマスターインストラクター)
 石川県金沢市在住。
 幼少期から喘息などの持病で入退院を繰り返していたが
「その私にも出来た!」と感動し、2002年にWen-Doの講師となる。
  現在日本ではただひとり、Wen-Doの講師養成を担当するマスター
 インストラクター。
 笑顔で楽しく学べる講習を全国各地に広めながら後進の育成にも尽力中。
 ・Wen-DoのWEBサイト http://www.wendo-japan.com
……………………………………………………………………………………

*メンタルクリニック等に通院中のかたは、治療プロセスへの影響等を
 主治医と相談の後にお申込みください。
*この基礎講座は、Wen-Doの講師活動を目指すかたにとっては修了必須
 となります。貴重な機会をぜひご活用ください。

★お申込み・お問合せは以下まで
主催:team yui-yui  担当:藤原 yukari-fujiwara.1023@ezweb.ne.jp
……………………………………………………………………………………

e0024978_15275076.png

[PR]

by selfdefence | 2014-04-10 15:30 | ☆☆講座案内☆☆
2014年 04月 09日

Year of no sugar 一年間砂糖抜き生活をしたファミリー

こんにちは。
女性のためのセルフディフェンスWen-Doの福多唯です。

今日は禁糖14日目♪
一応、今日で完全禁糖は終了です。

身体が快適なのでなるべく禁糖的な生活を続けたいとは思うけど、
「《××のつゆ》は使わないで!」「私のお豆腐にポン酢をかけないで〜」などなど
家族にこうるさい指示を出してまで禁糖する生活は今日で一区切り、です。

そんな日にたまたま、こんな記事を見つけてしまいました。
(オール英語です)。

Year of no sugar(砂糖のない春夏秋冬 みたいな感じかなあ)


砂糖が心身に与える影響について読んだとあるおかあさんが、
家族と共に、砂糖なしで1年暮らしてみようと考え、実践した体験談です。


夫は案外あっさりと賛同してくれたけど、ふたりの娘の説得が大変だった、と書いてあります。
それはそうでしょう。一年だもの。
誕生日もクリスマスもハロウィンも何もかもが…砂糖無し。


記事の人の場合『禁糖(脱:砂糖、アルコール、コーヒー)』をしたわけではないけど、
一年間砂糖を抜くっていうのは…かなり大変だと思うなぁ。
体験記にも「ほとんどの加工品は食べることができません」みたいに書いてある。
うん。よ〜くわかります。

身体的な変化についてそのお母さんが
「痩せなかったと言うと多くの人がガッカリするだろうと思うのですけど」と語りはじめているのが面白い(笑)。(でも同感。わかるー!)
「痩せたかどうかに気が行ったのは最後のほうで、それよりもまず、多彩な味覚に対して敏感になったことにすぐに気づきました。甘味も感じやすくなりました。病気もしにくくなり、風邪をひきにくくなりましたし、ひいても軽く済んでしまう」とのこと。

一年経過してみて(砂糖を解禁して)どうか?については、
「『好きなだけ甘いものに走るようになったでしょう?!』と思われるみたいだけど、全然そんなことにはなりませんでした。
 何が自分たちの身体にとって良いかがわかっているし、すっかり慣れちゃって。
 大きな甘そうなケーキを見ても食べたいと思うことはなく、
 それよりも、ひとくち、果物のソルベをいただければ充分」。


リンクした元記事のページは英語ですが、
中央に動画があり、それは、英語がわからなくてもご覧になると興味深いかもしれません。

http://www.huffingtonpost.com/2014/04/07/year-of-no-sugar_n_5084561.html?utm_hp_ref=mostpopular


このお母さんとお嬢さんたちがスーパーマーケットに「シュガーハント」に行く様子です。
撮影は多分お父さん。
スーパーマーケットに並んでいる食品の砂糖を追跡していきます。

最初はクラッカーやクッキーのお菓子コーナーではじまるので砂糖が入っていて当たり前なんだけど、
スナック菓子にも、トマトソースにも、ケチャップにも、冷凍の◎◎にも、缶詰にも入ってる〜…と動画は進み、

パンのコーナーで、母娘3人で砂糖を含まないパンを探すのですが…
20ブランドからの200種近くのパンがあり(超広いパンコーナーです)、
オーガニックとかヘルシーとか全粒粉使用とかうたっているものを含めても、
砂糖を使っていないパンはたった2種しかありませんでした、と字幕が出ます。

その後「ヨーグルトもたいていは砂糖入りです」と紹介され、
(このヨーグルトコーナーもすごいな!!)

砂糖が添加されてない食品として行き着くところは…野菜コーナー☆ となる動画。

私が禁糖のために日本のスーパーを見たのと比べると
日本の状況はここまでではないな、と今は思えます。
でも…10年後はどうなるんだろう?
醤油探しの件でも以前に書いた通り、砂糖(やアルコール)のまったく入っていないものを探すのは難しくなってきているしなぁ…。


去年も今年も一緒に禁糖をした、うちの子ども2号が、
大人になっても禁糖のできる状況であればと思います。


良い品が残り続けるように、
安易に「安いから」と手軽なものばかりに走らないようにしなくっちゃ!!


……………………………………………………………………………………………………
Wen-Do Japanの公式サイトはこちら

個人セッションについては  こちら 
……………………………………………………………………………………………………


[PR]

by selfdefence | 2014-04-09 23:39 | 禁糖
2014年 04月 04日

我が子に伝えたいママのための、女性・子どものセルフディフェンス 〜Wen-Doに学ぼう〜

こんにちは。Wen-Doの福多唯です。

5月17日に愛知県の岡崎市に伺うことになりました。
お子さんに護身術を教えたいママ向けの講座です。

・2014年5月17日(土)13:30〜16:30
・六名学区市民ホーム 2階和室
・参加費 4000円
・講座時間内には『ママのためのお茶タイム』があります。
・個人開催ゆえ託児がご用意できません。信頼できるかたにお子様を託してご参加ください。

【同テーマの講座に参加したママの声】 

・明日からの毎日に役立つ内容でした。
 今迄とは少しちがった子育てができそうです。 

・2度目の受講でしたが、毎回発見があり、もっともっと聞きたい、学びたい!と感じます。
 
・突然に襲われるよりも、脅されたり、言葉巧みに言われたり、
 悪いことをしているようには思わせなかったりする手口も多いだろう現状で、
 今日学んだ『境界』の意識は基本としてとても大切だとわかりました。

・自分はできると信じること、子どもがそう信じられるようにすることが護身術の土台で、
 それは家庭でも出来ることだと気づくことができ、受講して本当に良かったです。
 

★お申込み/お問合せ★
件名に「Wen-Do」と入れて、世話人のひめきさんまで♪

hisayohime★ezweb.ne.jp (★は@です)


e0024978_13411764.jpg




……………………………………………………………………………………………………
Wen-Do Japanの公式サイトはこちら

福多唯のワークショップ担当予定はこちら

……………………………………………………………………………………………………


[PR]

by selfdefence | 2014-04-04 13:34 | 子ども
2014年 04月 04日

サクセスストーリー:山梨市講演中止撤回事件

こんにちは。
Wen-Doの福多唯です。

上野千鶴子さんが山梨市での講演事件について続報(ご報告)をお書きくださいました。

これぞまさにサクセスストーリー!!


謹んでリンクさせていただきます(^^)


女性と女性の活動をつなぐポータルサイト
Women's Action Network内 「ちづこのブログ」にて




……………………………………………………………………………………………………
Wen-Do Japanの公式サイトはこちら

福多唯のワークショップ担当予定はこちら

……………………………………………………………………………………………………


[PR]

by selfdefence | 2014-04-04 12:09 | サクセス・ストーリー!
2014年 04月 04日

禁糖 楽々2年目♪ アイスの作り方

こんにちは。
Wen-Do Japanの福多唯です。

facebookでも禁糖中だと毎日のように書いているため、
友人が時々「禁糖」と検索をかけてくれるようです。
よく言われます。

「禁糖を調べようと思って検索したら唯さんのブログやった(笑)」と。

そんなわけでセルフディフェンスのブログなのに、
カテゴリに『禁糖』を作ってみました。

今年も禁糖をしているのですが、今年は超楽チンです♪

娘も一緒に禁糖をしていまして、彼女も言います。

「今年はホント楽〜〜。
 去年は『アメなめたい』『チョコ食べたい』『お菓子食べたい』『普通のごはん食べたい』
 って、最初の5日間くらいはすごく大変やった。
 生まれて16年目での初禁糖だったから当然かもしれんけど。
 そういう意味では、たった2回目でも、
 今年は一年ぶりでの禁糖やからか、全然平気。ガマンしてる感じがまったくない」と。

そういう意味か…。

私の《大変》は、どちらかというと、料理をする上での大変さで、
砂糖を断つこと事態ではないんだけど、
料理についても2年目の今年は、はじめてだった去年より断然楽です。

糖分の添加されていない調味料の使いこなしかたがわかってきたからだと思います。
甘味が欲しいときには何でどうしたらいいかとか、
これとアレを組み合わせたら多分あんな味わいに出来るな、とかが思い描けるので、
料理にさほどの不便を感じなくなりました。

昨日は簡単アイスを作ってみたよ☆

☆砂糖を使わない自家製アイスクリーム☆

使うものは
米麹とごはん(とさつまいも)で作ったおかゆ(写真)
 *麹だけでのおかゆ(麹だけの甘酒)でもいいと思います。
  私は麹の節約のためにごはんを混ぜました。
バナナヨーグルト、きなこ(写真)

e0024978_10423283.jpg
e0024978_10424236.jpg

(1)ヨーグルトと麹のおかゆを程よく混ぜます。半量ずつくらいかな?(テキトー)

(2)そこに、つぶしたバナナを入れます。
   *つぶしバナナは、私はバナナを2センチ毎くらいに刻んで袋に入れて、
    その袋に数回ハンマーパンチして作りますw 
    熟れたバナナならこれですぐに作れますよ〜。超簡単!

(3)きなこも入れます。多めにドバドバ入れるのがお薦め。
(4)よく混ぜて、ドロドロになっているものを適当な器に入れます。
   この時点では吐瀉物みたいな(^^;;  けっこう緩い状態でしたけど、気にしなーい。

e0024978_10430369.jpg

(5)30分ほどしたら固まり具合を見て、混ぜます。
   何度かこの混ぜる作業を繰り返すのも善し、
   この時点で召し上がってしまっても☆

e0024978_10433542.jpg
生クリームとかを入れたらさらに良さそう?
 あと、ヨーグルトの替わりにカッテージチーズとかサワークリームを使って、
 果物をいちごにしてみるとか(≧∇≦)

 アレンジをお楽しみください☆

……………………………………………………………………………………………………
Wen-Do Japanの公式サイトはこちら

福多唯のワークショップ担当予定はこちら

……………………………………………………………………………………………………
 




[PR]

by selfdefence | 2014-04-04 10:55 | 禁糖