<   2013年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 29日

思いを伝えるコミュニケーション 金沢市男女共同参画出前講座

こんにちは。
女性のためのセルフディフェンスWen-Doの福多です。

今日は、金沢市男女協働参画出前講座で北鳴中学校に行ってきました。

講座開始前の10分程の時間に、
お世話係をしてくださっていたリーダーの保護者さんと話をしていたら、
「コミュニケーションもされるし、護身術もされて、
 いろんなことが出来てすごいですね」と声をかけていただきました。
確かに、一般的には、コミュニケーションと護身術って結びつかないだろうなあ…。


   護身術も、いつか機会があったらぜひ♪  
   護身術とコミュニケーションは関連が深いので、
   私の中ではセットで地続きになっていて、異なることをあれもこれもと学んだみたいな
   大変さはさほどないんです。


「護身術、と、コミュニケーションが、関連、ですか」


   護身術って、身体スキルでもありながら、
   本当に扱うことはむしろ、
   《自分の手には手に負えないかもしれない大きな困難や課題が
    自分の目の前に生じたときに、
    自分は、それに対して、どう向き合うか》という部分なので、
   苦手な人と会話しなきゃ!とか、
   難しい会議もやりくりしなきゃ!みたいなコミュニケーションでの課題と
   重なる部分が実は沢山あるんです。


などという会話からスタンバイ♪ Wen-Doにも興味を持っていただけて嬉しいな(^-^)


今日の講座内容は
(1)相手の気持ちになるべく負担をかけずに自己主張をするコツ
(2)会話を発展的なものにするコツ
(3)複雑な気持ちや感情の整理のコツ

なかなか良いテンポで進めることができました。


途中で、「断る方法がやれればと思って参加した(のだけど)」と
おっしゃってくださった方がいらしたので、
せっかくそう期待してくださったのならそれもぜひやりましょう、
コツと方法のご紹介だけでも入れますね、と、
そのかたのニーズにもお応えすることも出来て、嬉しいです♪

本当の気持ちを言っていただけるって本当に大事。



終了後に、また世話係の方とちょろっと会話。

「先生は、コミュニケーションについてああして色々学ばれてご存知なら、
 きっとおうちでもお子さんやご主人と
 和気藹々とした良い関係をお持ちでいらっしゃるんでしょうね〜」

(*イヤミっぽくこうしたことをおっしゃるような方では決してなかったので、
  言われて不快になったとか、痛いところを突かれたという感じはしなかったです。
  本心からそう言ってくださったのだな、ということにはむしろ「ありがとう!」なのですが、)


    は は は は は f^_^;

    
    と笑いつつ、確かに、私の友人知人って素敵な人ばかりで、
    私は毎日とっても楽しく暮らさせていただいているので、
    それが、私が学んだことを少しでも生かせたからだってことであれば
    嬉しいですよねー(^^)

    まあ、でも、スキルを使って受け答えとかすると、家族にはやっぱり嫌がられるかなf^_^;
    バレるんだと思います。コミュニケーションスキルの鎧をまとった感が(笑)。
    真心が一番大事なんだな、って、スキルをご紹介しておきながらそのオチかよ!ですけど、
    そこはつくづくそう思います。




北鳴中の皆様と金沢市の担当者さん、お世話になりました。
お花、ありがとう!
また後日感想とフィードバックを拝見させてください(^^)/

e0024978_13405856.jpg

[PR]

by selfdefence | 2013-06-29 13:41 | 講座の御礼
2013年 06月 28日

DV法とストーカー法の改正

こんにちは。
女性のためのセルフディフェンスWen-Doの福多唯です。

やっと、です。
DV防止法とストーカー規制法が同時に改正されました。
施行は来年1月の見込み、と言われています。


DV防止法では同居している/いた交際相手に対しても適用されることになりました。
ストーカー規制法には、メール行為も入るようになりました。
これだけメールが普及しているのだからもっと早く…との気持ちもあるけど、
とにかく改正されて良かった。


DVとストーカー行為は密接に絡んでいる。
DV加害者がストーカーになることがとても多い。


ネット上だと、「警察は何もしてくれなかった」という経験談や声が
目立つように思えるけれど、
私がWen-Doで出会う女性の大多数は、警察に期待と信頼を寄せていて、
いざというときには警察だ!って思っている。


法改正で、警察の方々が動きやすくなるといいなと思います。

よろしくお願いしますよーー。な気持ち!
[PR]

by selfdefence | 2013-06-28 17:57 | 女性支援
2013年 06月 19日

ボディランゲージが人を作る  Fake it till you become it.

こんにちは。
女性のためのセルフディフェンス Wen-Doの福多唯です。


来月、はじめての、そして大きなチャレンジになる仕事がいくつか控えています。
 そんなにいっぺんに山が来なくてもいいのになぁ。
 って、山のほとんどを作ったのは自分やろ。


「私にちゃんとやれるんだろうか」と考えそうになることもあるのですけど、


『私は今ちゃんとやれていない。
 だから、ちゃんとやれるようになるために、何を努力したらいいのだろう?
 何を学び、何を身につければいいのだろう?』と考えてみても、
私にはさほど役に立たない…ということが、やっと経験的にわかってきました。


それよりも、

『私が思い描く《これをちゃんとこなせる人》なら、
 どう仕事を進めてるはず? どう振る舞う? 何を大事にして、何を捨てる?』

とイメージをしてみるほうが早いです。



イメージしたら、その人に『なりきり』ます。


その人ならきっとこういうライフスタイルだ。
食事はきっとこんな感じ。
時間の使い方はこうで…、周りに対してはこうで…。


そうやって、外堀を埋めるかのように、
仕事をどうするか、じゃなくていいから、
その人の立ち居振る舞いとか表情とか…そんなことをイメージして、ちょっとでもやってみると、


仕事はきっと、こんな手順で、こんな視点で、こんな姿勢で、こんな工夫をしながらするだろう。

というのもなんとなく思い浮かぶようになってくるのです。


まとまらなかった考えがまとまるようになってきたり、
普段ならなかなか思いつかないことがひらめいたりするから、不思議。


フリでも演技でも、たとえそれを偽りだと言う人がいても、
『なりきる!』ことには、大きな意味があると思う。


護身術を使うときも、ある意味、普段とは違う自分を演じるつもりにならないと、
『我を忘れて全力で』などやれない部分があるのと同じで。


そんな今の私の心境にピッタリのTED動画がこれです☆
ぜひ見て、共感してくださいっq(^-^q)

今の自分を変えたい! 成長したい!というかたにはお薦めです(^^)/


「ボディランゲージが人を作る Fake it till you become it.」  
 http://www.ted.com/talks/amy_cuddy_your_body_language_shapes_who_you_are.html




明日は大学で実技の日。
どの口で「大学でも講義をしてるんです」なんて言えるんだよ!と内心思うけど、

Fakeしてこよww


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★H25/7/6,7 Wen-Do入門講座 in 札幌 参加申込受付中です♪ 気軽に来てね。
http://kokucheese.com/event/index/86629/


*その他、Wen-Doの講座予定はこちら からどうぞ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[PR]

by selfdefence | 2013-06-19 23:40 | サクセス・ストーリー!
2013年 06月 18日

環境型セクハラ?!

こんにちは。
女性のためのセルフディフェンスWen-Doの福多唯です。

電車の中で、環境型セクハラにあっちゃいましたー o(`□´)○


セクシャルハラスメントには主に2種類ある、と言われています。
環境型と、対価型。


一般の人が思い浮かべやすいセクハラ行為は、対価型のほうだろうと思います。
言う・言わないは別として
『きみも、仕事を失ったら困るだろう?』『今度便宜をはかるから』
というようなメッセージが込められていると感じさせられる力関係の下でふるわれる性的いやがらせが、
対価型。


それに対して、環境型というのは、女性が長らく、モヤモヤしていたものの、
どう糾弾して良いものかわからず、セクハラという概念のおかげでやっとセクハラと名のついた行為です。



電車のね、指定席に座ったのですよ。


私の隣りの席には既に男性が先に座っていて、
54〜55歳くらいに見える彼は、ビールを飲んでいました。

ひどく酔ってるとか酒臭いとか、特別どうこうということはなく、
私も何も思わずに、たまたま彼の隣りになった指定席に座りました。


20〜30分ほどしてからかなぁ…。
その男性が、週刊誌っぽい雑誌を取り出して、見始めたのはいいのだけど、


写真のページ(グラビアとすら言えないレベル)で、
女性の胸と下半身ばっかり写ってるページを
じーっと見るんですね f^_^;
もちろん(?)裸です。しかも顔がなくて身体だけが、見開きで…10〜12くらい載っていたかなあ。すごい数なの。


えーーっ?! 私が隣りにいるのに見るんだ、そういうの。
もしもし、それ、環境型セクハラですよー。


と思ったけど、


あ、そうか。私が隣りにいるから見るんだよね…σ^_^;


ふーん。


どうしようかなあ…。指定席だから、他に移動しにくいな。
車掌さんに話して席を変わろうかなと考えたりもしましたが、


私が逡巡しているその間(数秒ではないです。数分はあったと思う)も、
その男性は、たった一度ページをめくっただけで
(めくっても似たようなビジュアルのページです。金太郎飴かよ!)
ゆっくりゆっくり見ていらして、


指で写真をなではじめちゃったっ!


うああ。もう無理MAX!と思ったその瞬間に、
車掌さんに交渉に行くような悠長な気持ちは皆無となり=迷いがなくなりました。


   
    おひとつ、いかがですか。


チョコレートの個包装の入った箱を男性に出して声をかけてみました。


うわ。めっちゃ気まずそー♪


男性は「いえ…」と言いました。


私は、 
    そうですか? (^-^)


と言ってチョコレートをしまいました。


男性は、雑誌をしまいました(笑)。



    どちらまでですか?


と聞いたら
(あまりにも先が長いようならいくら雑誌をしまったとは言えキモチワルイので、
 次の停車駅で降りるふりをして別の車輛に移動し、車掌さんに交渉に行こうと思って)、


ある駅名をぼそりと答え、


男性は、本当にそこで降りて行きました。


良かった〜〜。


チョコの好きな男性じゃなくて(←そこ??)



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★H25/7/6,7 Wen-Do入門講座 in 札幌 参加申込受付中です♪ 気軽に来てね。
http://kokucheese.com/event/index/86629/


*その他、Wen-Doの講座予定はこちら からどうぞ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[PR]

by selfdefence | 2013-06-18 00:47 | サクセス・ストーリー!
2013年 06月 15日

家族理解と家族支援の学びin札幌

こんにちは。
女性のためのセルフディフェンス Wen-Doの福多唯です。

北海道の札幌でWen-Doをすることは既にお知らせ済みの通りなのですが、
http://kokucheese.com/event/index/86629/


その際に、7月6日の午後〜夜、
『家族理解と家族支援の学び in 札幌』に参加させていただけることになりました*\(^o^)/*


『家族理解と家族支援の学び in 札幌』を主宰なさっているのは木村晃子さん。


twitterで私がつぶやいていた恋愛妄想にあきさんがはじめてコメントをくださったのは
2011年末の12月末くらいだったのかなあ?
いや、一番最初は恋愛妄想系じゃなくてw、
コーヒーに金箔を入れて飲んだ、という写真つきのつぶやきに
コメントをいただいたような…気がする…けどまあ細かいことは皆様にはどうでもいいですね(笑)
(↑『どんな出会いだったか』になぜかこだわりが強い私は
 最初がどうだったのか、を思い出したくなるのですよ)


そんなあきさんが、「北海道にも遊びに来てね」と声をかけてくださったとき、
ジム・キャリーの『イエスマン』を見終えた直後だった私は「イエス」意外を言う気にならず(笑)
まあこれも楽しそうかな♪ などと北海道に行くことにしたわけですが、


あきさんが、主宰の学習会に誘ってくださいました☆


掲載している案内書類の写真は、
申込み先であるあきさんのメールアドレスや電話番号等を消してあります。
もし、このブログでこの情報をご覧になってご関心を持ってくださる方がいらしたら、
当方まで一度ご連絡をください。主宰のあきさんにおつなぎします。
wendojapan(@)icloud.com


当日、皆様にお会いできるのも、一緒に勉強会に入れていただいて学ばせていただけるのも
すっごく楽しみです♪
よろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ


e0024978_2312390.png


e0024978_2315997.png

[PR]

by selfdefence | 2013-06-15 23:02 | 学びのシェア
2013年 06月 15日

8月3日は東京でWen-Do、今度は床技です

こんにちは。
女性のためのセルフディフェンスWen-Doの福多です。

3月に現代朗読協会さんで開催していただいた東京でのWen-Doにご好評をいただきまして、
8月にも第2弾を開催できることになりました*\(^o^)/*

今度は「羽根木の家」の畳みを生かして床技をします。
はじめてのかたでも大丈夫です。

======================================================

■H25年8月3日(土):Wen-Do■
 13:30開場 
 14:00~16:30(実技)
 16:30~質疑応答兼交流会(30~45分程度かな。なんとなく空気を感じたら解散の流れ 笑)

・会 場:羽根木の家(東京都世田谷区:最寄駅は京王井の頭線新代田駅)
・参加費:5000円
・定 員:8名
・内 容:Wen-Do レベル1st FD講座(女性のための護身に役立つ基本動作&床技)
     和室なので、床に倒されたら?や、組み伏せられたり馬乗りになられたりしたら?を
     やりたいと思います。再受講生も今回が初Wen-Doの人でも大丈夫です。
     *内容が内容なので、何かあればお気軽にご質問メールをください(^^)
・主 催:(特)現代朗読協会
     *アクセスすると朗読パフォーマンスの音声が出ます。


お申込みは現代朗読協会さんまで。以下のフォームより。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/703049ad241811

または info(@)roudoku.org まで、
タイトル「Wen-Do 8/3希望」としてお名前・連絡先をお知らせください。



=======================================================


その翌日はラビングプレゼンスのお仕事もしてきます。
ラビングプレゼンスは、護身とかセルフデディフェンス…というよりも、
人と居合わせるだけで緊張してしまう、というような方にお薦めです。

■H25年8月4日(日):ラビングプレゼンス■
 9:40開場 10:00~17:00
・会 場:東京都区内(東京湾側の予定です)
詳細、お申込み等については、
日本ラビングプレゼンス協会のサイト http://loving-presence.net をどうぞ。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★H25/7/6,7 Wen-Do入門講座 in 札幌 参加申込受付中です♪ 気軽に来てね。
http://kokucheese.com/event/index/86629/


*その他、Wen-Doの講座予定はこちら からどうぞ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[PR]

by selfdefence | 2013-06-15 10:22
2013年 06月 14日

「被害者になりやすいタイプの女性っているんでしょうか?」

こんにちは。
女性のためのセルフディフェンス Wen-Doの福多唯です。


あるところで、こんな質問を受けたことがあります。
(ご了承をいただいて書いています)


「福多さん、福多さんってDVのこととかやってますよね。
 あのね、教えていただきたいことがあるんです。

 私、DV被害者支援のために勉強をしているんですけど、
 そういう勉強をすると、『あなたはDVの被害を受けていませんか?』みたいな感じで
 チェックシートとか使うことがありますよね。

 そうした機会が何度か、これまでにあって、
 その度に、別の相手との関係を思い浮かべながらやったんです、私。
 特定のひとりのことだけを思い浮かべて何度もやったのではなくて。

 するとね、相手が誰でも、だいたい同じ結果になるんです、私。

 それでね、やっぱり、DVとか人間関係のことっていうのは、
 どちらか一方が完全に悪ってことではなくて、
 私にも要因があるのかなあ…って思えてくるんですよね。

 DV被害に会いやすい性格っていうか、そういう種類の女性っていうか、
 なんて言えばいいのかわからないけど、
 そういう人って、やっぱりいるんでしょうか?」


  *  *  *  *  *

この手のご質問はけっこう受けます。

質問者がどなたで、どんな状況や立場なのかによって、
同じご質問でもその人が本当に知りたいことの核は異なるように私は感じていて、
パターン化して返答を用意することができません。
その都度その都度で毎回考えます。


このときについては、このかたが、私に、あの状況と場で質問をしたのは、
きっと私を専門家・講師業をしている人間として見ているからで、
何らかの、スッキリできる返答(視点なり、ヒントなり)を欲しいからだろうなと思いました。


傾聴だけでは不足なのだろうな。


ご自身のことを見つめながら、支援について学んでいらっしゃる女性…。
学ぶ意欲も、自分のことをもっと知りたい気持ちも両方あり、
他の人の役にも立ちたいと思っていらっしゃるかた…。


   女性の支援について学ばれていらっしゃるということでしたら、
   きっと、既にご存知かとは思いながら言うんですけど、
   暴力は、加害者にその行為の全責任があり、暴力を受ける方には暴力行為の責任はないです。


   自己主張をせず、全面的にケアを受けるしかない存在だとしても、
   赤ちゃんが暴力を受けても仕方ないという結論にはならないのと同じで、
   被害者…というか、加害者が暴力行為を向ける対象者のありようが、
   暴力行為の正当化に使われることを、支援者は容認してはならない。
   それは支援に関わる人の鉄則だと、私も思っています。


   ただ、それでも私に尋ねてくださったのでしょうし、
   だとしたら、
   理屈はわかるけど、それでも、
   「私はDVを誘発しやすい人間なのかな?」ってなってしまう、ということですよね。

   私達は大人で、赤ちゃんじゃないから、
   自分の言動やありよう次第で周りの人と自分との関係が変化しうると考えるのは
   私は自然なことかなと思います。


   他者に依存的にならずに、自立した大人として、
   より望ましい自分のありようを探りたいという思いがあるからこそ、

   『他者に依存的で他者からの暴力を引き出しやすいタイプの女性っているのかな?
    もしかして私はそうなのかな?』って疑問が沸いてくるのではないかしら。

   DV被害にあいやすいタイプの女性がいるかどうかとか、
   どういう人だとそうなるか、というポイントでのお返事にはなってないと思うけど、


   学ぼうとするときの自分の姿勢が、出会う学びの内容や方向を自分に連れてきてくれるとしたら、
   真の意味で自立した自分を目指したい、という
   その根底のお気持ちは、大事だなって思います。


   自分の本当の気持ちを大事にして勉強を続けたら
   いつかご自身で答えを出せる日が来ると思いますし、
   そうやって見つけた答えは、きっとご自身の信念にとって強い支えになると思います。


そのようにお伝えしてみてから、
こんなんでお返事になっていますか? とお尋ねしたら、


「なってます。すごくスッキリしました。ありがとう。

 今、わかったことがひとつあります。
 答えを、他のかたからもらっちゃおうとするのではなくて、
 自分で見つけることが大事なんだな、そうだな、って思えました。

 私は、なんでも人に頼ろうとしちゃうんです。

 そこには、自分は無知だ、自分はダメだ、自分なんかよりすごい人は大勢いる、っていう気持ちが
 あるってことが、薄々わかりかけてきたところだったんです。

 でも、人の支援をしよう、っていうときには、それじゃダメですよね。
 自分をダメだと思ってるような人に支援されたい人なんていませんよね。」



へえ〜、そうかあ(^-^)   なんだか、意外です。


そういう意味で言ったことではなかったけど、
なるほど、そういう形で受けとめてくださったのだなぁ、と。


確かに。そうかも。
自分に無力感や自己否定感を抱えたままで支援に入るようになると、
無意識にパワーを取り戻そうとして、Abusiveになっちゃうよなあ…。



ご質問のおかげで、豊かな会話が出来て嬉しかった!

今日も一日良い日にしよう。


……………………………………………………………………………………………………
Wen-Do Japanの公式サイトはこちら

個人セッションについては  こちら 
……………………………………………………………………………………………………

[PR]

by selfdefence | 2013-06-14 10:36 | 女性支援
2013年 06月 12日

私らしさを取り戻す 傷つきからの回復ワーク

こんにちは。
女性のためのセルフディフェンス Wen-Doの福多唯です。


今日から石川県金沢市内で、
「私らしさを取り戻す 傷つきからの回復ワーク」がはじまりました。


NPO法人レジリエンスさんによる心のケア講座の内容に即したもので、全12回です。


この講座、連続はもちろん、関心のある回だけの参加も可能です。
これからまだ11回もありますので(笑)、
一度行ってみたいなーという方がいてくださったら、ぜひ♪


詳細はこちらです。
http://www4.city.kanazawa.lg.jp/data/open/cnt/3/7495/1/care.pdf



下の写真は午後お伺いした金沢金沢星稜大学の入り口。

いやあ〜、若い学生さんが行き交う場っていいですね。
なんだか、私の心身まで若返ったような気持ちになれちゃう♪(←錯覚やから)


年齢を巻き戻すのは無理だけれど。
せめて、自分の元気を自分で出せる程度の心身の力は維持しよう。
歩いて散歩したり、自転車で買物に行ったりして、身体の活躍の機会ももうちょっと増やそう。
そんな風に思えた場所でした。


★H25/7/6,7 Wen-Do入門講座 in 札幌 参加申込受付中です♪ 気軽に来てね。
http://kokucheese.com/event/index/86629/


*その他、Wen-Doの講座予定はこちら からどうぞ


e0024978_010564.jpg

[PR]

by selfdefence | 2013-06-12 00:13 | 女性支援
2013年 06月 10日

Peachに乗って、関空から博多へ

こんにちは。
女性のためのセルフディフェンスWen-Doの福多唯です。


6月2日に博多でワークショップをしてきた際に、はじめてPeachの飛行機に乗りました♪

関空から福岡です。楽しかったー♪


【予約】

予約は公式サイトで行いました。
http://www.flypeach.com/jp/ja-jp/homeJP.aspx


わかりやすく作られている予約システムで、
予約段階で迷ったことはほとんどありません。


強いていえば、これはPeachの問題ではないけど、
手荷物預けが有料なのと(機内持ち込みではなくて、カウンターで預けるアレです)、
その申込が必要なので、機内持ち込み荷物だけで大丈夫か、預けるように申込んでおくほうがいいのかを迷った程度です。

公式サイトからの予約時に申込をすると1000円。
当日カウンターに行ってから「やっぱり預けたいんです」だと2000円です。
*機内持ち込みの手荷物だけで済むならば、料金はかかりません。


19:50関空発 21:00福岡空港着の便。
うまくすれば上空から夜景が見えそう☆

座席は、お任せなら指定料金はかかりません。
事前指定する場合、足元の広い席が840円。窓側席は420円。ほかは210円。
シートの質は皆同じです。場所の違いが料金の差になります。


関空→福岡の夜便は、大阪湾〜神戸を斜めにつっきることになりますから、
きっと上空通過時の夜景が綺麗だろうなあ♪

そう思って、420円を奮発して右列での窓側席、2のFを指定しました♪

これはメチャメチャ当たりでした♪
すごーくキレイです。夜景好きさんにはお薦めですよ〜〜〜☆

昼間の便なら、左列の窓側席をとると、
大阪湾〜神戸通過時に、海側、淡路島や四国側が見えることになるのでしょうね。



【関空に着いたら】

関空でのPeachの発着は第2ターミナルです。
ん? 第2なんてあったっけ?と思ったけど、Peachが就航して出来たのですね。


関空へは、いろんな高速バスが出ていますよね。
でも、羽田や成田みたいに第1と第2の両方に自動的に行ってくれるバスはありません。
関空に(第1ターミナルンに)着いたら、そこから第2への無料シャトルバスに乗ります。


この写真は第1ターミナル。時間の余裕があれば、必要な買物は第1のほうが楽しいかもね。
(第2にも必要充分な程度での売店やレストランはあります)
*写真の後も記事はつづくよ。

e0024978_1635308.jpg




第2ターミナルへのバスが出るのは、日航関空前(エアロプラザ)です。


第1ターミナルから連絡通路を通って日航ホテルに行き、
一瞬ホテルロビー内に入り、左手に進むとあります。

現地に行けばわかりやすい案内が出ているので迷わずたどり着けます♪
(私も事前には調べなかったけれど迷わず行けました)


バスは頻繁に出ている模様。
第2までの乗車時間は、5〜7分くらい?でした。
チェックインしたい時刻の20分前に第2ターミナル行のバスの出発場所に行けば大丈夫なくらい。


【チェックイン!】

第2ターミナルでバスを降りるとこんな感じの国内線入口があります。

e0024978_16362055.jpg



この写真↓は国内線入り口前で、降りたシャトルバス方向を見た光景。
e0024978_16372789.jpg



国際線入口は降車後に背中側に歩く感じだけど、国内線入口から入っても中でつながっているので問題ないです。
広さも、地方空港くらいで、全体が見渡せます。


国内線入口から入るとこんな感じ。ガラーン(笑)

e0024978_16382173.jpg



この機械でチェックインをします。基本自分でするのだけど、係員さんも立っていてくれます。

左手にお土産屋さんが写ってますね。本屋さんがその先(国際線側)にあります。
レストランやカフェは(写ってないけど)お土産屋さんより手前側です。

e0024978_16385214.jpg



予約時に発行されたバーコードか、予約番号のどちらかがあればオッケー。

入力すると、すぐにこんなレシートみたいなのが出てきます。
ペナペナだけれど大切な搭乗券なので、紛失しないようにしなきゃ!

*名前の部分、加工してあります。本物はちゃんと姓名(フルネーム)印字されます。

最下部に「おおきに!」って書いてある(笑)

e0024978_179177.jpg


預ける手荷物のある人は、手荷物預けのカウンターへ。

e0024978_16394410.jpg


預けたら、あるいは、機内持ち込みのものしかない人は、出発ゲートへ。

e0024978_16401829.jpg



写真をとらなかったけど第2ターミナルにもカフェやお土産屋さんはあります。
ゲートに入ってからもあって、少し品揃えやメニューが違います。

大阪なら!ということで、たこ焼きが食べたい人は、ゲートをくぐってからならありました(笑)
(食べていないので味はわからないです。
 値段は、第1ターミナルでたこ焼きを食べるのと同じくらい。だった気がする)



【保安検査をして、搭乗ゲートへ】

機内持ち込みの手荷物とボディチェックを終えると、すぐに搭乗ゲートの待合場所になります。
ここにもお土産屋さん、カフェ、自販機などがありました。
こんな感じ。キレイですよね♪
e0024978_16452571.jpg



待合エリア♪
イスも、腰かけ型ばかりではなくスツール状のものが多いので、荷物を傍に置いて待ちやすい。
e0024978_16461371.jpg



そして時刻になると、飛行機への搭乗。
時刻になると、座席番号(記号)で呼ばれます。
窓側席(AとF)の人からどうぞ、と言われました。なるほど〜。


でも、ANAやJALに乗るときみたいに、ピッ!ってしないでスルーできちゃうので、
LCCだからかな、こういうところでの人員を削減してるのかな、と勝手に思っていたところ、

このあとがけっこう長かった(笑) 
待ち合いエリアを出てから殺風景な廊下を歩いて歩いて進みます。


そして、搭乗券のバーコードチェックは、建物を出る直前に行われます。


チェックをすると建物から一旦外に出る形になります。
e0024978_1652574.jpg


雨だとどうなるのかな(この日、この時間はたまたまやんでました)。
傘が各自必要なのかしら。


搭乗です。可愛い♡
e0024978_16525978.jpg



機内でのサービス(飲み物等)は有料です。グッズの機内販売もしてました。
自分で持ち込みが出来ますし、1時間10分で着くので、何もなくても大丈夫だったけど。


座席は狭いと聞いていたけど、ANAやJALとの差は私は感じませんでした。
ピッチも…どうだろう、1〜2センチ差があるのかなあ? 全くわかりませんでした。
シートは革張り。機体もきれい。化粧室は使わなかったのでわかりません。


というわけで、とっても良かったです。Peach。
関西の人はこれで九州も北海道も行けるだなんて、ステキすぎるヽ(´▽`)/


機会があったらまた乗りたいと思います♪

……………………………………………………………………………………………………
Wen-Do Japanの公式サイトはこちら

近々のワークショップ情報はこちら

……………………………………………………………………………………………………

[PR]

by selfdefence | 2013-06-10 17:00 | つれづれ
2013年 06月 08日

古武術を使って快適生活

こんにちは。

昨年、護身術教室で教えていただいてお世話になった、
泉水流柔術の泉水さんが、E-Bookを出されたそうです。

『古武術を使って快適生活』
http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/17298



一気に読んでしまいました♪
(一気に読んで終わり、っていうタイプのものではないので、
 こういう読み方は本来はどうかと思う私 笑)


全66ページなのですけど、1ページに文章を詰め込まずに余裕を持って配置してくださっているので、
スイスイ読み進めることが出来ちゃいます。
読書があまり好きじゃない…という人も苦にならないようにとの
泉水さんの配慮が伺えます(←ホントかどうかは知りません。←無責任か!)。


古武術の動きって、目の前でやってみせてもらったり直に指導を受けたりしても、
なかなかわかりにくいところがありますよね。
目で見てもどこをどうしてるのかがわからないんだもの。
(というのは、筋肉ではなくて骨格を活用しての動きだからだろう…というのが私なりの理解)


ましてや文章だけで伝えるっていうのは至難の技だと思うけれど、
この冊子では工夫された文章表現(だけれど誰でもわかる書き方)がされているので、
「こんな感じでやればいいのかな?」というところまでなら行きやすいと思います。


それが正しいやり方になっているのかどうかは、
…続けてみないと本当の意味では誰にもわからないかもしれないですね。
けど、だからこそ貴重で意味と重みがあるような気がする。


そんな世界観に、手軽な冊子をきっかけに旅立てるなんてステキです☆
ご関心があれば上記リンクより迷わず旅の世界へどうぞ♪



  *  *  *  *  *



あまり日本人っぽくない(とよく言われる)私が言うのもナンだけど、


日本人って、目で見えないものを大切にする文化や感性を継承してきていて、
それが良さでありすごさなような気がします。


八百万に神を見出すとか、「場の空気を読む」という言い回しがあるとか。


『場』の『空気』ですよ。


場も、空気も、両方とも目で見えない/触れることもできない、
そのわけのわからなそうなものをふたつ重ねて二重表現にしちゃうなんて、
それが日本人同士なら共感理解できるという前提がある文化って、ちょっとすごい(笑)


そういう日本人の私達の生活や、生活形態に伴う所作は、
やはり、目で見てすぐに真似ることが出来るような部分ではなくて、
深いところを上手く活用してのもの…だったような気がする。


『気がする』だけなのは、残念ながら私自身は
そうした生活や動作を100%継承した世代ではなかったな…と思っているからですが。


で、生活形態や身体の所作については、
私は、失ってしまったものも多いのだろうと、
そしてそれを取り戻すのはなかなか簡単ではなさそうだぞ、と思っているのだけど、


目ではっきりとは見えないもの、なんだかよくわからないもの。
そういうものを、だからといって、軽視したり信じられないと片付けたりするのではなく、


「まあ、そういうこともあるかもね。確かにね」って、


ただ話を合わせるだけじゃなくて心底から敬おうとし、感じ取ろうとし、理解しようとする、
そういう精神性だけは自分のどこかに保っておきたいな。


「わけがわからないなあ」「これでちゃんとやれてるのかなあ」と
どこか疑問符を抱えながらでも、
でもそれをやってみよう、続けていってみよう、と時間をかけて歩いたときにだけ見える光景。
私はそれを見て見たい。


そんな感じで整体をサボりサボりで続けている私にとって
古武術は、それなりに馴染みのある世界ではありながらも、
古武術っていいよ〜♪ ときっぱり言える境地にまでは、たどり着いていませんf^_^;


面白い!と感じるときもあるけど、全然わけがわからない… と感じるときのほうが正直多い(笑)
私の健康や美容や生活に効果が出ているのかどうかも…この体型ではアヤシイ(笑)。

 あれ? こんなこと↑書いて冊子の応援記事になってるのかな?f^_^;


でも整体や古武術的な世界には今後も惹かれるに決まっています。
なぜだかわからないけど。
だから整体も、行けない稽古会が多くても、続けようと思います。


古武術の冊子も楽しく興味深く読ませていただけて、ほんとうに良い時間をいただきました。


『古武術を使って快適生活』に関心のあるかたはこちらからどうぞ。
http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/17298





★H25/7/6,7 Wen-Do入門講座 in 札幌 参加申込受付中です♪ 気軽に来てね。
http://kokucheese.com/event/index/86629/


*その他、Wen-Doの講座予定はこちら からどうぞ
[PR]

by selfdefence | 2013-06-08 17:35 | つれづれ