<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 30日

自動泡噴射マシーンとの格闘の記録

こんにちは。
Wen-Doインストラクターの福多唯です。


写真(このブログ記事下部)には、どんなドラマがあったかというと…。


須坂版画美術館の化粧室の手洗い部分の写真です。
左右にふたつ手洗いがあって、中央に液体せっけんらしきものが。
カバンを置く場所がなかったので、中央に置いたら…
ありゃっ!!
手洗い用の石けんの泡がセンサーで勝手に…って言い方は良くないね ^^; 自動的に…シュって出てきちゃった。

かなり距離を置いてカバンを置いたつもりだったのに(だからカバンは無事)。
このセンサーの感度、並大抵ではないな。


左右ふたつの手洗いの中央に、泡がもこっと盛られてしまい…。
ペーパータオルもなく、どうしよう…と逡巡したのち、
「指でぬぐって使えばいいじゃん。私ってアッタマイイー♪」と指で落ちた泡を拭ったら…
ありゃっ!!
だーかーらー。センサー感応式なんだから、指を近づけたら泡が飛び出るんだってば。
写真は脱ぐってみた後の様子です。


どうしよう…。新案を考える私。


「そうだ!
 指じゃなくて自分の手持ちのティッシュで拭えばいいじゃん。アッタマイイー♪」
カバンからティッシュを取り出して拭ったら…
だーかーらー!!
センサー感応式だってこと、いいかげんに学習しろよ、私。
(なぜティッシュならと考えたのか、自分でも理解不能)


このままでは一生化粧室から出られなくなってしまいます(←捉え方がおおげさ)。
まさかこんなことで、ここで働く友人に、「どうしよう」とか言えないよな。
40過ぎになってまで(^^;;


苦悩した後に、今度こそ閃きました。
この泡石けんマシーンを、予め横に向けてから、泡を拭えばいいんだわ。アッタマイイー♫


というわけで、立つ鳥跡を濁さずにやっと成功。
いや〜、達成感がありましたーーーww



話しは変わって。
いよいよ9月1日にラビングプレゼンス名古屋講座です。
突撃来場参加も歓迎します。お気軽にお運びください(^-^)


 《ラビングプレゼンス体験ワークショップ:名古屋》

【日時】 2012年9月1日(土) 
     会場/9:30頃より
     講座/10:00〜17:00(*休憩適宜)

【会場】 『ウィルあいち』(愛知県女性総合センター) 3F 会議室7
     名古屋市東区上竪杉町1番地 052-962-2511
     http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html

     ※ 地下鉄名城線「市役所」駅 2番出口より東へ徒歩約10分
       名鉄瀬戸線「東大手」駅 南へ徒歩約8分

【参加費】 8,000円


【主催/申込み】 日本ラビングプレゼンス協会
         info@loving-presence.net

【名古屋講座のお問合せ】
         担当:福多唯 fukuyui@mac.com


【担当コミュニケーター】
 福多唯(ふくだ ゆい)
●日本ラビングプレゼンス協会認定LPコミュニケーター
●女性のためのセルフディフェンスWen-Doマスターインストラクター


病気での入退院を繰り返す10代を経て、自分の内側にある、他者への憎しみ
やねたみ、暴力への衝動等に長年悩み、「なぜもっと穏やかな善き自分にな
れないのだろうか」との思いから、非暴力や社会的弱者の人権、虐待防止、
コミュニケーションスキル、心身一如なセラピー等を学ぶ。


ある日、ジェンダーの視点での『女性のためのセルフディフェンス・プログ
ラム Wen-Do(ウェン ドー)』に出会い、自分が否定していた自分像が
180度転換したことに感銘を受け、2002年より講習・普及の活動に入る。


その活動の中で、女性にはコミュニケーションへの緊張度の高い人が少なく
ないことを実感。女性は、社会人、母、妻、嫁、介護者として…など、多様
な場面でそれぞれに専門度の高いコミュニケーション能力を求められること
が多く、雑誌などでも『女性はコミュニケーションを求める性』として見聞
きされることが多い。
『コミュニケーション上手であらねば』という呪縛から女性を解放しうる
手法とは…と考える中で、ラビングプレゼンスに出会う。


Wen-Doでの講師経験をいかした安定感あるワークショップでラビングプレ
ゼンスを広めるとともに、自身の毎日でもラビプレを実践中。


*****************************

 ■Wen-Do おすすめワークショップ■

 
 H24/9/15 pm~9/16夕方 前橋にて
 Wen-Doの基礎の全てを2日間集中講座で。前橋は群馬県だよん。
 あと4人まで http://bit.ly/h240915



*****************************

e0024978_1312138.jpg

[PR]

by selfdefence | 2012-08-30 09:04 | つれづれ
2012年 08月 28日

講習講師になる ということ

こんにちは。
Wen-Doインストラクターの福多唯です。


空気も空も夜の星も、確実に秋なのに、暑さがひきませんね〜(^^;;。
残暑お見舞い申し上げます。


8月24日(金)〜26日(日)に、
ラビングプレゼンスのコミュニケーター(講師)の研修で
長野の戸隠近く、飯綱高原というところに行ってきました。


2泊3日の合宿研修の会場は『水輪』。


長野市内から車で40分弱くらいです。
人里離れた環境が清々しくて気持ちがいいのはもちろんのこと、
施設の作りがワンダフル。
身体に触れる所、トイレ、洗面台まですべて総檜でした(お風呂場くらいかな、檜でなかったのは)。
天井は杉。照明は美濃和紙。
館内/室内にいても、たっぷり呼吸ができます。


お食事は10時に朝食、18時に夕食の2回制。
最初にその話を聞いたときには「朝7〜8時くらいにお腹がモーレツに空きそう」とおののいたけど、
量がたっぷりなので、心配したほどには。大丈夫でした(^-^)
菜食中心で、あとは魚介類が、お豆腐や卵を使ってのお料理です。


ラビプレのコミュニケーターは多くが東京や関東在住で、
あと、関西が数人。


北陸住まいの私は滅多に皆に会える機会がなく、長野での3日間は話したい事が沢山あって、
いろんな人と沢山話をしてきました。
フリータイムや夜の就寝前などに読む用の本を持っていったのだけれど、
その必要も時間も全然なかったな〜。
朝は寝坊しまくってたし(せっかくの高原での朝なのに! 笑)。


ラビングプレゼンスの体験ワークショップは、内容自体はシンプルで、
手順もさほど複雑ではなく、講習講師経験がはじめてな人にも扱いやすいものだと思います。


ただ、ラビプレがテーマとすることは
「自分を大切にする」「まず自分を満たす」「愛を積極的に感じ受け取る」
「自分の中にわきおこってくる『何かいい感じ』を、誰にも何にも遠慮せずに味わう」
「そのような自分の有り様が、結果的に、相手との関係を変えていく」
などで、深い。


ラビングプレゼンスのワークショップを伝える者として人の前に立つ、
ということについて、
それぞれがそれぞれの立ち位置を見つけるための3日間でした。


偶然、8/25(土)の夜は、現地で花火大会がありました。
そして私は現地に車で行ったので、
幸いにも足があるぞ!ということで、皆で花火大会見物に出かけることができました♪


花火って、どうしてあんなに人の心を鷲掴みにするのでしょう 。
芝生の湖畔に座り、のんびりと空を仰いで、1時間半、
闇夜に広がる鮮やかな花火に心が踊りました。


長野のお土地柄&人柄が表れていて、のんびりしたテンポの花火大会で、
間が開いたりするんだけれども、それがまたすっごくいい感じなのですよ。

そうそう!!
ある女性の喜寿のお祝いとして打ち上げられていた花火もありました!(なんてステキなプレゼント!)


鮮やかで美しくて胸を打つ花火を見て、普段とは異なる何かが胸の内に広まっている私の状態で、
その『打ち上げの間』が来るたびに、ふと、あれやこれやを思います。
すると、日常の暮らしの中であれやこれを思うときとは、
何か微かに違う感じが私の中に広がってるな〜ってことに気づけたりします。
もっと鮮やかで、生き生きしてくる、というのかな。
悩み事だったはずのことですら、力を持ち始めるというか。



  *  *  *  *  *


私は、丁度10年前の2002年の8月に、
今回と同じ長野県内の「女神山ライフセンター」という施設で、
合宿研修を経て、Wen-Doの講師になりました。


その後、Wen-Do仲間の間では、女神山は記念碑的な存在としてあり続け、
折りに触れて話題になります。


私自身も、迷ったり、葛藤を感じたり、挫けそうになったりしたときに、
常に、女神山の空気感や景色を感じたときの当時の自分の感じとつながって、
自分を保ってきたところがありました。


特に、私達Wen-Do講師の場合は、
カナダより招聘されたトレーナーから学んで、その後は各自自力で試行錯誤するしかなかった。
心の中に師匠はいても、会える距離にはいませんし、
やりとりするとしたらつたない英語でメールを書くしかなく。
振り返ってみると、よくやってきたよな〜、私(自画自賛 笑)。



講習講師としてのスタートを切るときに、
Wen-Doにしろ、ラビプレにしろ、常に長野が関連してくれるのは、
なんだかとても不思議な感じです。


そして長野でのあの日々があったからこそ、やってこれた。


ラビプレ研修の3日間も、きっと今後の私の支えになってくれるに違いありません。
ステキな3日間にありがとう!



*****************************

 ■Wen-Do おすすめワークショップ■

 H24/9/15 pm~9/16夕方 前橋にて
 Wen-Doの基礎の全てを2日間集中講座で。前橋は群馬県だよん。
 あと4人まで http://bit.ly/h240915



 ■関連 おすすめワークショップ■

 人との出会いやかかわりが、「なにかいいかんじ…♪」に
 東京、関西、名古屋など、各地で大好評のコミュニケーションのWS
 ラビング・プレゼンス体験ワークショップ 9月1日


*****************************


e0024978_12451067.jpg

[PR]

by selfdefence | 2012-08-28 12:52 | つれづれ
2012年 08月 27日

DV加害者プログラム実施者養成講座

こんにちは。Wen-Doの福多唯です。

DV防止教育センターの岩瀬さんより、
DV加害者プログラム実施者養成講座のお知らせをいただきました。

以下に詳細があるそうです。
学びは関心とタイミングとご縁です。
スケジュールが合って、ご関心に添う方が、足を運べる機会になりますように。

http://dvpec.exblog.jp/i35/



*****************************

 ■Wen-Do おすすめワークショップ■

 
 H24/9/15 pm~9/16夕方 前橋にて
 Wen-Doの基礎の全てを2日間集中講座で。前橋は群馬県だよん。
 あと4人まで http://bit.ly/h240915



 ■関連 おすすめワークショップ■

 人との出会いやかかわりが、「なにかいいかんじ…♪」に
 東京、関西、名古屋など、各地で大好評のコミュニケーションのWS
 ラビング・プレゼンス体験ワークショップ 9月1日


*****************************


e0024978_133334.jpg

[PR]

by selfdefence | 2012-08-27 10:55 | 加害者関連
2012年 08月 21日

Wen-Doの本サイトを久々に更新したのだ

こんにちは。
Wen-Doインストラクターの福多唯です。


昨日、Wen-Do講座のご依頼の電話があり。

「では、今後はメールも使って福多さんにご連絡したいと思います。アドレスを確認させてください。WEBサイトに掲載なさっていたアドレスを念のために読み上げさせていただきますね」
 
     はーい♪ お願いしま〜す。

「f q o o 6 0 1 …」

    (あってるあってる)

「アットマーク」

    (うんうん)

「 y (うんうん)
  b (…アレ?)
  b 」

    途中でスミマセン。
    そのアドレス、すっごく古くて、もう解約しちゃってます。
    申し訳ありません!
    けどご確認いただいて良かった〜☆
    どこでご覧になってくださいました?


「福多さんのHPに載っていらっしゃる、PDFのリーフレットの中にありました」


どっひゃー!(^^;


パソコンを買い替えたりOSをアップデートしたりする度に、たいてい、使えなくなるソフトが出ます。
HPの作成ソフトやロゴ作成等のイラストソフトが、徐々に次々と使えなくなり。


ソフトがあったからこそ、HPを自力で作ることは出来たけど。
元々素人なので、ソフトがなければどうしたらいいのかが本質的によくわかっていない私。


時々、四苦八苦試行錯誤でhtmlをいじってるうちに「あっ☆ よくわかんないけど出来ちゃった!♪」ってなことがあり(でも同じことを再現しようとしてももう出来ない…)、たまーに、サイト内の文面はいじっていましたが、


Macを去年ライオンにした際に使えなくなったソフトが多数発生。
FTPへのアクセスソフトも使えなくなっちゃって、もうお手上げ、でした。

しかも書類作成とか名刺作りとかイラストとか写真とか、新たなソフトに慣れてデータを作り直すのに手一杯で、WEBのことまで手が回らない(>_<、)。



そんなわけで、ここのところ、WEBサイトの情報が古いままなのは薄々わかっていながら、「でもどうしようもないもん。サイトも全て作り直したいし、それも含めてそのうち
プロの友達に相談しよーっと」と、先延ばしを続けていたのですが、


解約したメアドが載ってるリーフレットがサイト上で公開されちゃってるだなんて、そんな状況は放置するわけにはいきません。昨夜は頑張りましたよー!


皆さん、人間、追いつめられて必死になると力を発揮できるものですね(達成感と共に遠くの山並みを見つめながら…)。


新たなFTPソフト(っていうの?)をAPPストアで買い、
サイトデータをダウンロードし、
テキストソフトでHTMLを開き、
サファリで見栄えを確認したら、そのhtmlをアップ…というプリミティブな手法ながらも、
サイト内の文面を簡単なhtmlと共に修正しました。
リーフレットデータも新たなものにしてアップ☆


久々にサイトがいじれたことで勢いがついたのと、プリミティブなやりかたなので手順を覚えている今のうちに…と、今日も朝からずっと、気になる部分の修正を次々と続けました。


あ〜。疲れたー。
でも致命的に古い情報は削除/修正できたので、これで多少はマシになったかな(本質的にサイト自体が古すぎることには変わりないのですが)。

ということで、Wen-Doのサイト(http://bit.ly/wendo)です。
たまにはこちらもどうぞ。



*****************************

 ■Wen-Do おすすめワークショップ■
 
 H24/9/15 pm〜9/16夕方 前橋にて
 Wen-Doの基礎の全てを2日間集中講座で。前橋は群馬県だよん。
 あと4人まで http://bit.ly/h240915



 H24/9/1(土)
 名古屋にて 双方が元気になり満たされるコミュニケーションを学ぶ
 ラビングプレゼンス 一日体験WS
 http://wendosd.exblog.jp/18250996/



*****************************
[PR]

by selfdefence | 2012-08-21 16:18 | つれづれ
2012年 08月 10日

女性目線の防災カレンダー ダウンロードで使えるよ!


こんにちは。Wen-Doインストラクターの福多唯です。


私の住む石川県金沢市に、(株)ウーマンスタイルという、
主婦パワーを生かす様々な事業に取り組んでいらっしゃる会社があります。


そこの呼びかけで、「主婦サミット」なるものが形成されました。
第一弾活動のお題は『防災』とのことで、がぜん興味が湧いて、参加しました。


数回の集まりの中で、女性及び主婦の目線で大切な防災意識について
おしゃべりを通して意見交換したり、
行政の防災担当の課のかたからお話を聴いたり、

今流行りの(?)防災対応カードゲーム『クロスロード』をやってみたり。
●クロスロードについては内閣府サイトのこちらから


そうした中でぽつりぽつりと出た「これは!」という重要な発言を、
ウーマンスタイルさんが見逃すはずもなく。


防災意識を日頃からキープするにはどんな方法が使えるだろう?ということで、
そうだ、頻繁に目にするカレンダーを活用しよう、と、

『防災カレンダー』が作成されました。∠ .。.:*・゜☆


防災カレンダーはダウンロード可能で、どなたでも無償で活用することができます。
来月の9月分から、1年分のデータがあります。
イラスト入りで、工夫がいっぱい♡ 
実際にご覧になってみてください♪


ウーマンスタイル 成田社長のブログ☆
『主婦目線の防災カレンダー完成』
http://ameblo.jp/woman-style-blog/entry-11324207294.html



*****************************

 ■Wen-Do おすすめワークショップ■

 ☆本日(8/10)は早期申込み割引の締め切り日です☆
 
 H24/9/15 pm~9/16夕方 前橋にて
 Wen-Doの基礎の全てを2日間集中講座で。前橋は群馬県だよん。
 あと5人まで http://bit.ly/h240915



 ■関連 おすすめワークショップ■

 人との出会いやかかわりでの固い感じがほぐれます。
 ラビング・プレゼンス体験ワークショップ 9月1日


*****************************
[PR]

by selfdefence | 2012-08-10 10:12 | セキュリティ・防災
2012年 08月 06日

傾聴と共感が重要な理由


こんにちは☆
Wen-Doインストラクターの福多唯です。


H24年8月4日に、群馬県の前橋市にて、Wen-Doを2講座担当しました。

前橋市と(特)ひこばえの共催事業で、
ひこばえさんが作成なさった紙芝居『サルかにバイオレンス』(原作:奥山和弘さん)の上演と
Wen-Doとがセットになっている講座です。


午後の講座は3時間半。夜の講座は2時間半。
どちらも、一般のかた向けの講座としては長時間な方だと思いますが、
午後の3時間半講座には定員を上回るお申込みをいただき、とっても賑やかでした(^-^)


前橋市内の各町会による夏祭りと日時が重なって人の集まり具合が心配された夜の講座も、
定員の9割のご参加をいただきました。
皆様、ご多用な中での、そして猛暑の中でのご参加、本当にありがとうございます。



  *   *   *   *   *


前橋市の講座での出来事とは限らず、しばしばある受講女性たちのご参加の動機のひとつに、
「友達の変わりに来ました」というものがあります。


お友達が、あるいは、お友達のお嬢様や妹さんや近しいお知り合いのかたが、
DVやストーキングや性暴力にあったことがあり、
お友達自身もとても関心を持っていたけれども、
Wen-Doに参加するといろんなことを生々しく思い出して辛くなりそうで、
お友達は参加できないとのことだったので、
自分が替わりに参加して、ここで学んだことを友達に伝えたいと思って来ました、
そうおっしゃってくださいます。


友達って、いいものですよね。
何か困難があって心身がまいってしまっていて、
自分なんてダメダメなのではなかろうか…としか感じられないような
心のもろい状態になっているときも、
友達の支えがあると、「私にはこんなステキな友達がいる」と思えて、
それでなんとかがんばれるっていう局面が、人生にはあるような気がします。


目の前の人が困難や課題に直面して、しんどい状態で何か打ち明け話をしてくれたときには、
『共感的に傾聴し、非難やアドバイスは控えましょう』と言われていますし、
コミュニケーションの講座や自己表現の講座、
DVや虐待の防止のための啓発講座、ボランティア養成講座など、
様々な場でそのような話がなされるため、
その基本姿勢はだいぶ一般にも浸透してきているように感じます。


耳を傾けて話しを聴いてもらえて、共感を示してもらうことで、
話した人は、自分の話しが伝わった、自分の気持ちが伝わった、わかってもらえた、と
『受け止めてもらえた』感を抱くことができる。
受け止めてもらえたというどっしり感があってこそ、
地に足をついて再び歩いてみようかなという感じがわいて来る。



私がそこにもうひとつ感じるのは、
友達が受容的かつ共感的に話しを聴き、受け止めてもらえると、
話した人は、『ああ、私にとって、この友人こそが財産だ』と
(自覚的でなくても)思えるようになるのではないか、
それが《蜘蛛の糸》の役割を果たしてくれることも多いのではないか、ということです。


踏んだり蹴ったりな状況下で弱っているときって、
何の拠り所もないような不安定な感じになってしまうし、
それが、人による暴力的な行為がきっかけでの困難だとすると、
何を信じたらいいのかもわからず、
運すらも自分には残されていないような気がしてしまうことがあるかもしれない。


どんなに自分が努力しても、がんばろうとしても、
結局は事は上手く運ばないじゃないか、みたいな絶望感。
これ以上私にどうしろっていうの、と
叫びたくなるような、でも、何か言っても何も変わらなくてどうしようもないような虚無感。
私という人間の、この人生は、
きっとこのまま行くに違いない、みたいな、
人生に希望を抱けない感じ。


そういうときに、話しを聞いて受け止めてくれる友がいると、
涙を流せたり、怒りを表現できたり、普段とは『ちょっとだけ違うこと』が起こります。
そのときの、いっぱいいっぱいの自分には明確にはわからないのだけど、
後から振り返ってみると、
ああ、あのときに泣けたことが第一歩だったのだな、と思えたりする。


そして、「自分は特別な人間ではないけれども、
     でも私には、スペシャルな友達がいる。
     これって本当にすごいことだ。ありがとう」って、
余裕が出てくると、思えるようになったりして、
それがまた、
『自分の人生、そんなに不運ばかりでもないし、思っていたよりいいかも』と
自分を一歩前に歩ませてくれることがあります。



Wen-Doに来た女性が「友達の替わりに来ました」と
受講動機を話してくださる場に遭遇するたびに、
なんか、上記のようなことを、ぼんやりと思います。



八方ふさがりで、自分には能力もお金も体力も時間も信頼できる人も、
そして運すらも、何もかもがないない尽くしだ…としか思えないようなとき、
「そうだ、私には友がいるじゃないか」と思えるような出来事ってすごく大事なんだろうなと。


そして、「友達の替わりに/友達のために」のつもりが、
結果的には自分のためにとても貢献できる行動だった、なんてことも多いですしね☆
(これはまた今度書こうかな)



*****************************

 ■おすすめワークショップ■
 
 H24/9/15 pm~9/16夕方 前橋にて
 Wen-Doの基礎の全てを2日間集中講座で。前橋は群馬県だよん。
 あと8人まで http://bit.ly/h240915


 
 H24/9/1 ラビングプレゼンスWS
 「護身とかいう以前に、人に接する…となると身構えちゃう」と感じるかたにも、
 安心してご参加いただけます。
 『人と共に居る』ことを感じて学ぶ講座です☆
 http://wendosd.exblog.jp/18250996/


*****************************
[PR]

by selfdefence | 2012-08-06 11:30 | 女性支援