<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 21日

カナダより新サクセスストーリー

こんにちは。Wen-Doの福多唯です。


Wen-Doの本部のあるカナダから、皆が日本のWen-Do仲間や、女性たちのことを案じ、
たびたびのメールをいただいています。

ただ、メールのやりとりは英語でなくてはならないため、
私もフラストレーションを感じてしまっていました。

伝えたいことや思いは色々あっても、それらを英語にする力が今の私にはない。
(母語の日本語でだって、この複雑な心情は言葉にできないよ〜〜)

案じてくれる気持ちには応えたいけれど、
何を返信に書けばいいのかよくわからなくなってしまう。

かといって、必要充分なことだけにすると、“私は大丈夫です”だけ? みたいな、
なんか超短いメールになっちゃう。


それで「無愛想で心のこもっていない返信でごめん」と書いたところ、
『そんな風に思ってないよ。私達を信じて』とソッコーでまたメールをもらいました(^^;
自分の弱さがこういうところに出るんだよな…。反省。


そして今日は、サクセスストーリーをもらいました。
またまた拙いながらも訳してみたものを載せておきます。
(誤訳に気づいたら適宜この記事を訂正していきたいので、転送転載はご遠慮ください。
 リンクは大歓迎です)



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 当時私は23歳で赤ちゃんがいて、一般的な慣習のとおり男性とも一緒に暮らしてたわけですが、
その男はしょっちゅう私に暴力を振るっていました。


 その日も彼は酔って帰宅し、私にからんできました。
 ちょうど3ヶ月前にWen-Doを受講していたこともあって、その夜の私の気持ちはすぐに『もうこんなことは今夜で最後にするんだ!』と固まりました。
 そうとは知らない彼は、私に悪態を続け、手をあげてきます。私はそれをやめないとただじゃ済まさないと警告しましたが、彼はバカにしてヘラヘラ笑うだけで取り合わず、それどころかさらに私を殴り、蹴りも入れてきました(ちなみに彼は空手歴4年でした)。


 まさか私が彼の顔面に反撃するなど予想だにしなかったのでしょう。彼の顔面への私の一撃は彼の鼻の骨を砕き、文字通り、彼の顔をつぶしたようです。その夜、彼は出ていきました。


 その一週間後、私は彼の荷物をまとめておいたのですが、
 彼は未だに(*)戻っていません。


(*訳注:この女性が荷物をまとめたという1週間後から、そのサクセスストーリーの語られた日までにどれだけ経過したかは原文からは読み取れませんが、『当時23歳で…』と語り始めていることから、それなりの時間が経過していると思われます)
[PR]

by selfdefence | 2011-03-21 17:10
2011年 03月 14日

チェーン・メールかも


震災での救助・救援活動に関して、
まちづくり、市民活動、スペシャルニーズを持つ方たちの活動など、
各領域で様々な要望書等が出来つつあるようです。


そうした情報(要望書を作成中です・賛同者や協力者を募ります・改善案等があれば欲しいです…などの主旨のもの)は、主にメールを通じて行き交っているのですが、


たまに、
『賛同してくださる方は、以下の要請文を他団体に広めるか、
 またはご自身のお名前を添えて、内閣府×××…宛に、メール/電話/郵送などで提出してください』
というような主旨のメールが。


信頼できる人からいただいているメールなので、
真摯な思いで私にもメールを回してくださったのであろう…と思うのですが、
ごめんなさい。
結果的にチェーン・メールになっちゃうかもしれない主旨のメールは、
私は他には広げていません。私のところでストップにしています。
このブログにも、ツイッターにも、『そういうことをやってるらしいよ』という形ですら
情報を出していません。


本当はメールをくださった方に、
「チェーンメールになっちゃうかもよ」って、アサーティブに言えたらいいのかなと思いつつ。
なんとなく、言えずにいるのも、なんだかなぁ私…です。


でも、私も昔、知らずにチェーンメールに加担して転送してしまったことがあります。
自分のあのときの行為が、実はチェーンメールに加担してしまう行為だったと知ったのは
誰かからの指摘ではなく、ブログや他で私が目にした情報からでした。


私の性分を思うと、私の場合は、人から指摘・指南される形ではなく、
自ら得た情報によって自ら気づく形だったことが良かったんだろうなー…。
過剰な自責の念と自分への“ダメ烙印”、相手への申し訳無さ等ナシで
「あ! しまった! アレはダメだったんだ?! やばっ。今後気をつけよーっと」とスッと思えたから。


私がそういう性分なもので、メールをくださった方にも言えずにいます。
いるんだけど、ここに書くあたりがまた、『読んで、気づいて』みたいな。姑息…。


うわ〜〜〜ん。結局私の問題なんだよー、全部。
チェーンメールになる(かもしれない)ことをしている人たちのそれはそれ。
そのメールを見て、私がどう思ってどう感じて何をするか、は私の問題。
メールを見なかったことにする、って方法だってあるし、
さらりとそうやっている人も、きっと大勢いらっしゃるのだろうに、
なんで私は…。


でも、ここまで書いてみてここまで自分を見ちゃったから
このブログはとりあえずこのまま残しておきます。


こうやってひとつひとつ気づいていく、ってことかあ。
[PR]

by selfdefence | 2011-03-14 23:10 | つれづれ
2011年 03月 12日

QRコードつき 災害情報リンク集


携帯のかたが入力の手間をはぶけるようにと、
URLに加えてQRコード付きのリンク集を作った方がいらっしゃるみたいです。
すごい!

このトップページを、 saigaiQR で短縮URLとしてみました。

http://bit.ly/saigaiQR
[PR]

by selfdefence | 2011-03-12 21:35 | セキュリティ・防災
2011年 03月 11日

最近出回っているらしい、あやしいメール from fb

こんにちは。Wen-Doの福多唯です。
今朝目が覚めてみたら、私の住む金沢市は一面雪景色〜!
とても驚いてしまったのですが、ジャリジャリ雪だったようで、
陽が昇ったら溶け、アスファルトが見えました。ほっ。

っとしたのもつかの間(?)、
さきほど、facebookを経由して以下のようなダイレクトメッセージが来ていました。

こんなに手間をかけて、何を企んでいるのかしら。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


件名: 突然すみません!


実は私、仕事が芸能関係で、某男性タレントとかのマネージャーやってるんです。

今メッセさせてもらったのはタレント本人の希望でどうしてもお話したいと‥。
もしよろしければ少しお時間いただけませんか?

本人は最近まではテレビや取材、雑誌の特集などで忙しく、私から見ても精神的に疲れてるようで・・
お恥ずかしい話、私では彼をケアできなくて…ここまで心を閉ざすのは初めてなんです。

急なお願いになりますが、彼を助けてあげてはくれませんか?
実は本人と一緒に友達を探しながら色々辿って見ていたら、
何か感じる所があったらしく、メッセージを出しておいてくれないか、と言われました。

私はマネージャーとしてどうにか彼を支えたいと思い、
事務所に内緒で彼の要望に答えてあげようと思ったのですが、結局は事務所にばれてしまいました。

当然のことですが、本人がネット上で一般の方に連絡をするようなことは固く禁じられています。
名前も出せないので、本人はfacebookに登録すらすることが出来ません。

gp2@ http://www.facebook.com/…(*以下略)

ここにメールをしてもらってもいいですか?本人と連絡が取れるように致します。


わたしのfacebookの登録が事務所から見られてしまうと何をしようとしているかが分かってしまう可能性があるので、退会をする予定です。

そうするともうfacebook内で連絡を取る事が出来なくなってしまう為、
メッセージでお返事頂いても私からお返事は返せませんし本人の名前を記録に残るメッセで送ることも出来ないのです。
(名前をネット上で公表したりしてしまった日にはあっさりクビになっちゃいます><)


…もちろん、これは私と本人からの一方的なお願いになりますので、
色々なご事情で彼と連絡を取って頂くことがご無理であれば仕方ありません。

このままメッセージを削除して頂ければこちらから二度とメッセージを送ることもありませんし、連絡等一切行いません。

でも、来てくれる事を待っています。彼を助けてください。

gp2@ http://www.facebook.com/…(*以下略)

メールを頂く事がご無理であればこれでお別れになってしまいますが、また、お会い出来る機会があれば幸いです。


それでは。
[PR]

by selfdefence | 2011-03-11 09:59 | セルフディフェンス全般
2011年 03月 08日

国際女性の日

こんにちは。Wen-Doの福多唯です。

天気予報が外れた金沢は今日は良いお天気〜!
石川県の公立高校の受験日でもあるので、朝から大雪にならなくて本当に何よりでした。
でも予報では一応、今週末まで雪マークが続きます。
太平洋側でも雪のところが多いようで、どうなることでしょう。


今日、3月8日は「国際女性の日」です。
内閣府/男女共同参画局からも臨時号のメルマガが配信されました。
与謝野大臣のメッセージはメルマガ受信者でなくても、以下で読むことが出来ます。
http://www8.cao.go.jp/gender/news/20110307message.html


  「女性の日があるのなら、男性の日もあるのかな」と思っていらっしゃるかたもいるかな。
   国際男性の日は11月9日だそうです。
  (internationalmensday.comというサイトで見ました)


そんな今日、私は不審者情報をメール配信で受け取りました。
ふだんは見ないで捨てちゃうことも多いのですが、
今日はなんとなく見る気になり、見てみると…。


不審な男性から声をかけられた女子中学生のケース。
なんと声をかけられたかが書かれています。


 「かわいい子いない?」。


不審以前にあまりにも無礼だわ。
[PR]

by selfdefence | 2011-03-08 13:58 | つれづれ
2011年 03月 02日

3/27東京「STOP! デーティング・バイオレンス」シンポジウム


こんにちは。Wen-Doの福多唯です。


今日は、NPO法人湘南DV サポートセンターさんからいただいた
『Stop! Dating Violence シンポジウム』のご案内です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2007年に幕張で行われた「第10回全国シェルターシンポジウム」。
その分科会「予防教育の確立に向けて」で各地民間団体の取り組みが紹介され、
予防教育の重要性について話し合われました。
その会議から3年…。
「若者から若者へメッセージを届けよう!」と活動しはじめたグループがあります。

本シンポジウムでは若者グループの活動報告や、
国、自治体、大学、NPOの活動事例を紹介しながら、
今後、どのような啓発や連携が可能かを、
会場と共にディスカッションするものです。


■2011年3月27日(日)10:30〜15:30
■国立オリンピック記念青少年総合研修センター
 セミナーホール(小田急参宮橋駅下車7分)
■一般1000円、学生500円
■主催:「STOP! デーティング・バイオレンス」シンポジウム実行委員会
■後援:内閣府男女共同参画局

詳細は以下URLにて。
http://www.kodomo-support.org/img/stop20101219.pdf
[PR]

by selfdefence | 2011-03-02 15:35
2011年 03月 01日

「彼、私には優しいの」?

こんにちは。Wen-Doの福多唯です。



先日、ある友人(女性)から、交際している男性の話を聞きました。
(その友人の了承を得て、誰の話なのかわからないようにすれば
 ブログに書いてもいいよ、と言っていただきました)



彼女曰く、
「なんとなくおかしいかな…って気はするんだけど、証拠がないというか、
 とりたててどうということがないから、何がどうだと、自分でも上手く言えない」とのこと。



友人は、事象や気持ちを整理していくプロセス途上にいて、
まだ困惑している様子でした。


     なんとなくおかしいなっていうのは、例えばどんな?


と聞いてみると、


「食事とか行くとね、店の対応や店員の言葉遣いや説明などに対して、
 細かいっていうか、見方が厳しいっていうか…。
 でも、彼の言うことは正論で、聞いているともっともで、
 むしろ、そういう所にまで目が行く感性がすごいなーって私もなっちゃって、
 そのときには『そうか、そうだよね』って感じで賛同しながら彼の話を聞いちゃうの。
 実際、彼はとても気がつく人で、賢くて、持ち物にもこだわりとかがあって、
 良質で選び抜いたものしか持たない、みたいなとこがあるんだよね。

 でも、
 どうしてなのか、自分でもよくわからないんだけど、
 時間が経って後になってから、なんだか自分の中でモヤモヤしてくるの」



    後になってからモヤモヤ…っていうのは?



「…そうだなぁ…。
 例えば、電話の着信があって、彼からだとすると、
 なんか会いたくないような不思議な気持ちになって、出ないでおこうかと思うことがあるの。
 でも、電話がつながって一旦話がはじまれば、
 ユーモアもあるし、いつも通りレベルが高くてエネルギッシュな彼で、
 『ああ、やっぱりこの人はすごい人だな』って思うんだけど」


と。そして彼女は続けました。


「それに、彼、私には優しいの」。



 …。出た!(と内心思いました)



うーん。そういう彼かぁ…。
友人は相当、キツいだろうなぁ…。



自分に対して直接、暴力や暴言や支配をわかりやすく振りかざされるほうが
ある意味わかりやすいところがあります。

けど、そうではないタイプの人も時々います。
DV加害者とか、虐待親などとして、決定的に浮上することが決してない人たち。


場の空気を読み、相手の意向や要求を察する力がある私の友人のような人が、
上記のような『決定的に浮上することのない』人、
つまり、
周囲の人々に対する要求が過剰に高い人物と一緒にいると、
無意識のうちに、相手のレベルに適応するように振る舞うことになるために、
その緊張度はかなりのものになります。


「好きなはずなのに、会いたくなくなる」感じがしてきたら、
ほんとうは、彼との関わりに疲れてきていることの現れ…なのかも。

エネルギッシュで、仕事が出来て、交遊関係が幅広く、
色々がハイレベルで、語ることも賢くて…というような
以下のようなタイプの人との付き合いは、けっこう消耗します。
そして、それは消耗する側の問題ではありません。

・『正論』を振りかざす
・他者に対しての要求レベルが不必要に高い
・他者に対しての視線や発言がネガティブ
 (「こんなことも気づかないなんて、ダメだよね」
  「わかってないんだよ、あいつらは」
  「なぜあの程度の仕事しかできないの?」などの発言が多い)
・けれど恋人や家族には、直接は上記のような発言や態度は取らない。
 どちらかというと愛情深くポジティブな関わりをする
・どちらかというと、親密な関係の相手には情が厚く、『いい人』
 (誕生日や記念日にはお祝いを欠かさない、など)


自分が直接責められたり詰られたり批判されたりしなくても、
他者に対して批判的だったり厳しい人との関わりが多くなると、

日常の中で、
『この程度のことが出来ないとダメだ』
『このくらいわからないようでは恥ずかしい』
という暗黙のメッセージを多数受け取ることになりますし、


相手から
『私が選んだ恋人、私が誇りを持って付き合う友人には、そのような人間はいないだろうけれど。
 例えば貴方とか。ね(^_-)-☆?』
と四六時中言われているも同然です。


そりゃ〜、すり減ります。


     うーん。
     今、あなたに彼が優しくても、他人に対して厳しい見方をなさるってことは、
     何かのきっかけで、あなたにもそうした視線を向ける可能性がありそうな気がする。


とだけ、私は友人に言ってみました。



「そうか…。だよねー。
 私もそれについてはそう思うんだ」



そして友人はしばらく考え込んでから、続けました。



「やっぱ、私が、彼を好きだってことが問題なんだと思う」



     人を好きだってことに、問題も何もないじゃん。



「ううん。違うの。
 そういうタイプになぜか惹かれるところがあるのが問題、って意味。
 自分でも薄々感じてるんだ。
 もっと別のタイプの人を好きになれたらいいのに、なぜかこういうタイプに、
 こう、くい〜っと、惹かれちゃう。
 これはきっと私自身の根っこに何かがあるんだと思う」



そうかあ…。友人はそう感じているのか。


私も同じことを昔感じたことがありました。
そして私は私なりに、自分の内側の課題を整理して、
そうした人と距離を取る術を学んできました。


彼女がどんな選択をして、どんな道のりを歩んでいくのかわからないけど、
彼女なりの道を彼女が見つけることを応援できたらなあ…と、
「そっかぁ…」と黙って聞きました。



自分に向き合うのって、必要だけれど、果てしないところがあるから、
せめて、良い仲間と共に、ぼちぼちと、休みやすみ、
たまには冗談も言い合いながら、
楽しくやっていけたらと願います。



私にとっては、そのツールやとっかかりがセルフディフェンスであり、Wen-Doで、
Wen-Doを通じての仲間たちに多いに助けられてきました。
友人にも、そうした何かがありますように。
私が、友人にとってそういう友達で居続けられますように。


改めてそんなことを感じた友人との会話でした。



       
[PR]

by selfdefence | 2011-03-01 17:10 | つれづれ