<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 28日

やさしい日本語の話し方

ある人が「やさしい日本語の話し方の教室(講習)があるよ。講座
 講師をする唯さんにも役立つかも」と教えてくださり、先月参加の
 機会を得ました。


 それは言語というより、多文化共生&子育て支援領域の講習でした。
 外国出身で現在石川県内に住む育児中のお母さん達、特にアジア系
 で、見た目では日本人と思われがちな人が、暮らしの中でどのよう
 な不便を感じていらっしゃるか、体験談を話してくださって、

 では、私達は何に心がければ、より伝わりやすく、わかりやすく、
 やさしい日本語を使うことができるのだろう? を、具体的に、
 ロールプレイをしながら学ぶのです。

 
 例えばこんな感じ。

 外国出身のお母さんが、うわさで聞いた「子育て教室」に行きたい
 と思っていて、情報を欲していらっしゃるとします。


 そのときに、

 「子育て教室は産後3か月の母親を対象に、◎◎保健センターで開
 催されていますよ。参加は任意で、無料です。参加時には、交付
 された母子手帳を持って行きます」

 と答えても、外国出身の方には「開催? 任意? 無料? 交付?」
 かもしれません。

 ですので、
 (1)短かい文章、平易な単語で
 (2)ゆっくりと
 (3)理解を確認しながら話し、
 (4)わからなそうなときは、まずは同じ言葉で繰り返す
    (話す速度は少し落とす)
 (5)4でわからない場合はよりやさしい単語を選び直す
 と良いそうです。


 すると私のロールプレイではこんな感じ↓に。

   外国出身のお母さん『子育て教室に、私も、行きたいです』

 「ああ、子育て教室ですね。◎◎保健センターでやっていますよ。
  ◎◎保健センターです。知っていますか?」

   『はい、知っています』

 「赤ちゃんが、産まれてから3ヶ月までなら、行くことができま
  す。お金はかかりません」

   『お金は…kakara…?』

 「お金は、かかりません。かからないです」

   『お金…ナンですか?』

 「お金は、タダです。無料です。わかりますか?」

   『あぁ! むりょう! わかります。ゼロ円?』

 「そうですそうです! ゼロ円です」

   『ゼロ円なら、良いです。
    詳しいことは、電話で教えていますか?』

 「はい。電話で教えてくれます。番号は、知っていますか?」

   『知っています。ありがとうございます』


 *  *  *  *  *

 
 私にとって特に参考になったのは
 (4)わからなそうなときは、まずは同じ言葉で繰り返す。
 です。

 相手のかたが、わからなそうなご表情に見えるとき、私は割と
 先回りして『言い換え』をしてしまうことが多いかも。(日本
 人相手ならともかく、外国出身の方にも)


 でも、私自身、海外で英語で会話したときのことを思い出すと、
 相手の言ったことがわからない場面でも、同じ言葉を少しだけ
 ゆっくり繰り返してもらえれば、「ああ!」とわかることもた
 くさんありました。


 そしてそのほうが、平易な単語に置き換えしてもらうよりも、
 “自尊心が傷つかずに済む” と言うか。
 新しい言葉を獲得する機会にもなりますしね。


 自尊心が傷つかない言葉がけは、セルフディフェンス講習で
 効果をあげるために、とても重要になる要素のひとつです。
 はじめてのセルフディフェンス講習は、誰にとってもちょっと
 不安というか、自信が持ちにくい状況ですから。
 これからも小さな心掛けを大切にしたいと思います。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
女性のためのセルフディフェンス(護身術)WEN-DOについては

親サイト女性のためのセルフディフェンスにて。

当ブログサイトの原稿をお使いくださる場合は、 ←ありがとうございます
出典を以下のように添えてください。

(c)「女性に役立つセルフディフェンス」WEN-DOインストラクター 福多唯
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2008-11-28 16:53 | 女性支援
2008年 11月 28日

カビ取り剤

こんにちは。

WEN-DOを受講してくださった方からのサクセスストーリー(?)のメールを
いただきましたので、ご紹介します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 唯さんに話したいことがありまして、メールさせていただきました。
 (あ、重大なことではなく、ささやかなことです。)
 『護身術が身についてるなぁ』と感じた出来事がありました。


 私、先日お風呂で、凶器を持った見知らぬ人に襲われたんです。

 ……夢の中でf^_^;


 相手は中年の女性。凶器は……カビ掃除の『ドメスト』?f^_^;


 その中年女性は、お風呂のカビ取りスプレーのボトルを握りしめて、
 『かけてやるぞ』と言わんばかりに、不敵な笑いを浮かべ、私の至
 近距離にいました。


 死ぬことはないかもしれない。でも、こっちは裸。

 肌に直接かけられたくはない。顔になんかかけられたら、肌がどう
 にかなっちゃいそうだし、目にでも入ってしまったら……
 恐怖でした。


 その時、夢の中の私が思ったのは……
《声を、声を出さなきゃ!!! 声を出せば冷静に考えられる!!!》


 そして出しました。
 WEN−DOで習った『ハァーーーッ!!!』

 ……ではなく、


 私から出た声は…
 『こぉーらぁっ!!!』(こらっ!をもうちょっと力んだ感じ。)


 そしたら…目が覚めました。自分の声(寝言)でf^_^;

 私、実際に声出してました(*_*) 自分の寝言で目が覚めたのは、
 多分生まれて初めてです。


 出た声がWEN−DOの声でなかったのが自分としては少し残念で
 したが、でも危機の時に、
 『声を出さなきゃ!』
 『声を出して冷静に考えよう!』と思えた自分。

 我ながらエライと思いました。
 何度も繰り返し護身術を受けてきた成果ですね。



 唯さんも似たような夢の話ありましたよね。以前メルマガで。
 危機の時、声を出したら状況が変わったという。


 護身術を学ぶと、この手の夢を見るんでしょうか!?


 以上、私のささやかな話でした。おやすみなさい(^0^)/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 
 メールありがとうございました。

 自分が窮地に立たされたときに、【とりあえず何をなすべき
 なのかが見える】だけで、「どうしよう?!」と頭真っ白に
 なるのとは違うなーって思います。
 声を出せたこと、おめでとうございます。


 何かありましたら、ぜひお寄せください。
 サクセスストーリーは、本サイトの右上の「お問合せ」フォームからどうぞ。
[PR]

by selfdefence | 2008-11-28 16:47 | サクセス・ストーリー!
2008年 11月 20日

11月の講習予定

こんにちは
*講座のお知らせは親サイトのseminars=講座情報ページでもご覧いただけます。
 

2008/11 の講習・講演・パネリスト等の予定です。
お近くでの開催を見かけましたら、お気軽にご来場ください。
声なんかかけてもらえたりするとすごく嬉しいです(笑)


【福井県(味真野)】親子護身術
  ■ H20年11月29日(土)13:30〜15:00
  ● 会場:味真野公民館


【石川県(金沢市)】
  女性に対する暴力をなくすためのシンポジウム(仮)
  ■ H20年11月22日(土)13:30〜16:00
   ・基調講演 後藤弘子さん(千葉大学大学院教授)
   その後パネルディスカッションです。
   ・コーディネーター 清田吉和さん(こころの健康センター所長)
   ・パネリスト 後藤弘子さん
          弘崎弘美さん(DVホットラインのと)
          福多唯(WEN-DOインストラクター)
シンポジウム案内はこちらから



【石川県(金沢市)】護身術を学ぼう
  ■ H20年11月16日(日)午後3時間
  ■主催:石川県 共催:ガールスカウト協会


【愛知県(豊田市)】WEN-DO
  ■ H20年11月15日(土)11:00〜16:00
  ■きらっ☆とよたにて(問合せ先も同じ)


【愛知県(知多市)】女性のための護身術(メンタル面に焦点を当ててます)
  ■ H20年11月15日(土)19:00〜21:00
  ■知多市男女共同参画センターwith(問合せ先も同じ)



【福井県(王子保)】親子護身術
  ■ H20年11月8日(土)10:00〜12:00
  ● 会場:王子保児童センター
[PR]

by selfdefence | 2008-11-20 10:33 | ☆☆講座案内☆☆
2008年 11月 19日

08/11/15〜16 講座のお礼


はじまりは2008年11月14日の午後。
『榎田竜路』さんの身体ワークショップがありました。
主催者さんは(特)ワンネススクール。


15日からの講座のために、実は14日に出発して名古屋に前泊しようかと思っていたのだけれど、榎田さんが来るならとがんばって参加。


14日夜にあたふたと準備。
15日は◎時半に起きて(私がこんな時刻に起きるなんて雪が振るかも!)、
しらさぎに乗って、名古屋経由、豊田市まで。



豊田市での講座は3回目です。もう駅から迷わずに行けるようになりました(笑)。
  どこをどうやったら迷うんだ?ってくらいわかりやすい所なんですが、
  なぜか前2回は迷いまして、グルグルしてしまった…
時間は11:00〜16:00。5時間です(でもこれが、あっという間なのですよ)


幸か不幸か当日のキャンセルで受講人数が減ったため、多目的のお部屋で講習ができました。フローリングの、バレエのレッスンができそうなお部屋。


私は裸足で床に直接座っての講習が大好きで、自分が講師をはじめてからしばらくはそのような会場にこだわっていたのですが、でも、なかなかないんですね。
会議室にイスをまるく並べ、床には直接は座らず、靴のままで行う講習のほうが多いです。
豊田市では久しぶりに床に裸足でWEN-DOができ、自分が力を抜いてのびのびと振る舞えたことを実感しました。環境によって心持ちって変わるな〜。


参加してくださった女性の中に、「私は加賀市出身で、結婚後に豊田に来ました。加賀からでも充分遠いですから、金沢からだと遠いでしょう? 朝、大変でしたね」と声をかけてくださった方がいらっしゃいました。
くぅー。そのひと言の声かけに報われた気持ちになります。ありがとうございます。


終了後に、豊田市から愛知県内知多市に移動。
金沢から豊田に来たことを思えば、豊田から知多への移動なんて楽々!


と思ってたのですが、滅多にない早朝起き、移動、5時間の講習を終えた後となると眠くて眠くて。乗り越さないように必死でうとうと(変な日本語?)していました。


知多の駅(朝倉)にお迎えに来てくださったすっかりおなじみの職員:Mさんに、開口一番「眠いです〜」と訴えると、「唯さん、ダメよ。夜行バスに乗る時間まではがんばらんと」と言ってくださいました。
この、『夜行バスに乗る時間まで』ってあたりが優しいなぁとホロリ。
私だったら『講習を終えるまでは』って言ってしまいそうです。]

講習前にお弁当を食べていたら「唯さん、顔を見にきたよー」とKさんもかけつけてくださいました。知多はもうすっかり私の第二の故郷です(笑)。


知多講座のタイトルは「女性のための護身術」。夜2時間です。
知多市さんでは何度も実技講習をさせていただいているので、今回は気持ちに焦点をあてて、自分の中の「おそれ」と向き合いながら困難に対処する心持ちや知恵を、みんなでわかちあうことを中心に講習準備をしていました。


気軽な雰囲気になるように、職員さんにお菓子の用意をお願いしたのですが、参加してくださった方よりも私のほうが食べていたような(笑)。


 身体的な技は、最後の20分程度、ご質問に応じて2~3お伝えしただけです。でも、受講してくださった方々からトータルでの参加の感想を聞いてみたら、身体的護身術の講習時とほぼ同じ言葉が聞かれました。これは私にとって非常に参考になりました。
 


 WEN-DOプログラムは大好きなのだけれど、良いプログラムが高評価をいただけるのは当たり前と言えば当たり前なわけで。
 私自身の、講師としての積み重ねや力量って、果たしてどうなのかしら? と思うこともないわけではないのです。
 WEN-DOに頼らずに、大人数でも可能な講習内容も、今後より整えて、積極的にチャレンジしていきたいです。




講習後名古屋に移動し、夜行バスで金沢に帰りました。
「夜行バス? 若いねー!」と言ってくださった方もいるのですが、それは誤解です。
16日の昼から金沢で講座があったので、名古屋に泊まってしまうと、15日の2講習後という疲れもあると朝寝坊してしまいそうでこわくてこわくて。


16日の朝無事に到着。家についてから食事もせずに3時間爆睡。
12時すぎに家を出て、会場の「青少年総合研修センター」に運転して行きました。


実はこの会場は私にとって憧れの場所。細かいことは省くとして、とにかく『いつかここでWEN-DOが出来たらな~』と思っていた、まさにその施設の、そのお部屋でした。


夢というと大げさだけど、望みがこうして叶うとはなんだか感無量です。これからも、ビジョンがひとつひとつ叶うと信じよう!


当日参加の女性は高校生から幅広く、男性のご参加もいただきました。通常のWEN-DOと内容が異なるのはもちろん、女性用の護身講習とも一味違った場になりましたが、男性が入ってくださると、別の意味(どういう意味?)で楽しいということがわかりました。貴重な経験を積ませていただくことができありがとうございます。


すんごく疲れた3日間でしたが、とても楽しかった!
毎日がこんなに充実していれば私の人生変わるだろうなぁ。
(あ、でも毎日続いたら死んじゃうか)


お世話してくださった皆様、
そして何よりも、ご自身の貴重な時間を割いて参加してくださった皆様、
ありがとうございました!!



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
女性のためのセルフディフェンス(護身術)WEN-DOについては

親サイト女性のためのセルフディフェンスにて。

当ブログサイトの原稿をお使いくださる場合は、 ←ありがとうございます
出典を以下のように添えてください。

(c)「女性に役立つセルフディフェンス」WEN-DOインストラクター 福多唯
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2008-11-19 09:34 | 講座の御礼