<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 25日

第2回JuicyStyleサロンのご報告(お礼)

 表記イベントは、7/19(土)、NTTコミュニケーションズ(株)の
 イベントとして、神戸ポートピアホテルで行われたものです。


 私は、NTTコミュニケーションズさんのケータイサイトに携わらせて
 いただいたご縁で、この日講習というか講演というかを担当させてい
 ただけることになりました。


 私は人前で話すというシチュエーションにさほどあがらない性分です
 (だからこういう仕事が苦にならずにできるのでしょうが)。
 しかしこのイベントには、柄にも無く緊張しまくり。


 まずセッティングがとてもステキで、普段のあの大声の講習とはかけ
 離れた雰囲気なわけですよ。
 そして、イベントを成功させるために携わっている人の数の多いこと!
 (数が本質的な部分でないとは思いつつ、やはり数が多いと緊張)


 私の出番は一番最初で、
 次が小林里香さん。オスカープロモーション(株)のモデルさん。
 その次が元宝塚(現在オスカープロモーション所属)の
 貴城けいさん。

   おふたりとも、とってもステキでおキレイな方でした!


 私の話が1分でも長引いてしまうと後を押してしまうので、それだけは
 絶対にあかん!!という状況なわけですが、


 MCの方がインタビュー形式でトークを主導し時間を管理してくださる
 ような形ではなく、自分で時間管理をして話します。持ち時間は30分。


 7月に入ってから、自宅で通し稽古を何度もしましたが、何度やって
 も35分を越えてしまう。30分以内におさめることができないの(涙)。

 まぐれで30分以内におさまることがあっても、たいていは36分かかっ
 ていました。

 金沢から神戸への移動中も、小声でセリフ(?)を話すつもりで、
 電車内で4回通し稽古(頭の中でだけですよ)。
 端から見たら、ブツブツと怪しく怖い女だったかと思いますが、どう
 見えようと、気にしていられる状況ではないのだ!


 前泊のホテルの部屋に到着すると、はやる気持ちで通し稽古(笑)。
 「やったー! ついに30分でおさまった! 本番に間に合った〜!」
 と感無量でした。


 ところが!

 本番で、なんと話す内容の順番を間違えてしまったのです。


 A→B→C→Dと話題を転換していくつもりだったのに、A→Cと話し
 ている自分に気付きました。
 「しまった!」とわかったときにはもう遅い。


 どうしようどうしようどうしよう(泣)。
 Cをここまで話してしまった今、Bに戻るのはあまりにも不自然だ。
 でもBについて話しておかないと、Dが薄っぺらくなっちゃう。

 今から違う展開を入れれば、Bに話を戻すことも不可能ではないけ
 れど、…時間が。
 A→B→C→Dでやっと30分にしたのに、A→C→E→B→Dでは30分
 ではおさまらない。


 どうしたらいいか、話しながらも必死で考えました。

 うん。まずは現状を受け止めるところからはじめよう。

 私はミスをした。
 自分の期待通りにことを運ぶことができなかった。

 そう受け止めてみた途端に、


 でも、…それがどうした?
 だからといって、絶対に失敗はしない!! 


 そんな『強気』な声が聴こえた気がしたのです。


 正直に言うと、
 あのあと、どんなアドリブを入れてどう話を展開させてまとめたのか、
 自分でもよく覚えていないんですよね。冷静に対策を考え、立て直し
 をはかれたわけではなくて。

 
 でも気がついたら、話をまとめ、お客さまに「皆様、このあとも引
 き続きお楽しみください」と頭を下げていました。


 袖に退場し時計を確認したら30分。
 ああ、良かった〜〜〜〜。


 私達セルフディフェンスに携わる者は
 『ギリギリの状況で、誰の助けも助言も得られない中で、その人が
  思いついた方法は、その瞬間のその人にとってベストなのだ』と
 考えます。

 方法はベストなのだから、あとは全力を出すだけでいい。
 変化は起きるものだけど、その都度対応すればいい。


 私もまさに、そうやって切り抜けたんだな〜、と感じています。
 でも、それもこれも、過去の講習のひとつひとつの積み重ねがあれ
 ばこそできたこと。
 
 
 私をここまでに育ててくださった全ての皆様に、心からのお礼を申
 し上げます。
 神戸でがんばる力を出せたのは皆様のおかげです!

 
 そして神戸の「第2回JuicyStyleサロン」にご来場くださった皆様、
 あの場でリアルに私を支えていただきました。
 ほんとうにありがとうございました。


【大人の女性を楽しむための美・ライフスタイル・ファッション情報
 OCN WOMAN/ Juicy Style】
 http://juicystyle.ocn.ne.jp/index.html

【第2回JuicyStyleサロン 告知ページ】
 http://juicystyle.ocn.ne.jp/mylifestyle-campaign/campaign_02.html
[PR]

by selfdefence | 2008-07-25 09:34 | 講座の御礼
2008年 07月 08日

やはり『おもてなし法』は効果有り!

こんにちは。

最近高校生の女性などが襲われたり、
バラバラ…などの物騒な事件、秋葉原の事件が続いたためか、
どこの講習に行っても必ず

「相手がナイフを持っていたらどうしたらいいですか?」と聞かれます。

『相手に話しかけたり、相手の話し相手になったりして、
 こっちが相手の言い分をしっかり聞きますよ ということを伝え、
 相手がナイフを振り下ろして来るまでは、話しかけることもひとつの手』

とお伝えしてはみるものの、
これって口で言っても、なかなか伝わりにくいのだろうな〜。

「話しかけろ…って言われても、そんな、強盗や暴漢に? 何を?」

というご表情になる女性がたくさんいらっしゃいますもの。


そこで

「以前に実際、ひとり暮らしの女性が、
 アパートのお部屋に夜中に忍び込んできた暴漢に
 お茶を出して、話をして、
 相手を外に連れ出すことに成功し、難を逃れたというニュースもありましたよ」

と加えると、多少は表情が変わるのですが、
けど、『私にはとてもじゃないけどそんなことできそうにない』
というご表情のままの女性も。

私は、この、『おもてなし法』は
非常に有効なセルフディフェンス手段に違いない!と確信しているし、
そのすごさや“女性にだからこそやりやすいし、やってもあやしまれにくい”
ということを、もっともっと広められたらいいなと思っているので、
毎回、伝え方には試行錯誤します。

今日もひとつありました。おもてなしして、難を逃れたというニュース。
(一部の情報を意図的に削除し、
 各ニュースを統合しなおした文章です)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 7日、東京都内のマンションに住む主婦(30)から「男に刃物を突きつけられ、金を出せと言われた」と110番通報があった。警察署は強盗容疑で調べている。

 調べでは、午前9時半ごろ、生後数カ月の長女と外出先から戻った女性がエレベーターを降りたところ、後ろから男が刃渡り約5センチのナイフを腰に突きつけ「金を出せ」と脅したという。

 女性が「お金がない」と答えると、男は女性の家に押し入った。男を落ち着かせるために女性がお茶を出すと、男はナイフを胸ポケットに入れて「金がない」などと身の上話を始めたという。 「「1万円を貸してくれ」などと言われたという。

 女性はテーブルに1万円を置き、約20分後に女児を抱えて外に逃げ、近くの公衆電話から110番通報した。 女性にも子どもにもけがはなかった。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 WEN-DOの本部のあるカナダでも、サクセスストーリーが沢山ありますが、
 今回の話で思い出したのは、

  夜中に強盗が家に押し入った際、静かに「ヒトの家であなた何をしているの。
  早く出ていって。出て行かないと、殺すわよ」と対応し、
  不審者が窓から出ていかせ、難を逃れた

 というもの。

 カナダのその女性も「とにかく、眠っている子どもを起こしたくなかったから、
 絶対に騒ぎたくなかった。大声は出さずに対処して乗り切らなくてはと必死だった」
 とおっしゃっていたそうです。

 
 今回の女性も、赤ちゃんを腕に抱いて、必死だったに違いありません。
 赤ちゃんが泣いたり喚いたりして犯人が「うるせえっ!!!」と逆上することを
 心底恐れて、なんとか穏便に…と頭をフル回転して、
 お客様を迎えたかのようにお茶を出したのかも。


 大声が出せなくても、力が出せなくても、
 頭を使えば、アイデアが出てきて、意外な展開からなんとかなることもある。


 そして、そんな場面に出くわさない限り、
 私達は、自分がそんなすごい力を秘めていることに気付かないかもしれません。


 サクセスストーリーが、ひとりでも多くの女性に広まって、
 「私にももしかしたらできるかも…!」と希望をもたらしてくれることを
 願い、ここに掲載します。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
女性のためのセルフディフェンス(護身術)WEN-DOについては

親サイト女性のためのセルフディフェンスにて。

当ブログサイトの原稿をお使いくださる場合は、 ←ありがとうございます
出典を以下のように添えてください。

(c)「女性に役立つセルフディフェンス」WEN-DOインストラクター 福多唯
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2008-07-08 15:27 | サクセス・ストーリー!
2008年 07月 04日

H20/7/20 姫路 親子講座、WEN-DO講座のお知らせ

こんにちは。

姫路市にお住まいの女性が
『女性のためのセルフディフェンス WEN-DO』と
『子どもの心と身体を護るための親子講座』
の体験講座をお世話してくださることになりました。

WEN-DO(ウェン ドー)は
女性が、自分の心と体の力に気付き、
自分で自分で護るためのプログラムです。
親子講座はWEN-DOの発想を生かしながら
子どもが暴力に巻き込まれないために
護身と非暴力の基本を体験できる講座です。

心も、体も、
傷つけられて当然な人などいないという意識が
社会に徐々に広まりつつある中、
自分の力をもっと信じるために、
暴力回避に有効な具体的なスキルを体験してみませんか。
連休の中日です。予定が合う方はぜひいらしてください。


〜〜〜〜〜 両講座 日時・場所 〜〜〜〜〜〜

■H20年7月20日(日)
■場所・兵庫県姫路市 花の北市民広場 1F 第一和室
 (〒670-0806 姫路市増位新町2丁目12
  花の北サービスセンター・花の北公民館・花の北体育館と隣接)
■アクセス:JR野里駅前ロータリー目の前
■持ちもの:飲料水など

【お問合せ・お申込み先】
担当:宮崎
E-MAIL/ minae●po.wind.ne.jp 
*●は@です。
*講習チラシをメール添付でPCにお送りできます。
 ご希望の方はお知らせください。

 
〜〜〜〜〜 各講座 詳細 〜〜〜〜〜〜

【午前 子どもの心と身体を護るための親子講座】
●10:00〜11:30
●受講費 1組(子供1+大人1)1200円 ★8組まで
 ・子供も大人も、一人増えるごとに+500円です
 ・小学1~3年生の子どもと保護者とで自分を守る方法を学びます。
 ・男性(男の子)も参加していただけます。


【午後 女性のための護身術 WEN-DO】
●13:00~15:00 
●受講費 1人2000円(中学生までは1500円)★15人まで
 ・大人2人以上のグループで申し込みの場合は
  ひとりあたり1800円と割引になります。
★この講座は、小学4年生以上の女性限定です。
 年齢の上限もなく、障がいの有無も問いません。

・申し訳ありませんが、個人開催のため受講者以外の
 お子様の保育がお受けできません。目が届かず危険な場合が
 考えられますので、受講されないお子様の来場はご遠慮ください。


〜〜〜〜〜 両講座 問合せ・申込み 〜〜〜〜〜〜


【両講座 お問合せ・お申込み先】
担当:宮崎
E-MAIL/ minae●po.wind.ne.jp 
*●は@です。
★メール件名を「WEN-DO申し込み」「親子講座申し込み」などと
 ご明記の上、
 お名前・参加希望人数・連絡先をお知らせください。



親子講座の残り枠はあと5枠です。
午後のWEN-DOは余裕有り。
忘れないうちにお申込みください!
[PR]

by selfdefence | 2008-07-04 01:04 | ☆☆講座案内☆☆
2008年 07月 03日

6月28日三好町講座(お礼)

H20年6月28日に、愛知県の三好町で講演+講習をさせていただきました。

高校生から60歳代の女性まで、50人近くの方がお集りくださいました。
会場のサンアートはとてもキレイな立派な建物で、講習会場も広々〜。

本格的な実技講習は20人を超えると難しくなるので、
その場にて軽くデモンストレーションを真似ていただく程度でしか
身体技をお伝えできなかったのですが、

けれど、皆さんが真剣に私の話を聴いてくださったことに感銘を受けました。
感想の用紙にも、ていねいにぎっしりと書き込んでくださった方が
多数いらっしゃった三好町でした。
ほんとうにお世話になりました。ありがとうございました。



★★★


さて、講習とは直接は関係ないことですが、


駅と会場間を、職員の方が送迎してくださるときに、
国道沿い(?)に見える店が、私の現住所のまちや、出身地のまちと
ほとんど同じだ、という話が少し出ました。

チェーン店が増えるのは便利になることも多い反面、
どこに行っても、なんとなく景色が同じような感じに見えて、
物寂しくもあります。

これはもう仕方がないことなのかなぁ…。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
女性のためのセルフディフェンス(護身術)WEN-DOについては

親サイト女性のためのセルフディフェンスにて。

当ブログサイトの原稿をお使いくださる場合は、 ←ありがとうございます
出典を以下のように添えてください。

(c)「女性に役立つセルフディフェンス」WEN-DOインストラクター 福多唯
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2008-07-03 09:54 | 講座の御礼