<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 12日

『抵抗してもムダかも…』という不安をどう扱うか

 この間、友人が私にこんな質問をくれたのでした。

 --

(セルフディフェンスの講座を)受けてないうちに言うのもどうか
 なと自分で思うんだけど、ひとつ不安に思ってることがあるの。

 それは、『自分をまもるために全力を尽くすのは正当なことだとは
 思うけど、全力を出しても上手くいかなかった場合に、却って無力
 感が増してしまうのは怖いから、それならいっそのこと相手にやら
 れて、自分が被害にあったのは相手のせいだと思える余地を残して
 おいてあげられるほうが、自分が楽なんじゃないかな』みたいな。
 う〜ん、上手く言えてないかもしれないけど(通じる?)
 
 この不安って、どうやったら乗り越えられるのかなー…って。
 ふくださんは、こんなふうに思ったことは一度もないの?

 --


ありますよ。あっさり言うのは自分でも少々アレですけど。

 だって、失敗は怖いし、自分をダメなヤツだと思わされる場面に直
 面するのは、しんどいですから。

 でも、セルフディフェンスを知ってから、変わってきました。


 確認すると、書いてくださったことは、『今は抵抗しないほうがい
 いと感じるときには相手に従うフリをするほうがいい』という“作
 戦”での無抵抗とはちょっと違うよね?

 
 書いてくれた不安にはとっても共感できるのだけど、でもこれって、
 “命だけは助かること”を前提にした感覚だと私は思うようになり
 ました。

 
 相手の言う通りにしたところで、命の保証はどこにもありません。
 抵抗しないで無力感を感じないで済む結果になれば、ある意味ラッ
 キー。命まで取られちゃったら大変です。

 
 すみません。「『大変です』どころじゃないだろ!」と自分で即座
 に突っ込みたくなるような安易な形容詞で。

 
 …自分の表現力に自信を喪失しかけながらも続けます。


 確かに、加害者に抵抗しても結局ダメで、被害を受けてしまったら、
 「私が全力を出しても敵わなかったんだ…」という心理的なダメージ
 はかなりのものでしょう。
 

 でも、抵抗しないで被害を受けたら、心理的ダメージは抵抗した場
 合より少ないのかな…? 


 量は比べようがないですけど、少なくとも、ダメージが皆無という
 ことはなさそう。

 
 さらに、抵抗しないのだから身体的ダメージを受けることはほぼ必
 至です。


 でも、抵抗すれば…逃げられる可能性が生まれます。




 自分の心身を大切にして護るには、主体性は欠かすことはできない
 と、私は思うのです。私が私の主(あるじ)なんだもの。


 逃げ道を作ったり、何かのせいにしたりしないで、自分の考えや感
 覚を素直に信じ、大切にしようとすることが、主体性につながって
 いくんじゃないだろうか。



 理屈や計算を越えて自分が全力を発揮して行動を起こしてしまうよ
 うな“火事場の馬鹿力”は誰にでもあると私は信じているし、小手
 先のスキルよりもずっと価値があるとも思っています。だから日常
 の範囲内で、セルフディフェンスのスキルが上手く使えないとか、
 失敗しちゃうということがあっても、そんなのは全然気にすること
 はないと思う。最終的には“火事場の馬鹿力”が自分を助けてくれ
 ると思うから。

 
 でも、“火事場の馬鹿力”を発揮するにも、主体性が必要です。


 「消火活動で火傷するくらいなら、全焼するほうがまだマシ」とか、
 「あ〜あ。ここまで燃え盛っちゃ、もうしょうがないね」と考えた
 ら、“火事場の馬鹿力”は出て来ません。



 力を出すのって怖いけど、でもだからこそセルフディフェンスの講
 習を『使って』ください。安全な練習の場で、自分の力をちょっと
 ずつ出してみることができます。本番をいきなり迎えるとできない
 かもしれないことだからこそ、トレーニングの意義がありますよ!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
女性のためのセルフディフェンス(護身術)WEN-DOについては

親サイト女性のためのセルフディフェンスにて。

当ブログサイトの原稿をお使いくださる場合は、 ←ありがとうございます
出典を以下のように添えてください。

(c)「女性に役立つセルフディフェンス」WEN-DOインストラクター 福多唯
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2006-12-12 11:14 | セルフディフェンス全般
2006年 12月 07日

デートDV

こんにちは

ついさきほど、フジ系の「とくダネ!」でデートDVについて取り上げていたのを見ました。
要点がわかりやすく伝えられていました。
以下は番組ででていたことで印象的だったことや、私が日頃講座や研修等でお伝えすることなどを織り交ぜて書いたものです。


【デートDVとは?】

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、親密なパートナーからの暴力で、現状では夫から妻への者が多数であるために「夫から妻への暴力」として知られています。デートDVも本質的には同じなのですが、『デート』という言葉をつけることで、「婚姻関係にない恋人間での暴力」を表しています。

2006年9月の内閣府調査によると、
20代の女性に調査した結果で、  5人にひとりが恋人からの暴力を受けた経験があり、
           そのうち 3人にひとりは、命の危険を感じたことがある
と出ています。


【デートDVにはDV防止法が役に立たない】

デートDVの問題点として、弁護士さんは「今のDV防止法では、デートDVを対象にできない」ことを挙げていました。DV防止法は夫婦に適用されるものだからです。

では、恋人から暴力を受けたらどうしたらいいのかというと、今は「ストーカー規制法」などが適用されています。

けれどDV防止法と違って、警察が動いてくれるかどうかは、警察の判断になってしまうところに課題があります。警察が「そんなのはよくあることだよ」と考えたり「う〜ん、ちょっと様子見て、またなんかあったら来て」というような対応をなさると、届け出した側はどうにもできません。


【デートDVの被害を経験した女性の声】

何人かの女性が、被害体験について語ってくださっていました。
本当に、ものすごく、勇気のある行動だと思います。

女性が共通して語っていたのは「最初に暴力をふるってきたとき、すぐ謝ったから、許してしまった」とか、「殴った後謝ってきて、優しくしてくれた」などの言葉です。

DVにはサイクルがあります。24時間365日、ひっきりなしで加害行動が続けられるわけではありません。暴力を振るう男性側も、その時には心底後悔したり女性に悪かったと感じたりすることが多く、その場しのぎではなく本気で謝罪する男性も少数ではないと言われています。ですから暴力を爆発させたあとは反省し、暴力のそぶりも見せず、優しく振る舞う時期があるのです。

女性は、謝罪する彼や優しくつとめてくれる彼を見てしまいますので、「これが彼の本当の姿だ」と考えます。その考えは「彼なら暴力を辞めてくれるかも」という期待につながっていきます。

期待は希望ですから、そうなるとなかなか相手から離れることが出来ません。そもそも、多くの場合は自分が好きになって交際するようになった相手なのですから。
暴力を理由に相手と別れることは、相手への期待を諦めることであり、自分の希望を捨てることにつながってしまいます。

暴力の恐怖で支配されることで相手と離れられないという面もありますが、親密な間柄の相手の場合は特に、この『期待・希望』がネックになるように私は感じます。

被害経験を語ってくれたある女性は言っていました。
「相手を殺すか、自分が死ぬしかなかった」
「相手に言われたら服従するしかないので、相手を通してじゃないと、物事を判断できない」


【デートDV防止の取組み】

DVの加害者男性へのプログラムを行なっている“aware(アウェア)”では、「若い世代への予防教育が重要」と話していました。

取材スタッフによれば、デートDVに関して日本でもっとも積極的に取組んでいるのは岡山県だとのことで、岡山県では、ティーン用にデートDV防止のための名刺大の相談窓口案内カードを作成し、学校を通じて全員に配付しているそうです。

いじめや虐待に関するカードなら子どもに配られることもありますが、デートDV用というのは確かに、なかなかないと思います。

デートDVは、学校や家庭では気づきにくい問題ですし、事が進んでからでは当事者間だけでの解決は困難です。こうしたカードだけでも配られるのは大切なことだと思います。



【加害男性の声】

先日、新聞でも報じられていました。
海外旅行中にDV行為で逮捕される日本人旅行客(男性)が、見過ごせないくらいいるのだそうです。

妻や恋人と観光中、ささいなことで男性が怒りを爆発させ、女性に暴力を振るうなどして、その現場で逮捕されるわけです。

アメリカなどでは特に、DV(DVだけではなく虐待も同じですが)は犯罪だという認識と位置付けが明確になっていて、見つけられ次第逮捕されます。

テレビに登場して語っていた男性の中にも、「海外旅行中に捕まって…」という人がいました。


彼らが、海外に行ってはじめて暴力をふるったわけではないのは明らかです。日本では、そうしたことをしても、誰にも咎められたり逮捕されたりすることがなかったからこそ、海外でも日本と同様に振る舞ったと考えるほうが自然です。

他の男性は「加害者プログラムの場に来て、その行為はDVであり犯罪ですとはっきり宣言してもらえた。それで、『そんな大変なことなら辞めなくちゃ。なおさなくちゃ』と思った」と話していました。



【印象的だったこと】

取材をまとめた映像が流されたあと、司会者がスタジオにゲストとして来ていた女性にコメントを求めると、彼女は以下のようなことを言いました。

「私もこういう相談を受けることがあるんですけど、彼女たちって、男性に依存的というか、男性のことや恋愛が全て!ってなっちゃう傾向があるような気がします」。


すると司会者はこのように進行しました。

「たとえそうだとしても、もっと深い問題を孕んでいると思うんですが、○○さん(さきほどの女性ゲストとは別のゲスト)はどう思われますか?」


○○さんは「これは男性の問題だ」と言い切っていました。


出てきた映像から察するに、あちこちに精力的に取材に行って丁寧に作られたコーナーだったと感じました。もっと時間をとってじっくりやって欲しかったなぁ。あんなに短くされちゃって、なんだかもったいないです。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
女性のためのセルフディフェンス(護身術)WEN-DOについては

親サイト女性のためのセルフディフェンスにて。

当ブログサイトの原稿をお使いくださる場合は、 ←ありがとうございます
出典を以下のように添えてください。

(c)「女性に役立つセルフディフェンス」WEN-DOインストラクター 福多唯
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2006-12-07 10:44 | 女性支援