<   2006年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2006年 04月 27日

ゴールデン・ウィーク(GW)の暇つぶしに

こんにちは

GWがやってきますね。

こんなものとを作ってしまいました…。


女性の護身術WEN-DO魂 解析機

 ↑完全無料です。(笑)



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
女性のためのセルフディフェンス(護身術)WEN-DOについては

親サイト女性のためのセルフディフェンスにて。

当ブログサイトの原稿をお使いくださる場合は、
出典を以下のように添えてください。

(c)「女性に役立つセルフディフェンス」
WEN-DOインストラクター 福多唯
★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2006-04-27 16:54 | つれづれ
2006年 04月 25日

武器を所持する相手には?2

前回、武器を所持する相手への基本対応は、『交渉』だということについて書きました。

今回は相手が交渉で武器使用を辞めなかったとき、武器を使用してきたときを考えます。


***


武器についての考え方は、大別するとふたつあります。

一つめはピストル系。
自分がよけようと思っても、マトリックスのネオでない限りは避けられるようなものではない武器の場合です。

ピストル系の武器は、スピードがあって、身体距離が遠くても攻撃が可能な武器です。使用されてしまうと自分を護ることが困難です。

喉元や背中にナイフを突きつけられている場合もこれに近いものがあります。

どちらの場合も、せめて、相手が武器を向けてきた時にすぐに、武器が自分に到達する動線から自分の身体を外すことを考えます。




二つ目は、武器が(突きつけられてはいない)刃物や棒など、避けようと思えば避けられる可能性がある物の場合。
身体的なテクニックで護身することも不可能ではありません。

とはいえ、こちらから相手に近づいて武器を取り上げるようなマネだけは絶対にパスしてくださいね。ドラマなどを見ていると、相手の手首をとらえて手首や前腕をガツンガツンと叩くことで武器を落とさせたりしますけど(^^;、私も含み素人には、かなりハイリスクで困難と思われます。特に女性は腕力勝負になると不利ですから。

なのであくまでも、相手がこちらに武器(ナイフなど)を使用してきた時に(使用しようとしてきた時に)、危険なのは承知ですがその中でもなるべく安全性の高い方法で、タイミングをとらえて身体的な防御法を使います。

そして、WEN-DOでは、防御するだけではなく、武器を所持する手を使えなくするような反撃や、相手が数分意識を失うような反撃を敢えて使い、
『確実に』相手から離れて逃げられるような方法を、お薦めし、練習しています。


             *****

まとめ。

ピストル系の武器には、相手が武器を使用しない初期段階で身体的対応を
(逃げる、遠ざかる、物で遮る、隠れる…など)。

ナイフ系の武器には、相手が武器をしようしようとしてこない限りは
身体的対応はせず、使用しようとしてきたときにタイミングをとらえて
対応を(防御+反撃→逃げる)。

あとは、実技をしながら講座で(^^)。
ベーシック講座であれば、ナイフディフェンスなども含まれています。





★★★★★★★★★★★★★★★★★
親サイト
女性のためのセルフディフェンス
お立ち寄りください
★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2006-04-25 18:00 | 質問への回答
2006年 04月 25日

武器を所持する相手には?

こんにちは。以下は講座でいただいたご質問とご返答の、ブログでの再現です。

もし加害者が武器を持っていたら、どうしたらいいんですか?

***

A.

加害者はなぜ、武器を持っているのかを考えてみましょうか。

 こちらに確実な身体的ダメージを与えるためだろうか?
…だとしたら、おそらく即座に使うだろうなぁ…。


多くの場合は、威嚇と加害者自身の自己防衛のためと思われます。ということは、あちらには、“武器を持ち出すというハイリスクを侵してでも、成し遂げたい目的”がある。あるいは、“そのようなハイリスクを侵してでも、守りたい何か”があります。

相手にとって、その目的や守りたい何かは、いわば急所です。



WEN-DOでは講座での実技練習の際、常に急所を意識します。武器対応の場合も、急所を意識するという意味では同じで、特別なことをするわけではありません。



ただ、武器は危険なもの。ですから、相手が武器を使おうとしていない限りは、武器を持つ“身体部位の急所”への反撃は行なわないほうが良いでしょう。

それよりも、“情緒的な急所への働きかけ”を行なっていくのですね。

というわけで、
武器を所持する相手への基本的な対応は『交渉』です。


・相手が武器を使う気持ちや使う必要を感じなくするように、
・反撃のスキやチャンスをつくる時間稼ぎのために、
・思いがけない事故(負傷)を防ぐために
・自分自身を落ちつかせるためにも

『言語的な(口頭の言葉やボディランゲージなど、あらゆる言語での)対応』を心掛けます。



                
               * * *



《 言語的な対応には2種あります 》

 厳密に言うと、言語的な対応は2種類あります。
(2種が混ざり合っていることも多いです。)

 ひとつは『交渉』=ネゴシエーションで、

 もうひとつは『沈静化(興奮の抑制)』=ディエスカレーションです。


               * * *


 成功の可能性が高い言語対応の基本は、
こちらが相手の言う通りにする(かもしれない)と“相手に期待させる”こと。

 わかりやすい例では、金銭目当ての泥棒などに対しては、お金さえあげてしまえば、加害者は逃走してくれるかもしれません。

(**例外もありまして、外国人の窃盗団は比較的、単なる金品強奪のためでも人をためらわずに殺傷する傾向が強いと言われます。国外逃亡まで見通しての計画的行為が多いこともありますし、そもそも日本人と美学や哲学が異なっているのかも)


 相手が興奮して咄嗟に手近なものを武器として持ち出してきた場合、こんな風に言うのも試す価値があります。

「あなたの言うことはよくわかった。応じたいと思う。私が悪かった。心から謝る。けれど、今はそのナイフがとにかく怖くて、つい大声を出してしまいかねない。大声を出すと周囲に感づかれるかもしれないけど、そんなことにはなりたくないでしょう? だから、ナイフは手放してほしい」
(この発言が本当の気持ちでもその場しのぎのウソでも構いません)

 ↑『交渉』にあたる部分です。
  加害者は、周囲に知られてしまうことを大変におそれます。


そして(少し高度ですが)加害者に
『武器を使うか使わないかは、あなた次第。(私はあなたに指示もしないし命令もしない。あなたを身体的にも精神的にも、傷つけようとは思っていない)』という姿勢を示します。

 ↑『沈静化』にあたる部分です。
  加害者は、「やられる前にやらなければ」と自己防衛心が強いことが多いのです。



               * * *



何よりも、相手に話すことは、自分をパニックから救います。


「そんなときに、ペラペラと話せるわけがない」と思う方もいると思います。ある意味でそれは事実です。

 でも、これまでWEN-DOに参加し体験談を聴かせてくださった女性たちによると、話せるかどうかではなく、“話そうと心掛けること自体が有効”なのだそうです。

 人は、自分が今この瞬間に成すべきことをわかっていれば、『一体全体どうすればいいの?!』と自分を見失わずに済み、それはボディランゲージとなって表われるからかもしれませんね。また、話すことで自然と呼吸が保たれる効果は絶大です。



『交渉』や『沈静化』など細かいポイントを忘れても構いません。とにかく、相手に話しかけ、声を出しつづけることが、まず第1に大切です。





《 言語的な対応のポイント 》


・低いトーンのゆっくりした口調で
(高い声や速めの口調は人を苛立たせがちですが、低いトーンのゆっくりした口調は、聞く側を落ちつかせやすい上、あちらには『こいつ動じてないな…』という印象を与えやすいです。自然と下腹部に力が入って自分の腰がすわるという効果もあります)

・ 相手にも時折発言の機会を与えながら
(「あなたには口を挟ませない」という勢いで一方的に話されると、人は誰でも苛立ちます)、

・相手にも自分にも時間を与え(加害者が武器を手放すことを急かさない)、

・どんな反撃のチャンスがあるか、何が使えるかを考えながら
(手近に何か相手に投げられるものがあるかどうかを探したり、出入口までどのくらいで辿り着けるか考えてみたり、周囲に人がいるかどうかを思い出したり、もし相手が近づいてきたら自分はどのように動くか、などをイメージしながら)、

・相手を挑発するような言動を取らず、

・相手のペースや誘導に乗らず、主体的に会話をします。


               * * *


交渉はトレーニング次第で誰でも上達するスキルですから、ぜひ普段練習してみてください。心の中でシミュレーションするだけでもしないよりいいかも。


交渉がうまく行って、相手が武器を手放したら…。チャンスを見つけ、WEN-DOの各種技で逃げるための時間を作ります。あるいは、“この状況の中ではこれがベスト”と思われる選択をします。


加害者が武器を手放さず、ナイフなどを振りかざしてきた場合は、身体的なスキルで防御・反撃します。これについては実際の講座で、いつかご一緒しましょう。



次回、「相手が武器を使用しようとしてきた場合」の対処法について続きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★
親サイト
女性のためのセルフディフェンス
お立ち寄りください
★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2006-04-25 17:52 | 質問への回答
2006年 04月 23日

WEN-DOの44%は○○で出来ています

こんにちは。

成分分析のサイトの噂を聞きまして、早速WEN-DOの成分分析をしてみました。

結果…。 すごい!


  WEN-DOの44%は気合で出来ています
  WEN-DOの39%は黒インクで出来ています
  WEN-DOの7%は心の壁で出来ています
  WEN-DOの6%は言葉で出来ています
  WEN-DOの4%はミスリルで出来ています



…気合いで出来ていますか。そうですね(^^;

ちなみに、自分の分析もしてみました。


  福多唯の73%は明太子で出来ています 
  福多唯の18%は野望で出来ています
  福多唯の7%は濃硫酸で出来ています
  福多唯の2%は理論で出来ています


な、なぜそれを…!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
女性のためのセルフディフェンス(護身術)WEN-DOについては

親サイト女性のためのセルフディフェンスにて。

当ブログサイトの原稿をお使いくださる場合は、 ←ありがとうございます
出典を以下のように添えてください。

(c)「女性に役立つセルフディフェンス」WEN-DOインストラクター 福多唯
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2006-04-23 22:25 | つれづれ
2006年 04月 19日

こんにゃく護身術

こんにちは。

今日のサクセスストーリーは、又聞き情報なのですが、面白かったので(^^)

ひとりの女性が道を歩いていたところ、背後から男性が近づいてきて、不快な言葉を投げかけてきたのだそうです。「ねえちゃん、今からいいとこ行かない? いい気持ちにさせてやるよ」みたいなかんじの。

彼女は、突然そんな風に声をかけられて一瞬にして背筋が凍り、「どうしよう!」と思ったのだそうです。後ろを振り向くほうがいいのか振り向かないほうがいいのかすらわからない。どうしようどうしようどうしようどうしよう〜〜〜。


…とその時。買物をして帰宅途中だった彼女は、自分が持つスーパの袋に、こんにゃくが入っているのを目にしました。

そして、考えるより速く、こんにゃくの袋を噛みちぎり、口にでろ〜んと加えて、男の方に振り向いたのだそうです。

男は「げ! なにこの女。こえ〜」みたいな感じで、慌てて逃げていったそうです。


***

こんにゃくって、使えますよね(はぁ?)。

よく、自然療法などで、「こんにゃくを温めてビニール袋に入れてそれをタオルで巻き、お腹に当てると良い」とか書いてあったりしますけど、

私はあれを読む度に「それ、いいなぁ。もしレイプされそうになっても、こんにゃくを取り出して相手にベロンとやれば、熱いやら驚くやらで絶対止めるだろうから、キャンプを張るときなんかは温めたこんにゃくを抱いて寝るといいかも(笑)」と、想像していたものです。



私は護身術としては声を出すことが一番好きなので、“何かを口にくわえる”という発想は、全くありませんでした。
でも、恐るべしこんにゃく護身術。口に加えるのもアリだなぁ。



★★★★★★★★★★★★★★★★★
親サイト
女性のためのセルフディフェンス
お立ち寄りください
★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2006-04-19 23:55 | サクセス・ストーリー!
2006年 04月 19日

冊子『怒りがおさえられない方へ』

こんにちは。

国立肥前療養所(佐賀県)にお勤めになっている知人が、そこで作ったという冊子を紹介してくれました。

『怒りがおさえられない方へ
 〜怒りについてのガイドブック〜』

薄くてとっつきやすく、うさちゃんのイラストなどもあるパンフレットのような冊子です。

この冊子の出だしが新鮮。
いきなり「怒りはためると爆発する というのは迷信です」と始まります。
「怒りは時々発散させないと大爆発すると思われていますが、それは間違いです」とあるのですね。そして、「お酒やタバコと同じようなもので、量が増えるとますます増える一方です」となっています。


怒り…というか、暴力は、嗜癖行動のひとつだと言われることがあります。
上のように「お酒やタバコのように…」と説明してもらうと、そのことがわかりやすくなりますねー。


続く内容もわかりやすくて、ステキな冊子です♪
関心を持たれたかたは、診療所に連絡すると、購入できるかもしれません。


★★★★★★★★★★★★★★★★★
親サイト
女性のためのセルフディフェンス
お立ち寄りください
★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2006-04-19 23:37 | 加害者関連
2006年 04月 19日

1時間40分 レンタル行列

こんにちは。


私はレンタルでは、近くのGEOを利用しています。
この間の日曜日、「週末の土日のみ、レンタルビデオ・DVDが旧作50円、新作100円」とのチラシが入ってきて、子どもと散歩がてら、出掛けました。

開店は10:00am。
私達の到着は10:20くらいだったと思いますが、既に人でごった返していて、レジには30人ちょっとの列が(^^;

「もうすこし空いてから並ぼーっと」などと思った私が浅はかでした。
時間が経てばたつほど、列は長くなっていくー。

気付くととんでもない長蛇の列(ほんと、『長蛇』という表現がふさわしい!)になっていて、こりゃ並ばないと大変だ、と、並びはじめたのが10:45頃。


結果から言うと、私がレジに辿り着いて借りることができた時刻は、12:25でした。
1時間40分! 


途中で何度、日を改めようと思ったか知れません。

でも、ずっと借りたくて借りられなかったものが、いくつも確保できた上に、子どもの楽しみにしているのも確保していました(行列が長すぎるので子どもは先に帰宅させた)。

その数合計12本(おいおい)。
正規の価格でレンタルしたら、3000円近くになるのが、今日なら700円ほどで済む!
並ぶだけで2300円のバイトだと思えば、そんなもの?

*****

つくづく思ったのですが、日本人ってすごい。

あんなに並んでて、誰も店に文句を言わないし、割り込みも暴動も革命も一切起きず。

みんな、大人しく、きちんと最後尾を探して列につき、ちゃんと並んでるんだもの。


「どうして誰も怒らないんだろう????」と不思議でした。
「どうして、ここにこんなに並んでいられるのに、
 普段はささいなことに怒るんだろう? 私ってやつは」と不思議でした。


一方で、列と言えば、私が思い出すのは、電車の自由席確保のための列(指定席を取るのが苦手で、しょっちゅう自由席で苦労をしています…)。
あれだと、割り込みはしばしばあるんですよね。

“競わねば、そして勝たねば、Getできないのだっ!”という場面と
“待っていさえすれば、確実にそのうち自分の順番が来る”という場面では、
作法が違うのね。


つくづく、こういうのって文化なんだな〜と思ったし、
つくづく、怒りも、文化なのだな〜と思いました。





★★★★★★★★★★★★★★★★★
親サイト
女性のためのセルフディフェンス
お立ち寄りください
★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2006-04-19 23:25 | つれづれ
2006年 04月 19日

ママ向け:怒りについての学習会

こんにちは。

私は、地元で「自分をみつけるママの会 Snigel m.」(石川県金沢市)というグループに所属していて、主に幼児〜高校生の子どもを持つお母さん同士でのワークショップや学習会などを行なっています。


その会で、今年度は『怒りの表現』についての学習会を行なうことになりました。


平日がご都合の良い方には、木曜日の午前
週末がご都合の良い方には、土曜日の午前
同じ内容で、それぞれ全6回(1ヶ月に一度程度の頻度)です。

金沢市内の会場で行なっていきます。ご関心のある方は、お気軽にご連絡ください。


メールいただける場合には、
snigel_m あっとまーく ybb.ne.jp でお願いいたします(^^)

★★★★★★★★★★★★★★★★★
親サイト
女性のためのセルフディフェンス
お立ち寄りください
★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2006-04-19 22:56 | セルフディフェンス全般
2006年 04月 19日

夜景

こんにちは。とっても久しぶりになってしまいました。ずっと気になりつつ…。


最近、夜景がとてもキラキラとキレイに見えます。
春だから? 桜の季節だから? 
…と考えてみたけど、去年はこんな風に思わなかったし…。
何が違うんだろう。

…あ、もしかして。

思い当たりました。メガネのレンズを新しくしたのです。

****

ずーっと目が良く見えなくて、もうちょっと度をあげたいなぁ…と思っていました。運転してるときが何しろコワイ。看板表示が、かなり近くに行くまで読めないので、知らない土地では運転不可能なほど(カーナビがないの)。しかも夜だったりしたら自殺行為かと思うほど、見えてないと自覚していました。

メガネのレンズを新しいものに作りにいったら、まずそれまでのものでどのくらいの視力かを確かめてくださいました。すると…。

「矯正視力が0.4ありませんね。これではかなり見えにくかったでしょう?」だって。うひゃー。免許更新がなかったからなー(そう言えば今年は5年ぶりの更新だ)。


そして作ったレンズでは、1.0〜1.2ほどの矯正視力になりました(^^)。


*********


だから夜景がキラキラして、キレイに見えるんですね。

思い出します。まだ若かった…というか、幼かった頃、夜の街がとってもキレイに見えて、すごく心惹かれたあの頃を。
こんなにもキレイに見えていたなら、そりゃそうだよな…と思います。


視力が悪いと、汚れも目につきにくくなるので(^^;
メガネをしないで在宅しているとき、ふとメガネをかけると、あちこちの汚れ様にギョッとするのだけど、

同時に、『見えてなかった時は平気だった程度なら、視力が悪いのもわるくないな』と思ったりしていました。

敏感すぎたり、見えすぎたり、聞こえすぎたりするのは、不便なことも多いですから。



でも、夜景が美しく見えるこの頃、
私は、自分がさほど夜の街にウキウキしなくなったのを、年のせいかと勝手に思いこんでいたのですが、それは間違っていたわけで(^^;

自分の感覚や感情は、五感によって大きな影響を受けていることを、改めて思い知った次第です。


★★★★★★★★★★★★★★★★★
親サイト
女性のためのセルフディフェンス
お立ち寄りください
★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2006-04-19 22:46 | つれづれ
2006年 04月 09日

HP、メルマガについて

Wen-Doについては、以下のURLでもご覧いただけます。

『女性に役立つセルフ・ディフェンス』
http://www8.plala.or.jp/shunzei/women's-sd/index.html


 ↑かなり古いサイトで、PCを買い替えたらHP作成をしたソフトが使えなくなりf^_^;
  更新作業がままならなくなってしまいました。
  情報が古いことを予めご容赦いただきまして参考情報としてご覧ください。
 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

なお、このブログとほぼ連動する内容で、メールマガジンを発行しています。
 ご登録はこちらからです(「まぐまぐ!」より発行しています)
[PR]

by selfdefence | 2006-04-09 15:51 | ●WEN-DOについて