<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 23日

気功教室

こんにちは。

WEN-DOワークショップではないのですが。

私の所属する民間グループで、気功を習えることになりました。
せっかくの機会なので、もしよろしければ、ご一緒しませんか。

●4月8日 午前中 90分程度
●金沢市女性センター3階 トレーニングルームにて
●主催 自分をみつけるママの会 Snigel m.


講師は、石川県内でNPO法人にて就業支援等の活動をなさっているグループの代表の方です。身体と心の調和や、生活リズムと人が発揮出来る力の関連などを大切に考えている方で、気功の専門家でもあります。

詳しくは、お気軽にお問い合わせください。
snigel_m あっとまーく yahoo.co.jp まで
  *春休みに入ると返信が数日滞ることがあります。ご了承ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★
親サイト
女性のためのセルフディフェンス
お立ち寄りください
★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2006-03-23 01:56 | ☆☆講座案内☆☆
2006年 03月 13日

地に足をつける

こんにちは。

3/10〜12 の3日間、『ホールボディ・フォーカシング』を受けに、神戸は六甲に行ってきました。

ホールボディ・フォーカシングとは、アレクサンダーテクニークとフォーカシングから生まれたものです。私の捉え方では、身体の智慧を自分の生活や人生に活かすためのひとつの戸口という感じ。また、ホールボディを継続的に続けることで、身体感覚がより育まれていく予感もします。実際、たった3日間でしたけど、少しは変わった気がしています。


***


ホールボディでは「地に足をつけている感じ(grounding)」と、「自分が今、そこに居て感じるかんじ(presence)」をとっても大事に扱っています。


たとえば、
『足下をすくわれる』ような思いをすると、人は誰でも不安定になります。


『浮き足立って』の行動で着実な成果を上げるのは、どちらかというと、難しい。



地に足をつけていることは、自分が自分を見失わないために=自分にとってその時最適な行動を選択するために不可欠なことで、これはセルフディフェンスにも言える大事なことです。



とはいえ、人は常に地に足をつけている感覚だけでいられるわけではありません。

怖いと思ったとき、私達の身体は怖さを感じているし、筋肉が硬直したり、背筋が寒い感じがしたりなど、他のさまざまな身体感覚を持つことになるわけです。



そういう、その時の自分が実感する感じ、あるいは、特に何もドキドキしたり怖いと思ったりしなくて平穏だとしても、『自分が今そこにいる』という実感(プレゼンスpresence)も必ずあります。



ホールボディ・フォーカシングでは、自分の中にわき上がってくる様々なプレゼンスと「地に足をつけた感じ(grounding)」の両方を、意識的に感じとるようにしていきます。



両方を感じると、自分にとって安全で最適なボディセンス(自分の意思というよりも、身体が勝手にそうなってくれるみたいなもの)が出てきやすくなります。

生じてきたその感覚に添っていくことで、ホールボディフォーカシングをする前には得られなかった、新しい身体感覚を得たり、心身がすっきりしたりする場合があります。



****



まさしく、セルフ・ディフェンスでも同じだなーと感じました。

私はむかーし、とっさの場面から、走って逃げようとしたことがあるのですが、猛烈な勢いが自分の中にわき上がってきて、無我夢中で走りだしたら、

すっ転びました(^^;


日頃の運動不足のせいだとも思うけど、確かにあの時の私は『気持ちばかりが先走って』、地に足がついていなかった…。



****


護身術の講座で、ときどき、「具体的に暴力をふるわれそうになったときにどうしたらいいのかはわかったけれど、相手がからんできたり、からかってきたりして、こちらを脅かしているときにはどうしたらいいか?」と聞かれることがあります。

その時に行う『そんなときにはこうします』という例を伝えるロールプレイがあるのですが、何をするかというと、いわゆる“穏やかに、かつ、毅然とした対応”をします。

このときのコツは、

『相手を見るのではなくて自分を見ること(内側の目で、です。物理的にはもちろん、相手の目を見ます)』

『足下をぐらつかせないこと』

『相手が何を言おうと、こちらの言葉は、いつも自分の本当の気持ち、相手に一番伝えたいことだけを伝える』

の3点だということを、これまで機会があるごとに、お伝えしてきました。


この3つのポイントも、ホールボディをやってみると、ああ、通じるなーと思えます。
(このことは、“講座でいただいた質問”のところに、改めてちゃんと詳しく書きますね)


****


地に足をつけて、

同時に、

自分が今感じていることをそのまま受け止めて、

自分にとって安全で最適な選択ができるような自分を保ってあげられるように、これからもホールボディ・フォーカシングをやっていきたいなーと思いました(^^)


*ホールボディフォーカシングを生みだした方はトロント在住で、私の携っているセルフディフェンス「WEN-DO」の本部がトロントであることにも、なんだか奇遇さを感じています。



★★★★★★★★★★★★★★★★★
親サイト
女性のためのセルフディフェンス
お立ち寄りください
★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2006-03-13 16:16 | セルフディフェンス全般
2006年 03月 08日

富山県魚津市 上中島女性セミナー

こんにちは。

平成18年2月26日には、富山県魚津市の上中島女性セミナーの皆様にお世話になり、WEN-DOの2時間講座を行ってきました。

驚きました!
というのは、参加者が定員上限20人、ぎっしり集まっていたからです。

セルフディフェンスや護身術が、それなりに注目を集めているとはいえ、地方の小さな町では馴染みがうすいかと思います。これだけの皆様にお集まりいただくために、担当の方がどれほどお力を尽してくださったかを思うと、ほんとうに、ありがたいことだと思いました。ありがとうございます。


昨日、担当の方が、参加者のみなさんの感想をすべてまとめてお送りくださいました。そのとき、地元でとれたお野菜を荷物に同梱してくださって、これがまた見るからに美味しそう!

早速今朝の朝食で、サラダにつかってみました。赤かぶです。

シャキシャキしていて甘くて。
身体をすっきり起こしていただきました(^^)


魚津の皆様、担当のかた、そして上中島女性セミナーに私をご紹介くださった魚津の西布施の講座担当者さん、みなさんに感謝しています。
次回はもうちょっとゆっくりうかがいます。
例のおそば、一緒に食べに行かせてくださいね。




★★★★★★★★★★★★★★★★★
親サイト
女性のためのセルフディフェンス
お立ち寄りください
★★★★★★★★★★★★★★★★★
e0024978_8561073.jpg

[PR]

by selfdefence | 2006-03-08 08:56 | 講座の御礼
2006年 03月 08日

END VIOLENCE

こんにちは。

「女性に対する暴力〜未然に防ぐために〜」公開シンポジウム(アジア女性基金主催、既に終了)に参加した学生さんらを中心に、なんと、暴力防止プログラムを開発する動きがはじまるそうです。

プログラム(プロジェクト?)名は「END VIOLENCE」。

開発されたプログラムは、大学祭や地域活動、学校などで広めていく予定だそうです。


         *  *  *


この活動に加わりたいという学生さん、試みに賛同する人の協力大歓迎とのこと。
以下、場所と日程です。



会場:きゅりあん(東京都品川区東大井5-18-1)
時間:毎月土曜日 18:00〜21:00

:スケジュール(全6回を予定):
3/18(土)…第1回 第1グループ活動室
4/15(土)…第2回 第1グループ活動室
5/27(土)…第3回 第2特別講習室
6/17(土)…第4回 第2特別講習室
7/15(土)…第5回 第1グループ活動室
8/12(土)…第6回 第1グループ活動室


参加について関心のある人は、
湘南DVサポートセンターへどうぞ(^^)


★★★★★★★★★★★★★★★★★
親サイト
女性のためのセルフディフェンス
お立ち寄りください
★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2006-03-08 00:50 | セルフディフェンス全般
2006年 03月 06日

FAT workshop for FIT

こんにちは

3/4〜5に福井県の東尋坊で、フォーカシングのお泊り研修に参加しました。

::講師も内容も仲間もすっごくステキで、いろいろ書きたい想いはあるのですが、ここではフォーカシングとセルフディフェンスの関連を優先して書くことにします。でないと長ったらしくなっちゃう(悪いクセ)。



フォーカシングというのは、ええと…、ひとことでご紹介しきれないのですが…、うーん…、

自分の、言葉にならないような想いと誠実に付き合う方法で、そうしたスキルや姿勢を身につけることで丸ごとの自分を大切にしていきます(私の中での位置付けなので、他の人は違う面をフォーカシングとして語るかもしれません)。

私がフォーカシングを好んで続けているのは、セルフディフェンスにおける「気付き」の感覚を大切にすることとフォーカシングが、極めて重なっていて、無くてはならない学びだと思うから。


例えば、


いくつかの非暴力ワークショップや、セルフディフェンスワークショップでは、人と近づいてみるというエクササイズを入れることがあります。

これは、人と自分との『境界』を改めて実感してみるためのものであったり、危険を察知したときに自分の身体がどのようになってどんなシグナルを発するかを再確認するためで、やり方も簡単なもの。

参加者が半数ずつ2列になって、一方の列の人は立ち止まっていて、他方の列の人が近づいていく。立ち止まっている方の人は、相手がどのあたりまで近づいてきたら『これ以上は近寄られたくない』感じを自分が持つか体験する、とか、

あるいは、

参加者が円になって立っていて、講師がゆっくり参加者ひとりひとりの前を歩きます。ときには歩きすぎることもあるし、時にはじーっと見られたり、何かを話しかけられたり、肩や手に触れられそうになることもあります。たいていは、参加者はかなりドキドキしますが、それだけではなく身体的には多様な反応が起こります。呼吸が小刻みになるとか、手に力が入ってしまうとか汗をじんわりかく…などなど、身体のシグナルを確認します。

(*どちらもWEN-DOプログラムでの方法ではありません。)


*フォーカシングにも、1番目(2列になる方)とほぼ同様のエクササイズがあります。ただ、目的が異なっています。
 フォーカシングでは、近づいていく立場としては「自分が『このくらい近づいても相手は大丈夫だろう』と想像することと、相手が『これ以上近づかないでいてほしいな』と感じる相手の本当の実感とは差がある」ことを確認するエクササイズでもあり、近づかれる方の立場としては「『ここまでなら来てもいいけどここ以上は来ないでね。来るときにはこんな足取り・スピードでお願い』と伝え、それに添ってもらえると、近づかれてもさほど怖くなく、自分の安全を自分で護ることができる」という実感のエクササイズでもあります。



そうした練習場面を体験すると、

私達の身体は、状況把握や自分の感情を言語化して理解するよりももっとずっと早い段階で、いろいろなことを感じ取り、身体に情報として取り入れ、シグナルを出している

ことがあるとわかります。

自分の身体的なシグナルに敏感であることによって、より早い段階で、危機を回避するのも、立派なセルフディフェンス。
また、『身体の感じ』を信頼できるようになると、危機が目前に迫っているときも、“このように対応すればきっと大丈夫”と心底から思えて(頭で考えるのではありません。心底から、そのようにはっきり思われる何かがある のです)、自分がどっしりと落ちつき、より有効な対応ができることにもつながります。



そういうあれこれに役立つフォーカシング研修会に行ってきました。

会場がとってもステキでした。ロケーションが抜群。一緒に言った友人に写真を撮ってもらったのを分けていただきました。



4日後には、フォーカシング関連の別の研修に行きます。とっても楽しみ!
そこでも何か写真がとれたらいいなー。


★★★★★★★★★★★★★★★★★
親サイト
女性のためのセルフディフェンス
お立ち寄りください
★★★★★★★★★★★★★★★★★
e0024978_1662674.jpg

[PR]

by selfdefence | 2006-03-06 16:06 | セルフディフェンス全般
2006年 03月 02日

松本城

こんにちは

2月18日(土)に長野県の松本市で、CAPかたつむりさんがお世話してくださった1日の講習があり、無事に行ってきました。

CAPの方にはこの日に向けて昨年からお世話になり、本当にありがたいことだと感じながら当日を迎えました。ステキな滞在先を手配していただいたおかげで、快適な前泊でした。お部屋でDVDが見れるというので、ゆっくり見る時間がなかった護身術DVDを持参しまして、夜中にじっくり勉強できましたし、朝もすっきりと目覚め、優雅に朝食を食べました(普段は朝、弱いんですけど)。

講習会では参加くださる方々の「学びとりたい!」という熱意をひしひしと感じ、私もチャージさせていただいて、何度思い出しても充実感が昨日のことのように思い出せる一日をいただけたと感謝しています。

♪ ♪ ♪

いただいたお土産がとっても美味しかったので、皆様にもご紹介します(^^)。

『マサムラ』(長野県松本市大手4-3-9)というお店の洋菓子(焼き菓子)。フィナンシェと…、と…、ああダメだー、もう何を食べたのかを忘れている〜。自分の記憶力の老化に激しく苦悩しつつ、やっぱりダメです、思い出せない。もっと早く書けば良かった…。とにかく美味しかったです(^^)。知人にも分けたところ、大絶賛を受けました。お薦めです。

皆様ありがとうございました。

*写真は、松本の友人が撮ってくれたものです。きれいだよねー、松本城。さすが国宝だ!



★★★★★★★★★★★★★★★★★
親サイト
女性のためのセルフディフェンス
お立ち寄りください
★★★★★★★★★★★★★★★★★
e0024978_16343842.jpg

[PR]

by selfdefence | 2006-03-02 22:35 | 講座の御礼