カテゴリ:講座の御礼( 85 )


2017年 04月 02日

鎧をまとったままでも筋肉を鍛えることはできるかもしれないけれど、体幹をしっかりさせたいなら鎧は脱ごうよ、みたいな『ゆらっく』

こんにちは。
世界が変わる わたしのお守り Wen-Do Japanの福多です。



今日は「世界が変わる 学びと対話 ゆらっく」。
昨年から定期開催していて、今日はH29年度初の開催でした。



タイトルだけではわかりにくいこの企画(笑)。



ゆらっくはいつもマインドミラーのカードワークから始まります

私が今日引いたカードにはこんな問いがありました。
偶然なんだけど、Wen-Doの私にはやっぱりこれか(笑)。


e0024978_15545577.jpg



私が自分をまもるために心がけていること…。



「外の声(規範や規律や体裁など)よりも、
 自分の内側の声に耳を傾けること、です。」と自己紹介しました。



次は、マインドフルネス・タイム。これもゆらっくでは恒例です。



厳密な(?)マインドフルネスだけではなく、



呼吸法や、
自分に優しい言葉をかけられる自分になるために役立つこと、
初心者段階ではこんなやり方から入るとやりやすいですよ、な方法を揃えて
毎回、ちょっとずつ趣向を凝らし、静かに自分と共にいる時間を持ちます



今日は集中力アップに役立つちょっとした呼吸法とその学術的?背景をご紹介し、
皆で静かな時間を持ちました。



そしてメインのテーマ・ワーク。今回は「自分を愛する」です。



書籍『ハーバードの人生を変える授業』内の『自分に優しくする』を読み合わせしました。



そこには


心理学者のマーク・R・レアリーらは、とくに困難な時期においては、
 自己信頼感よりも自分に対して思いやりの気持ちを持つ方が効果的であることを発見しました


とあります。


ダライ・ラマはこう述べていますという下りもあります。


「まず自分です。そしてもっと進化したかたちで、その気持ちが他者に広がっていくのです。
 ある意味では、深遠な思いやりとは、利己主義が高度に発達した形態にすぎません。
 自己嫌悪の強い人は他者に対して真の思いやりの心を持つことは難しいのです。
 始まりとなるべき土台がないからです」



読んだら、わからないこと・疑問に思うこと・感じること・思い出したこと、
「ここはこの解釈で良いのかなあ?」などなど…を出し合って、意見交換を経てから、
記入式のワークに各自取り組みます。



ゆらっくに来てくださる方は、
ご自身に焦点をあてて、「私はつい〜〜になっちゃうんですよね」と話してくださるかたが多く、



すると他の人も「それ、わかる気がします。私も〜〜〜」と続いて発言してくださり、



その循環が起こると、
「資料のここの、この文章、ちょっとよくわからないんですよね」など
『わからない』とおっしゃってくださる方も出て来ます。



来てくださる方々のおかげで、背伸びをしなくても良い場が出来て、
毎回ほんわかと居心地が良く、とてもありがたく思っています
(って、主宰&進行の私が言うのもどうなんだ?)。



弱さや本音が出せるって大切なことですよね。



鎧をまとったまま運動するのでも、筋肉を鍛えることはできるのかもしれないけれど、
体幹をしっかりさせたいなら、鎧はぬいだ方がいいよね、みたいな(←わかりにくいよ!



次回は5/14(日)の午前です。
ゴールデンウィーク明けですし、新年度で職場疲れなさる方もいらっしゃるかも…ということで、
テーマは「ストレス対処のコーピング」です(^-^)


あれ? 結局『タイトルだけではわかりにくいこの企画』についての説明がないまま?!


こんな主旨です(^-^)


e0024978_16091293.png


________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*5/5〜7 全3日間
*5/14  「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:ストレス対処のコーピング」(金沢市内)
*6月 小学校でのWen-Do(金沢市内)
*7月 カモン・たのしい夏休み♪ 特別企画Wen-Do (金沢市内)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

by selfdefence | 2017-04-02 16:09 | 講座の御礼
2017年 03月 14日

泥だんご作りみたい⁈〜《私語り》哲学を表現する物語の作り方〜

こんにちは。
Wen-Do Japanの福多唯です。


今日は、岡崎市で《私語り》のワークショップでした。


自分を守るためには、
自分を大切に感じられる必要があり、


自分を大切に感じられるようになるには
自分の過去に誇りを持ち、
未来に希望と勇気を持てたらいいな♪…と、

《私》についての捉え方や語り方を整えたワーク、それが《私語り》です。


e0024978_22371925.jpg



通常、ワークショップでは開始時に自己紹介がなされるけれども、
《私語り》では、皆の自己紹介で締めとなります(^-^)


みなさん、考える時間は超集中モードです…。

e0024978_22372031.jpg


人って、やるべきことが明確になれば
集中して力をガーッと出せるのですね。


なさっている活動やお仕事のことでの自己紹介として「私語り」をしてくださった方もいれば、
春からPTA役員をするので…と、それを引き受けた理由などを話してくださったかた、
ご自身が今魅力を感じてハマっているものについて、
「なぜ、それにハマったのか」を話してくださったかたなどがいてくださり、


バラエティーに富んだ、本当に素敵な『私語り=自己紹介』の場になりました。


『私語り』は肩書きがなくても大丈夫!と、私も自信を持てました。


考えてみれば、
肩書きというものは、自分の生きざまや哲学をわかりやすく表現するためのオマケですものね。
肩書きがなくても『私は何者なのか』を語ることはできます。


最後の最後に
「これって、泥だんごみたいなものかも♪」との声が上がりました。


泥だんごって、
硬く、ピカピカに仕上げるには、結構大変。
1個目がそうなるとも限らない。


作業自体はシンプルなのに〜。


それにたとえてくださってのお声でした。
うん、いいっ✨ まさに泥団子やね。


これからどんどんピカピカになります。
磨きさえすれば(笑)


参加のみなさんが
これからも人生を闊歩なさるご様子が
眼に浮かぶ時間でした。


ありがとうございました。

e0024978_22372017.jpg


________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*3/25 am 私語り ダイジェスト版(『シェアマインド金沢ファンの皆様の集い』)
*3/25 pm 考える力がどんどん出てくるTOCfE 体験会(金沢市)
*4/2 am 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:私を愛する」(金沢市内)
*4/5 am  私語り ダイジェスト版(『シェアマインド金沢ファンの皆様の集い』)
*4/5 pm 考える力がどんどん出てくるTOCfE 体験会(金沢市)
*5/5〜7 全3日間
   Wen-Do Japan セルフエンパワーの『CLD エキスパートコース』(金沢)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………


[PR]

by selfdefence | 2017-03-14 22:24 | 講座の御礼
2017年 03月 08日

不安を解消する、予防的護身を考えるステップ〜TOCfEのATTが大活躍〜

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


先日、Wen-Doのワークショップを神奈川でご活動のカミツレプロジェクトさんにご開催いただきました。


同会場で同一年度3回目の開催にもかかわらず、リピートしてくださる方も何人もいらっしゃたので、
今回はWen-Doの基礎スタイルをアレンジし、
【不安解消の予防的護身】と、【口頭対応】の時間をたっぷりと(^-^)



特に【不安解消の予防的護身】については、様々な場でご活用いただけるかと思うので手順を記載します。
TOCfEのATTが大活躍でした。
 →TOCfEについてはこちらです。



《たとえば、痴漢のことで護身の策を考えたいなら》


1)テーマを『●●への不安解消に、私が使える方法を見つける』と設定


今回ならば『痴漢への不安解消に、私が使える方法を見つける』となります。

ファシリテータのいない学習会では、テーマの文を書くと視覚的にわかりやすいです。
(ファシリテータのいる場合はファシリテータがそこを把握して、
 話が逸れかけた時にはテーマに戻るようにします)


ここでのポイントは、『解消』『私が使える』

『痴漢への不安解決に使える方法』『痴漢への不安解決策』『痴漢対応』などにしません
(理由はのちほど♪)



2)『私が不安を抱くのはどんな状況での痴漢?』を明瞭に


痴漢といっても状況は千差万別。


乗り物の中のものもあれば、通りすがりの行為もありますし、
乗り物も、いわゆる満員電車なのか着席中のことなのか、
立ち乗りで混雑はしているけれどぎゅうぎゅう詰めではない…などなど。


『私が今考えたいのは、どの場面の痴漢についてなのだろう?』と具体的に場面設定をします。


グループなら、

「今は、考えるステップの学びがわかりやすくなるようにしたいので、
 状況も一つに絞って統一しましょう」と呼びかけて、
皆での共同作業で皆が同じシーンを思い描けるようにしておくと
ファシリしやすいと思います(^-^)


*ファシリが慣れていたら、複数場面があってもできないことはないです。
 その時は時間の余裕を持って行います。



3)『そのシーンでの痴漢が不安なのはなぜ?』を考える


ぎゅうぎゅう詰めの満員電車という同じシーンに対してでも、
各自が不安を抱く理由は異なります。


また、仮に自分一人でこの作業をするとしても、理由は一つだけではなくて複合的なことも多いので、
「なぜならば…」と続けたくなることは全て書き出します。
(*TOCfEのATTでの、「障害」を書き出す作業に該当)


Aさんは《動きようがない》のが不安なのかもしれませんし、
Bさんは《人がたくさんいるのに助けを求めることができない》のが不安なのかもしれませんし、
Cさんは《なぜいつも私? 相手が私の家まで知っていたらどうしよう。
     今は満員電車だからこの程度で済んでいるだけなのかも…》と思うのかもしれません。




4)『不安が解消されるとしたら、それってどんな状況?』を思い浮かべる


先日の講座で最初に出てきたのは「(相手が私を)さわれなくなっている」でした。
そうした、当たり前と思うことも出すことが大切です。


「さわれなくなっている」に次いで、
『それに似ているかもしれないけれど…』と前置きしながら、
『(相手が私を)触る気がなくなっている』という声があがりました。


そうした微細な差の意見も全て書き出します。


ここで、『触る気がなくなっている』が出てくるのは、
最初にテーマ設定で『解消』という言葉を使っている効果でもあります


『解消』としておくことで、
『私が何もしなくても問題が解消されるなら?』を含めて
状況を自由に思い浮かべることにつながり、幅が広がります。



5)『その状況になるように、何をしよう?』と、できそうな行動をあげる


講座では
「さわれなくなっている」←「硬い素材の服を着る」
「触る気がなくなっている」←「鋲の着いたロックな服を着る」
なども出てきて皆で笑いました。


     すっごく大事!と思ったことが一つ。

     「硬い素材の服を着る」のアイデアをあげてくれた方が、
     「自分ではそうしたいかどうかは微妙だし、おすすめもしたくないのだけれど
     と付け加えたので、

     その理由をお聞きしたら、

     「痴漢なんかのために、自分の服装選択の自由を封じるのはイヤっていうか」


     そうだよね〜〜!!!と、
     あの瞬間にみんながうんうん!ってなって、一体感が高まってたなあ☆
     


笑いが出てくるのや、みんながうんうん!となるのは良いサイン♪
場がそうなると、自由なアイデアが闊達に出てきます。


同時に


こうした場で進行を担う側としては、
笑いが出た時にはそれはそれで慎重さも必要で、


『もしかしたらこの場の笑いに、
 当事者さんが傷ついたり孤独感を覚えたりしてしまってはいないかな?』は
常に念頭に置きます。


場の全員に対して、


「みなさん、いかがでしょうか。
 今、様々なアイデアが上がってきているわけですけど、
 ご自身にとっての『私が使える方法』がここに一つでもあるでしょうか。

 もし、まだ私には一つもないわ、という方がいらしたら
 皆でもっとアイデアを出し合いたいですし、

 全員に一つずつでも何か出来そうなことが見つかっていたら、
 この時間はこれで一区切りにしてもいいのかなと、チラチラ考えているのですが…? (^-^)」


と、確認もします。




オプション)


「私にはまだ出来そうな方法が上がってきていません」
「以前に、そこに書かれている〜〜〜をやってもダメだったことがあって…」
などのお声がいただけることもあります。


そんなときは、《前提条件が同じかどうか》を確認します。


『前提条件は同じでしたか?
 満員電車で、ぎゅうぎゅう詰めで…という時に、
 ここに出てきた方法をやってみても、ダメだったということでしょうか?』

とは聞きません  が、


『ダメだったことがあったんですね。
 そのダメだった時について、
 今、《満員電車での痴漢について…》と私たちが皆で考えてきたのとは
 そういえば違う要素が混じっているな〜とお気づきになることってありますか。
 言える範囲で、どこがどう違っているのかを、教えていただけますか』


みたいな感じでお聞きします。



ご本人はご経験をお持ちなので、具体的なシーンで頭がいっぱいになってしまうと、
『言える範囲で…』と言われても、どうしたら良いかがわからずに言い淀むこともあるので、


言いたい(ご自身のモヤモヤを晴らしたい・それについて考えたい)のに
言葉が見つからずにいるみたいだなあ…なときには、


『たとえば、
 電車のような密閉空間ではなかった、とか、人口密度が電車より低かった、とかでも大丈夫です』


など、抽象化表現のサンプルを提示することもあります。


そのあと、たとえばご本人が、
「ああ…。電車より人が圧倒的に少なかったです」などとおっしゃったとしたら、


『なるほど、そうなんですね。
 だとすると、それは、やった方法がダメだったのではなくて
 先ほど考えたケースとは前提が異なっていたっていうことなんですね』


と、そこではじめてご本人の具体的な発言をちょっぴり抽象化・要約すると、
ご本人も捉え方がわかり、応用が効きやすくなります


あとは同じです。


『《人が少なかった》という状況での不安に絞って、先ほどと同じ手順で考えてみましょうか』
として3)に戻ります。




5月からのCLDエキスパートコースには、
【不安解消の予防的護身】と【口頭対応】の時間も入ります。
グループ活動で練習を繰り返しおこなっていただけるように手順マニュアルの資料も付けますね♪
ご参加の方は楽しみにしててください。
早く資料を作らなくっちゃ(^-^)




写真は、掲載OKをいただいたメンバーで。


みなさま、ご参加ありがとうございました!
同一年度で3回もご開催いただけたおかげでWen-Doの様々な面をご紹介できました。本当に感謝です!



e0024978_12595149.jpg

e0024978_12593672.jpg







________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*3/11 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:最高の自分と出会う」(金沢市内)
*3/11 「考える力」がどんどん出てくるTOCfE勉強会 その1(3/25pmその2、4/5pmその3)
*3/25 私語り ダイジェスト版(『シェアマインド金沢ファンの皆様の集い』)
*4/2 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:私を愛する」(金沢市内)
*4/5 私語り ダイジェスト版(『シェアマインド金沢ファンの皆様の集い』)
*5/5〜7
   Wen-Do Japan セルフエンパワーの輪プロジェクト CLDエキスパートコース(金沢)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

by selfdefence | 2017-03-08 13:03 | 講座の御礼
2017年 02月 28日

活動・セミナー・ファシリテーションの力量をあげる《あたかも形式》〜護身力のアップに一番大切な力〜

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


先日、男女共同参画の推進のために活動をなさっているサークルでの、
茶話会講話(←勝手に名付けました)の指南役をさせていただきました。


その講話で活躍したのは《あたかも形式》!(って何ですか



どんな活動でも、ベテランさんと最近関心を持ち始めた人とでは
知識や経験の量に差がありますよね。


男女共同参画関連の活動ではそうした難しさに加えて、
メンバー間で異なるイメージを持つことがあり、
その戸惑いや乗り越え方も課題になりやすいです。


事例は省きますが、たとえで言うと、


アジサイの花を咲かそう♪という考え方に賛同し、皆で同じ行動をとったはずが、
結果として異なる色の花が咲いてしまって、まるで別物みたいに見えて…あれ?みたいな。


そうなってしまう原因は「土壌」です。(環境要因は今回は省略します)


「土壌」が違うと、同じ考えで行動したつもりが、結果として枝分かれすることがあります。



誰にとっても「土壌」って、本人には当たり前に最初からそこに在るから、
結果が出てからでないとお互いに、なかなか気づけない存在なのですよね。



今回の茶話会講話では、この先の活動でメンバーさんが「あれ?」とならないように、
メンバーの皆さんがWen-Do (女性に対する暴力防止)や
男女共同参画について共通の土壌を持てるよう、理解を深めたいのです、というご要望でした。




各自が自分の土壌を自然に自覚し、またお互いのそれを無理なく受け止め合える空気作りには、
『思いや疑問・もやっとしている気持ちを、仲間として対等に無理なく話せる』要素が欠かせません。



そのため、今回はこんな準備で臨みました。
e0024978_22123518.jpg



それぞれの紙に3つずつ、
メンバーの皆さんから出してもらいたい複数の質問(=福多が話そうと思う複数のトピック)が
書かれています。


質問は計12個考えて、6枚に散りばめました。



折ったのは単に私の楽しみで(地味に、折り紙が好きなのです)、普通の4つ折りでも構いません。
多少選ぶのが楽しくなればいいなと思って(^-^)。



メンバーさんは、時計回りで、その紙にある質問から1回にひとつずつ、
「これならきいてみたい」と思える質問を福多にします。


または、紙に書かれた質問から連想されて浮かんで来た質問でもOKです。



福多が質問に応えたのちに、
他のメンバーさんも何か思いが出て来たら、自由に発言できます。


対話が一区切りしたら、時計回りで次のメンバーさんに…と、ぐるぐる回します。



《あたかも形式》には様々なやり方があり、
今回は、あらかじめ質問を用意する方法を採りました。


  *  *  *


あたかも、自分が質問をしたかのような気持ちになれる。


あたかも、自分が場づくりのきっかけを提供したかのように感じられる。



幼い子に包丁作業を任せる時に、いきなりりんごとかをぐるぐる螺旋に剥かせる人はおそらくいません。
カステラとか、牛乳かんとか(笑)、
「別に包丁がなくても分けられるんだけどね、うん」なものを使って、
『うわあ! 上手に切れたね〜』と
その子があたかも包丁が上手に使えたと思えるように、大人はサポートするものです。



サークルメンバーさんは大人なので、
《あたかも》とされていることはわかった上で、大人だからこそ、こちらの提案に乗っかってくださっているわけですが(だから、助けられているのはこちらです)、


それでも『参画』することで身が入りますし、
そうした場で考えたことや発言したことは、ご自身の深いところに染みるものです。



その日も、私が想像していたよりもずっと早く
メンバーさんからの意見が自由闊達に出てくる場になりました♪
普段からそれぞれの発言を大切にミーティングをなさっているのだろうなと感じました。


e0024978_11370993.png



上記の紙は、ある方に回ったもの。
その方が選んでくださった《あたかも質問》は


「自分で自分を守る『護身力』をアップするために、一番大切な力は何?」



私のお返事は、ひとことにするとしたら


自分で自分のことをわかる力 です。


もうちょっと詳しくすると、


(1)「私は今、どんな感じ?」をキャッチする力
(2)(1)にふさわしい思考を展開する力
(3)(2)にふさわしい行動を選択する力


そんな風に思っています。


《あたかも形式》は、ファシリテーションや質疑応答のスキルアップにも役立ちます。
もちろん、なんらかの目的を持って活動するサークルメンバーの方々にも。


《あたかも形式》を自作できるかどうかが
そのテーマについての構成力を持てているかどうかの指標になるからです。


やってみるとそこがわかり楽しいです。機会があればぜひ



________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*3/11 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:最高の自分と出会う」(金沢市内)
*3/11 「考える力」がどんどん出てくるTOCfE勉強会 その1(3/25pmその2、4/5pmその3)
*3/25 私語り ダイジェスト版(『シェアマインド金沢ファンの皆様の集い』)
*4/2 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:私を愛する」(金沢市内)
*4/5 私語り ダイジェスト版(『シェアマインド金沢ファンの皆様の集い』)
*5/5〜7
   Wen-Do Japan セルフエンパワーの輪プロジェクト CLDエキスパートコース(金沢)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

by selfdefence | 2017-02-28 12:01 | 講座の御礼
2017年 01月 14日

自分を被害者にするかそうでなくするかは私の選択だって気づいたんです

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


今日はシェアマインド金沢でのワークショップの1日でした。
午前は《意見や気持ちを素直に伝える》、  午後は《バウンダリー》。


e0024978_22392749.jpg


「昔は人から可哀想って思われたかったんですけど、
 自分を『可哀想な人』にしてしまいたくない。
 自分を、可哀想な被害者にするかそうでなくするのかは、私の選択なんだ!って、気づいたんです。
 そう気づいて、いろいろなことを学ぶようになって…(今日もここに来ました)」


まるでWen-Doで聞かれる言葉みたいでした(^-^)



Wen-Doと同じスピリットを感じていただける場を、
Wen-Doを使わず、Wen-Doに頼らなくても、
私は作れるようになってきた…ってことなら嬉しいなー。


Wen-Doがゴールとするところにたどり着くための道は、
本当は、Wen-Doを経なくてもたくさんある。


私はWen-Doルートだけでも満足だけど、
それは今の所、でしかなく、Wen-Doルートを通れない体になることもあるかもしれない。


それに、ゴールではいろんな、大勢の女性に会いたいから、


様々なルートを私も体験してみたいし、作ることにもチャレンジします。


多くの女性が各自のお気に入りのルートを辿って、ゴールの広場に笑顔で集えるようになったらいいな。


e0024978_22392744.jpg

雪でもいらしていただけてありがたかったです。
明日は久しぶりにそこそこ積もっているかも。


リラックマは今日が仕事始めでした。 みなさまお疲れ様でした♪  
シェマインド金沢さん、またよろしくお願いいたします!


e0024978_22392833.jpg

________________________________________
《これからの予定》*リンクのない予定についてもお気軽にお問合せください

*1/26 小学校での護身術クラス(金沢市内)
*2/11 映画鑑賞会
*2/18 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:私を愛せる私になる」(金沢市内)
*2/25 親子護身術講座(金沢市内)
*3/4 川崎市内 Wen-Do(詳細後日)
*3/14 信頼と共感を育む「私語り」(愛知県内予定)
*3/15 (名古屋市内、内容を詰め中です)



………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

by selfdefence | 2017-01-14 22:38 | 講座の御礼
2016年 12月 22日

居場所作りとセルフケア

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。

この記事は、摂食障害回復サポート(特)あかりプロジェクト顧問のモードで(^-^)


かなり日が経ってしまいましたが、
12月上旬の2日間、(特)あかりプロジェクト主催の『居場所づくりとセルフケア』の講座を担当しました。
その報告が、あかりプロジェクトのブログにあったのでこちらからもリンクを o(^-^)o


居場所づくりとセルフケア』ワークショップ金沢編のご報告☆



『居場所づくりとセルフケア』は、2日間のプログラム。
テーマに関わらず、自助グループや支え合いの場などの居場所活動を始めようとする人・なさっている人を思い浮かべながら編み出したものです。


1日目は活動を始めようとする人や始めて間もない人、
 始めたは良いものの、なんとなくうまくいかない面を感じている人など向けで、

2日目は、活動そのものについてはベテランだけれど、ちょっと気疲れすることがある…とか、
 メンバーには相談できない孤独な悩みがある人向けです。


進行役として関わっても毎回発見や気づきがいっぱいで、やることで充足感に満たされて、
『進行役でこの講座にまた参加出来て、私ってば役得!』と思えるので、
とっても嬉しくてありがたい仕事のひとつです。


来年度もまた開催されるかなと思います。
どんな領域の方でも参加できるので、ご興味があればあかりプロジェクトにご連絡ください。

e0024978_16373632.jpg



…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

《これからの予定》
*H29/2/18 「私を愛せる私になる」
*H29/3/4 川崎市内 Wen-Do(予定)

………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

by selfdefence | 2016-12-22 16:41 | 講座の御礼
2016年 12月 12日

本庄市の皆さんとWen-Doをご一緒しました

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


埼玉県の本庄市にWen-Doに行きました♪
タイトルは『自分を大切にする女性のための護身術講座』。


ご参加女性の年齢層は中学生から70歳代の女性まで


こうした幅広い年齢層の女性が集えるとしたら、
従来は、お料理教室とかクラフトとか趣味・教養系の講座が多かった気がする。


どの年齢の女性でも同じテーマで心を一つにして学べるWen-Doが大好きな私には、
とても嬉しい気持ちで講座をさせていただきました。


年齢層が広いので、お一人お一人に講座に期待することをお伺いしたら、


窓口や電話や訪問で困る時に、自信を持って対応したい…というものから、
身の危険を感じる状況にいらして真剣な危機感からご参加くださったかたまで、


これもまた幅広かったです。


時節柄もあり、風邪気味で体調不良の中で楽しみにいらしてくださったかたや
お怪我があってもキャンセルせずに来てくださった方もいて、


参加者さんのコンディションも幅広い。



時間が3時間15分と、自治体開催の講座としては長い時間を割いていただけたので、
様々な参加者さんに、私も心の余裕を持ちながら内容を組むことができました。
動作実技は11種、口頭対応の要点を学ぶロールプレイも30分程入れました。


休憩時間に、参加者さんが「先生はどちらにお住まいですか?」と聞いてくださって、


Σ( ̄口 ̄)しまった! 自己紹介もそこそこに講座を始めてしまった!と気づく私(^^;; 


     石川県金沢市から参りました(^-^)


みなさんが「えええっ! 金沢ってあの金沢?! そんなに遠くから?!」とおっしゃってくださったので、
そこでしっかり金沢のPRもしましたよー(笑)


高崎から金沢へは案外近くて、今では新幹線で2時間半です(大宮や東京からも2時間半で、変わりません)。


「金沢! そうなんですか〜。
 道理で、お話の時にときどき、イントネーションが違うところがあるなあと思いました」


との言葉を受けて、

   あ、でも私、出身は前橋なんさ(^-^)
   高校卒業後に大学で金沢に行ってそのままなんだいね。


あちらっぽくお返事してみましたが、今更感満載(^^;


金沢生活の方が長くなり、話し言葉はすっかりちゃんぽんです…。
そうかあ、関東の方には私の話し言葉はイントネーションが時々違うのね。


でも、群馬やあちらに帰ると、
『この空気感こそ、私の育った土地のものだあー!』な嬉しい感じがします。
懐かしいというのともちょっと違う感情で、郷土愛というよりももっと体感覚的。うまく言えないけど。


e0024978_15552705.jpg
写真は本庄市のゆるキャラ「はにぽん」のお菓子です♪
いただきました。ありがとうございました(^-^)



…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

《これからの予定》
12/17 とにかくじっくり聴く・聴いてもらえる♪ H28年の振り返りの会(金沢)

………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

by selfdefence | 2016-12-12 16:46 | 講座の御礼
2016年 10月 24日

聞く人にわかりやすい『語り』のポイント

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


10月22日(土)、四富スクエアさんで《私語り》のレシピ講座をさせていただきました。


よくある自己紹介のひと時を、話すたびに

・自分に誇りが持てて
・自分も聞き手も勇気や希望が持てて、
・双方の親交を促進する

そんな時間にできるツールが《私語り》です。
対話を深めたり、講師業の方のブランディンブなどに使えます(^-^)



●過去の失敗、困難、挫折など
●それをどのように乗り越えたか
●そうした経験をもつ自分には何が可能か


というナラティブの視点を取り入れて、
聞き手に、より興味関心を持ってもらえるように語るのがコツです。
対話にもブランディングにも、自分で自分を理解してオープンにすることって欠かせません。


ただ、それが頭でわかっても、それだけでは《私語り》を作り上げるのはなかなか難しい。


自分の過去について振り返ったり語り始めたりすると
気持ちが引き出されたり発見が得られたりして、
結果的に独りよがりになりがちですし…^^;;


『より、興味関心を持ってもらえる』ように語るには、
人が関心をもつのはどの部分なのか、や
聞き手に伝わりやすい語り方などについての理解も必要だなあと思うわけです。


また、
思考の際は、自分自身が、思考が容易でスムースになる順番というものがありますし、
それは語る際の、聞き手にとって耳で聞いて理解しやすい順番とは若干異なっています。
   大雑把にご紹介すると、
   考える時には、現在から順に過去に遡るようにして辿ると自身の思考や記憶は整理されやすいですし、
   語る時には、過去→現在→未来と時系列昇順に語ると聞き手にわかりやすくなります。


e0024978_16344350.jpg


ワークショップでは上記のようなポイントをおさえて《私語り》を作りました♪


ご参加くださった方々はそれぞれに人前で話す機会をたくさんお持ちで、
ポイントをスッと汲んで取り入れてくださり、
素晴らしい《私語り》を聞かせてくださいました!
ほんの2分強ずつの自己紹介が、濃密で深い時間になりました。ありがとうございました。


《私語り》は、個人セッションでもお受けします。
また11/26(土)にWen-Do Japanの研修会でも行います。
*Wen-Do Japanの研修会は広い参加募集はしていないのですが、
 ご関心がありましたらどうぞお気軽にご連絡ください。



なお、

ワークショップ開講のお世話をしてくださったのは、
『マインドフルネスの部屋 青空の森』の中西さん♪

『一人ひとりが心に平穏と青空を持てるように』と願って活動していらっしゃいます。
京都の四富スクエアさんでのご企画もたくさんお持ちです。
(四富スクエアさんは四条。河原町と烏丸のちょうど中間くらいでアクセスしやすかったです)
お近くの方はぜひ。




…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

*11/11 豊田Wen-Do
*11/12 『バウンダリーって?』(金沢)
*11/13 金沢Wen-Do
*11/23 川崎Wen-Do
*11/26 Wen-Do Japan研修会(名古屋)
*12/10 本庄市Wen-Do
…など



………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


………………………………………………………………………………………

[PR]

by selfdefence | 2016-10-24 16:35 | 講座の御礼
2016年 09月 30日

電動車椅子でも、どんな身体状態でも、何歳になってもWen-Doは女性のためのセルフディフェンス

こんにちは。
世界が変わる わたしのお守り Wen-Do Japanの福多唯です。


9月22日から各地で連日お仕事をさせていただきました。


9月22日は、川崎市の「すくらむ21」でWen-Doでした。
カミツレプロジェクトさん主催です。
かわさき市民公益活動助成金をいただいての事業で、


埼玉県から、Jさんという女性が、電動車椅子で来てくださいました。


ヘルパーさんがJさんに講座のことを知らせたら、
Jさんが「行きたい!」とおっしゃってくださったのだそうです(^-^)


なんらかの障がいのある女性は、一般女性にくらべて、
性的暴力や虐待を含め、より暴力行為の対象にされやすいです。
言葉での差別対応や「からかい」なども多々あります。


  参考資料: 「障害者差別禁止法」に障害女性の条項明記を求めて
  内閣府サイト内に掲載のPDF資料
  
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/kaikaku/s_kaigi/b_18/pdf/s2.pdf



けど、それよりも、私がJさんに来ていただけて嬉しかったのは、


電動車椅子に乗るJさんにご参加いただけたことによって、
そのときその場に居合わせる全員で、
『Wen-Doってほんとうに、女性みんなで一緒にできるのだな』と
深く実感できたから。



15年間Wen-Doをしてきて、
車椅子のかたとご一緒するのは私はまだたった7度目です。
(そのうち3回は参加者として、4回は講師としてご一緒しました)


そのくらいに、車椅子のかたとご一緒できるのって稀有なことなのです。


でも、逆に、車椅子での生活や身体や動作等に不便やハンディを感じる生活って
そんなにも私たちにとって遠いものなのでしょうか。


実はけっこう身近なはず。


誰だって年をとれば体に不具合のひとつやふたつやみっつやよっつは出てきます。
杖も使うし、車椅子にだって乗ります。
発話や聴力、視力だって、普通にしているだけで誰でも衰えるもの。
事故や怪我や病気とは一生無縁だと保証されている人もいません。



誰でもそうなっていくのは当たり前なのに、
そうした状態のかたと護身術を一緒に学ぶことって、なかなかありません。
それは現実を反映していないよな…と思うことがあります。



Wen-Doでは、障害のある女性も歓迎されます。
それは、『障害のある女性は暴力被害を受けやすい(から、障害のある女性とぜひ護身について一緒に学びたい)』ということもあるのだけれど、


もっともっと単純に、
Wen-Doは、受講にあたって年齢制限をしていないプログラムだからです。


年齢制限をしないWen-Doは、どんな身体状態の女性も一緒に楽しめます♪


Jさんが心底から楽しんでくださり、積極的に質問もしてくださった様子から
あの日一緒に参加した女性はみんなそれを実感できました。


どんな身体状態でも、何歳になっても、護身=Wen-Doはできる。
その『当たり前のこと』を実感できる機会になったのはJさんのおかげで、
本当に嬉しいです。



Jさん、ご参加ありがとうございました。
ヘルパーさんも、Jさんを誘ってくださり、ありがとうございました。



★川崎市で開催のWen-Doは11/23(祝)にもあります!
 9/22と同じ会場で、9/22の講座開催の実感から
 当初よりも定員を減らすことになりました。
 お申し込みは先着順です(^-^) 詳細は以下にて。
 

…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

Wen-Doが3000円から開催できます。詳しくはこちら

*10/15 あなたは何者ですか? 胸に響く《私語り》
*10/22 信頼を深めるレシピ 《私語り》を体験
  私語りは、プロフィール文の作成や効果的な自己紹介など、
  信頼と共感を深めるブランディングのためのツールです。

*10/22 神戸Wen-Do
*10/23 八尾市 10代女性のためのWen-Do
*11/13 金沢Wen-Do
…など

……………………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声をあげませんか. .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


……………………………………………………………………………………………………

[PR]

by selfdefence | 2016-09-30 15:36 | 講座の御礼
2016年 08月 10日

【レビュー】いるるんを探せ!特別ワーク:私にほんとうに要るものは?&樹脂粘土パンのクラフト

こんにちは。Wen-Do Japanの福多です。

先日、大阪のサロン「螺」さんで、
『私にほんとうに要るものは?』をテーマに、
自身の気持ちの奥にある、欲求やニーズ、大切にしたい価値観などを見つけるワークをしました。

マインドミラーのカードでウォーミングアップをして、
いるるんカードでメインのワークに入りました。

気持ちの奥にひそむ『大切なもの・大切にしたいもの』が見えると、
自分がどう行動したら良いかが、すっと見えるようになります。
これは、迷いや葛藤のあるときには特にヘルプフルな視点で、
セルフディフェンスにも役立ちます。


   *  *  *


…と、カードワークについてはこのくらいにして、

「螺」のオーナーさんは、フェイクスイーツ作家さん。

同じ日の午前に、樹脂粘土のパンのクラフトワークショップを開催してくださいました。


ミニチュアパンは、オーナーのMarieさんが作って用意してくださいました。
樹脂粘土に色をかすかに混ぜて、パンっぽく。
しっかり乾いているので、ワークショップは着色作業から開始です。
e0024978_00253266.jpg
着色は化粧に使うパフで、こんな感じでかすかに、少しずつ。

初心者でも3色は使うと良いそうです。最初はカーキ色。
次が隠し味的な色(ひみつ)。最後に焦げ目を演出するこげ茶を端に。

e0024978_00271220.jpg
e0024978_00282079.jpg
e0024978_00333646.jpg

e0024978_00414961.jpg
こんなペンに仕上げました! 可愛い〜〜。

「螺」ではさまざまなワークショップが行われていて、
ときどき、Marieさんのフェイクスイーツ・クラフトも開催されています。
とっても素敵な不思議空間、ぜひまた行きたい!!

お世話になりました。





…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

Wen-Doが3000円から開催できます。詳しくはこちら

*ストレスから身を守るコーピング:8/20(土)
*ラビングプレゼンス:8/20(土)
*からだを聴く:9/10(土)
*磨こう☆傾聴と問いの力:9/10(土)
*9/22 川崎Wen-Do
*9/24 富士宮Wen-Do
*9/25 東京Wen-Do
…など

……………………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声をあげませんか. .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


……………………………………………………………………………………………………

[PR]

by selfdefence | 2016-08-10 07:07 | 講座の御礼