2007年 09月 14日

朝ドラ「どんど晴れ」で思うこと


こんにちは。

やはり更新は可能な限りマメにやらないと、サボり癖がついていけませんね。
サボり癖がついても別に生活に支障はないから、
まあいいかなと思わないわけでもないのだけれど、
文章は、書かないでいると、どんどん書けなくなってしまうから。


さて。
珍しく、NHKの朝の連続テレビ小説を今期は見ています。
「どんど晴れ」。
つっこみ所満載な展開でいまいちのめり込めないのですが、
その分軽いのが丁度いいというか。


その「どんど晴れ」のストーリーで、
今丁度、複雑な立場にいるある人物が、
乗っ取り屋さんに騙されてしまっている展開が描かれているところなのですが、


まあ、なんというか、すぐにでもバレそうな手口に
いとも簡単に騙されて、信じ込んでしまうわけです。


手口があまりにも安易でつっこみ所満載なのだけど、
まあそれはまだしもいいとして、


不満なのは、騙されるその人物が
相手を一瞬でも疑ったり、「あれ?」と妙だと感じたり、
「やっぱりやめておこうかな」と後ずさりそうになったり、…などなど、
『ゆれる』心情が全く描かれないこと。


だから、リアリティを感じられないし、
バカ正直に騙されちゃう設定のその人物のキャラが不憫になっちゃって。
…それでついつい、毎朝見てしまう。

 はっ! 脚本家はここまで計算し尽くしていたのかも!


***

でもさ〜。

最終的に、あるいは結果として、
騙されてしまったり、暴力行為を受けてしまったりすることがあるとしても、
多くの場合、私達の内側では
「このままでいいんだろうか」とか、
「なんかおかしいような気がするけど、何がおかしいのかがわからない」
みたいな感じが、
うっすらと(あるいは、隅っこに、
      はたまた 砂粒より微小に、
      もしくは ごく一瞬、)存在するのではないかしら。

それこそ、あんなドラマみたいに(ドラマなんですけど)、
何も感じずに、相手の言いなりになって騙されちゃう人は
少数派なのではないかなあ。


何か違和感のようなものを感じたときに、
それに意識を向ける『クセ』をつけておこう!と
毎朝ドラマを見ながら思うこの頃です。
(ドラマなんて見ないでいいからブログを更新しろ!って感じですが)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
女性のためのセルフディフェンス(護身術)WEN-DOについては

親サイト女性のためのセルフディフェンスにて。

当ブログサイトの原稿をお使いくださる場合は、 ←ありがとうございます
出典を以下のように添えてください。

(c)「女性に役立つセルフディフェンス」WEN-DOインストラクター 福多唯
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

by selfdefence | 2007-09-14 21:39 | つれづれ


<< 私が一番恐れていること      路上で因縁 >>