セルフディフェンス全般

女性に対する暴力とその戦略の3つのポイント

こんにちは。

女性のエンパワーとセルフディフェンスWen-Do Japanの福多唯です。


11月。子どもの虐待防止月間です。

女性に対する暴力をなくす運動週間もやってきます(11/1211/25)。



そんな時期なので、改めて、『女性に対する暴力』とその対応戦略のポイントについて。


結論から書くと、

・常に自分の安全を最優先にする。

・最小の力で最大の効果を上げることを考える。

・自分で自分のスイッチを入れる。


です。


なぜかというと…



Wen-Doのワークショップにお越しくださる女性の多くは、

《最近物騒なことも増えたし》と、不審者対応としての護身術をイメージしています。



それに対して、現実はというと、


女性に対する暴力の8割は、

逃げにくい相手から、逃げにくい場所で行われています



夫やパートナーからの、自宅でのDVとか、

恋人やよく知る仲間からの性暴力とか、

学校やサークルや職場などでのいじめとか。



振り込めサギだって同じですよね。

見知らぬ人から「こんな事情で緊急でお金を貸して欲しい」と言われても、

貸す気になる人はそう多くはないかもしれませんが、

知っている相手から懇願されている!と思うからこそ、善意でお金を用意します。



また、暴力沙汰に限らず、

人の苦悩の多くは、対人関係に起因するともいわれます


例えば、知っている人にお金を貸してドロンされたら、

知らない人に踏み倒されるよりも、より深く傷つくかもしれません。



人は、知っている相手に対しての方が、

自分を護る力を発揮しにくくなり、ダメージからの立ち直りも困難になるのかもしれません。



目の休憩にこちらの写真をば。

e0024978_16224268.jpg
長崎の大浦天主堂です。

コルベ神父の逸話に触れて、

人にとっての本当の幸せというものについて考えさせられました。



また、知っている人が相手のケースでは、


・危ない場所には近づかない

・暗い夜道での一人歩きは避けよう

・路上を歩く際にイヤフォンで音楽を聞くのはやめたほうが良い


などのよく聞く予防策は、全く意味をなさなくなります。




相手との親密度が上がれば上がるほど、無防備に身体距離も近くなりがちで、

あ、ヤバイとなった時には

すでに相手の顔はすぐ目の前かもしれません。



そんな現実を思うと、

護身術を学ぼうかなという女性には、

*『女性には』です。男性や幼児だと考慮すべき視点がちょっと変わります。


不審者対応だけを念頭に置くのではなく、

相手が知人の可能性も考慮に入れて

護身の力を底上げすることをお勧めしたい♪と私は思います(^-^)




相手が知人の可能性も考慮に入れた上で重要になる、護身の戦略ポイントは、



・常に自分の安全を最優先にする。

・最小の力で最大の効果を上げることを考える。

・自分で自分のスイッチを入れる。


です。



あとは状況に応じて戦略に即した方法を選択できるよう、

いざというときのお守りと思える方法を数種知れれば、入り口としては十分かと思います♪





講座情報はWen-Do Japanのサイトに常時掲載しています。

5月に好評をいただいたCLDエキスパート認定コースは、来年2月に開催です。



_________________________________
 . ..:*・゜ 私をひらく 声をあげよう  . ..:*・゜

 代表・Wen-Doマスターインストラクター 福多 唯

_________________________________

[PR]
by selfdefence | 2017-11-07 16:35 | セルフディフェンス全般

Wen-Do Japanの福多唯です。今、あなたが抑えているものは何でしょう? 本当の声をあげたそのとき、世界は変わる。


by selfdefence