☆☆講座案内☆☆

TOCfE ロジックブランチ:『うんうん』をもらえるようになるまで

こんにちは。
世界が変わる わたしのお守りWen-Do、インストラクターの福多唯です。



先日、『考える力のエンパワー☆TOCfEを体験』を開催しました。


主なツールが3種あるTOCfE。
この日はロジック・ブランチ(以下、ブランチに略します)です。


ブランチは、物事の因果関係を表す書きかたで、
「Aを引き起こしているのはBだと考えていいのかな?」などの確認にも使えます。


ワークは、以下のようなかんじ。
(時間によって3や4はどちらかを省いたり急ぎ足になったりします)

(1)わけて書く ど、どんな効果があるのか
(2)良いブランチとはどんなブランチ?
(3)どうしたら『望まない結果をおこさずにすむのか』
(4)書きかた・読みかたの作法に慣れるために、物語を使わせていただく



(1)わけて書く ど、どんな効果があるのか

ロジック・ブランチでは、この書きかた・読みかたが基本です。

e0024978_14110088.jpg

「もしAならば、結果としてBである」。


AがBを引き起こしているという因果関係を図式化しているわけですね。


具体例を入れるとわかりやすい。
e0024978_14151092.jpg
「もし、夜更かしをするならば、結果として、翌日の日中が辛くなるかも?と予測する(予測できる)」。

皆で一緒に声に出して言ってみて、『うんうん』という感じがそこそこすれば、
この段階(はじめてブランチを書いた段階)は十分にOKです。


ワークでも、皆が、『うんうん』ってなりました。
ありがとうございます101.png


では、私が書いた、これはどうでしょう?

e0024978_14175289.jpg
「もし、夫が私を、朝、起こしてくれない ならば、結果として、遅刻をする」。


え? アレ?! みなさんからの『うんうん』がいただけない…105.png



そうなのです。
自分の中では、『うんうん』だとしても、他者からは『うんうん』をもらえないことがあります。


そのときは、《修正したほうが、他の人にとっても自分にとっても、因果のつながりがわかりやすくなる何かがある》
ということです。


(2)良いブランチとは、どんなブランチ?

修正して、こんなブランチにしてみました。



e0024978_14204137.jpg

こういう図式の時には、
「もしAかつCならば、結果としてBである」と読みます。

「もし、夫が私を朝起こしてくれず、かつ、私は難聴であるならば、結果として(私は)遅刻をする」。


こうしたら、みなさんのお顔が『あ〜、そうだったんだね147.png』になりました。


遅刻を引き起こした要因が一つだけではなく、ふたつに増えたことによって、
背景の事情がわかりやすくなったようです(^-^)


でも、『うんうん』にはなりません。まだ、何かが足りないのですね。


じゃあ…、最初のブランチを、こう直すのはどうでしょう?

e0024978_14252690.jpg

120.png
これでもまだ『うんうん』はもらえません。逆に白い目線が増えるような(笑)


やっぱり、《私は難聴である》は、外せないことがわかったので、
ふたつをドッキングしましょう。

e0024978_14272311.jpg

「もし、夫が私を朝起こしてくれず、かつ、私は難聴ならば、
 結果として、私は朝寝過ごしてしまう。
 もし、私は朝寝過ごしてしまうならば、
 結果として、私は遅刻をする」



ああ、良かった。ようやく『うんうん109.png!』がもらえました



(3)どうしたら『望まない結果をおこさずにすむのか』


とはいえ、いくら『うんうん』がもらえても、
朝くらいひとりで起きられなければ、私は老い先どうなるのか(笑)


e0024978_14293939.jpg
もし、夫が私を起こしてくれないままでも、私が難聴でも、

私が朝、起きることさえできれば、遅刻は起こらないのだとしたら…?


e0024978_14341346.jpg

難聴の私には何が必要なのでしょう?!

TOCfEのロジックブランチは、
これまでの手段や行動に変えて、新たにどんな手段や行動をとればいいのを考えるのにも使えます。


書きかたも読みかたも、それだけ。とってもシンプル。
あとは、それを組み合わせていくだけです。


(4)書きかた・読みかたの作法に慣れるために、物語を使わせていただく

ロジックブランチで絵本の1ページを書いた人の、ワーク例がこちら↓。

e0024978_14374798.jpeg

ブランチで書こうとしてみると、誰でもけっこう迷います。


上の例なら、『こんは、あかちゃんをまっていました』でお話がはじまるので、
ブランチもそれが最初になるのかな〜?と書き始めてしまったり。(←ブランチあるある)


迷ってもOKなのもTOCfEのいいところで、
『こんは、あかちゃんをまっていました』から始まるのかなと考えたら、
まずそこだけを取り出して、箱を一つ書いてみることが大事。


最初のひとつ書き出すからこそ、「そのあとどうしたらいいのか」の検討もできるのです。


箱を下に増やしたり、横に増やしたり、上に増やしたりがいつでもできるのもTOCfEの良いところ。


 *  *  *


今回はブランチの作法に慣れることを目的として、物語を題材にブランチを書いたのだけれど、


お話から自力でブランチで(ある程度)書けるようになると、


図式化して書くにも関わらず、不思議なことに、
物語の背景とか行間が厚みを持って感じられるようになり、
「ああ〜。そういうことだったのか」と、
物語をより深く味わうこともできるようになります✨





このTOCfEのワーク、6月中旬と7月上旬にも企画したところ、
7月5日(水)の方はあっという間に埋まってしまいました。ありがとうございます。
→ひと枠増やしました。残1です。★この日は女性限定です。




6月17日(土)も残1枠です。★この日は女性限定です。
詳細は以下リンクにて。


別日程でのリクエストもお気軽にお寄せください。

________________________________________
 . ..:*・゜ ほんとうの声を、伝わるように  . ..:*・゜

 世界が変わる わたしのお守り
 Wen-Do マスターインストラクター 福多 唯




《エンパワー・カフェ  2017 6月
9日(金)、14日(水)、19日(月)、21日(水)、23日(金)、26日(月)
(★21日は12:00でクローズ★)



《講習予定》


………………………………………………………………………………………

Wen-Do Japan公式サイト www.wendo-japan.com

講習・セッションについて(福多唯) http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]
by selfdefence | 2017-06-07 15:18 | ☆☆講座案内☆☆

女性のためのセルフディフェンスWen-Do Japan代表福多唯です。本当の声をあげたそのとき、世界は変わる☆と信じて、女性の声とエンパワーのための研修・講習・講師養成をしています。


by selfdefence