学びのシェア

無意識的有能に意識的有能を目指して〜良き教え手のひとつの指標〜


こんにちは。
女性のためのセルフディフェンス Wen-Do Japanの福多唯です。

先日、救急法指導員研修がありました。
そこでまさかの、NLP用語?が出てきてびっくり。

それは《人の学習には段階がある》とされる、少々哲学的空気をまとう5段階の指標。


この知識は、『良き師かどうかのひとつの指標』としても使えます。


どんな5段階かというと…。
(*以下は私の理解と言葉遣いで書いています)


   *  *  *  *

1.無意識的無能:ある事柄に関して、知らないということすら知らず、できない段階(知らないしできない

2.意識的無能:ある事柄に関して知識はある。けれども実践はできない。(知っていてもできない

    Wen-Doで言うと、
   「Wen-Do は知ってるよ♪ 講座にも行ったことがあるよ〜。
    …でも動作はうろ覚えで、結局、一度も練習すらできてない^^;;」
    みたいな段階です。
       

3.意識的有能:ある事柄に関して知識もあり、実践もしようとすればできるけれども、
       実践するには集中力が必要で、意識をそこに置かないとできない。
       (意識を置けばできる

    Wen-Doで言うと、
    リピーターさんや講師トレーニング生が、メモやマニュアルをときおり見返しながら、
    動作(や説明のしかた)を自分のものにすべく取り組み中、くらいの段階。


4.無意識的有能:意識しなくても自然にある事柄を実践できる。(考えなくてもできる

    Wen-Doで言うと、講師としては、自由自在に動作や説明ができていつでも講習ができる段階。
    Wen-Do の使い手としては、とっさのときにもWen-Doの姿勢や動作が出てくる段階。
    習慣化された段階とも言えるのかも。


5.無意識的有能に意識的有能:意識しなくても行えていることを意識的にも捉えることができていて、
              人に教えることもできる段階。

    Wen-Do で言うと、「どうしたらコツをつかめるようになりますか?」の問いに、
   『練習あるのみです』『やはり場数ですね』などの答えに逃げずに、
    相手に必要なことを的確に答え、教えることができる段階。


  *  *  *  *  *


質問者が明らかに実践不足であったり、
実践から気づきを得て行ける人だと明らかなら、

『練習あるのみです』『やはり場数ですね』などの答えも
意味を持つと思うのだけれど、


良い教え手は、その答えに逃げません。


『どのようにすると上達できる・さらに良くなれるのか』について、
言語化・理論化できる。

そうした力を持っている人に会えると感動します。


そのつどでなんとかしている段階のうちは、
(たとえその「なんとか」が、うまくいっているのだとしても)
なかなか言語化・理論化まではできないですもの。


その階層から一段上に移れた人にしかそれはできない…。


難しいことだからこそ、そこを語ったり明かしたりしてくれる人に会うと、
希望を持てて、嬉しくなれます。


なんらかの当事者が、《回復者》の講演などを聞いて勇気づけられるのも
そういうことなのだろうなと思います。


  *  *  *  *  *


私にWen-Doを教えてくれたカナダのトレーナーのデボラさんは、
まさに、希望と勇気をくれるひとでした。


思い出すのは、私にとって初のWen-Doの講師トレーニングでの一場面。
まだWen-Doの講師ではなかった私は、質問をしました。


「Wen-Doの技や動作での、最重要ポイントは何なのか。
 声なのか、インパクトなのか、動作の正確さなのか、パワフルさなのか、わかりやすさなのか。
 どうしたらあなたのような指導ができるのか」


慣れや回数しかないのかもしれないけど…、
一度も講習活動をしていないうちに聞くことじゃないかもしれないけれど…。


そう思いながら質問した私に、
デボラさんがくれた答えはこうでした。


Find your favorite.(まずは得意動作を何かひとつ見つけて)


!!! 
たった3語で、私自身が言語化しきれていなかった疑問にも全てに答えてくれている!!!


そう言われてみると、


私は、あの技もこの技も全てできるようにならなきゃ…と思ってやっていた
(それはそうなのだけれど、全てを習得する前に、まず得意動作を作ることの方が大事)。


あれもこれも全てパーフェクトでないといけないように思っていた
(その前に、私が今のままで自然に能力発揮できることを楽しみながらやることの方が大事)。


良い講師にならなければ!との気持ちが強かった。
(それよりも、Wen-Doの愛好者のひとりとして、Wen-Doを楽しむことの方が大事)。


その講師トレの数年後にカナダに行き、
現地で彼女の多数の講習について回ったら、


彼女がFind your favorite.と答える場面が
ごくわずかだったことにも感動しました。


決まり文句だったのではなく、ちゃんと答えてくれていたのが改めてわかりました。


* * * *


苦労を避けて何かを身につけようとする気持ちと、


自分にとってより本質的・効率的な学習を求める気持ちは、
似ているけど別物だな、と思います。


良い教え手は、それらへの観察眼が鋭いのかな?
だから、
『練習・実践あるのみです』とそうではない答えを、
使い分けることができるのかもしれません。


いつまでたっても、永遠に、
無意識的無能や
意識的無能な部分を抱え続けるはずの私だからこそ、


Wen-Doとその周辺の事柄については、ひとつでも多くのことを、
意識的有能にして、
無意識的有能にまで引き上げて、


『無意識的有能に意識的有能』を増やしたいです。

________________________________________
  055.gif お問合せ 055.gif  

《これからの予定》

*6/21    Wen-Do(金沢市内小学校にて、金沢市男女共同参画出前講座)
*6/24 pm Wen-Do (金沢市内)



………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………


[PR]
by selfdefence | 2017-05-18 10:17 | 学びのシェア

女性のためのセルフディフェンスWen-Do Japan代表福多唯です。本当の声をあげたそのとき、世界は変わる☆と信じて、女性の声とエンパワーのための研修・講習・講師養成をしています。


by selfdefence