2016年 12月 07日

マインドフルネスの4つのポイント アニメ動画をYou tubeで見つけました


こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


先週末に、NPO法人あかりプロジェクトの『居場所づくりとセルフケア』というセミナーの
進行役をさせていただきました。


  私は中学時代から30歳前まで依存症だったために、自助グループ活動をしていた時期があり、
  あかりプロジェクトのセミナープログラムを一緒に作るなどしています。


「心ここにあらず」(マインドレス) という言い方が、日本語表現にはありますよね。
依存症の症状に覆い尽くされていたあの15年間近くの私は、まさにずっとそんな感じだったなー。


過去のことを思い患って悔やむか、
未来のことを不安に思うか、
不快な未来を回避するための行動で今という時間を潰すか、
他人のことを考えて、他人の意向のために動くか。


マインドフルネスはその真逆だから、最初はほんの数十秒でも、ものすごく気持ちが悪かったです^^;;
呼吸に意識を向けましょう、とか、意味がわからなかったし(笑)
何も考えないなんていうのも無理で、すぐ考え事が始まっちゃって(それは今も大差ないけど)。


そんな苦手なマインドフルネス。
苦手ながらもやっていたら、だんだん、「まあ、こんな感じでもいいのかな?」になって来ました。


今では、マインドフルネスは、私にとって、脳のストレッチです。


『呼吸に意識を合わせ……るつもりがもう考え事しちゃってるよ!』とか
『体を丁寧に順番に見ていく作業を…してたはずなのになんであの企画の構想を練ってんだ私?!』とか


内側ではそんなことだらけなのだけれど、


《私が『しよう』と目的にしているのとは全く異なることを
 私の脳は、ひとりでに行おうとするものなのだっ!》


それだけでも、それってすごい大きな気づきです。


そして、

『私は今、呼吸に意識を向けようとしていたのだから、そっちに戻ろう』

『私は今、自分の体を丁寧に見つめてみようとしていたのだから、そっちに戻ろう』

『私は今、静かで穏やかなひと時を持とうとしていたのだから、そっちに戻ろう』

『私は今、今考えても仕方がないことは一旦脇に置くためにマインドフルネスを始めたのだから、戻ろう』


そんな風に、その都度戻ろう戻ろうってすることが、ストレッチになってます


マインドフルネスの効果として、ストレス耐性が増すとか、仕事や勉強の効率が上がる…などが言われますが、


それも
マインドフルネスが脳のストレッチ担って、脳が弾力を取り戻すからかもしれないですね。






…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

《これからの予定》
*12/10 本庄市Wen-Do
12/17 とにかくじっくり聴く・聴いてもらえる♪ H28年の振り返りの会(金沢)
…など
http://bit.ly/wendo2016

………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

by selfdefence | 2016-12-07 10:50 | つれづれ


<< ずっと自分の味方でいたいから      今年はどんな意味のある1年だっ... >>