質問への回答

「下半身を露出してきた不審者には、子どもはどう対応するのがベストなのでしょうか」

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。

今日はこんなご質問をいただきました

……………………………………………………………………

 下半身を露出してきた不審者には、
 子どもはどう対応するのがベストなのでしょうか
……………………………………………………………………

ご質問をありがとうございます。
このご質問は、防犯パトロールなどのご活動をなさる方からも時々いただきます。


手順は以下になります。
『誰の』質問なのかを明確にする

ポイント②
質問の奥の『気持ち』と、そう感じた『きっかけ』を把握する

ポイント③
大人が考えてもとっさにはわからない問いには『正解はない』。
自分にとって(その子にとって)《これはいい!!》と思える発想や方法がベストな答え。


   
もし講座中での質問なら、私はまずは、質問者さんに、以下のようにお尋ねします。

「お子様からそのように聞かれたのでしょうか?」


ポイント①
『誰の』質問なのかを明確にする

最適な答えを出すには、『誰が発した』質問なのかを明確にする必要があります。


質問って、言葉通りの質問のこともあれば、言葉の奥に本当に聞きたいことを内包していることもあって、
『本当に聞きたいことと、それへの答え』は、質問の主が誰なのかを見定めないと探しようがないからです。


子どもから聞かれたわけじゃないけれど…というお返事が来ることもあるし、
そうなんです、うちの子がそれを聞いてきたんですが、その時にはうまく答えられなくて…っていうこともあります。


今回メールでいただいたご質問をくださったのはお子様のいらっしゃるお母様で
『もし子どもからそう聞かれた時に、どう答えたらいいのかの備えとして、知っておきたい』とのことでした。


もし、お子様からそのように聞かれたら、


そうだとしても=質問者が子どもであることがはっきりしているように思われる場面でも、


まずは、
それは誰の質問なのかをお子様に確認するための問い返しをして、
それを通してさらに子どもさんの話を聴くと良いかなと思います。



「それはあなた自身の質問? それとも、お友達からそう聞かれたのをお母さんに聞いてるの?」
みたいに問いただすのはさすがにちょっと…(笑)でしょうから、


「どしたー? 何かあった?(^-^)」みたいな返しかたがおすすめです。



ポイント②
質問の奥の『気持ち』と、そう感じた『きっかけ』を把握する


「どしたー? 何かあった?(^-^)」と聞かれたら、
お子さんは、その時に話したいことや知りたいことを話してくれるかと思います。


本人がそうした目にあったのかもしれないし、

お友達からそうした話を聞いて驚いたのかもしれないし、

学校で先生が子どもたちへの注意喚起として不審者情報を話したのかもしれません。


子どもからさらに話してもらうと、
何がきっかけでその話をしたくなったのかと、
どんな気持ちでその質問をしてきたのか、が、見えてきます。


質問への答えというのは、
質問者の気持ちにはまるものでないと、あまり意味がありません。
正論だけでは人の気持ちには届かないから。


だからこそ、気持ちを理解して応えることが重みを持つわけです。


質問の奥の『気持ち』と、そう感じた『きっかけ』。
親御さんなら、我が子に関してそのふたつがわかるだけで、
ああ、うちの子がこういう場合にはこう答えたらいいだろうな…と直感的にわかることもあるかも。


方法が直感的に浮かべば、
その内容がどんなものだとしても、とりあえずはそれを伝えればOKかも、と思います。
露出した不審者が目の前にいるわけではないので(笑
「これで正解かな?」とさほど考えなくても大丈夫です。


  *  *  *


子どもさんが具体的な対処方法を知りたいと考えていたり、
そうした不審者情報に対して親御さん自身も不安で、何かをして不安を払拭したいと考えているときには、
具体的な対処方法も考えたいところですよね。


セルフディフェンスの学びで解決策を見出す時、以下の発想が前提になります。


ポイント③
大人が考えてもとっさにはわからない問いには『正解はない』。
自分にとって(その子にとって)《これはいい!!》と思える発想や方法がベストな答え。


すぐには答えの出せない問いってたくさんありますよね。
生きている間には、人は何度も何度も壁にぶち当たるわけです。

その都度、直感的対応で突破したり、悩んで考えたり。
人生は子どもも大人も、その繰り返しなのかなって思います。

そして、単純に言って、
大人が考えても答えに迷うような問いなら
そもそもその問いには、正解なんてないと思う。


もしかしたら、詳しく考察していけば、状況や場面ごとに、
こういうときはこうで、こういう時には…という、より良い答えはあるのかも、と思いますが、


護身術って、とっさに出すアイデアで、とっさに行動することになるものなので、
よ〜〜〜〜く考えて出した答えというのは、現場でのその時にはあり得ないですよね。



不審者に露出されるのって、
街中を歩いていて知らない人から突然に「1+1は?」って聞かれるようなものだと
私はイメージしていて、

その対応には、

・相手にしない
・「どうしてそんなことを私に?」と聞いてみる
・無言でただ見つめ返して、相手の次の出方を観察する
・「困ります」と言って立ち去る
・「どしたー? 何かあった?(^-^)」と返す(笑)

など、どんな対応でもアリだと思います。


ただ、強いて言えば、私は、セルフディフェンスの観点から以下ふたつをポイントとして、
『思いつき』を点検し、『考えて出した答え』に練り上げるように心がけています。

★自分が損なわれない
  →心身のダメージが最小限で済む(気持ちに沿っている行動で、かつ、体を痛めない)
   自分で自分を殺さない(不必要な我慢や忍耐を自分で自分に強いない)

★自分の能力や活力の向上につながる
  →知恵や身体能力などで得意なことが活かせる
   それをする自分をイメージするとロックな気分が盛り上がる♪


参加者さんご自身が何かに困った時について、ご質問をいただいた時にも、
上記2点をポイントにしながら、最初に答えの候補を複数出して、徐々に絞り込んで答えを選択します。


ポイント②で『気持ち』や『きっかけ』を把握しておいたことがここで効いて来ます。
いきなりポイント③に来るのではないのがミソです!


…と、ここまでを「なるほど!」と思えたとしても、

子どもの言葉を受け止めて、子どもと一緒に答えを見つけていくに当たって、
何をどのようにすれば、上記の★印のふたつのポイントをおさえることになるのかが、
最初はよくわからないかもしれませんよね。



毎回読んでくださってありがとうございます。


…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

Wen-Doが3000円から開催できます。詳しくはこちら

*10/22 信頼と絆を深める《私語り》 
  私語りは、プロフィール文の作成や効果的な自己紹介など、
  信頼と共感を深めるブランディング・ツールです。

*10/22 神戸Wen-Do
*10/23 八尾市 10代女子のためのWen-Do
*11/13 金沢Wen-Do
…など

……………………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように. .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com


……………………………………………………………………………………………………

[PR]
by selfdefence | 2016-10-13 17:10 | 質問への回答

Wen-Do Japanの福多唯です。今のあなたの「これさえ言えれば…」は何ですか。本当の声をあげたそのとき、世界は変わる。


by selfdefence