つれづれ

感謝する、謝る、謝絶する

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。

Wen-Doは『女性のための護身術』として紹介されることが多く、
護身術 と聞くと、固定したイメージが浮かびやすいのだろうなと思うのだけれど、
多くの女性が、Wen-Doに参加なさると「想像とは違っていた☆」と言ってくれます(^-^)


その中の具体的な感想のひとつが、
「笑顔になったり、柔和な対応をしたりしても、いいんですね」というもの。


数年前に、とってもやる気満々で講座に参加してくださった女性。
そのかたは、具体的にどうしたらいいのかを知りたい場面があり、
3時間の講座を終えたあと、私に質問をしてくださいました。


そして、ご自身が回答をしりたいその場面を
ロールプレイで再現する、とおっしゃって
「福多さんだったらどう対応なさるか、やってみていただきたいんですっ!!
 私、覚悟はできていますから、何でもやってくださいっ!」と。

動画撮影用の機材もお持ちで、意気込みが伝わってきました。
いやでも、覚悟はできているとおっしゃられても(^^;;

それ以前に、私、彼女がなるほどーと思ってくださるような対応が
果たしてとっさにできるのかなあ…? (^^;;


状況(場所や時間帯の設定)はだいたいお聞きし、
でも、相手からどんな風にされるのか・言われるのか等についての情報は伏せられたままで、
そのかたが加害者?役となってのロールプレイが始まりました。

どんな状況だったのかを明かすのは伏せますが、
私にとっては、その加害者?の言動は
Wen-Doを使う必要を感じないものだったので、


   どうも〜。
   ご機嫌が良さそうですね〜〜(^^)


と笑顔で言いながら身体も動きもふにゃっとさせてヘラヘラ〜っとすり抜けたところ、


その女性はそこでロールプレイを辞めて、
「えっ!!! そ、そんな、そんな対応だけですか?!」。


   はい。


「意外すぎて、衝撃的!!
 でも確かに、そのように対応されたら、それで済んじゃって
 背中から追いかけて襲いかかろうという気分にはならないですね。 
 そっかー…。そういうやり方でもいいんですね〜〜〜」
続けてそんな風におっしゃっていました。


  *  *  *  


それと似たようなことは度々あり、
口頭対応で断る、という場面について考えてみるときにも、

「ありがとうございます。
 私、その日はお休みすることに決めているのです(だから行けません)」

と、お礼の言葉を添えて断るとか、

「せっかくなのにごめんなさい」

と、『ごめん』という言葉を用いることに驚くかたが時々いらっしゃいます。


《アサーティブに自分の気持ちや考えを主張するときには
 きっぱりと、下手にもうわ手にも出ずに、主張的に断らねばならない》
みたいなイメージが、もしかしたらあったのかな?

お礼を伝えるのも、ごめんと言うのも、きっぱりと断るのも、
感謝、謝罪、謝絶 という言葉に『謝』という文字が共通するように、
元の態度や姿勢自体は共通しているのだろうなと思います。


あとは、それを表現する私がどんな手段(言い方や態度)を選びたいか。
そこを本当の願いと一致させること自体が、一番難しいのかもしれないけど(^-^)


今週末は明石でアサーティブとWen-Do。楽しみです。
皆様、よろしくお願いします。

e0024978_16355495.png


……………………………………………………………………………………………………
Wen-Do Japanの公式サイトはこちら

個人セッションについては  こちら 
……………………………………………………………………………………………………

[PR]
by selfdefence | 2015-10-19 16:49 | つれづれ

Wen-Do Japanの福多唯です。今、あなたが抑えているものは何でしょう? 本当の声をあげたそのとき、世界は変わる。


by selfdefence