つれづれ

「自分をブスだと思うことがなぜ悪いのか」を見て思ったこと

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


今日の午後からお盆休みに入る!と決めています。

16日まで、仕事はしないっ!
多分しないと思う。
…しないんじゃないかな^^;;?
まちょっと覚悟はしておくか(←往年の大ヒットソングみたいだよ!!


さて、ちょっと話題になっているTED動画を今日見ました。
ミーガン・ラムジーさんの「自分をブスだと思うことがなぜ悪いのか」。


12分で興味深くて、概ね賛同だし、自尊心の重要性を経済性とからめたところも面白い。


いろいろ思い出したり、考えたりしながら見ました。


最も考えされられたのは、ミーガンさんのおおまかな主張として、
「私たちは人を外見で評価するのではなく、行動や努力のプロセスで評価しようじゃないですか」
という風に私には聞こえたこと。


私が、その観点にこだわるから、バイアスが入ってそう聴いたのかも…とも思っていて、
そこも含めて、この動画を見て考えた時間は、私にとって面白い時間でした。


 *  *  *


私は、子どもの頃に病院に時間外も関係なく週に何度も通ったり、
入退院ばかりを繰り返していたので、
外見にも体力にも全く自信が持てない子ども時代を過ごしてました。


その私に親や家族から期待された(ように私が思っていた)のは
「身体より内面と頭脳!」。


私も私の生き残りの道はそれしかないと思っていたけど、


内面とか頭脳とかも、持って生まれたものというのはあって(^^;;


そっちを目指すとそれはそれでキツイんだよー。
(言うまでもなく、『内面と頭脳』路線からも脱落済み…)




そんな私自身が救われるのは、
《行動や努力や内面》で《評価》されるときではない。


私が、「ここが私のダメなところだ」と思っているところを
思いがけず、ただ、『いいね!』と言ってもらえたり、愛してもらえたりするとき。


愚かだと思っている部分、
欠点だとみなしている部分、
幼いと否定している部分、

恥ずかしくて絶対絶対絶対に見せられない自分、
こんなことをしたら軽蔑されるかもと怖くてたまらないこと、
冷静になるとバカバカしすぎる!と思うような言動、


それらは、社会貢献につながるわけじゃないし、
世の中の経済性に役立つわけでもない。


そういう意味では、自分のそういうところって無価値で
足をひっぱる部分でしかないように思えるのかもしれないのだけれど、


でも、そういうところを、
《そうしてあげるほうが人の自尊心はあがり、人は成長するから》という意図すらなく、

ただ心から、作為なく、
いいね♡と愛してもらえたときに、


私は、私がダメだと思っている私を含めて、
私が私で良かった♪と思える瞬間をもらえて、救われてきました。


 *  *  *

昨日、ある人が、「整形したい」という話をしてくれて、
え〜?! 整形したいんだ?! と、その話につきあっていたばかりです。


その人は、ご自身を「どうしようもなくブスだ」と言います。
私から見たら、超が100万個つくほどキュートなかたで、
脳が移植できるなら
彼女の身体や顔や全身と取り替えてもらいたいくらいなのに!(←楳図先生の読みすぎか


   整形というものは、
   自分の容姿について自分である程度イケてると思う人が、
   「ここが、あともうちょっとこうだったらな〜!」と思うところを
   その望み通りに改善出来たときに、
   その人にとって《やって良かった》と思える対処法かなと思うのよ。

   自分をブスだと思っているとすると、
   どこをどういじっても、いまいち感は永遠になくならない…か、
   あるいは、
   いじり続けないと気が済まなくなるアリ地獄行き…、に
   なっちゃいそうな予感がするけど、どうだろう?


と私の意見を言ってみたら、

その人は整形をテーマに小論文まで書いたことがあるらしい!
そしてその人との対話が深く展開して、
ああそうか、そういう思いがあるのかぁ…と興味深い対話の時間になりました。


どうしたら自分に満足できるのか、は、考えはじめると終わりがないね。
『自分に満足しようとすること自体を手放す』のが一番なのかも(笑)。

それができれば苦労しないよ!だからこそ、
私たちはベストではなくてベターな方法を絶えず考えて、
自分にぴったりなものを探し続けるんだろうな。



……………………………………………………………………………………………………
Wen-Do Japanの公式サイトはこちら

9/5(土) 新大阪でWen-Doです♪ こちら
 
個人セッションについては  こちら 
……………………………………………………………………………………………………

[PR]
by selfdefence | 2015-08-12 10:53 | つれづれ

女性のためのセルフディフェンスWen-Do Japan代表福多唯です。本当の声をあげたそのとき、世界は変わる☆と信じて、女性の声とエンパワーのための研修・講習・講師養成をしています。


by selfdefence