つれづれ

不確かそうなものに抱きとめられて歩く

おはようございます。
Wen-Do Japanの福多唯です。


今朝、パンを買いに行かないといけないのをわかっていながら、
5:50にかけたiPhoneのアラームを2回スヌーズし(1回が9分後に鳴るので2回で18分経過)、
そのあとやっと観念して、コンビニへ。


レジに、パンと牛乳と豆乳を置いて、

      『おはよーございます』

と言ったら、

レジの人が「おはようございます」と返してくれました。


同じように挨拶を交わしても、その都度、お互いの間に流れるものはなんとなく違う。


今朝は、なんとなくだけど、あ♪今なんか通じた♪♪と感じて、


挨拶を返してくれた人に目線を上げると、
レジの人も笑顔でした(^-^)

      『早くから、おつかれさまです』

「ありがとうございます。
お互いに(^-^)
おしぼりとか、ご入用ですか?」

      『いいえ、大丈夫です。ありがとう』



時間にするとほんの5秒ほどのこと。
表面的には何もないし。
でも、あの瞬間に、確実に何かが取り交わされた感じがする。


何が取り交わされたんだろう。
そもそも、この実感すら、一体私のどこにどのように存在するのかな?


目で見たり、手で触れたりできないもの。
意識とか、気持ちとか、実感とか。


そういう、不確かそうでいて確かなものに、
私は抱きとめてもらって、
なんとか、毎日を歩く。
(まあそれも、衣食住が確保された上で言えることではあるんだけど…)


2回スヌーズしたけど、
コンビニにちゃんと行って良かったです(^-^)
e0024978_08252689.jpg
……………………………………………………………………………………………………
Wen-Do Japanの公式サイトはこちら
 講座予定、ご依頼についてなど
……………………………………………………………………………………………………

[PR]
by selfdefence | 2015-04-08 08:28 | つれづれ

Wen-Do Japanの福多唯です。今のあなたの「これさえ言えれば…」は何ですか。本当の声をあげたそのとき、世界は変わる。


by selfdefence