2014年 01月 27日

あり得ない幸福

こんにちは。
女性のためのセルフディフェンスWen-Doの福多唯です。


今朝、最近では珍しく喘息発作で辛かったので、
朝食を家族と取ったあと、リビングでそのまま倒れるように2度寝しました。

眠りながら時刻を気にしている私。
夕方まで用事はないけど、2〜3日以内でやらなきゃいけないことはいくつかある。
でも身体が言うことをきかない…起き上がるのは無理…など
色んな思いが頭の中を走る中で、泥のような身体を横たえているみたいな感じ。


そうやって小一時間?もっと?寝ていたら、
子ども1号(高校生)が、「マミー、行ってくるね」。


え? 今から??と思う私。
完璧遅刻やん。


けれど、遅刻で怒られるかもしれない状況なのに、
私に朗らかに声をかけるあたりが可愛いよな…(^^)

辛くて起き上がれず目も開けられない中で、
手だけやっと1号のほうに持ち上げて『気をつけてね』と1号に応じると、
1号が私の手(というか指のあたり)を優しく握り返して2〜3回フンフンと軽くゆすって応じてくれた。

そして出かけていく。玄関のドアが閉まる音。


若くて、張りとしっとり感があって(笑)、
暖かくて優しかった1号の手。
その感触の心地良さを手に抱きながらさらに眠り続けました。


かなり長く眠った気がして、そろそろ午後になっているのでは…と思いながら、
それでも身体はダメで、起きられずにいると、
子ども2号(高校生。1号と双子なのです)がパジャマのままでリビングに入ってきました。


どえ〜? なんでいるの?(笑)
どうしたのかな、何が理由で休んだんだろう?と思う私。
でも私の全身はまだどんよりしていて、話すことができません。


その私に2号が
「マミー、大丈夫? ちゃんと寝室で寝ればいいのに。
 ねえ、ところで、2号は今からお昼食べるけど、マミーは?
 食べたい? 食べられる?」と言う。


うちの子は帰国子女でもなんでもないのですが、私をマミーと呼びますw


お昼ねぇ…。お腹は空いているのかしら(と自分のお腹をたしかめてみる)。
あまり空いていないような。
それより2号がなぜパジャマで登場したのかが気になる(笑)
体調が悪いわけではなさそうだけども。


言葉を出す気力がない中でそんなことを考えて、
ああ、でも話せそうにない…と思っていると

「休みたいときは休むのが1番やよねー♪
 今日、学校イヤやったし、朝から今まで寝ててんけど、
 あー、スッキリしたー☆」。
「マミー、今日、最高の天気やよ。春みたい♪
 こんなにいい天気の日に寝て過ごすって、これ以上ない幸せやよね〜」と2号。


天気のいい日に寝て過ごすのがこの上なく幸せ?!

そうか。

それは、なんていうか…
ものすごく、ものすごく健やかな発見だ。


《こんなに天気がいいのだから動かなければもったいない》が私の基本感覚だよな…と気づきました。
その私の感覚はそれはそれでいいのだろうし役にも立つけど、
健やかさには欠けるかも、と。


《天気のいい日に寝て過ごすのって幸せ》という2号の言葉で、
私自身の根本にはなかったその健やかな感じが私の中に入ってきて、
『ああ、ホントにそうだよね〜(^^)』とその感じとの一体感を得られた途端に、


身体が、なんだか起きられるような感じにシフトしました。


言葉にするとしたら、《幸せに眠って休んだから、もう充足しました》な感じ。


それで身体をムクリと起こして、リビングの時計を見たら、
10:50。


家には誰もいません。私ひとり。


どこからが夢だったんだろう? 最初から?
1号と手を合わせた感触はしっかりあるのに。
  

おかげで、喘息はおさまっていて、とっても幸せな気持ちです。


  *  *  *  *  


私は子どもたち(1号と2号)を愛おしく思えなかったことをきっかけに、
虐待のことや暴力のことを本質的に学びたい!と思うようになり、今に至るので、

その私が、子どもとの夢で、こんなに幸福感に満たされる日を持てるようになるなんて、
自分でも不思議。
なんなんだ?これは? なぜこうなった??? みたいな感じがあります。


子ども(自分が産んで育てた子 という意味でここでは書いています)を好きになれなかった私にとって、
逆説的な気もするけど、
子どもから愛してもらえることほど、
奇跡的で幸せなことってありません。


「勝手に産みやがって! 勝手にお前の子という人生をこっちにしょわせやがって!」と
子どもが思ったり言ったり暴れたりしたとしても
子どもは何が解決できるというわけでもなく、
親もまた、何も申し開きができない。
親子関係って、そういう厳しい土壌の上に成り立っている面があって、

土壌は厳しいのだけど、
だからこそ、
時間と手をかけて、そして色んな知恵を注いで、いろいろやってみるしかないのが
親子関係ってものだよな〜…とか、


そんなことを、つらつら考える昼下がりです。
今日は本当にものすごく良い天気。春みたい。





[PR]

by selfdefence | 2014-01-27 14:48 | つれづれ


<< マインドフルネスってなに?      女性医療ネットワーク「DV被害... >>