禁糖

禁糖にチャレンジ★方法と身体的変化

こんにちは。
女性のためのセルフディフェンスWen-Do マスターインストラクターの福多唯です。

*この記事は2013年に最初に書きました。
 意外と?年間を通してアクセスが多いので、その後も気づきを追記しています。



今、全く外での仕事がないので(大丈夫か、私の生活…)、
整体の稽古メニューのひとつ(??)でもある『禁糖』にチャレンジしています。


禁糖とは、《砂糖》《アルコール》《コーヒー》2週間程度断ち、
身体をリセット・調整するようなもの、
と聞いています。

(本当は、いつ終えてもいいのかは、整体的な判断方法があります。
 このブログではそこははしょります。目安でだいたい2週間です)


とにかく打合せも食事予定も出張もデートも何もないこの時期。
あとは実家への帰省さえしなければ、自分で作った食事だけで過ごせる!(←ただの親不孝か)
この期間を逃してはならん!と思いました。


禁糖を開始するなら、
まずは自宅の調味料類のチェックからですb(*゚ ∀゚*)b

特に醤油や酢。アルコールや糖類が添加されていないかどうか。
アルコールの添加されている調味料は、見てみるとけっこう多いのでした。


私は元々お酒は一滴も飲みません。
アルコールアレルギーで飲むと喘息発作になるのです。
そのため、醤油や酢(*醸造酢、リンゴ酢など)はアルコール無添加な品を使っていて、
自宅の醤油や酢がそのまま使えました☆


  一般的にはここはひとつのハードルになりそう?!
  特に醤油。アルコールや糖分入りの商品のほうが種類も価格も豊富なので、
  まず醤油から買い直さなきゃ…という方もいらっしゃるかと思います。


コーヒーを断つのは辛そうだけれど、これはまあ、なんとかなるでしょう(と思える)。

  コーヒーについては、先輩や仲間によって伝承内容が様々です。
  例えば、紅茶や緑茶(カフェインを含むもの)もダメというかたもいれば
  「不思議なことにダメなのはコーヒーだけなんだよね」という人も。

  どちらが正解か? をそこでさらに問うのは野暮というもの。

  整体は、健康のための方法ではないのです。(人によるのかもしれないけれど)
  『自発的な動きを感じられる身体感覚』のための稽古だと捉えている私は、
  『ま、やってみればそこも自分でわかるようになるだろう♪』というノリで、
  一年目はコーヒーだけを、ノンカフェインも含めて全てたちました。

  取り組み2年目になると、なるほど、紅茶や緑茶もダメという人がそうおっしゃる理由も
  なんとなくわかる気がするな〜…という感じ(←飲んでるってことですw)
  
  
そして、最難関の砂糖断ち。


私がする禁糖は《食品に人工的に添加される糖分》を断つ緩い方(?)です。

《人為的に甘みや一部分だけを抽出したもの》も私は自己判断で断ちました。
ハチミツとかメープルシロップとか、市販の濃縮還元での果汁100%ジュースとか。

人工甘味料の使われている食品もやめました。

   羅漢果についてご質問をいただいたので。
   実のままのあれを自分で煮出して使うなら私の判断ではOKになります
   (玉ねぎを炒めて甘味として料理に使うのと同じ)。
   羅漢果シュガーなど、結晶分だけを抽出し加工されている商品は、
   濃縮還元ジュースを断った判断と同じで、私は手を出していません。


上記は全て、そうしろと教わったわけではなく、私なりの設定枠です。

白米や芋類、果物は、私の場合は食べています。
そこまで無理矢理断つのは却って不自然な気もするのと、
何より一番大事な理由は
《そこまでしたいわけではない(笑)》から。
(とはいえ、禁糖中の甘味を果物に頼ると意味がないと思うので、果物も控えめです)

   厳密にやるかたは、『糖質・炭水化物』を全て断つようで、
   果物や白米、芋類も断つそうです。すごいなー!
   参考に、甲野さんの禁糖についてのTogetterがあります(クリックで表示)。


あきらかに甘い和菓子洋菓子、アイス系はもちろん断ちますし、

ちくわやさつま揚げやはんぺんなどの練り物、ハムやソーセージ、
味のついたもずくやめかぶ、明太子や漬け物…などなど、

加工品はほとんど糖分が添加されているので、禁糖期間中は食べません。
下味の付いている肉や魚類も食べません。

   一度「たらこならいいだろう♪」と買おうとしてしまった(笑)。 
   糖分などが添加されているのだと、そのときに目が覚めました。
   そうだよね…。天然であの色・あの味のわけないですよね…。
   それを意識せずに40代を迎えていた自分に軽くショック(笑)


お総菜も買いませんし、意外なことにというか当然ながらというか、お寿司(の酢飯)もダメです。

コンビニのおにぎりも具がたいていNGです。
パンも相当気をつけて買わないと、プレーンな食パン等でもたいてい砂糖は使われています(フランスパンには砂糖なしのものが見つけやすいです)。
 →パン粉でフライをするなら自分でパン粉作りから(^-^)
  (は、面倒なので、私は小麦粉をはたいてソテーとか、天ぷらでしのぎました)


合わせ調味料はほとんど使えません。
ソースやたれ・ドレッシング類、ケチャップ、マヨネーズ、中華系調味料、
土佐酢、三杯酢、ポン酢はもちろん糖分入りですし、

リンゴ酢等にもアルコールが添加されていたりして、ほぼ全滅〜。
(*マヨネーズや中華系の調味料は、ちゃんと探すと、砂糖無添加な品もありました)

「醤油」「酢」として売られている調味料にもアルコールや糖分が添加されているくらいだから
その他の合わせ調味料になれば当然と言えば当然だけれど。 

「禁糖中は、塩と醤油しか味付けに使えないってこと?」な気持ちになってきて、
ちょっと最初は不便です ^^;;


(実際はそんなことはなくて、かつおやごま、ごま油やラー油、
 赤缶のカレー粉などで風味づけもできるし、
 ナンプラー、バルサミコ酢、私の居住地あたりでは能登の「いしり(いしる)」などもあります)


しょっぱいおせんべい類でも原材料名内に砂糖が。
えびせんにも砂糖が入ってました(笑)。

ポテチはうすしおなら大丈夫(*ダメなのもあるので要注意)。
コンソメなど味付け系はNG。


梅干は、『農家の◎◎さんが作った…』みたいな品で、
塩と赤じそだけで作られているものなら大丈夫で、
その紫蘇をつかって作られた《ゆかり》もOKなのですけれど、

スーパーで売っている・流通している梅干やゆかりはたいていNGかも。


意外だったのは、『サラダ用水煮大豆』でも砂糖が入っているものがあったり
(砂糖添加なしのものもあります♪)、
ドライフルーツミックスなどにも砂糖が添加されていたり、
塩昆布やおぼろ昆布にも糖分が入っているんだなあ…と。
  高級な(?)おぼろ昆布や、納豆昆布になら、糖分が添加されていないものが見つけやすいです。


何に砂糖が添加されているかなんて意識せずに生きてきたよー。
砂糖おそるべし。



e0024978_10564381.jpg
写真は禁糖中のある日の晩ご飯。



読むと大変そうに思えるかもしれませんが、事実多少大変ではあるのですが^^;;

それでも禁糖での爽快感のほうが勝ります

私は初チャレンジのときには、
いざとなったら毎日お刺身と味噌汁と白米ごはんで生きていく!(笑)と踏み切りました。


  *  *  *  *  *


3〜4日程で、身体の変化を感じはじめました。

目覚めが良く、日中ぼーっとしません。
コーヒーがなくてもスッキリです=コーヒーがさほど欲しくなりません。

   以前の3ヶ月のコーヒー断ちをしたとき、けっこう大変だったのだけれど、
   それはコーヒー以外の食生活がそのままだったからなのかも σ^_^;


食べる量は減らず、私の場合はむしろ増えているので(笑)
痩せたかどうかは定かではないのですけど(開始前に体重を測っておけば良かった)、
身体がむくまなくなりました。


おやつには、…これは以前からこんな感じですけど…
大豆や無塩アーモンドとか、チーズやクラッカー、塩味だけのかきもちとかポテチとか、
バナナと冷凍ブルーベリーを入れたプレーンヨーグルト等を食べてます。
あとは、時々、干し芋や甘栗♪♪(←食べ過ぎ厳禁。本当にときどき、です)


10日ほどたつと…。


すっかり身体が禁糖の食事に慣れます。そしてとーってもスッキリ。体が変わる感じです。

甘いものが全く欲しくならない…と言うとそれはちょっと誇張が入るかなと思うけど、


でも、禁糖ゆえにこのようにスッキリしたのだ、と自分でわかっているから、
糖分の入っているものを食べたいとは思えなくなる感じ。


このすっきり感を崩したくない! という感覚になります。
それに、スッキリ感を保つためなら、多少の手間も面倒ではなくなります。


以前はベーコン、ハム、ちくわやはんぺんなど練り物などの加工品、カップ入りのもずく…など、
とりたててジャンクと分類するほどではない?加工品を、
生活に上手く取り入れて、
時短調理をしている、と思っていました。自分のことを。


けど、それで短縮できる時間は実はほんのわずかだとわかったし、
多少の時間と手間をかけてでも、添加されているものが回避できるならそのほうがいい、と、
調理に対しても腰の重さがなくなりました(身体的なスッキリ感もあるので比喩じゃなくて本当に)。


それと、後で気づいたのですけど、
買物の時間が大幅削減される(加工品コーナーを一切見て回らなくなる)ので、
調理に時間が多少かかるようになっても、生活での全体的にはトントンです。


鶏のムネ肉を丸ごとゆでたり蒸したりしておいて、
それを包丁でスライスすれば、ハム的に使えるし(3日くらいは全然平気です)、


薄切りの豚バラ肉をフライパンでじっくり焼いて、
塩胡椒を効かせてカリカリにしておけば、Oh! なんちゃってベーコン♪
(バラや肩ロースなど、塊肉に多めの塩を刷り込ませて、
 キッチンペーパーで水分を取りながら保管しておくのもいいです。
 2週間ほどは持ちます)


今はもう忘れちゃったので禁糖期間中もやらなかったけれど、
インスタントに薫製を作る手軽な方法というのがありまして(ググると多分どこかに乗ってます)、
緑茶の出がらし等を使う方法で、
そんな工夫もすると、もっと色々な食材が楽しく多様に食べられると思います。

  《後からの付け足し》
  私のお薦めは、「紅茶豚」。
  紅茶で豚肉の塊を30分ほど茹でてから用意したつけ汁に浸すという簡単メニュー。

  つけ汁はぶっちゃけ何でもOKです。アルコールと糖がなければ。
  私が必ず使うのは醤油と酢(それぞれ1:1でほぼ同量)。
  あとはたまねぎとか長ねぎとか、りんごとか、にんにくとか、お好みで。
  茹でた肉をビニール袋に入れて、そこに調味料を入れ(少量で足りるよ)、
  袋を(おおまかに)真空状にするように結んでおしまい☆
  焼豚みたいにスライスしたりダイスにしたりして使います。


禁糖の食事に慣れてしまえば、
調理についてはさほど大変とは感じなくなるな〜というのが感想でした。
…とはいえ、期間限定だからこそですけど。


**後日談**

禁糖期間を終えてからどうなったかというと。

個人的にはなるべく禁糖の食生活を保とうとしているけど、
家族は即座に元通りに。

アイスやクッキーやプリンやシュークリームをデザートに買ってくるくる!(^^)
あと、家族の作る食事は、手軽で便利な合わせ調味料を使っての調理になります。


そしてそれらを断固拒否するほどの理由も私にもないので、
「禁糖は終えたし…時々ならまあいいか」と食べているうちに…


人の身体って本当に怖いですね。すっかり元の食生活に(笑)


コーヒーも、復活すると、徐々に飲みたくなるようになるのですね、これが。
               ↑『たまに飲むだけで満足』という状態に留まるわけではない、という意味です。


不思議だなあ…!


砂糖が、いかに微量でも、人の心身に大きく影響しているかを実感しました。
(そうした影響力を持つのは砂糖に限らないのかもしれないけれど)


ただ、食事が元通りになるとしても、味覚は鋭敏になっていて、
禁糖を経験した後でのトータルな食生活は以前と比べると大きく変わりました。


砂糖が添加されているものがひとくち目でわかる。
スナック菓子を食べても甘いし、蒲鉾を食べても甘い、とわかる。

外食や買い食いも減りました。
出張するときのお昼にもおにぎりを作って持っていったり。

なんていうかな、
自分の心身がそのときに求めるものを食べるってけっこう大変ですよね。
それでいくと
自分で作ったおにぎりなら、
『自分がそのときに求める食べ物』と完璧にフィットしなくても大きく外れることもないから、
身体も気持ちも快適で楽なことがわかりました(^-^)



内面的な気づきや、メンタルな効果(効果って言葉もどうかと思うけど)は
別の記事に書きました。
こちらです(4月8日)。

……………………………………………………………………………………………………
心の奥底で希求するものと出逢おう
「私にほんとうに要るものは?」(3/2 大阪)


当事者の解決力がもっと生きる!
こころと身体のつかいかた(3/3 大阪)



Wen-Do Japanの公式サイトはこちら


個人セッションについてはこちら 
……………………………………………………………………………………………………

[PR]
by selfdefence | 2013-04-03 10:54 | 禁糖

女性のためのセルフディフェンスWen-Do Japan代表福多唯です。本当の声をあげたそのとき、世界は変わる☆と信じて、女性の声とエンパワーのための研修・講習・講師養成をしています。


by selfdefence