講座の御礼

3月15日、16日のWen-Doのお礼

こんにちは。
女性のためのセルフディフェンスWen-Do
インストラクターの福多唯です。


H25年3月15日(金)は群馬県の高崎市にて、
翌日3月16日(土)の午前は東京の板橋・赤塚地域センターで、
同日午後は世田谷区羽根木の『現代朗読協会』さんの羽根木の家にて、


それぞれ、Wen-Doを開講しました。
お世話してくださったみなさま、講座情報を広めてくださった皆様、
本当にありがとうございました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


3月15日のWen-Doを開催してくださったのは
NPO法人思いをつなぐ会。
http://www.npo-omoi.com



同じく高崎市内で活動なさるNPO法人「ホワイトベル」のかたや、
埼玉で子育て支援のご活動をなさる方々などに声をかけて参加していただけるようにしてくださり、
「Wen-Doが北関東の女性や子どもにももっと生かしてもらえるようになれば」と
心強い応援をしてくださいました。ありがとうございます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3月16日の午前講座は、
「育児中のおかあさん仲間の閉塞感をつきやぶるきっかけにもなるし、
 女の子を持つお母さんはきっと興味があるだろうから」とのことで
友人の宮崎さんが、板橋区内で講座を設定してくださいました。


最寄駅から会場前までバスが出ているというので、
駅前でテキトーなバスに乗り(←テキトーとかww 大雑把すぎやしないか)、
運転手さんに「これは赤塚地域センターに行きますか?」と聞いたところ、
大丈夫だ、ということだったので着席。

しばらくすると新たな女性が乗り込んできて、運転手さんに
「赤塚地域センターに行きますか?」と、私と同じことを聞いています。


面白い偶然もあるものだなと何気なく見ると、
去年まで私の自宅から徒歩圏内に住んでいて、今は関東で暮らしているRさんがそこに!
受講しに来てくださったとのこと。うれしー☆


その講座には8人の女性にご参加いただき、お部屋の広さにピッタリで
丁度良い雰囲気になりました。あっという間の90分でした。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


3月16日の午後の講座は、『NPO法人現代朗読協会』さんの羽根木の家にて。
渋谷からたった7分程度の駅で降りて駅からは徒歩2分という立地に、
静かな古民家がありました。
(ちなみに、渋谷まで歩くと1時間弱だそうです)

ここには小中時代の幼なじみ的な旧友が来てくれて、10年ぶり? もっと? の再会。
中学3年生がお友達同士でおふたりご参加くださったのも嬉しかったです。
全8人の女性と共に、3時間の講習と、1時間弱の懇親会をご一緒しました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


この2日間の講座では、特に、声についてのご質問が多かったような気がします。
声についての質問は、いつも難しいなと感じます、実は。


私は声についてはド素人なので、想像なのですけど、
『気持ちを込めた、大きな声』を《ためらわずに》出そうとするときって、
のどや声帯だけではなくて身体中をフルに使っている気がするのです。

それを思うと、どこをどうすれば…ってすぐには言えないような気がして。
(そういう『コツ』を知る人がプロってことなのでしょうけれど)


あと、喘息発作のときの私の声の出しにくさを思うと、
肋骨や胸筋や肩甲骨や背筋、腹筋、インナーマッスル、周辺の関節の柔軟度などはもちろん、
気道や肺の空気の通り抜け具合や、
全身の筋肉のほぐれや血のめぐりすら、影響しているような気がします。


身体的なことはもちろん、気持ちの面でも、

声を出す・声をあげるという行為が、
その人にとって「快」であったり、「プラスをもたらす何か」であったりしてはじめて、
発声への抵抗やおそれが払拭できるのだとすると、


『声をあげることを妨げているものは一体なんだろう?』を見ていく必要もあるのかもしれません。



そんなわけで、声が出しにくい要因は人によって違うということもあるし、
要因に取り組むとしても時間がかかりそうな気がして、
「こうすれば声が大きくなりますよ」と即効性のある返事を差し上げるのは
毎回とても難しいのですが、


でも、やりやすいことがあるとしたら、面白いときに声を出して笑うことかな(笑)


講座でも、なるべく皆さんに笑っていただけたらいいなと常に思っています。
声を出して笑った直後の皆さんの気合の声は、
伸びというか、ツヤというか、放物線の柔軟度やしなり具合みたいなものが
一段と増しているように感じるので。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ご参加の全員のかたが記名で感想を書いてくださったのも大感激です。
全員♪ というのは、なかなかありません。しかも3講座連続で☆


花まるの『大変よくできました』をいただいたような気持ちです。
本当にありがとうございました。


Women's Self Defence Wen-Do
福多唯
[PR]
by selfdefence | 2013-03-19 15:48 | 講座の御礼

Wen-Doマスターインストラクター、福多唯のブログです。本当の声をあげたそのとき、世界は変わる☆


by selfdefence