つれづれ

ミオクローヌス症候群

こんにちは。Wen-Doインストラクターの福多唯です。

2日より、Wen-DoのT-Basic講座のため、愛知県に来ています。
良い天気!
昨日初日が無事に終了しました。
私はこれまでのBasicは2日間連続で(土日などに)行うことばかりだったのですが、
こうして中日のあるスケジュールも、これはこれで良いなあ。
2日目の準備が、1日目の振り返りを行いつつじっくりできます。


先日、東京に行く際に新幹線に乗りました。
自由席だったのでとても混んでいました。
空席がないなぁ〜と思いつつ進んでいったら、3人がけの列のほうで、
窓側と通路側に男性がふたり座っていて、中央が空いていた席があったので、
そこに入れていただいて座りました。


乗車時間は50分程度だったかな? 
眠るつもりはなかったけれどもウトウトしてしまったみたい。
頭の中が、今回=11/3と11/6のT-Basic講座のことでいっぱいだったためか
ほんの一瞬ですがウトウトとした際に、Basicのワークショップをやっている夢を見ました。



声を出す練習を参加の皆さんとはじめようとしていた場面で、
「お腹の内側を引き締めるように力を入れて、
 そこから、こう、空気大砲を放つような感じで、『ハッ!』と…」
と言いながら、手でジェスチャーを添えて参加の皆さんに(夢の中で)やり方を説明する際に、


やっちゃいました。実際に、両手をバッと前に出す動作を(^^;
新幹線の、3人並びの、真ん中の席で、両隣が男性なのに(女性でも驚くか)。


   声を出してなかったのが不幸中の幸い(笑)


その、手の動作をしたことで目が覚めて、
即座に『うわっーーー! しまった!!!』と思ったけど、


あまりにも恥ずかしかったので、そのまま狸寝入りを続けるしかなく。(←謝らないのかよ!)



私はたまーにこういうことがあります。仕事時の移動中に多いのでやっかいです。

動作が出ることもあれば(ジッパーパンチとかやったことがあります。ナイフハンドは幸いなことにありません 笑)、
夜行の高速バスの中で、声を思いっきり『ハーーーーッ!!』と出しちゃったこともあります(^^;
夜行の高速バスは真っ暗だから、どの席の人の声なのか
皆さん正確にはわからないであろうことが幸い(←前後隣の人はさすがにわかるよ!迷惑!!)



さきほど見かけた記事では、寝入りばなに身体がピクッとすることを
『ミオクローヌス症候群』と言うのだとか。
あるある。これも仕事時の移動では特によくある!


私が動作までやっちゃうのも、この一種なのかしらん?
(記事はこちらです。『COBS ONLINE』)


ストレスやプレッシャーが原因かも、と書かれています。

ストレスやプレッシャー…。
私も案外繊細だったか。


予防策としては身も心もリラックスすることが大切だそうです。
難しいこと言ってくれますね ^^;;


けど、そうか、なるほど。だから私は移動中に眠っているときに出るんですね。
移動中に眠るときには、『寝過ごして降り損ねたら大変!』とすごくドキドキして、
携帯をお腹の上に両手で押さえてかかえながら眠るのです。


どうしたら、移動中にリラックスして眠れて、
動作も声も出さないようになれるかなあ。
[PR]
by selfdefence | 2011-11-04 08:59 | つれづれ

女性のためのセルフディフェンスWen-Do Japan代表福多唯です。本当の声をあげたそのとき、世界は変わる☆と信じて、女性の声とエンパワーのための研修・講習・講師養成をしています。


by selfdefence