つれづれ

、を入れるとコピーになる?

こんにちは。Wen-Doインストラクターの福多です。

今週は瞬く間に終わってしまいました。
来週、愛知県でWen-DoのBasic講座をするため、準備や打合せで気づいたらもう金曜日。

日本で行われるWen-Doのほとんどは3時間以内の講座で、
基礎が集中的に学べるBasicは貴重です。
遠方からは参加しにくい日程になってしまって心苦しいのですが、
それでも、という方は、ぜひご一緒しましょう!

講座日時等はこちらです。


そして先日お知らせした、レベル1st講座(in 高槻/ナイフディフェンス)は、
定員まであと3人となりました〜。情報はこちらです。


そして!(まだあるの?) レベル1stの第2弾講座(床に組み伏せられた状態からの離脱等)が
こちらです。



さて、明日と明後日は、
あかりプロジェクトの、リカバリーフレンド養成講座で東京に行きまーす。



さきほど荷造りをしていて、小冊子をテーブルの上に置いたのですが。

娘がその表紙にある言葉を見て、

「読点 、 を入れると、どんな言葉もキャッチーになるよね」と。


   そうなの?

「うん。そこの『わたし、このままでいい』みたいに」


   なるほど。他には何かある?


「『これからを、もっと』とか
 『そうだ、京都、行こう』とか

  あ、あと、

 『ダメ、絶対』」


     それもですか(^^;


「一拍というか、ひと呼吸入れると、何でも重みが増すんだよね」



それは確かに、いろんなことに言えるかも。
[PR]
by selfdefence | 2011-10-29 00:05 | つれづれ

Wen-Doマスターインストラクター、福多唯のブログです。本当の声をあげたそのとき、世界は変わる☆


by selfdefence