2017年 04月 21日

夜のお仕事や土日稼業の女性に 護身術 広島で開催

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


5月に広島に行きます。
企業の労働組合さんの研修でWen-Doをご採用いただいたので、
せっかくなら、一般の方にもご参加いただける機会を作りたいと考えたところ、
講習のセッティングをしてくださる方が現れました☆


『内側から健康になろう

 〜イキイキ人生に役立つ、女性のための護身 Wen-Do 〜


e0024978_11162293.jpg

写真は《肩や首の近くに手を伸ばして来られたら…》。
以前に企業研修でお伺いした先方からいただきました。
お写真をご提供いただけるのって、ものすごく助かります。
ありがとうございます。



・H29年5月19日(金)13:15開場、13:30〜15:30
・亜紀区民文化センター(JR海田市駅より徒歩すぐ)にて
・「女性のエンパワーで女性の暴力被害を減らすWen-Do」に関心のある
 中学生以上の女性は、どなたでも参加できます。
・参加費:3500円(お友達とのお申込で500円引き)
★参加費は会場代と私の宿泊滞在経費にもさせていただきます(^-^)


講座を主催してくださるのは
しょくいくLOVE:木下さん。
お申込などは木下さんのサイトからになります。



平日の講座は、小学生ママに人気です。
私のような土日祝稼業の女性や、夜のお仕事の女性にも参加しやすい機会になればいいな。




Wen-Doについて知りたい方は、Wen-Do Japanのサイトをどうぞ。



________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*5/5〜7 全3日間

*5/14  「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:ストレス対処のコーピング」(金沢市内)
*5/18    (クローズドの研修Wen-Do 広島市)

*6月   小学校でのWen-Do(金沢市内)
      親子護身術(金沢市内)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2017-04-21 11:27 | ☆☆講座案内☆☆
2017年 04月 17日

教える人を教えるには教えない方法で教えるのが最上〜『自分で考え行動する力』のサポート方法〜

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


土日の2日間は大阪でした。TOCfEファシリテーター研修です。


TOCfEはこのブログでも何度か書いたことのある
思考とコミュニケーションのためのツールで、
「ちゃんと考える人になるための道具」と言われています。


ちゃんと っていうのは、
 『物事のつながりや理由を、筋道が通るように、かつ、他者にわかるように
  説明できるようになるくらいのレベルまで(考える)』というニュアンスかな(私の解釈)。



そうだとすると、『ちゃんと』って、かなり難しい…。


思い出します。我が子のなぜなぜ期。


「どうしてなつはあつくて、ふゆはさむいの?」
「どうして、はるになるとおはながさくの?」

みたいな。


私が一番困った記憶があるのは、
「右とか左って、なあに?」でした。
(上下、横の概念はわかるようだったので、それを頼りに、なんとか説明したような…)



あらゆることについて、説明できるレベルになるくらいまで
考えるという作業をサポートしてくれるツール、それがTOCfEです。



ファシリテーター研修はTOCfE習得の認定証を持つ人を対象としたもので、
「TOCfEを学ぶ人をどうサポートするか」を学びます。


すごかったです!
何がすごいかって、


研修の全内容が、『(考えるための)問い』のみで出来ている。



よくある研修では、まずは参加者に自分で考える機会を持ってもらうとしても、
そのあと講師が、
・ポイント
・ここだけは覚えておこう
などをまとめて、提示してくれますよね。テキストにそれが書かれていたりとか。


TOCfEのファシリ研修には
・ポイント
・ここだけは覚えておこう
が、口頭でもテキスト中でも、皆無です。



講師は『何も教えない』。
皆が『自分(達)で考える』というプロセスにひたすら伴走するのみでした。

  *「ファシリテーター研修」ゆえにそうなりました。
   TOCfEをはじめて学ぶ人も参加できる国際認定プログラムでは
   はじめての人も『作法』『手順』について、わかるように『教えて』もらえます(^-^)



あの姿勢を講師が貫くということも、
そうした場で「教えてください」が参加者から一言も出ないことも、
どちらも、冷静に考えるとすごいことです。


  *  *  *



もう何年も前に、DV被害にあった女性をサポートする援助職者さんの研修を
担当したことがありました。


あるワークのために4人組を作っていただく必要があり、
「みなさんで今から、4人組を作ってください。組み方は自由で大丈夫です」と言ったら、


場がシーン…。


   ??(どうしてシーンとしているんだろう?)


「あの…。今の並び順で、端から4人ずつ数えて組めばいいんでしょうか?」


   それでもいいですし、
   組みたい人とランダムにでもいいですよ。
   どんな方法でも構いません(^-^)


ここで、「それでもいいですよ」だけで終わりにすれば良かったのかもしれません。


私の中には『あなたのその考えが正解です』と答える形になるのではなく、
『どんな方法で4人組になっても良く、選択権はあなたがたにあります』と
お伝えしたい気持ちがあって、上記のように言ってしまいました。


すると、再びシーン…。


   ??(なぜ再び??)



(先ほどとは別の人)
「4人組の作り方について、明確に指示を出してください。
 でないと、どうしたらいいのかわかりません」



ワークで何をするのかの、目的・内容・手順は伝えた上でのことだったので、
びっくり仰天。



思わず、


   ええっと…。指示は出したくないのです。

   みなさん、DVにあわれた方をサポートするお仕事ですよね。
   離婚をしたほうがいいのだろうか、とか
   転居しないといけないのだろうか、とか
   人生での重大な局面での迷いを抱える方もたくさんいて、
   みなさんは、そのご決断をサポートするお仕事もなさっていると思います。

   他者の重大な選択や決断を支えるお仕事をしている皆さんにとって
   4人組を作るって、
   明確な指示がないとできないほど、難しいことなのでしょうか。

   率直に言って驚きを感じているので、
   なぜ、指示がないと難しいと感じるのか、
   みなさんの中にどんな戸惑いがあるのか教えていただけますか。


と言ってしまいました^^;;


(その時にある一人の方がくださったお返事は、
 『「自分があぶれたらどうしよう」とか
 「誰かをあぶれさせてしまったらどうしよう」と不安になるんです』ということでした)
 


もう何年もはるか以前のことですけれど、
あの時のことは今も時々思い出して考えます。


あの『4人組』に至るまでに、
受講者さんたちが、もっと小さな選択と決断の階段を登れるように
講習全体をデザインしておくべきだったのかな、とか。


責めるようなことを言うくらいなら
そうした難しさがなくなるように場を設計しとくのが私の役割だったのかな。


私の中で、
『DV被害にあった人の相談・支援の仕事は、
 ご本人が迷う選択や決断をサポートする仕事』という本質が整理されきっていなかったから
あの事態を招いたのかもしれないです。




普段から、自分で考え、選び、行動する、ということを
自身の権利として使いこなしていないと、



つまり、
考えるとは、何をどうすることで、
選ぶとは、何をどうすることで、
行動(実行)するとは、何をどうすることなのか


それらについての小さな体験を、たくさん持っていないことには、


突然、「さあ、自由にやっていいですよ」と言われても
そのようには動けないものです。



TOCfEで、「自分で考える」という作業を
徹底して繰り返し行える環境をもらえることの重みをひしひしと感じます。



『教える人』を教えるには、教えない方法で教えるのが最上。



ややこしいけど、そういうことだなって思いました。


*「教える」って言葉はここは遊びの気持ちも含めてあえて使ったので、
 あまり突っ込まないでね(笑)
 (普段の私は「教える」を使わないので、不思議に思う人がいるかも?と老婆心ながらの補足)



________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*5/5〜7 全3日間

*5/14  「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:ストレス対処のコーピング」(金沢市内)
*5/18    (クローズドの研修Wen-Do 広島市)

*6月   小学校でのWen-Do(金沢市内)
      親子護身術(金沢市内)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2017-04-17 18:42 | 学びのシェア
2017年 04月 09日

セルフディフェンス(護身)の力= 自分で自分のことをわかり、問題解決する健康な力

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


先日、健康関連の事業等でご活躍中のかたから、
「もしかしたら、福多さんのセルフディフェンスと『健康』のテーマで
 何かできるのではないかなと考えています。
 何がという段階ではないけれど、一度お話しできませんか」
とお声がけをいただきました。


『ありがとうございます。ぜひ!』と、お茶を飲みつつお話をしてきました。


健康というテーマは、素人の私が想像するだけでも、


身体的な健康(運動や生活習慣、食生活など)
情緒的な健康(いわゆる「こころの健康」)
環境・関係性での健康(住環境や自然、対人関係などとの関わり方)
など、広そうです。

自己実現や社会貢献など、「健康な人生」まで含めたら、本当に広大なテーマだなあ。


実は、健康とセルフディフェンスも密接です。


健康の視点なくして、セルフディフェンスを語ることはできません。




分かりやすい接点の具体例は、ふたつあります。




一つ目は、
ジェイン・マクゴニガルさんのTEDスピーチ『ゲームで10年長生きしましょう』で語られる、
PTG(心的外傷後の成長)に役立つ4つの力のお話。


暴力被害にあうとPTSG(心的外傷後ストレス障害)を抱えることになる方もいらっしゃるので、
PTSGやPTGについても講座内で触れることが時折あり、
ジェインさんのお話は、私も講座でしばしばご紹介しています。


   ちなみに、ジェイン・マクゴニガルさんは、
   「スタンフォードの…」シリーズ(?)で著名なケリー・マクゴニガルさんと双子です。
   (私の子どもが双子なこともあり、双子ネタを入れてみました)





ふたつ目は、
厚生労働省の『休養・こころの健康』のページの記述。
はじめて読んだ時、「これってまさしくWen-Do!」と感じ、
以来、場によってはWen-Doを《暴力対処のセルフケアです》と表現してきました。




以下は、Wen-Do Japanでの、セルフディフェンスの力の説明図です。


e0024978_13580473.jpg





セルフディフェンスは心と体の回復や成長に役立ちます。


生き生きとした人生の選択を後押しできるWen-Doを、
これからも続け、後にも繋げて行こうと思います。


________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*5/5〜7 全3日間

*5/14  「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:ストレス対処のコーピング」(金沢市内)
*5/18    (クローズドの研修Wen-Do 広島市)

*6月   小学校でのWen-Do(金沢市内)
      親子護身術(金沢市内)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2017-04-09 13:59 | セルフディフェンス全般
2017年 04月 02日

鎧をまとったままでも筋肉を鍛えることはできるかもしれないけれど、体幹をしっかりさせたいなら鎧は脱ごうよ、みたいな『ゆらっく』

こんにちは。
世界が変わる わたしのお守り Wen-Do Japanの福多です。



今日は「世界が変わる 学びと対話 ゆらっく」。
昨年から定期開催していて、今日はH29年度初の開催でした。



タイトルだけではわかりにくいこの企画(笑)。



ゆらっくはいつもマインドミラーのカードワークから始まります

私が今日引いたカードにはこんな問いがありました。
偶然なんだけど、Wen-Doの私にはやっぱりこれか(笑)。


e0024978_15545577.jpg



私が自分をまもるために心がけていること…。



「外の声(規範や規律や体裁など)よりも、
 自分の内側の声に耳を傾けること、です。」と自己紹介しました。



次は、マインドフルネス・タイム。これもゆらっくでは恒例です。



厳密な(?)マインドフルネスだけではなく、



呼吸法や、
自分に優しい言葉をかけられる自分になるために役立つこと、
初心者段階ではこんなやり方から入るとやりやすいですよ、な方法を揃えて
毎回、ちょっとずつ趣向を凝らし、静かに自分と共にいる時間を持ちます



今日は集中力アップに役立つちょっとした呼吸法とその学術的?背景をご紹介し、
皆で静かな時間を持ちました。



そしてメインのテーマ・ワーク。今回は「自分を愛する」です。



書籍『ハーバードの人生を変える授業』内の『自分に優しくする』を読み合わせしました。



そこには


心理学者のマーク・R・レアリーらは、とくに困難な時期においては、
 自己信頼感よりも自分に対して思いやりの気持ちを持つ方が効果的であることを発見しました


とあります。


ダライ・ラマはこう述べていますという下りもあります。


「まず自分です。そしてもっと進化したかたちで、その気持ちが他者に広がっていくのです。
 ある意味では、深遠な思いやりとは、利己主義が高度に発達した形態にすぎません。
 自己嫌悪の強い人は他者に対して真の思いやりの心を持つことは難しいのです。
 始まりとなるべき土台がないからです」



読んだら、わからないこと・疑問に思うこと・感じること・思い出したこと、
「ここはこの解釈で良いのかなあ?」などなど…を出し合って、意見交換を経てから、
記入式のワークに各自取り組みます。



ゆらっくに来てくださる方は、
ご自身に焦点をあてて、「私はつい〜〜になっちゃうんですよね」と話してくださるかたが多く、



すると他の人も「それ、わかる気がします。私も〜〜〜」と続いて発言してくださり、



その循環が起こると、
「資料のここの、この文章、ちょっとよくわからないんですよね」など
『わからない』とおっしゃってくださる方も出て来ます。



来てくださる方々のおかげで、背伸びをしなくても良い場が出来て、
毎回ほんわかと居心地が良く、とてもありがたく思っています
(って、主宰&進行の私が言うのもどうなんだ?)。



弱さや本音が出せるって大切なことですよね。



鎧をまとったまま運動するのでも、筋肉を鍛えることはできるのかもしれないけれど、
体幹をしっかりさせたいなら、鎧はぬいだ方がいいよね、みたいな(←わかりにくいよ!



次回は5/14(日)の午前です。
ゴールデンウィーク明けですし、新年度で職場疲れなさる方もいらっしゃるかも…ということで、
テーマは「ストレス対処のコーピング」です(^-^)


あれ? 結局『タイトルだけではわかりにくいこの企画』についての説明がないまま?!


こんな主旨です(^-^)


e0024978_16091293.png


________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*5/5〜7 全3日間
*5/14  「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:ストレス対処のコーピング」(金沢市内)
*6月 小学校でのWen-Do(金沢市内)
*7月 カモン・たのしい夏休み♪ 特別企画Wen-Do (金沢市内)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2017-04-02 16:09 | 講座の御礼
2017年 04月 01日

ボツネタシンポジウム2017 〜自分で考える力と主体性と暴力性の関係〜

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。



TOC/TOCfE ボツネタシンポジウム』なるものに参加してきました。
エキサイティングで笑いにあふれ、とても楽しい場でした。

e0024978_14393698.jpeg
友人が発表中の私を、リラックマを添えて撮影してくれました♪ ありがとう!!



ボツネタシンポジウムとは、ボツになるネタがないシンポジウム。
(ボツになったネタが集まったわけではありません 笑)
応募した全員が発表できます。


その制約のなさが、さすが制約条件理論(TOC)のシンポジウム。


だからといって、ゆるくいい加減なわけではなく、
時間内に全員の発表を終えるため、最長10分ずつで22人が発表しました。
全員が時間を守っていたこともすごいです!
3〜4人のシンポジストでのシンポジウムですら、大抵誰かが時間超過して語っちゃって、
力量のある人が巻いてくれて無難に収まる、みたいなことになったりしやすいのに。



アカデミー賞に倣っていくつか賞が設定され、私は助演女優賞をいただきました(笑)。
初参加のチャレンジ精神への表彰でした。やったあ♪

e0024978_14394118.jpeg
賞品の焼きとうきびあられ、大好物です。
北海道に行かないと買えない貴重な品。ラッキー。


ちなみに大賞は『作品賞』で、中学一年生の女性✨
「子どもだから」もらえたのではなく実力で、本当に素晴らしい発表でした。


*  *  *  *



懇親会で、ある方が、
「これまで〜〜や××などを学んで来ました。
 何かオススメのものがあればぜひ教えてください」とおっしゃって、


〜〜や××を学ばれたことがあってそうしたことを深めたいのなら…と、
私はその方にフォーカシングをイチオシ。


フォーカシングやWen-DoやTOCfE、アサーティブネスなどには、
自分で納得が行くまで考えて、自分でそれを言葉(声)にするという共通点があり、


そこに集う人は、
自分の考えや言動に責任を持つために主体的
=他者の考えや発言には非侵襲的で、かつ、腰を据えて耳を傾ける方が多いように感じます。


手法そのものも魅力的なのはもちろんだけれど、
そういう人が集う、あの場の空気が好きだなあ。


*  *  *  *


金沢でのTOC/TOCfEの勉強会は、
毎月第3水曜の夜に開催してくださっている方がいらっしゃって、
私も行ける時には参加しています。とっても楽しいよ♪


女性は夜だと出にくい人も多いので、
私はそれとは別に、日中の学習会を気まぐれにやっていこうかなと思っています。


学習会日程を待たずとも希望の方には個別にご紹介しますので、
興味があれば気軽にどうぞ。
考える力のエンパワーツールとして、ぜひぜひ♪

e0024978_14395829.jpeg
こちらはボツネタシンポの参加賞賞品。
参加費無料なのに、ご用意くださった方には本当に感謝です。


e0024978_14400942.jpeg
こちらはTOCのCCPMについての書籍。4月10日だったかな?に出るそうです。
助け合いって、気配りの意思の有無の問題にされやすいことだけれど、
誰もが行いやすい仕組みにできたら、もっと助け合える予感がして、ワクワクします。


________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*4/2 am 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:私を愛する」(金沢市内)
*5/5〜7 全3日間
*5/14  「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:ストレス対処のコーピング」(金沢市内)
*6月 小学校でのWen-Do(金沢市内)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2017-04-01 15:38 | つれづれ
2017年 04月 01日

セルフエンパワー:CLDエキスパートコース

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


何度かこのブログにも書いた
セルフエンパワーのためのWen-Do Japanの新コース『CLDエキスパートコース』


5月に開講する第一期は、おかげさまで満員となりました。
ありがとうございます。


次期以降は、ご希望くださる方がいらっしゃる地で開催したく思っています(^-^)
どんな内容かをかいつまむと…。



CLD=Control my Life and Destiny.のエキスパートを目指す当コースは、


初日がWen-Doにどっぷり丸一日。
2日目は自身のエンパワーにつながる普遍的な方法。
3日目は自身のエンパワーを保持しつつ周りにもその輪を広げるための、
日々の実践に役立つあれこれ。


という構成です。



言葉にならないモヤモヤを言葉にする方法、
人生をより幸せで有意義なものにするために必須なものとつながる方法、
複雑に思える状況や悩みをシンプルにする方法…などを体験します。



また学びを生かして何かをしたい方は、どんどん使っていただけます。
『講師養成』みたいな言葉があまり好きじゃないので、そうしたコース名にしていないのですが、
そうしたものと思っていただいて大丈夫です。


具体的には、

1)20種以上のレクチャーや実習エクササイズをご紹介します。
  →オリジナルな活動の立ち上げや、今なさっているご活動に使ってOKです。

2)「私語り」のワークショップ・ファシリテーターになれます。
   私語りについてはこちら。

3)Wen-Doの講師を目指す人には、プレ・トレーニングの場になります。


Wen-Do Japanのサイトではこちらに詳細を載せています。


ご関心のある方は、気軽に連絡ください♪
こちらからご指定の場(全国どちらでも)に出張します。
最小2〜3人から開催できます。




e0024978_13405825.png


________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*4/2 am 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:私を愛する」(金沢市内)
*5/5〜7 全3日間
*5/14  「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:ストレス対処のコーピング」(金沢市内)
*6月 小学校でのWen-Do(金沢市内)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2017-04-01 13:48 | セルフディフェンス全般
2017年 03月 21日

香りでもカクテルパーティー効果 〜小布施の、モンブランとメロンパンとソーセージデニッシュ〜

こんにちは。
“世界が変わる わたしのお守り”Wen-Doで
女性のエンパワーに貢献したい福多唯です。


連休に、実家に帰省し、
今回は車だったので、帰路途中で長野県の小布施に寄りました。
その時、とっても興味深い体験をしたのです。


まずは、小布施でお目当の『栗の木テラス』でモンブランをいただいて、


e0024978_17013400.jpeg

   



散策していたら、


行列で賑わっているメロンパン屋さんが目にとまりました。
(後から調べて、この『アルテリア・ベーカリー』とわかりました)


娘がメロンパン好きなので、もちろん買います♪


娘と自宅の家族にはメロンパン。
私はソーセージデニッシュ。


良い香りのパンの袋を車に乗せて、
高速道を運転して2時間ほど経過したところで、


ちょっとおなかが空いて来たかなあーーと思うと、
美味しそうな香りがいっそうかぐわしくなるのだから不思議です。



   おなかが空いて来たね。
   ところで、このパン、
   メロンパンの方が数が多いから、甘い香りの方が勝つかと思ったけど、
   やっぱりソーセージをグリルした香りって強いんやね。
   この美味しそうな肉系の香り、たまらん〜。



娘に私が話しかけると、


「えっ?! ソーセージ?
 『私はメロンパンの香り、めっちゃいい香り〜』と思っとってんけど?」


   ホントに? 甘そうなバター系の香りがするってこと?


「うん」


   えええ〜。びっくり!!
   お互いが嗅ぎ取ってる匂いが違うんや?!



メロンパンもソーセージデニッシュも同じ袋に入っていて、
その袋は娘からも私からも等距離な、運転席と助手席の間にありながら、



メロンパン好きな娘はメロンパンの香りを感じていて、
私はソーセージの香りを感じていました。



カクテルパーティー効果って、聴覚や視覚のこととして捉えていたけど、嗅覚も?!



*カクテルパーティー効果とは、
 人混みの中でも聴きたい相手の声を選択的に聞き取って会話できるとか
 人混みでも好きな人はすぐに見つけられるなど、
 人の脳の選択的注意能力の説明で出てくる言葉です。



そういえば、味覚もですね。
嫌いな味や苦手な味ってすぐにわかるし、逆に好物にはどんどん味覚が鋭敏に。



香り=嗅覚も、
様々な香りがあるときに、自分にとって重要な香りを選択的に知覚するのかな。



モンブランは紅茶と一緒にいただいたのですが、
それについてもそういえば、香りによって美味しさが際立って、
また、
美味しさへの期待から香りや味をより一層感じ取れていたような気がします(^-^)



どんな心持ちでいるかって、五感にも大きく影響するのだなと感じました。


________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*3/25 am 私語り ダイジェスト版(『シェアマインド金沢ファンの皆様の集い』)
*3/25 pm 考える力がどんどん出てくるTOCfE 体験会(金沢市)
*4/2 am 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:私を愛する」(金沢市内)
*4/5 am  私語り ダイジェスト版(『シェアマインド金沢ファンの皆様の集い』)
*4/5 pm 考える力がどんどん出てくるTOCfE 体験会(金沢市)
*5/5〜7 全3日間
   Wen-Do Japan セルフエンパワーの『CLD エキスパートコース』(金沢)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2017-03-21 16:58
2017年 03月 14日

泥だんご作りみたい⁈〜《私語り》哲学を表現する物語の作り方〜

こんにちは。
Wen-Do Japanの福多唯です。


今日は、岡崎市で《私語り》のワークショップでした。


自分を守るためには、
自分を大切に感じられる必要があり、


自分を大切に感じられるようになるには
自分の過去に誇りを持ち、
未来に希望と勇気を持てたらいいな♪…と、

《私》についての捉え方や語り方を整えたワーク、それが《私語り》です。


e0024978_22371925.jpg



通常、ワークショップでは開始時に自己紹介がなされるけれども、
《私語り》では、皆の自己紹介で締めとなります(^-^)


みなさん、考える時間は超集中モードです…。

e0024978_22372031.jpg


人って、やるべきことが明確になれば
集中して力をガーッと出せるのですね。


なさっている活動やお仕事のことでの自己紹介として「私語り」をしてくださった方もいれば、
春からPTA役員をするので…と、それを引き受けた理由などを話してくださったかた、
ご自身が今魅力を感じてハマっているものについて、
「なぜ、それにハマったのか」を話してくださったかたなどがいてくださり、


バラエティーに富んだ、本当に素敵な『私語り=自己紹介』の場になりました。


『私語り』は肩書きがなくても大丈夫!と、私も自信を持てました。


考えてみれば、
肩書きというものは、自分の生きざまや哲学をわかりやすく表現するためのオマケですものね。
肩書きがなくても『私は何者なのか』を語ることはできます。


最後の最後に
「これって、泥だんごみたいなものかも♪」との声が上がりました。


泥だんごって、
硬く、ピカピカに仕上げるには、結構大変。
1個目がそうなるとも限らない。


作業自体はシンプルなのに〜。


それにたとえてくださってのお声でした。
うん、いいっ✨ まさに泥団子やね。


これからどんどんピカピカになります。
磨きさえすれば(笑)


参加のみなさんが
これからも人生を闊歩なさるご様子が
眼に浮かぶ時間でした。


ありがとうございました。

e0024978_22372017.jpg


________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*3/25 am 私語り ダイジェスト版(『シェアマインド金沢ファンの皆様の集い』)
*3/25 pm 考える力がどんどん出てくるTOCfE 体験会(金沢市)
*4/2 am 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:私を愛する」(金沢市内)
*4/5 am  私語り ダイジェスト版(『シェアマインド金沢ファンの皆様の集い』)
*4/5 pm 考える力がどんどん出てくるTOCfE 体験会(金沢市)
*5/5〜7 全3日間
   Wen-Do Japan セルフエンパワーの『CLD エキスパートコース』(金沢)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………


[PR]

# by selfdefence | 2017-03-14 22:24 | 講座の御礼
2017年 03月 08日

不安を解消する、予防的護身を考えるステップ〜TOCfEのATTが大活躍〜

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


先日、Wen-Doのワークショップを神奈川でご活動のカミツレプロジェクトさんにご開催いただきました。


同会場で同一年度3回目の開催にもかかわらず、リピートしてくださる方も何人もいらっしゃたので、
今回はWen-Doの基礎スタイルをアレンジし、
【不安解消の予防的護身】と、【口頭対応】の時間をたっぷりと(^-^)



特に【不安解消の予防的護身】については、様々な場でご活用いただけるかと思うので手順を記載します。
TOCfEのATTが大活躍でした。
 →TOCfEについてはこちらです。



《たとえば、痴漢のことで護身の策を考えたいなら》


1)テーマを『●●への不安解消に、私が使える方法を見つける』と設定


今回ならば『痴漢への不安解消に、私が使える方法を見つける』となります。

ファシリテータのいない学習会では、テーマの文を書くと視覚的にわかりやすいです。
(ファシリテータのいる場合はファシリテータがそこを把握して、
 話が逸れかけた時にはテーマに戻るようにします)


ここでのポイントは、『解消』『私が使える』

『痴漢への不安解決に使える方法』『痴漢への不安解決策』『痴漢対応』などにしません
(理由はのちほど♪)



2)『私が不安を抱くのはどんな状況での痴漢?』を明瞭に


痴漢といっても状況は千差万別。


乗り物の中のものもあれば、通りすがりの行為もありますし、
乗り物も、いわゆる満員電車なのか着席中のことなのか、
立ち乗りで混雑はしているけれどぎゅうぎゅう詰めではない…などなど。


『私が今考えたいのは、どの場面の痴漢についてなのだろう?』と具体的に場面設定をします。


グループなら、

「今は、考えるステップの学びがわかりやすくなるようにしたいので、
 状況も一つに絞って統一しましょう」と呼びかけて、
皆での共同作業で皆が同じシーンを思い描けるようにしておくと
ファシリしやすいと思います(^-^)


*ファシリが慣れていたら、複数場面があってもできないことはないです。
 その時は時間の余裕を持って行います。



3)『そのシーンでの痴漢が不安なのはなぜ?』を考える


ぎゅうぎゅう詰めの満員電車という同じシーンに対してでも、
各自が不安を抱く理由は異なります。


また、仮に自分一人でこの作業をするとしても、理由は一つだけではなくて複合的なことも多いので、
「なぜならば…」と続けたくなることは全て書き出します。
(*TOCfEのATTでの、「障害」を書き出す作業に該当)


Aさんは《動きようがない》のが不安なのかもしれませんし、
Bさんは《人がたくさんいるのに助けを求めることができない》のが不安なのかもしれませんし、
Cさんは《なぜいつも私? 相手が私の家まで知っていたらどうしよう。
     今は満員電車だからこの程度で済んでいるだけなのかも…》と思うのかもしれません。




4)『不安が解消されるとしたら、それってどんな状況?』を思い浮かべる


先日の講座で最初に出てきたのは「(相手が私を)さわれなくなっている」でした。
そうした、当たり前と思うことも出すことが大切です。


「さわれなくなっている」に次いで、
『それに似ているかもしれないけれど…』と前置きしながら、
『(相手が私を)触る気がなくなっている』という声があがりました。


そうした微細な差の意見も全て書き出します。


ここで、『触る気がなくなっている』が出てくるのは、
最初にテーマ設定で『解消』という言葉を使っている効果でもあります


『解消』としておくことで、
『私が何もしなくても問題が解消されるなら?』を含めて
状況を自由に思い浮かべることにつながり、幅が広がります。



5)『その状況になるように、何をしよう?』と、できそうな行動をあげる


講座では
「さわれなくなっている」←「硬い素材の服を着る」
「触る気がなくなっている」←「鋲の着いたロックな服を着る」
なども出てきて皆で笑いました。


     すっごく大事!と思ったことが一つ。

     「硬い素材の服を着る」のアイデアをあげてくれた方が、
     「自分ではそうしたいかどうかは微妙だし、おすすめもしたくないのだけれど
     と付け加えたので、

     その理由をお聞きしたら、

     「痴漢なんかのために、自分の服装選択の自由を封じるのはイヤっていうか」


     そうだよね〜〜!!!と、
     あの瞬間にみんながうんうん!ってなって、一体感が高まってたなあ☆
     


笑いが出てくるのや、みんながうんうん!となるのは良いサイン♪
場がそうなると、自由なアイデアが闊達に出てきます。


同時に


こうした場で進行を担う側としては、
笑いが出た時にはそれはそれで慎重さも必要で、


『もしかしたらこの場の笑いに、
 当事者さんが傷ついたり孤独感を覚えたりしてしまってはいないかな?』は
常に念頭に置きます。


場の全員に対して、


「みなさん、いかがでしょうか。
 今、様々なアイデアが上がってきているわけですけど、
 ご自身にとっての『私が使える方法』がここに一つでもあるでしょうか。

 もし、まだ私には一つもないわ、という方がいらしたら
 皆でもっとアイデアを出し合いたいですし、

 全員に一つずつでも何か出来そうなことが見つかっていたら、
 この時間はこれで一区切りにしてもいいのかなと、チラチラ考えているのですが…? (^-^)」


と、確認もします。




オプション)


「私にはまだ出来そうな方法が上がってきていません」
「以前に、そこに書かれている〜〜〜をやってもダメだったことがあって…」
などのお声がいただけることもあります。


そんなときは、《前提条件が同じかどうか》を確認します。


『前提条件は同じでしたか?
 満員電車で、ぎゅうぎゅう詰めで…という時に、
 ここに出てきた方法をやってみても、ダメだったということでしょうか?』

とは聞きません  が、


『ダメだったことがあったんですね。
 そのダメだった時について、
 今、《満員電車での痴漢について…》と私たちが皆で考えてきたのとは
 そういえば違う要素が混じっているな〜とお気づきになることってありますか。
 言える範囲で、どこがどう違っているのかを、教えていただけますか』


みたいな感じでお聞きします。



ご本人はご経験をお持ちなので、具体的なシーンで頭がいっぱいになってしまうと、
『言える範囲で…』と言われても、どうしたら良いかがわからずに言い淀むこともあるので、


言いたい(ご自身のモヤモヤを晴らしたい・それについて考えたい)のに
言葉が見つからずにいるみたいだなあ…なときには、


『たとえば、
 電車のような密閉空間ではなかった、とか、人口密度が電車より低かった、とかでも大丈夫です』


など、抽象化表現のサンプルを提示することもあります。


そのあと、たとえばご本人が、
「ああ…。電車より人が圧倒的に少なかったです」などとおっしゃったとしたら、


『なるほど、そうなんですね。
 だとすると、それは、やった方法がダメだったのではなくて
 先ほど考えたケースとは前提が異なっていたっていうことなんですね』


と、そこではじめてご本人の具体的な発言をちょっぴり抽象化・要約すると、
ご本人も捉え方がわかり、応用が効きやすくなります


あとは同じです。


『《人が少なかった》という状況での不安に絞って、先ほどと同じ手順で考えてみましょうか』
として3)に戻ります。




5月からのCLDエキスパートコースには、
【不安解消の予防的護身】と【口頭対応】の時間も入ります。
グループ活動で練習を繰り返しおこなっていただけるように手順マニュアルの資料も付けますね♪
ご参加の方は楽しみにしててください。
早く資料を作らなくっちゃ(^-^)




写真は、掲載OKをいただいたメンバーで。


みなさま、ご参加ありがとうございました!
同一年度で3回もご開催いただけたおかげでWen-Doの様々な面をご紹介できました。本当に感謝です!



e0024978_12595149.jpg

e0024978_12593672.jpg







________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*3/11 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:最高の自分と出会う」(金沢市内)
*3/11 「考える力」がどんどん出てくるTOCfE勉強会 その1(3/25pmその2、4/5pmその3)
*3/25 私語り ダイジェスト版(『シェアマインド金沢ファンの皆様の集い』)
*4/2 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:私を愛する」(金沢市内)
*4/5 私語り ダイジェスト版(『シェアマインド金沢ファンの皆様の集い』)
*5/5〜7
   Wen-Do Japan セルフエンパワーの輪プロジェクト CLDエキスパートコース(金沢)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2017-03-08 13:03 | 講座の御礼
2017年 02月 28日

活動・セミナー・ファシリテーションの力量をあげる《あたかも形式》〜護身力のアップに一番大切な力〜

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


先日、男女共同参画の推進のために活動をなさっているサークルでの、
茶話会講話(←勝手に名付けました)の指南役をさせていただきました。


その講話で活躍したのは《あたかも形式》!(って何ですか



どんな活動でも、ベテランさんと最近関心を持ち始めた人とでは
知識や経験の量に差がありますよね。


男女共同参画関連の活動ではそうした難しさに加えて、
メンバー間で異なるイメージを持つことがあり、
その戸惑いや乗り越え方も課題になりやすいです。


事例は省きますが、たとえで言うと、


アジサイの花を咲かそう♪という考え方に賛同し、皆で同じ行動をとったはずが、
結果として異なる色の花が咲いてしまって、まるで別物みたいに見えて…あれ?みたいな。


そうなってしまう原因は「土壌」です。(環境要因は今回は省略します)


「土壌」が違うと、同じ考えで行動したつもりが、結果として枝分かれすることがあります。



誰にとっても「土壌」って、本人には当たり前に最初からそこに在るから、
結果が出てからでないとお互いに、なかなか気づけない存在なのですよね。



今回の茶話会講話では、この先の活動でメンバーさんが「あれ?」とならないように、
メンバーの皆さんがWen-Do (女性に対する暴力防止)や
男女共同参画について共通の土壌を持てるよう、理解を深めたいのです、というご要望でした。




各自が自分の土壌を自然に自覚し、またお互いのそれを無理なく受け止め合える空気作りには、
『思いや疑問・もやっとしている気持ちを、仲間として対等に無理なく話せる』要素が欠かせません。



そのため、今回はこんな準備で臨みました。
e0024978_22123518.jpg



それぞれの紙に3つずつ、
メンバーの皆さんから出してもらいたい複数の質問(=福多が話そうと思う複数のトピック)が
書かれています。


質問は計12個考えて、6枚に散りばめました。



折ったのは単に私の楽しみで(地味に、折り紙が好きなのです)、普通の4つ折りでも構いません。
多少選ぶのが楽しくなればいいなと思って(^-^)。



メンバーさんは、時計回りで、その紙にある質問から1回にひとつずつ、
「これならきいてみたい」と思える質問を福多にします。


または、紙に書かれた質問から連想されて浮かんで来た質問でもOKです。



福多が質問に応えたのちに、
他のメンバーさんも何か思いが出て来たら、自由に発言できます。


対話が一区切りしたら、時計回りで次のメンバーさんに…と、ぐるぐる回します。



《あたかも形式》には様々なやり方があり、
今回は、あらかじめ質問を用意する方法を採りました。


  *  *  *


あたかも、自分が質問をしたかのような気持ちになれる。


あたかも、自分が場づくりのきっかけを提供したかのように感じられる。



幼い子に包丁作業を任せる時に、いきなりりんごとかをぐるぐる螺旋に剥かせる人はおそらくいません。
カステラとか、牛乳かんとか(笑)、
「別に包丁がなくても分けられるんだけどね、うん」なものを使って、
『うわあ! 上手に切れたね〜』と
その子があたかも包丁が上手に使えたと思えるように、大人はサポートするものです。



サークルメンバーさんは大人なので、
《あたかも》とされていることはわかった上で、大人だからこそ、こちらの提案に乗っかってくださっているわけですが(だから、助けられているのはこちらです)、


それでも『参画』することで身が入りますし、
そうした場で考えたことや発言したことは、ご自身の深いところに染みるものです。



その日も、私が想像していたよりもずっと早く
メンバーさんからの意見が自由闊達に出てくる場になりました♪
普段からそれぞれの発言を大切にミーティングをなさっているのだろうなと感じました。


e0024978_11370993.png



上記の紙は、ある方に回ったもの。
その方が選んでくださった《あたかも質問》は


「自分で自分を守る『護身力』をアップするために、一番大切な力は何?」



私のお返事は、ひとことにするとしたら


自分で自分のことをわかる力 です。


もうちょっと詳しくすると、


(1)「私は今、どんな感じ?」をキャッチする力
(2)(1)にふさわしい思考を展開する力
(3)(2)にふさわしい行動を選択する力


そんな風に思っています。


《あたかも形式》は、ファシリテーションや質疑応答のスキルアップにも役立ちます。
もちろん、なんらかの目的を持って活動するサークルメンバーの方々にも。


《あたかも形式》を自作できるかどうかが
そのテーマについての構成力を持てているかどうかの指標になるからです。


やってみるとそこがわかり楽しいです。機会があればぜひ



________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*3/11 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:最高の自分と出会う」(金沢市内)
*3/11 「考える力」がどんどん出てくるTOCfE勉強会 その1(3/25pmその2、4/5pmその3)
*3/25 私語り ダイジェスト版(『シェアマインド金沢ファンの皆様の集い』)
*4/2 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:私を愛する」(金沢市内)
*4/5 私語り ダイジェスト版(『シェアマインド金沢ファンの皆様の集い』)
*5/5〜7
   Wen-Do Japan セルフエンパワーの輪プロジェクト CLDエキスパートコース(金沢)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2017-02-28 12:01 | 講座の御礼
2017年 02月 27日

2017年第5回ナラティブ・コロキアム(ナラコロ)

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


突然ですが、『ナラティブ・コロキアム』に参加申し込みをしました。

2日間の企画です(一部だけの参加もできます。私は初日だけ)。


ベイトソン、
ドラッガー、
リフレクティング、
オープンダイアローグ
レベッカ・ブラウンにピアサポート…

こんな企画ができるなんてすごいです〜〜。


昨年10月末にこの企画が発表されたときから行きたい!とうずうずで、
予定を確認したらその日は仕事…のはずが、
予定が変更になって、これなら行ける♪ と、ウキウキと申し込みました(^-^)


申し込みメールへの主催の遠見書房さんからのご返信に
「良かったらご関心のありそうな方にお知らせを…」とあったので掲載をば。


金沢からでも行きたいと思ったこの企画。
おひとりでも参加者さんが増えて、当日の学びを共にできれば嬉しいな。


ところで、全然関係ないけど、


ナラティブコロキアムに申し込みをしたその日、
関東の友人が、別のイベントについて「一緒に行きませんか」と呼びかけをしていて、
見たら、開催日がナラティブコロキアムとかぶってる…。


ざんねん…と思ったのもほんの束の間、


なんと会場が私が申し込んだナラティブコロキアムと同じ駒澤大学でした☆
こうなると、
私はナラティブ・コロキアムに行く運命だったに違いない。と思えてならない(←認知の歪みでしょうか


友人とも会場で会えることになり、楽しみです。


写真は当日分科会を担当の竹田伸也先生のご著書。


この本は、実は他の書籍を買ったら当日限り有効のクーポンをいただけて、
せっかくならば…とさほど考えずにクーポン使用のために購入しました。
そしたら素晴らしくて、元のお目当の書籍以上に大活躍してくれています。
本も出会いですね。




e0024978_08455292.jpeg


________________________________________
《これからの予定》*いずれもお気軽にお問合せください


*3/11 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:最高の自分と出会う」(金沢市内)
*3/11 「考える力」がどんどん出てくるTOCfE勉強会 その1(3/25pmその2、4/5pmその3)
*3/25 私語り ダイジェスト版(『シェアマインド金沢ファンの皆様の集い』)
*4/2 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:私を愛する」(金沢市内)
*4/5 私語り ダイジェスト版(『シェアマインド金沢ファンの皆様の集い』)
*5/5〜7
   Wen-Do Japan セルフエンパワーの輪プロジェクト CLDエキスパートコース(金沢)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2017-02-27 09:03 | つれづれ
2017年 02月 20日

人の心に響く言葉を届けるには

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。

祖母の葬儀で実家に来ています。

「おばあちゃんのマイナンバーの通知カードってどこだっけ?」
などなど、
探し物などをしていると、思いがけず発見するものがあり、楽しいです。

e0024978_22590233.jpeg
懐かしいーー!
硬貨も「昭和三十八年」とかがいっぱい(^-^)


さて、そんな最中ではございますが、ひとつお知らせです。
3/14(火)の午後、愛知県岡崎市にて。『私語り』の場を持たせていただけることになりました



『私語り』とは、いわゆる自己紹介で、
『自分の哲学と物語を見出して、自分について語る』もの。



私は、講座での自己紹介がかなり長いこと苦手でした。

あれこれ毎回工夫もするのだけど、なんとなく「これだ!」というものになりません…。


でも、Wen-Doのトレーニングでトロントに行き、
母語ではないつたない英語であちらの女性たちと交流して、とっても大事なことがわかりました。


話す人が、その人自身の真実に触れて話しているのだと感じられると、
聞いているこちらは感動します。


自分が話す時も、
話すことによって自分への誇りが増すような、
そんな語りが出来たときって、

結果として、聞いてくれる人にも何か響くことが、はっきりとわかりました。


『私語り』ではその辺りのポイントを押さえながら、
自分のこれまでとこれからを大切に愛おしく思える自己紹介文を作ります。


たった2時間で、一生大切に使いたくなるような自己紹介文が手に入ります♪


ちなみに『私語り』はWen-Do Japanで5月に開講するCLDエキスパートコースにも入れる予定です。
自分を誇れる、って、セルフディフェンスの土台を強くしてくれるので(^-^)



多くの方が、自分を誇れるようになったらいいな。


3月14日の岡崎市はきっと、
自分としっかり向き合って、自分の哲学や物語を見出したい!という者同士で集まる場になりますね。
今からものすごく楽しみです。

良かったらご一緒に。


*金沢での『私語り』は、ダイジェスト版を3/25と4/5に予定しています。
 


________________________________________
《これからの予定》*リンクのない予定についてもお気軽にお問合せください


*2/25 護身術&男女共同参画研修(金沢市内)
*3/4 川崎市内 Wen-Do(詳細後日)
*3/11 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:最高の自分と出会う」(金沢市内)
*3/11 「自分で考える力」がどんどん出てくる勉強会 その1
*3/15、16 (名古屋市内 研修会)
*3/25 私語り ダイジェスト版(『シェアマインド金沢ファンの皆様の集い』にて)
*3/25 「自分で考える力」がどんどん出てくる勉強会 その2
*4/2 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:私を愛する」(金沢市内)
*4/5 私語り ダイジェスト版(『シェアマインド金沢ファンの皆様の集い』にて)
*4/5 「自分で考える力」がどんどん出てくる勉強会 その3
*5/5、6、7
   セルフエンパワーの輪プロジェクト CLDエキスパートコース(金沢)




………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2017-02-20 23:32 | ☆☆講座案内☆☆
2017年 02月 15日

セルフ・エンパワー! 〜Control my Life and Destiny. 人生と運命の舵をとる〜


こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


昨日、祖母が天への旅に出てしまいました。
大正生まれで、最後まで元気だったおばあちゃん。


私が一人暮らしを始めるまでずっと一緒に暮らしていて、
帰宅時も、不登校で学校に行かなかった時も、いつも私はおばあちゃんと一緒でした。



なんと最後は自宅の自室の畳の上。
介護用のベッドですらなく、普段通りの自分の布団の中です。



見事すぎます。
私には真似ができない予感がします。



そんなAmaizingな祖母ですが、私に会うたびに、
「子どもの頃に、唯ちゃんに会っていたかった」と言っていました。



子どもの頃も、戦争中も、戦後も、
思い出したくないような目に、何度かあったのではないかな…。
毎回、「どんなに怖かったことか…」と目に涙を浮かべて繰り返し、
出来事については多くを語ることはありませんでした。



おばあちゃんの呼吸が止まってしまったと、実家から連絡がきて、
「人の運命って…」とふと思った瞬間に、


Control my Life and Destiny.


と言う一文が、ポンと思い出されました。


昔…20年前くらいに、エンパワーメントという言葉とはじめて出会い感銘を受けた私は


    人との関わりでエンパワーされるのも嬉しいけど、
    自分で自分をエンパワーできるようになったらどんなに良いだろう!
    セルフ・エンパワーメントが出来るようになるには、どうしたらいいのかな?


そう思うようになりました。


あるとき。


海外での、Wen-Doの輪を通じて出会った女性とのふとした会話で、

「セルフエンパワーメントっていうのは、
 あなた自身があなたの人生と運命の舵を取り続けること」と聞いたのです。


Control your Life and Destiny.


そうか! そういうことだったんだ!!と、
ものすごい衝撃でした。



それまでの私は、エンパワーメントを『自信』とか『自己肯定感』など、
…なんていうかな…
自分の基本的な感情や、自分に対する基本的な感覚のようなものとして理解していたのだけれど、



セルフエンパワーメントとは、
人生と運命の舵を取り続けること(Control my Life and Destiny.)



感情や感覚より、行動が鍵なんだ!



 *  *  *


おばあちゃんのことから連想して、
Control my Life and Destiny. に出会った時のあの感じが戻ってきました。


だから私は、行動変容を後押しするWen-Doが好きなのだと、
すっごく大事な感覚に立ち戻れた気持ちです。



セルフエンパワーの輪を広げる。
Control my Life and Destiny. を、自分の中心に据えて生きる。


そのための、Wen-Do Japanでの新コースは、
コース概要の公表まであと一息のところまで来ているのですが、


ちょっと、祖母のことでバタバタしそうです... ごめんなさい。


第一回の開催日と開催場所はH29年5月5日、6日、7日の3日間。金沢です。
連休の金沢なので、宿はいくつか確保しました。


概要発表も受講費設定もまだなのに、
私がしつこく?新コース新コースと言ってきた甲斐があったのか、
関心を寄せてくださる方々や仲間のおかげで残席がわずかです。


もし今の段階でご関心をお寄せくださる方がいらっしゃいましたら、
お気軽にご連絡ください。
概要がまとまり次第優先でご連絡させていただきます。


とはいえ、無理に焦らなくても全然大丈夫です(^-^)
新コースは単発企画の講座と違い、
第2回以降の開催もしますし、長く育てたいので。


今回がご自身にとってベストなタイミングだと感じる方には
きっと今回がベストなのだろうと思うので(←なんでしょう、この日本語力  笑)
そのような方はぜひ、ご遠慮なくご連絡ください。


なお、


新コース内に入る予定のワークのひとつは、
3月5日の川崎講座でもご体験いただけます。
全国どこにお住まいの方でもご参加いただける講座です。こちらもよかったら。





________________________________________
《これからの予定》*リンクのない予定についてもお気軽にお問合せください


*2/18 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:私を愛せる私になる」(金沢市内)
*2/25 護身術&男女共同参画研修(金沢市内)
*3/4 川崎市内 Wen-Do(詳細後日)
*3/11 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:最高の自分と出会う」(金沢市内)
*3/14 信頼と共感を育む「私語り」(愛知県内予定)
*3/15 (名古屋市内、内容を詰め中です)



………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2017-02-15 12:50 | ☆☆講座案内☆☆
2017年 02月 13日

私の専門家は私

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


『2016年を振り返って、有意義な2017年につなげたい』
そんな思いをお持ちの4人の女性の《ふりかえりの会》で
ファシリテーターをさせていただきました。


なんらかの講座で講師兼ではなく、純粋にファシリテーターだけをさせていただける機会って貴重なので、
私にとっても、有意義な時間でした。


Wen-Doの講師ポリシーは
『目の前にいてくれる女性(参加者さん)が、
 《私の専門家は私》と思えるようにサポートすること』。


そしてその講師ポリシーは、ふりかえりのファシリテーターをするときと
共通するものが多々あります。


・あなたにとって、避けたい事態は何ですか
・その理由として、何が鍵になっていますか
・逃げのびたあと、どうなっていたいですか
・避けたい事態を避けるために、これならできそうかなと思えることは何ですか
・これさえできたら…と願うことは何ですか

などなど、

あらゆる『答え』はご本人に教えていただいて、

回答そのものよりも選択肢を。

上から助言するのではなく下からえるような応(支援)を。


そんなありようで居られる人が、
私の中でのWen-Doの理想の講師像です(理想だけでも高く!☆)。




人が興味と共感を抱くのは
他者の感じ方や価値観に
自分のそれと重なる哲学を見出せたとき。


他者の言葉を受け取る気になれるのは、
それが『ギフト』なのだと、
受け取る側が思えるような言葉の差し出しかたをされているとき。

なのだなぁ、と
私は振り返りをしていないけど、有意義な豊かな時間でした。


4時間と長い時間でしたけど、あっという間で楽しかったです。


e0024978_22365073.jpg



________________________________________
《これからの予定》*リンクのない予定についてもお気軽にお問合せください


*2/18 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:私を愛せる私になる」(金沢市内)
*2/25 護身術&男女共同参画研修(金沢市内)
*3/4 川崎市内 Wen-Do(詳細後日)
*3/11 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:最高の自分と出会う」(金沢市内)
*3/14 信頼と共感を育む「私語り」(愛知県内予定)
*3/15 (名古屋市内、内容を詰め中です)



………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………


[PR]

# by selfdefence | 2017-02-13 22:36 | つれづれ
2017年 02月 06日

ゴール達成のためにはゴールではなく、あっちを見よう♪

こんにちは。Wen-Do Japanの福多唯です。


早くも2月ですね。


目標を立てて、着々と進めている方もいれば
すでに2月で早くも焦りを感じる方もいるのでしょうか。
はい、後者は私です( ;∀;)



過去の受講者さんから質問をいただきました。

====================================
Wen-Doのハンマーパンチって、
急所を意識して、動作は、どう練習すれば良かったのでしたっけ?
====================================


“急所を意識して…”と書いていらっしゃるということは
ハンマーパンチの時に意識すべき急所がどこなのかは
覚えているのだろうなとわかったので、


  急所は意識はしますけど、
  動作時にはそれは忘れて良くて、その向こうまでスルーです。



と答えました。


お返事しながらふと思いました。


ゴールを達成するために焦点を合わせるべきはゴールではない、ってこと、結構ありますね。


ゴール達成のためには、
ゴール設定をしたとしても、ゴールの遠く向こうを見るのが大事なんだよなあ〜。



例えば、今作成中の、Wen-Do Japanの新コース。
定める目標はいろいろあるのだけど、
気持ちはいつもその先を見ていないと、何をしたいのかがあれこれとブレてしまいます。



それで、思い出すのはレンガ職人のエピソード


レンガ作業をしている職人がいるところをある人物が通りかかって、
「何をしているのですか?と聞くと、


ひとりめは「レンガを積んでいるのさ」と答えます。

別の職人は「壁を作っているのさ」と答えます。

3人目は「神様を讃える大聖堂を作っているんだ✨」と答えます。


どの職人さんが最も真の目的に沿う仕事ぶりを発揮できるかは、
明らかですよね。



ああ、書いていたら、小学校の頃にハードルの練習で、
先生からもらった言葉も思い出されてきました。


「5個目のハードルを超えてもそこで気持ちを緩めるな。
 ゴールのテープが見えても、それもまだ早い。

 ベストなタイムでゴールを切るには、
 ゴールのテープの10メートル向こうまで
 全力で跳べ!」(←私は群馬出身。群馬の人は、走ることを「跳ぶ」と言います)



ゴールを意識しすぎちゃうと失速しちゃうってことですよね。
すごくわかる〜(←すぐ失速する人です



書いていたら、Wen-Do的なエクササイズでこれに近いものも思い出されてきました。



こうやって、自分の中の記憶や知識やスキルが
ひとつらなりになる瞬間って、すごーく気持ちが良いです。



書きたいけど、長くなってきたのでまたにします(^-^)




________________________________________
《これからの予定》*リンクのない予定についてもお気軽にお問合せください

*2/11 映画鑑賞会
*2/18 「世界が変わる 対話と学び《ゆらっく》:私を愛せる私になる」(金沢市内)
*2/25 親子護身術講座(金沢市内)
*3/4 川崎市内 Wen-Do(詳細後日)
*3/14 信頼と共感を育む「私語り」(愛知県内予定)
*3/15 (名古屋市内、内容を詰め中です)



………………………………………………………………………………………

. .。.:*・゜☆ ほんとうの声を、伝わるように . .。.:*・゜☆

世界が変わる わたしのお守りWen-Do Japan
:公式サイト www.wendo-japan.com

講座予定 http://bit.ly/wendo2016

パーソナル・セッション http://wendosd.exblog.jp/23275358/
………………………………………………………………………………………

[PR]

# by selfdefence | 2017-02-06 17:52 | つれづれ